カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 初釣りはメジロ快釣!

初釣りはメジロ快釣!

2010年1月4日(月)仲政丸@美浜港(和歌山)

半月テンビン大+中サイズオキアミ用のカゴ+オモリ100号
3.5mmクッションゴム50cm
ハリス12号→8号→10号、3ヒロ、ヒラマサ針13号1本針

潮@田辺(旧)〜中潮  干潮〜1:50、14:13  満潮〜8:30、19:52
ゆるい上り潮
波〜0.5m→凪
天気〜晴れ、早朝は気温低い。のち暖か。
風〜あさのうちは少しあり(5〜10m)、8時すぎから微風
日出〜7:03  日没〜17:03

100104shio2.jpg

さて、初釣りは年末年始も好調だった和歌山のメジロ釣りに出撃することに。

一時は日ノ岬沖で釣れていたが、最近はちょっと南下して印南やみなべ沖で快調に釣れているようである。

いつもお世話になっている仲政丸でも年末年始休み無しで出船して、荒れ気味の海で爆釣が続いている。

ということで、私も新しいリールを買ったこともあり、出撃することに。

1月2日の夕方に電話して4日を予約。3日も少し迷ったが波もありそうだし、すでにかなりいっぱいということで4日にした。

そのぶん3日は仕事に出たのだが、夕方に釣果をチェックすると「撃沈」となっていた。前回も私が予約してからどんどんと水温がさがって釣果も下降線で、釣行した日にはボウズ・・・と運が悪いなあと思っていて、もしかして、またか!?と、この時はかなりあせった。

それでも、ひさびさに波はそれほどなさそうな予報だったので、のんびり竿出しできれば良いくらいに腹をきめて出撃。

家を2時すぎに出発、途中で給油してから近畿道を南下。4時すぎに港につくと、今日もたくさんのお客さんで、12人の満員であった(が、ドタキャンが1名あり結局11名)。

釣り座は左舷の前から二番目、私の両隣はいずれも常連さんで、船首にはイサギ釣りで仲良くなったO本さんという奈良のおじいさん、船尾側のおとなりは、名前は違うがイニシャルにしてしまうと同じO本さんで、こちらは若い常連さんで超名人な方である。

100104turiza.jpg

4時50分くらいに出船して、前回とは違って南東方向へと船はすすむ。キャビンでうとうとしていたら40分くらいして、おそらく印南沖だろうと思うが、一端は船がスローダウンしたが、止まらずふたたび加速してさらに南下、出船から1時間ほどたった頃にみなべ沖のポイントに到着した。

まわりにはすでにたくさんの船が並んでいた。思ったより風があり、寒い。波は少しだけ。

日ノ岬のポイントでは水深が50mちょいだったが、みなべ沖のこのポイントは水深70mちょいくらいあった。水温が少しさがってメジロも少し深場に来たということなのだろうか。

6時すぎ、まだ暗いので早いだろうが、ぼちぼちやってみようか、ということで釣り開始。暗い内は私もぼちぼち、という程度であまり手返しはしない。

おニューのリール「シーボーグ500・メガツイン」がうなりを上げてくれるか、はたまた空回りだけで終わるのか・・・

100104megatwin.jpg

とりあえず仕掛を巻き上げるが、マックスにしてもなんかすごい巻き上げスピードが遅い・・・と思ったら、POWERモードとSPEEDモードの2つのモードを切り替えられるようである。ということで、空巻き上げはSPEEDモードにすると、すごい早い(笑)。

うっすら明るくなって来た頃からせっせと手返し。しかし、しばらくは誰の竿も曲がらない。

100104morning.jpg

東の空に太陽が顔を完全に出した頃だったか?一番後ろのほうで「くわえたどー」の声が聞こえ、1本あがったようだったが、こちらは音沙汰無し。

無線でのやりとりを聞いていると、和歌山方面の船長らは、魚がかかったことを「エサをくわえた」というのが面白いなと思った。私も使わせてもらおう。

前日が、単発ばかりの釣果だったとのことで、今日もそうなのかなー・・・と思っていたが。

7時半頃からだったか、ソーダガツオが釣れだした。前回と同じパターンでちょっといやな予感(笑)。15mくらいから仕掛けが落ちて行かない。

釣り堀のエサ用に持ち帰りたいところだが、冷凍庫がいっぱいなので捨てていたら、船首のOさんが「ちょうだい」とのことで、すべて差し上げた。煮付けにするとうまいとおっしゃっていた。

