カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 釣り堀忘年修行

釣り堀忘年修行

2009年12月31日(木)海上釣り堀・辨屋

潮@五カ所〜大潮
満潮〜6:03、16:45 干潮〜11:22、23:43
天気〜曇り時々晴れ、一時吹雪。西風強く寒い
日出〜6:59  日没〜16:54

091231shio.jpg

年末の釣り会の幹事をさせていただくことにして、辨屋は半年前からの予約とのことで、6月だったか?年末の予約の解禁日に電話してみたが、一歩遅くて28〜30日はすべていっぱいであった。

おまけに人数が揃うかどうかも微妙だったが、なんとか身内にも声をかけて、部長夫妻(実はすごく行きたがっていたらしい)に急遽来て頂き、どうにかこうにか・・・

他には、くまさんファミリー3名、つったどー丸さんとネレウスさんの師弟コンビ、このじんゆうさんと、ジェッカーズから一人sasapuuさんにご参加いただいた。

ということで、無理矢理sasapuuさんとこのじんゆうさんをグループにして、4組で釣り座の抽選。

テント前から時計回りに1,2,3,4と順番をつけたところ、sasapuuこのじんゆう組が2番、師弟コンビが3番、くまさん組が4番となり、私らは残った1番でテント前となったが、風が強いと予想されたので、くまさんファミリーにテント前を譲った。これが悪かったようで、なんとも申し訳ありませんでした。北側半分はほぼ完全に沈黙状態の1日だった。

091231turiza.jpg

筏に渡り、釣りの準備。今回は3人分の用意があるので、たっぷり30分以上も準備に時間をとっていただき、7時過ぎにいっせいにスタート。

前日にはれがーさんが友人と釣行しており、その情報を教えていただいたところによると、ものすごく厳しかったとのこと。今日は寒くなるのでもっと厳しいだろうと、覚悟の釣りである。

おまけに今回私はひさびさの釣り堀だが、初心者二人を両手にかかえて面倒見なければならないので、竿は1本だけ、それも青物狙いのみにしようと思っていた。なので、まずは青物狙いからスタート。

今回、青物狙いのために、スペシャル仕掛けを2種類作成してきた。1種類は、カンパチ専用仕掛け。もちろん、1本針仕掛けであるが、構造がちょっと違っている。

もう1種類は、サンマ用スペシャル仕掛け。これもちょっと普通のとは違う形になっているが、ちゃんと1本針仕掛けであるが、若干ややこしくなっている。

とりあえず、カンパチ用スペシャル仕掛けのほうに生きアジ付けてを放り込んでおき、両側の初心者がマダイを釣るのに備える。

ところが、誰の竿もまったく曲がらない。30分くらいは何もなかったように思う。

これはまずいと思い、予定にはなかった西海9号をセッティング。後でこれが最悪の事態を招く・・・

ともかく、これで私もマダイ狙い。しかし釣れない。

・・・と、しばらくすると、南西角、部長の前でマダイがぼちぼち釣れだした。部長とつったどー丸さんの竿が時々曲がる。

部長にはボウズを脱出してもらい、何とか一安心である。しかし、全体に活性は低い。北側半分は何のアタリも無いようだ。私もアタリ無し。南側ではぽつぽつとは釣れている様子。

091231nereusuhit.jpg

8時過ぎだったか、最初の放流。マダイを中心に・・・

ところが、ここでもまた誰の竿も曲がらない。しょうがないので私も西海でさぐるがアタリ無し。

さっさとあきらめて、小イカで青物を狙うが何とこれにマダイがヒット。この後、これまた青物狙いのイワシにもマダイがヒットして、狙ってもいないマダイばかりが釣れた。

たぶん水温が低くて青物のやる気が無いであろうことがこの時点で判明した。

と、困っていると、また部長の前あたりでマダイがぽつりぽつりと釣れだした。

まるきりアタリの無いくまさんファミリーは、ファミリーで大移動(笑)。何匹か釣られたようで一安心であった(まだ足りなかっただろうが)。

091231nigiyakabasyo.jpg

部長夫人にも、部長の横へ行って釣りなさいと言ったが、「私はのんびりしているのが良いからいい」などと遠慮していた。しかし、部長よりも部長夫人のほうが釣り堀に行きたいと熱心だったそうだが・・・

そんなこんなで朝の内はボチボチだったのが、予報通り次第に風が強くなってきた。

テント前や西側の釣り座は大丈夫だったが、西風をもろに顔面に受ける東側の釣り座は最悪だったようで、おまけに北東側ではアタリも無く、sasapuuさんには罰ゲームのようになってしまった。

