カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 今年初のイサギ釣り

今年初のイサギ釣り

2010年2月20日(土)仲政丸@和歌山県・美浜港

イサギ釣り〜手釣り、鉄仮面100号、疑似4本針(先は空針+オキアミ)

潮@三尾〜小潮
干潮〜2:58、15:56  満潮〜9:02、22:28

天気〜晴れ時々曇り、風少々あり、寒い
日出〜6:39 日没〜17:48

波〜1m以下(風の割にはまし)

100220shio.jpg

最近、仲政丸の釣果が更新されていなかったので、マダイは釣れていないんだろうなと思っていた。そろそろイサギかな?とも思っていたところ、木曜日にゴリオさんがイサギ釣りでこの時期にしてはたくさん釣っておられたのが出ていたので、私も行きたくなった。

少しいただけると言うので遠慮なしに参上して(近い!)、さっそく味見!結構脂がのっていて美味しい!

ということで、私も釣りに行きたくなった。しかし、YUKAはイサギいただいたばかりだから他のもののほうが良いと言う。もちろんサバ以外で(笑)。

ということで、湯浅から1件出ているアジ釣りの船に電話してみたのだが(以下略)。

考えてみると、知らないはじめての船で1人で行くよりも、よく分かっている船で好きな釣りをしたほうが良いと考えて、またイサギもかなり美味しかったので、たくさん釣れたら配れば良いと思い、仲政丸でのイサギ釣りに決定!

早速船長に電話して予約。5時半に港着くらいの感じで良いとのことであったが、1時半に目覚めてしまったので、2時すぎに家を出て、ガソリン入れて下道を走ってゆっくりと行くが、4時には着きそうな感じであった。

時間がありそうなので、フィッシングオーシャンで針を買って車の中で作成。船長によると「食いが渋いので自分で仕掛作って来るなら針は小さめが良いかも」ということだったので、イサギ針6号で作ってみた。

港に着くと、隣の千代丸での寒サバのお客さんでにぎわっていたが、5時過ぎに出船すると静かになり、私だけになった。

その後、1人だけやってきて、土曜日なのに2人での出船となった。ちょっと寂しい。

おじさんが左舷の一番後ろに入った。私は、一瞬だけ、胴に入ろうかとも思ったが、イケスを使いたかったので、右舷の一番後ろに入ることにした。

100220turiza.jpg

手釣りだが、疲れた時用に竿&電動リールもセット。まあ、水深40mくらいなら手釣りでじゅうぶん行けるとは思うが。あわよくば2本出して、1本は石鯛狙いで・・・と思っていたのだが。

6時少し前に出船、楠井沖のポイントまでゆっくり走って6時半には到着。

100220kusuioki.jpg

最近、かなり沖合まで出ることが多かったので、陸地が近いとなんだかホッとする(笑)。

仕掛は、前のお客さんが残していった使いかけのがころがっていたので、とりあえずそれをそのまま使ってみた。たぶん、がまかつのイサギ仕掛だと思う。先が空針の4本針仕掛である。

先ほども書いた通り、この時期は石鯛も混じるので、先の空針にはオキアミを付けて投入。

水深は45mくらいで、「底から5mあたりを中心にやってみて」とのことで、「モーニングサービスで10匹くらいまでは楽に釣れると思うけど・・・」という話だった。

さて、第一投、一端底まで落として、5mほど上げてコマセを出す。すぐにクククっと小気味よいアタリ。慎重に引っ張り上げて上がってきたのは25センチ級のダブルだった。

その後も、シングルばかりだが、1投に1匹くらいと快調に釣れ続けた。

で、30分くらいは調子よかったのだが、その後にぱったりと止まってしまった。なので、針を少し小さいものに変えてみたが食いつかない。

と、まあまあのカワハギが釣れた(笑)。

となりのおじさんは、いきなり強烈に引き込まれて一瞬でハリスを切られたらしい。聞くところによるとハリス4号だそうで、たぶん石鯛だろう。

その後も釣れない時間がしばらく続いた。結局、モーニングサービスでは船長も入れて3人とも10数匹でストップしてしまった。

100220hanegisao.jpg

暇になってきたので、竿のほうは石鯛狙いで2本針にオキアミ付けて投入。手釣りでイサギ狙いとやってみたが、船長の「どっちつかずになるでー」という指摘もあり、また置き竿では餌取りにエサを獲られるだけだったので、やめることにした。今度、ヒラメが釣れるくらいの時期になったらノマセをやってみよう。