そんな感じでたまにマルソーダに邪魔されたが、なんとかタナまで落としてエサを一まき。

しばし待つと、なんと、穂先にアタリがゴツゴツと出た。針がかりはしなかったので仕掛けを上げてみるとエサだけ取られている。これはメジロ!?

そう思っていると、船尾側でメジロがヒット。そして次々にヒットして船首のOさんにもヒット。なんと、船中で4本同時にヒットして船長は大忙し。

私もテンションがあがるが、なんとここで、マルソーダに邪魔されて仕掛けが15ー20mより落ちて行かなかったり、落ちていっても途中でゴツゴツアタリが出てカツオにエサをつつかれてしまう。

若い常連の名人Oさんも同じくカツオに邪魔されて調子がでないご様子。その隣の方が、また次々に入れ食いにさせているので、こっちも焦る(笑)。

みんなもカツオに邪魔されるが、船長の指示でオモリを重たくするとどうにかかわせるようである。

私も120号のオモリにさらに20号を足すが、しかし、なぜかカツオに邪魔される。私だけ・・・

船長も「今この下にナブラ来てるぞー」と言っている。魚探に反応が強烈に出ているようである。下まで仕掛を落とせれば確実にメジロがヒットする状態のようである。

その通り、まわりでは次々に連続ヒットしているので、焦る焦る(笑)。なんで俺ばっかカツオに邪魔されるのか!?

私とおとなりの若い名人Oさんもカツオに邪魔されてばかり。こちらは仕掛のせいだと気づかれた様子で、仕掛をかえたら来なくなったとのこと。

どう変えたかまではわからないが(何か赤いのを取ったとか?よくわからない)、私の場合も、ふと思って仕掛けに付けている夜光玉を取ってみることにした。

するとこれが正解で、そこからカツオにはほとんど邪魔されなくなった。

そして、ようやくカツオをかわしてタナまで落とせると思ったら、何と、ラッシュは終わっていた・・・

が、まだメジロはいたようで、地道に打ち返していると、少ししてからようやく私の竿にもメジロがヒット。竿先が、というか、竿の根本あたりからものすごい勢いで海に突きささる!

ようやく新しいリールがうなりを上げる時が来た(笑)。ようやくスピードモードではなくパワーモードで巻き上げる時がやってきた!

すると、前々回、ハイパータナコンの時とは違って、やたらと竿がゴンゴンと叩かれる感じであった。船長の分析によると、まずクッションゴムがあまり伸びないタイプだというこが一つと、もう一つは、ゴンと引いた時には前のリールだと巻けていなかったのが、このリールはパワーあるから、メジロが引いた時も巻けているのでゴンゴンなるのだろうとのことであった。なるほど。

手持ちでメジロの強烈な引きを堪能しながら巻き上げ、そして船長にすばやくタモ入れしていただく。

そして、脳天にカマをつきさしてシメてくれる。その後、自分でナイフでエラを切って血抜きしてクーラーへ。

ようやく1本釣れて一安心というところだが、船首の0さんと、また船尾側の若い常連0さんの後ろの方がやたらと釣りまくるので、かなり焦る(笑)。

が、地道に手返しをしていると、ついに私にも来た!2本目のメジロがまたしても強烈な引き!この引きはやみつきになる。PE6号、ハリス12号にものを言わせてドラグもキンキンにしめてゴリゴリ巻き上げる。

