カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 正月

正月

さて、もう一週間以上も前の話になってしまうが・・・

元旦にはYUKAのご両親と一緒に新年を迎えた。YUKAの姉家族は沖縄へ行っていたので。また私の母は北海道なので・・・母は楽しく暮らしているのだろうか?たまにそんなことを思うが・・・

YUKAの両親に我が家へ来ていただき、YUKAと私で料理しておもてなし。とは言え、私には料理は無理なので、魚の処理が主だが。

料理のほうは、YUKAがタチウオの酢の物やお吸い物、鯛のかぶら蒸しなどを作ってくれた他は、私がネタを用意してのにぎり寿司に。シャリを握ってくれたのはYUKAの母上で、私は魚をおろしてネタを切っただけ。

100101sushi.jpg

個人的に手巻き寿司があまり好きではない。こともないが、握りのほうが好きである。というのも、海苔の味で寿司の味がわからなくなるので。特に、子供の頃から寿司では軍艦巻きとかはあまり好きではなく、極力食べないようにしていた。

特に、イクラやウニなど軍艦として海苔で巻いてしまうと、海苔の香りで味がよくわからなくなるというか、それぞれ別に分けて、海苔をどけて食べたいと思ってしまうのだが・・・なので、どちらも丼にするのが良いと思う。丼にした時に、ごく少量くらいの海苔ならのっていても良い。

と話はそれたが、寿司ネタは、辨屋産のマダイ、シマアジ、カンパチ、ワラサ、和歌山産のアオリイカ、どこ産か知らないが甘エビと6種類用意した。マダイとカンパチとワラサは釣り堀で釣ったもの、シマアジは買ったもの(笑)、アオリイカは和歌山で買ったものを冷凍しておいたもの、アマエビは釣り堀のエサ用に買って分けておいたもの、である。

あとはマダイのまるごと塩焼き。

100101madai.jpg

これがかなり美味しかった。美味い魚ほど、シンプルな塩焼きが良い。

魚焼きグリルには入らないので、まるごとオーブンで焼く。すると、身がふんわりしていて美味!

脂が乗っている釣り堀のマダイを新鮮なうちに塩焼き(または塩竃や鯛飯)で食べるのがピカイチ、と個人的な好みであるが、そう思っている。刺身で食うのは天然マダイが圧倒的に好みだが、こういう食べ方はむしろ養殖のマダイのほうが美味いと思う。ただし、やはり養殖ものはピンキリなので質の良いもの・・・。辨屋のマダイなら間違いはない。

珍しくビールなんか飲んだりしてほろ酔いでいい気分である。

YUKAの母上に作っていただき、分けてもらったおせち料理は2日以後に美味しく頂いた。
料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

お母さんと一緒[i:63893]
編集
大晦日と元旦は仕事が休みだったので二人で過ごしたよ二日しか休みなかったから普段とかわらない休みだったけど、なんだかんだ二人で話してさ浩達も引越してしまってさみしいと思うからまた休み天気がよかったら帰るよ
2010年01月09日(Sat) 04:50
編集
そうだったね。そう言えばそう言ってました。浩は正月仕事だから、せめてゆきこが帰ってくれて良かったと思います。あとは、お母さんは友達多いから、もっと自由に出られれば良いんだろうけどもねー。ともかく、よろしく。
2010年01月09日(Sat) 08:39












非公開コメントにする