091231sasapuusyugyou.jpg

決してJECKERSに対する嫌がらせではありませんので(笑)。

さて、10時過ぎになり、青物の放流。風は吹いたりやんだりをくりかえしている。

みなさん思い思いのエサをつけて青物狙い開始。前日にいただいたれがーさん情報では、青物は生きアジが比較的良かったとのことで、部長および部長夫人には生きアジをチョイスした。

私はせっかく釣って持ってきたので、和歌山産のカツオのはらわたで1投目。

竿先が刺さるのを今か今かと待っていると、部長夫人の「うわ、うわ、うわ!」という叫び声が・・・どうやらヒットしたようなので、私が「青です!」と宣言。

かなりへっぴりごしで、竿が水平になったり危なっかしかったが、クラブブルーキャビンのおかげもあり、それほど手間取らずに無事私のタモにワラサが入った。結構良いサイズだった。

さて、仕切り直して、今度は私も生きアジを投入。とりあえずすぐにエサを変えられるように、スペシャル仕掛けではなく、普通の仕掛けでやった。

また竿先が刺さるのを待っていると、部長夫人がまた「来た、来た!」と言いながらへっぴり腰になっているので、またまた私が「青です」と宣言してやりとり開始。

091231butyofujin2.jpg

あまりにも竿先が水平になりすぎるので、私が左手で竿先を上げてアシストしながら右手にはタモをかまえる。

しばらくしてワラサが浮いてきたのでタモ入れして無事ゲット。なんと、連続2本の青物ゲットであった。

これで部長夫妻ともにボウズはなくなったのでほっと一安心。この後筏では私がカンパチを1本(普通の仕掛け)、ネレウスさんが青物を1本か2本あげくらいだったと思う。

青物の放流後に活性はあっという間に一段落。というか、この頃から風は一段と強く、そしてひっきりなしの強風、時折猛烈な突風となった。

おまけに雪まで降って、一時は猛烈に吹雪いていた。

091231fubuki.jpg

帰り道が心配だったが、1時間ほどで雪はやんでくれて一安心。

そしてこの突風で悲劇が。外向きに出していた西海9号が、いつのまにか海の藻屑と化していたのである。ああ、なんということ・・・これは痛すぎる。

ということで、もう青物の竿しかないので、こいつでしつこく青物狙い。サンマ用スペシャル仕掛けが火を噴くか!?この仕掛けでサンマやイカや大きめのイワシやサヨリなどをひっぱってみるが、反応無し。

そこで、サンマをずたずたにして放り込んだところ、ゴツゴツとアタリ!竿先が深く刺さったので、渾身の力を込めてガツンをあわせると・・・なんと空振り。

しかし、少し青物の活性が出たのか、sasapuuさんの竿も曲がり出した(あくまで曲がっただけで終わってしまったが・・・嗚呼)。

もう一匹残っていたサンマをつけて、再び同じように放り込む。

部長はそれを見て「そんなでっかいのを食うのか!?」と不思議そうである。私は「このエサには食わないかもしれないが、魚が刺激されて活性があがって、他の人のエサを食うこともある」などと言いつつ、サンマをひっぱりあげてきたら、潮が澄んでいたこともあり、青物のチェイスが見えたので、ひっぱるのを止めたところ、飲み込んだのが見えた!

すかさずアワセると、今度はしっかりかかって、やりとり開始!

強引に巻き上げて部長の差し出すタモに収まったのは、カンパチだった。カンパチ専用仕掛けは完全に不発だったが、サンマ用SP仕掛けがうまくいったので、この日の釣りはこれで大満足。この仕掛けで釣るのは2回目である。前回は、なんと去年の新年会でのヒラマサだったが・・・

ともかく今日の釣りはこれで満足したので、その後、筏の上をうろうろしながらみなさんとお話。sasapuuさんの魚探が面白いと思っていたら、さらに上手がいて、くまさんが何と水中映像をモニターする装置を持ってきていた(あいにく魚はうつらなかったが・・・)。

魚探のセンサー部分。

091231gyotansensor.jpg

その後、みんな釣れない寒い時間をすごしていると、部長夫人が突然タモを取って筏の中につっこんだ!と思ったら、何と、見事にヒラメをゲットしていた。まったく教えてもいないのに、なかなか見所がありそうである(笑)。

天候はそのまま回復せず、風はやむことなく、活性もあがることなく、また、この日は特別に終了が1時だったので、1時になり終了。むしろこの時間に終了でありがたかったくらいである。

(結果)
部長・・・マダイ8匹
部長夫人・・・ワラサ2匹、ヒラメ1匹
私・・・マダイ2匹、カンパチ2匹

この低活性の中、3人でこれだけ釣れれば御の字である。

皆さん、低活性、強風、吹雪という3重苦の中、お疲れさまでした。とくにsasapuuさんにはお気の毒様と言いましょうか・・・

今回もまたこのじんゆうさん撮影の写真を使わせていただきました。毎度ありがとうございます。
釣り | Comments(21) | Trackbacks(-)

Comment

編集
カーク船長さん、はじめまして。釣り堀にはまっている男です。あまりネットで書き込みしないのですが、ひさしぶりの釣り堀釣行記をアップされていたので、おもわずコメントさせていただきます。船長さんの釣行記や釣り堀コラムで勉強させていただき、以前よりは釣れるようになり、いつも楽しみに見せてもらっています。

今回も青物釣りで新しいことをされているようでさすがと思いました。私は青物がいつも釣れません。秘密が解き明かされるのを楽しみにしています。今後とも釣り堀釣行記やコラムも楽しみにしています。長々と失礼いたしました。
2010年01月05日(Tue) 22:29
編集
海猿2号さん、どうもはじめまして!

コメントありがとうございます。

うちはもともとコメントくださる方が少なかったのですが、最近はみなさんブログをされて、ご自身の更新でいっぱいでなかなかうちまで来てもらえなくてさらに少なくなって残念に思っていましたが、そんな中、来て下さる方はとても貴重です。

まあ、私も自分の更新のみでどこもコメントしません(見てる暇ありません)ので同じですが、しょうがないことですね。

そんな状態ですから、海猿2号さんのように新たにコメント頂けるかたがいると、とてもうれしいです。

最近は釣り堀にご無沙汰なので、なおさら釣り堀関係のことを書いてもコメントとかありませんから、もう釣行記もやめようかと思っていましたが、行った限りは書こうと思います。

ただ、やはりモチベーションは下がりますから、あまり詳細なことまでは書かなくなると思います・・・ということで、申し訳ありませんが、そこらへんは、何とぞご容赦願います。
2010年01月06日(Wed) 08:39
編集
いやはや、何はともあれドタキャンでご迷惑をお掛けしました。
鯛2枚ぐらいで終ったかと思い、釣行記を楽しみにしておりましたが・・・ 残念・・ じゃない・・・流石ですね。

しかし、吹雪の中での勇姿(写真)には、目を疑いました。
どこからどう見ても“悪の首領”ですね。(初笑)
これに懲りずに、また“正義の使者”と戦いたくなったら、遠慮なくお誘い下さい。
2010年01月06日(Wed) 10:13
編集
ジェッターさん、こんにちは。

まあ、今回は初心者の面倒を見ることで手一杯で、自分の釣りをするつもりはあまり無かったので、これだけ釣れたら満足です。

部長などマダイ8匹も釣って大喜びでしたし、部長夫人もヒラメまでタモゲットして興奮していました。これくらいで喜んでもらえると、気が楽です。

ただ、他の皆さんあまり釣れなかったのが残念でした。急激に水温がさがったのか、前日からしぶくなったようでした。

>どこからどう見ても“悪の首領”ですね。(初笑)

やっぱり私には悪が似合うというのでしょうか、夏はダースベーダーですしね(笑)。

なかなか平日釣行が難しいので(まったく無理でも無いとは思いますが)、ご一緒させていただけるかどうかわかりませんが、ジェッターさんが釣行される際には悪の念だけは送っておきますので(笑)。
2010年01月06日(Wed) 12:15
編集
悪天候の中、お疲れ様でした。
今回は、ご一緒出来なくて、残念でした。
また、機会が合えば、お願いします。
今年も、宜しくお願いします。
2010年01月06日(Wed) 23:24
編集
船長 お疲れ様でした。

それにしても寒かったですねぇ。
お湯を入れたカップラーメンがあっという間にぬるくなっていました。これまでで一番寒く感じました。

船長が西海を奉納されたとは知りませんでした。
過去の釣行記で、海に落とした西海の歌があったように思いましたが、今回は無いのは、釣堀用具への物欲が薄らいだからなのでしょうか?

そういや、帰りの伊勢道で初心者マークを追撃しているエンタープライズ号を目撃しました(初心者マーク撃墜後はあっという間に視界から消えちゃいましたが)。

>なおちゃん
ご無沙汰しております。
まだはっきりしていませんが、16日に貞丸行きをもくろんでいます。よろしかったらどうですか?
2010年01月06日(Wed) 23:41
編集
>なおちゃん

おひさしぶりです。今年もよろしくお願いします。このじんゆうさん書かれているように16日に、私も少し可能性がありますが、14日の夕方まではっきりしません。いまのところ五分五分ですが、そんな感じで良ければいかがですか?貞丸は北西の季節風に強いですから、雨でなければ快適な釣りが冬にもできると思います。


>このじんゆうさん
またしても西海9号は戦死してしまいましたねー。まあ今は、西海8号がまだ生き残っているので、しばらくはそれを使おうかなと・・・高い電動リールを買ってしまい、しばらく道具は買えませんから。

ちなみに、初詣では釣人守を買い、釣り堀では定期的に釣り道具を海に奉納するという、この篤き信仰心が釣果を上げる最大の秘訣かと思っています(笑)。

それにしても、この日の帰りはひさしぶりに飛ばしましたねー。風が強かったのに、いつもよりぶっとばしました。とは言え、すべて制限速度内での話ですが。

伊勢道は猛烈な横風が吹いてたいていの車は走行車線をゆっくり走っていて追い越し車線がガラ空きでした。車体がものすごく左右にゆすぶられて恐ろしかったですが、おかげで集中力が高まり眠くなりませんでした。
2010年01月07日(Thu) 08:45
[壁|_-)チラッ
編集
こんばんは(^o^)/デビル万こと万年・・・・です

新年明けましておめでとうですm(__)m
今年も宜しくお願いします
あの吹雪の中ででこれだけ釣れれば凄いです(^^)

このじんゆうさんの写真、僕的には「笑うセールスマン」なんですが(。ヘ°)ハニャ
正月はずっと仕事で何時出漁しようか検討中です。
辨屋さん10kgクラスのブリと天然石鯛が入荷したらしいですよ。
確か昨年鰤を3本釣ったのはこれ位の時期だったと思います。

天然いいな(o^^o)
2010年01月07日(Thu) 20:55
編集
カーク船長さん、このじんゆうさん、こんばんは。
皆さんが、行かれるのなら、参加させて下さい。
ただ雪が降ると、タイヤがノーマルなので、無理です。
来週の天気をみて、きちんと返事します。
2010年01月07日(Thu) 23:09
編集
>デビル万さん

壁際にごあいさつ、ありがとうございます。今年もよろしくです。そうですね、活性低いなかでこれだけ釣れたら十分と思います。が、つい釣り堀だと、いつも条件が同じと錯覚してしまって、いつも爆釣を夢見てしまいがちですねー。

正月のお仕事お疲れ様です。天然石鯛、もうそんな時期なんですねー。


>なおちゃん

どうもありがとうございます。私が行けるかどうかはっきりするのが14日の夕方になってしまいますので・・・まあ天気のこともあるし前日に決めれば大丈夫と思いますが、そんな感じで良かったらで、すみませんです。
2010年01月08日(Fri) 08:30
編集
>なおちゃん
天気も大丈夫そうなので、16日に私は貞丸へ行くことにします(まだ予約していません)。
この時期なのでたぶん空きはあると思っています。
よろしければごいっしょください。

カーク船長は今週釣りに行っていないので、仕事の後先は考えずにいっしょに行くことになると思っています。

でも、船長の気分はメジロの釣果により、そちらに流れるかもしれませんが・・・。

>カーク船長
上記のような感じのものでしょうか?
2010年01月12日(Tue) 23:43
編集
そうですねー、メジロ釣りにも行きたいのですが、釣り堀よりもリスキーというか、釣れるかどうか、ダメなら何をしてもダメなので・・・

ということで、ご一緒させて下さい。正式には明日の仕事終わってからなんですが、9割方は大丈夫と思いますので。

なおちゃんにもメールしておきました。
2010年01月13日(Wed) 08:37
編集
なおちゃんにメールしましたが、届きません・・・アドレス変更になったのかな!?

ここを見てくれることを期待しましょう。
2010年01月13日(Wed) 08:44
編集
こんばんは。
メール、来てたのですが、
迷惑メールに分類されてました。
参加しますので、宜しくお願いします。
予約は、自分でしておきます。
2010年01月13日(Wed) 20:08
編集
なおちゃん、お返事ありがとうございます。

お手数かけましたー。
2010年01月13日(Wed) 20:14
編集
>なおちゃん
ありがとうございます。
貞丸は事前に筏割りをするので、同じ筏になるようにカーク船長といっしょに明日私から予約の連絡をしますよ。

それでよろしければ、こちらにカキコしてください。

>船長
ってことでいいですよね?
2010年01月13日(Wed) 22:56
編集
おはようございます。
このじんゆうさん、お願いします。
2010年01月14日(Thu) 09:32
編集
行けることになりましたので(多少ムリヤリですが・・・)このじんゆうさん、私のぶんも予約お願いします。では!
2010年01月14日(Thu) 20:56
編集
了解しました!
2010年01月14日(Thu) 23:19
編集
なおちゃんへ

昨日もメール送らせてもらったのですが、とどいていないでしょうか?

携帯の連絡先をお知らせしたのですが、できればなおちゃんのもお教え下さい。

あと、シラサ、このじんゆうさんが持ってきてくれますので、買わなくて良いみたいです。
2010年01月15日(Fri) 11:36
編集
了解しました。
明日は、宜しくお願いします。
2010年01月15日(Fri) 19:31












非公開コメントにする