これまた船長にたぐり寄せてもらってタモ入れしていただき、無事にゲット。たまにオマツリもするが、これまた手際よく仕掛をはずして解いてくれる。

そう、やはりお客さんがたくさん乗っているとどうしてもオマツリするが、仕掛が1本針でシンプルなので、そんなに深刻なものではないし、船長がだいたいうまく処理してくれる。

むしろ、今回思ったのは、たくさん客が乗っているほうがたくさん釣れる可能性があるということだった。

もちろん、潮下の人ほどものすごくたくさん釣れるが、潮上でもそこそこ釣れる。どうしても潮下でたくさん釣っている人を見ると負けた気分になってしまうが、今回は、ちょっと待てよ・・・と思った。

実は、こちらの船がラッシュの時も、すぐ隣の船(S門丸)は30mも離れていなかったが、ぜんぜん釣れていなかった。お客さんは二人で釣り人は船長入れて3人の船だった。

メジロはずっとこちらの船の下に長時間居着いて、帰りまでこちらの船ばかりで釣れ続けていた。おとなりの船は単発であった。

なので、どうやら客がたくさん乗っているほうが撒き餌が効いてメジロの群れが長時間下に居着くようであるから、少々オマツリがあっても、たくさん客の乗っている船のほうが有利なのかもしれないと思った。

という感じなので、たくさん乗っていて良かったと思ったが、しかし、私の両隣ばかりで釣れて私ばかり釣れない時間が続いたので、これはちょっと焦った。その間で釣れないのは何故だろうか・・・

船首側おとなりのOさんは5本上げたのに、私はまだ2本である。船尾側の二人となりのSさんなど、たぶん10本近く上げているようである。これは何故!?ハリスを12号から8号に落としてみたが変わらず。

結論は、「たまたま」ということだった。その後、私も徐々に追い上げて、次々に連続ヒット。そこでやはり安全のためにハリスを10号にもどした。ここから、一時は3本連続で釣れ、尻上がりに調子が出てきた。食いが立っている時はハリスは細くしても意味ないし、太いほうが安心できる。

だんだんと風もなく暖かくなってきたこともあり、汗だくになったので、上着だけでなく、シャツ姿になって釣り続ける。

100104betanagi.jpg

10時すぎになり、船長が「10時半までやろうかいなー」と言った。ここから私は入れ食いモードになり、2本連続でヒット!船長のすばやいタモ入れで連続ゲット!50Lクーラーがずいぶんいっぱいになってきた。

時間を見ると10時10分であったが、突然に船のエンジンがかかり、「みんなたくさん釣ったし、もう上がろう」ということになった。

船長がアンカーを引き上げるために私の隣を通りすぎるときに「隣の船があんまり釣れてないから、あとは釣らしてやろう」とのことでの切り上げのようだった。

このことがあったので、客の多い船が撒き餌がよく効いて有利と思った次第である。

その後、帰宅してからおとなりの船の釣果をチェックすると2人のお客さんはメジロを2匹ずつの釣果であった。

こちらはと言えば、少ない人でも4〜5本は釣っていたと思うので、同じ船の中では多い人少ない人と差が出るが、どちらが良いかは自ずと明白という気がする。

また、私はと言えば、自分ばかりカツオにやられる理由にもうすこし早く気づいていれば、あと2本は釣れていただろうと思う。

まあ、今回メジロ7本で50Lクーラーがいっぱいだったが(でもあと2本くらいは何とか入った)。

100104chouka1.jpg

ただ、一番下のメジロにはクーラーの底の溝の跡が付いていたので、次からはちょっと考えないといけないと思った。

(結果)メジロ7匹、マルソーダ10匹以上(持ち帰らず)

100104choukaall.jpg

前日の釣果があまりにひどかったので、今回もダメかと思っていたが、どうやら1日で水温が上がったようで、尻上がりに調子が出て、途中でどたばたがあったにもかかわらず、終わってみると十分な釣果で大満足の1日となった。

何より、こんなベタ凪の日にたくさん釣れるのも珍しいようだから(不思議と荒れ気味のほうが良いらしい)、なんともラッキーであった。

さて、大満足しての帰り道、正月渋滞が心配で、思った通り「広川ー下津渋滞7キロ70分」との表示が出ていたので、少し料金は高くなるが(とは言え250円)、広川で一端下道に降りて有田からまた乗るという行き方で行ったらすんなり行けて、1時すぎには帰宅できた。

それにしても、メジロ釣り、もう1回行きたいが・・・いつまで釣れ続けているだろうか。

釣り堀のワラサと比べると、脂はぜんぜん乗っていないので、人によっては物足りないかもしれないが、私的には、とてもあっさりしているから薬味など無しでパクパク食える。マグロの赤身にちょっと似たような味で、刺身でいくらでも食えてしまう。

やはりもう1回は行きたい・・・今月いっぱいは釣れ続けてくれー。黒潮よ、あんまり離れないでおくれー(笑)。
釣り | Comments(13) | Trackbacks(-)

Comment

編集
釣り初めの爆釣おめでとうございます。
私も行きたいなー。
カーク船長と同じリール買って仲政丸行きたいなー。
でも波と風のトラウマが...(笑)。
印南の船を探すか...。
ともかく、あと少しは釣れ続けて欲しいですね。
2010年01月06日(Wed) 13:57
編集
私も行きたいです。

明日は波3mの予報
船酔い覚悟で行こうかとも考えましたが、
釣れなくて延長になったりするとずっと我慢してないと
いけないと思いあきらめました。

絶対に釣れて早帰りするなら波3mでも行くのですが(笑)。

明日は丸ソーダ持って釣にいきます。
2010年01月06日(Wed) 14:49
編集
爆釣おめでとうございます。
天然のワラサって、とってもスレンダーなんですねぇ。
やっぱり、引きも釣堀とは全然ちがうんでしょうか?

釣堀のワラサがどんなだったかすっかり忘れてしまったので(笑)、今度の日曜日に辧屋さんに行ってきます。
牡蠣もいい時期になってきましたし・・(^-^ )
2010年01月06日(Wed) 15:43
編集
>しんすけさん
明日は今日よりは少しましではないでしょうか?あさってくらいから少し収まりそうですけどねー。

ちなみに、リールはかなり良かったですが、仲政丸の常連さんのHPでこちら
http://www.townport-japan.com/my_page/fishing_blog/2010/01/post_29.html
を拝見すると、はっきり型番は書いてませんが、どうやらたぶん私と同じリールがいきなり壊れたみたいで、どうもダイワのリールは弱点があるようで、心配です。


>ゴリオさん
今日の釣果からしたら、あしたも絶対に爆釣じゃないですか!?まあでもわかりませんねー。私の行った前日なんかも急に釣れなくなったみたいですし。カツオを持ってということは釣り堀でしょうか。頑張ってきて下さい!


>イケチャン
最近メールを送らせてもらったことがあったのですが、お返事が来ないのですが、届いてますでしょうか?

ところで、メジロの引きですが、釣り堀とはタックルが全然違うので、比較が難しいですねー。軽い仕掛でやわらかい竿の釣り堀のほうが青物の引きがダイレクトに感じられます。

天然の魚のほうが広い海を逃げますし筋肉質ですから強烈に引くはずとは思いますが・・・腕に感じる引きは、あまり変わらないですね。でも、船竿50号が直角に突きささるわけですから、すごい引きには違いないと思います。

船釣りだとオマツリしないためにドラグぎちぎちで巻きますから引きは強烈ですが、そもそも竿もごついしリールは電動ですし、だいいちオモリ100号ですから、空で巻き上げでもかなり引きます(笑)。

辨屋は年末年始かなり渋かったですが、日曜日頃には、ぼちぼち活性も上がってくるんじゃないでしょうか?爆釣を祈っております。
2010年01月06日(Wed) 18:04
2つの共通点
編集
釣り堀のワラサと船釣りのメジロの共通点を思い出したので、ここにメモ。

1つ、釣り上げてタモ入れしようとすると、赤い液体を吐き出した。たぶんオキアミを吐き出したのだろうと思う。

食った餌を吐き出すのは釣り堀と同じだった。

2つ、釣り上げて浮いてきた魚を別の魚が追いかけて浮いてきた。釣った魚をタモ入れされる瞬間を見ていると、他に2-3匹のメジロが追いかけてきていた。

針にかかった魚を他のが追いかけてくるのは釣り堀のワラサと同じだった(水深70mもあるのに!)。
2010年01月06日(Wed) 18:12
編集
2つの共通点は興味深いですね~!

カーク船長がタモ係したら、2匹入るかもね~(笑)

名人のHPを見て、手巻きでいけるかなと思いましたが深さ10mの釣堀で2・3本あげてハァハァ言ってるようじゃ無理ですね、まして手釣りなんて・・・

じっくり考えて見ます。それまでメジロの群れがいてくれればいいんですが(笑)
2010年01月06日(Wed) 19:14
編集
つったどー丸さん、こんばんは。

手釣りのほうが手巻きよりかなり楽ですよ。楽な順は

電動>>手釣り>>>>手巻き

だと思います。手巻きがいちばんしんどいと思います。竿の重さもかかるのでいちばん重たいですね。ただ、70mともなると、手釣りでもちょっとしんどいでしょうねー。
2010年01月06日(Wed) 20:56
編集
>最近メールを送らせてもらったことがあったのですが、お返事が来ないのですが、届いてますでしょうか?

あれっ?当日の夜返信メールと、翌日もう1本メールを発射してますが、届いてませんでしょうか?

では、こちらで・・
大変嬉しいメールでしたよ~。ありがとうございました。m(__)m
2010年01月06日(Wed) 21:33
編集
あれ、そうなんですか?まったくこちらには何も届いておりませんでした。

Yahooのアカウントがおかしいのかな!?

お手数ですが、今後メールは

sk○senchou.jp(○を@に)

を使うことにしようかと思いますので、こちらによろしくお願いいたします。
2010年01月06日(Wed) 21:58
編集
あけましておめでとうございます。
いやーすごい釣果ですね。うらやましいです。
私も今日メバル釣りを予定していたのですが強風で出船できませんでした。

今年もよろしくお願いいたします。
2010年01月06日(Wed) 22:21
編集
神戸のサラリーマンさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年のメバルは調子どうなんでしょうかねー。神戸のサラリーマンさんの行かれている本荘の船宿のHPを最近拝見していますが、「最低釣果~最高釣果」という書かれ方をされているのが好感もてますねー。最高釣果しか出していない船はあてにならないので、今年はメバル釣りに行かないつもりでしたが、この船なら私もいっぺんお世話になってみたいと思っています。
2010年01月06日(Wed) 23:03
あけおめ!
編集
御無沙汰です。
ワラサ7本凄いですね~♪
羨ましい限りです。
ところでワラサとメジロ
どこら辺りで名前が変わっているのでしょうね?
三重ならワラサですよね!
私の住んでいる兵庫ならメジロ(山陰側はわかりませんが…)
九州ならヤズですかね?
まあどっちでもいいのですが…(笑)

私の方は1月8日に家島の海恵で鯛19尾(自己最多)でした。
釣客3人だけで小マス貸切り状態。
ラッキーでした。

長々とスイマセン。

今後も釣行記を楽しみにしていますので頑張って続けて下さいね~!
ではまた(*^-')ノ
2010年01月10日(Sun) 08:45
編集
でりおさん、いらっしゃいませ。今年もよろしくです。

マダイ19匹!すごいですねー。私はこのところマダイがあまり数釣れなくなりましたねー。

メジロとワラサ、どこが境目でしょうかねー。福井はメジロだったと思いますが・・・。三重県あたりでは両方まじっているような感じでしょうかね・・・ガシラをカサゴと言ったりガシラと言ったりみたいですしねー。滋賀県はどうなんでしょうね。

ともかく、今年もよろしくお願い致します。行った限りは釣行記も書こうと思います。
2010年01月10日(Sun) 10:08












非公開コメントにする