カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP怒り ≫ 口先だけの政治にウンザリ

口先だけの政治にウンザリ

「信頼してほしい」という口先だけで信頼が得られないのは当たり前、また「いのちが大事」なんて口先だけで言ってみても命が守れないのもあたりまえである。


【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(下)遅れる法整備

 ■「船員の安全守って」

(前略)

 ◆海賊ではない

 政権交代を果たした民主党は昨年末になって、捕鯨や船舶関係者からSS問題などについて意見を聴く議員協議会を開いた。その場で、全日本海員組合の近英男(こん・ひでお)水産部長が、大きな声を張り上げた。

 「国民がテロに近い暴力にさらされ、生命の危機を感じているのに、助けようとしない政府がどこにあるのか」

 返す言葉もなく押し黙る議員たち。「政治に、なんとかしてもらいたい」。多くの出席者から不満が漏れた。

 SSの公海上での暴力行為に対して、日本の現行法制は逮捕など取り締まりを認めていない。国連海洋法条約は、海賊ならば公海上でも逮捕を認めているが、政府は「海賊とはいえない」との外務省の見解を採用している。環境保護を主張するSSは、略奪目的の「海賊」ではないという解釈だ。

 ◆政権交代が“壁”に

 これに対して農水省は逮捕を可能にする法整備を求めてきた。昨年3月には石破茂前農水相が「SSは海賊と同じだ」として、ソマリア沖の海賊を取り締まる海賊対処法を適用するよう求め、それが拒否されるとSSを対象にした新たな新法制定を求め、水面下で法案の骨子まで作成した。

 しかし、それも政権交代によって、握りつぶされた形になっている。今の政府の大勢は法整備に冷ややかだ。

 「ただ、船員の安全を守ってほしい、それだけなのに…」

 近部長はそう話す。多くの調査捕鯨関係者らの気持ちだ。

 SSの暴力を野放しにすることで、重大な人的被害を受ける可能性は強まる。そのときまで問題を放置していいのか。日本の調査捕鯨船団はいまもSSの脅威にさらされながら、南極海で航海を続けている。



口先とパフォーマンスだけの政治にうんざり。仕分け作業でもたいして金は節約できなかったが、それも、無駄でないものを無駄と決めつけ削減した、国民目線という名の単なるしろうと判断の暴力が幅をきかせている。

でも、やっぱり無理矢理削りすぎて都合悪いのもたくさんあったから一端削ったのをこっそり戻したりとかしても、表面だけのパフォーマンスしか目に入らない人たちにはバレないようだ。

政治主導と言っても能力も倫理観も何もかもが官僚以下の政治家に主導させて、悪くなることはあっても良くなることは無いだろう。
怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする