カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 恵方巻き

恵方巻き

節分ということで、晩飯は恵方巻きでした。そういえば、豆まきはしなかったな?。

100203ehoumaki.jpg

恵方巻きについては毎年書いているので、説明は不用でしょう。

ちなみに、私の田舎の北海道ではこういうことはしません。関西に独特の風習でしょうかね?

豆まきはしたが・・・

しかし、私みたいに、こういう風習があまり無い地域で育った人間、というか、そうしたものから切り離されている人間というのも、なかなか、みじめでわびしい感じがする。歴史や共同体から切り離された根無し草のような個人は、やっぱり根っこが無いからふらふらしていてあやうい。

生まれ故郷から遠くに住んでいる私みたいな人間は、やっぱり落ち着かないものである。もともと疎外感を感じやすい「アウトサイダー気質」であるということも関係しているのかもしれないが・・・

それはともかく、この「恵方巻き」をはじめて知ったのは、今から13年前になるのかな?大学院の頃で、毎年節分の時期になると、大学の近所にある節分で有名な神社がお祭りをしていて、大学の敷地と敷地の間にある一般道にずらりと屋台が並んでいました。

人混みが大嫌いな私は毎年近づいたことも無かったのですが、入学して5年以上たった年にはじめて、研究室の先輩に(無理矢理)誘われて屋台の人混みを歩くことになりました、すると、やたらと「恵方巻き」というのがあるので、ちょうど夕食時ということもあり、みんなで買ってみたのです。

で、食べる前に中に入っていた説明書(?)を読むと、「その年のラッキーな方角を向いて、無言で一本を一気食いすると良いことがある」みたいなことが書いてありましたから、男3人が道の真ん中にならんで、だいたいその方角を向いて無言で食っていたら、窒息しそうになったという思い出があります。

なので、一本まるごとは無理だから、ちょっと短く切って食べました。
料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
船長これ読んでください(笑)
http://kintaroame.blog51.fc2.com/blog-entry-269.html
ここに恵方巻きの秘密を書いておきました。
いつも、船長が書かれてるマスコミの情報をどう捉えるかです(笑)惨めで、わびしい気持ちなんてもてなくて、十分怒ってください。
イカりついでにヤリイカが食べたくなりますね…
しかし雪やみませんねえ日本海。
2010年02月06日(Sat) 19:59
編集
やはり・・・そういうことでしたか(笑)。

いや、実はバレンタインデーみたいもんじゃないかと、私もそんなところなんじゃないかなーと思ってはいたのですが(笑)。

土用の丑の日も似たような感じだったように記憶していますんで、こういうことって多いのかもしれませんねー。

ヤリイカ・・・美味そうですねー。実は、今日は午前中の仕事終わってから丹波篠山まで行ってボタン鍋を食べる予定だったのですが、高速が雪で冬タイヤ必要と出ていたので、宝塚ICの入り口まで行って乗らずに帰ってきました(哀愁)。雪には参りますね。
2010年02月06日(Sat) 20:52












非公開コメントにする