その後、9時頃からだったか?少し日が差して体感温度がマシになってきた頃から、となりのおじさんはポツリポツリと追加しはじめた。オキアミを刺すのが良いとのことだったが、同じようにしてもさっぱり釣れず。

と、となりのおじさんの竿が強烈にしなった。慎重に上げてきたところ、40センチ弱の石鯛であった。うらやましい。

その後もイサギをポツリポツリと釣っておられる。私はノーバイト。

少人数で潮下だとこうなるのか?船長が「こっちに移りなよ」と2度ほど強く進めてくれたので、左舷の胴に移動させてもらった。

100220sennjyou.jpg

すると、ようやくアタリが出て1匹ゲット。ひさびさである。

ここから、ポツリポツリと釣れ始める。イケスまで遠くなってしまったので、とりあえず釣れたのはバケツに入れておき、2〜3匹たまったらイケスへ放り込むようにした。

今日みたいにエサでばかり釣れるとは珍しいとのことで、船長もエサで釣りはじめた。この頃から、3人とも快調に釣れだして、また1投に1匹くらいずつ数を積み重ねて行く。しかも、釣れるサイズは30センチ近い良型が多かった。

入れ食いに近かったのはほんの一瞬だったが、その後もパラパラと釣れたが、ともかくオキアミを刺した針にしか食ってこなかった。

アタリが遠のくとカワハギが釣れた。ベラも1匹(リリース)。

11時すぎになり、アタリが完全に止まってしまったので、船の位置をやりなおし。その直後に1匹釣れたが、その後はあまり活性があがらず、11時半にパラパラとまた釣れたので、12時までやろうか?ということになったが、どうも完全に止まってしまったようなので、12時前に引き上げとなった。

(結果)イサギ23〜29センチ36匹、カワハギ4匹

100220chouka.jpg

イサギ、30センチオーバーは釣れなかったが、はほとんどが25センチ以上のまずまずの型ばかりであった。

100220isagichouka.jpg

また、カワハギ4匹は結構なもの。船長にも1匹もらったから5匹持ち帰れたので、みやげ十分。

100220kawahagi.jpg

数日前から水温が少しずつ下がり傾向にあるようで、途中で苦労したが、今年初のイサギは、この時期にしてはたくさん釣れて楽しめた。あんまり入れ食いより、これくらいの釣れ方のほうが面白いのは面白いかもしれない。

次は石鯛も釣りたいので、石鯛が混じるうちにもう一回行っておきたい。今回はアタリもなかったが、となりのおじさんは、毎回かならず仕掛を着底させてから上まで上げていたから?私はだいたい釣れてたタナの3m下までしか落とさなかった。たまに水深の確認のために底を確認する程度だった。

よくわからないが、そこらへんも試してみたい。
釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

Comment

編集
こんにちは

アジ釣りの船、サバ強引に進められたのでは(笑)。

大きくなって縞の消えた石鯛釣りたいですね~

2010年02月22日(Mon) 17:43
編集
ゴリオさん、こんにちは!

大きい石鯛、釣ってみたいですねー。私も近々もう一回行きたいですが・・・次こそアジかなー。

そういえば話全然違いますが、最近の寒サバ釣りはラングイではなく、黒瀬みたいですね。まあ、私は今年はもうサバ釣りには行きませんが。
2010年02月22日(Mon) 18:35
編集
カーク船長!美味しい寒イサギありがとうございました。
師匠の包丁さばきも冴えて、美味しいナメロウが
出来ました。
しかし、YUKAさんのおっしゃることは私もいつも
言われて来たことなのでよく理解できます。
釣る方は同じ釣りを最低3回は…なんですけど。
食べる方は毎回違った、美味しい物を季節に合わせて…
ですもんね!!(笑)
ここ4、5年私はは釣り師のプライドを捨てて、
「市場にも売って無い、美味しい魚を獲りに行く。」が
テーマなんでまた、珍しいものが手に入ったら
ご連絡します。m(__)m

2010年02月22日(Mon) 21:32
編集
旬蛸さん、わざわざ来て頂きお手数おかけしました。メダイの西京漬けいただけるということで、とてもバッテラ1匹ぶんでは申し訳無いと思い、頑張ってイサギ釣りました(笑)。

というのは冗談で、釣りに行きたいから行っただけなんですが(爆)、それより、いただいた西京漬け、はっきり言って「最強」でした。

メールに書かれていましたが、あれで80点の出来ですか!?すごい美味しい魚と美味しい調理だと思いました。

子供の頃によく食べたタラにちょっと食感が似ているかと思いましたが、タラより遙かに美味いです。

貴重な魚を、それも調理済みの美味しいのをどうもありがとうございました。

お言葉に甘えて、また良いものがありましたらよろしくお願いします(笑)。
2010年02月23日(Tue) 08:57
編集
大漁おめでとうございます。寒のイサギ、おいしそうですねー。私もいっぺん釣りに行ってみたいですが、和歌山方面は遠いのと波が怖いのとで、なかなか足が向きません。
2010年02月23日(Tue) 18:05
編集
カーク船長様、はじめまして。兵庫県N市在住のマリックと申します。

私も船釣りが好きでいつも楽しく拝見して参考にさせていただいてます。おもいきってはじめてコメントさせていただきます。

いさぎ釣りで大量、うらやましいです。私もクエスター様と同じく、波が怖くて和歌山までなかなか足がのびません。

この時期、大阪湾の釣りものはメバルくらいで、それもあまり楽しい釣りとは思えないことが多くて、とても行く気になれません。

私もいさぎ釣りに行けたらなあと思う今日この頃です。いちど思い切って行ってみようかなと思いましたが、船酔いしないこつってありますでしょうか。
2010年02月23日(Tue) 21:51
編集
>クエスターさん

いつもコメントありがとうございます。イサギ、すごい美味しかったです。去年も何度も行きましたが、これほど美味しかった!?というくらいで。2月のイサギは美味しいんでしょうかねー。いつもコメントくださるんで、良かったら今度イサギお分けしますね。


>マリックさん
どうもはじめまして、コメントありがとうございます。

船酔いしないコツですが・・・やっぱりよく釣れる釣りのほうが良いでしょうね。待ちが長い釣りは酔いやすい気がします。あと、手釣りって案外酔いにくいですよ。竿釣りだと竿先を眺めているうちに気持ち悪くなることがありますが、それがありません。遠くを見ながら釣りができますから。

ということで、イサギ釣りは丁度良いと思いますので、良かったら行ってみて下さい。

あとは、酔い止めはアネロン・ニスキャップが良さそうです。乗船の1時間前くらいに飲むようにして、船に乗って酔いそうならキャビンに入らず船尾の波かぶらないあたりでいるほうが良いと思います。
2010年02月24日(Wed) 08:36
こんちは!
編集
船長おはようございます。
またまたイサギ大漁、羨ましい。
和歌山は釣り魚種が豊富でいいですね。
瀬戸内の船メバルの釣果を見ていますが、なかなか納得出来るほどの釣果は出ていません。
仲政丸は千代丸の反対側に係留していた船ですよね。
来月、連続休暇がとれそうなので、今度はイサギかアジに挑戦してみたいです。
2010年02月26日(Fri) 07:51
編集
でりおさん、どうもありがとうございます。

メバル、難しいですね。加太のほうが釣れているような?どうでしょうか。私はメバルはパスです。釣りそのものも、とにかく「じっとしておく」のが大切みたいで、動きが無いので、つまらないし、今の時期は寒いです(笑)。

というのも大阪湾は水温が低いせいか、すごい寒さが身にしみます。和歌山は水温が16度くらいありますので、海水があったかいと感じられます。

イサギ大漁と言われると恥ずかしいですが、この時期にしたらまあまあ釣れたほうかと思います。

仲政丸、千代丸と桟橋はさんで隣の船です。3月に入ったら千代丸もイサギになると思います。千代丸のほうは、イサギが食わないと途中からアジ釣りに変更してくれたりとかもあったと思います。アジのほうが低水温でも釣れるみたいです。

もし仲政丸に行かれるなら、私も同じ日に行けると良いですが・・・

中紀方面、ここ数日は水温上がり傾向だったみたいですが、今の時期は急に水温が下がってさっぱりダメになる事もあるようですので、ご注意下さい。黒潮の流れは要チェックです(笑)。
2010年02月26日(Fri) 08:35












非公開コメントにする