カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP映画・TV ≫ 駄作・・・

駄作・・・

タダ券をもらったので、映画を見てきた。

2012」という映画。

0912282012eiga.jpg

ジャンルはSF・・・になるのかな?要は、よくある地球破滅もの。

よくこんな似たような映画ばっかり作れるものだとあきれ果てる。

前半は退屈なシーンの連続。YUKAは開始早々に爆睡(笑)。まあ、鼻炎の薬(抗ヒスタミン薬)が効き過ぎということもあろうが・・・

地面が割れだして目が覚めたらしいが・・・たしかに、そういう映像はすごい。人類の作り上げた巨大な都市が自然の巨大な力の前にはあっけなく壊されて行く、そんなシーンなど、不思議と爽快ですらある。おそらく監督と私は似たような人間なのかもしれない。人類の小ささを思い知るがいい!という感じだろうか。

そんな映像は、たしかに見ていて面白いと思うが、しかしストーリーがあまりにもひどすぎる。似たような映画はなんかたくさん見た気がする。

その中でもとくに陳腐でありふれた安っぽくてうすっぺらい人間ドラマ。映像こそリアリティーに満ちているが、ストーリーはリアリティーのかけらもない、すべてが都合よくギリギリセーフで主人公が助かるうそくささ。

地割れが後ろからせまってくる!車を暴走させて逃げる。ビルが崩れてくる、地面が落ち込んでくる。すべてギリギリセーフ。

飛行機で飛び立つ。なかなか飛び立てない、地面がどんどん崩れて行く。ギリギリセーフで離陸。

火山が爆発、火山弾が次々に飛んで爆煙がもうもうと迫ってくる。なかなか離陸できない。主人公がギリギリのタイミングで乗り込む。ギリギリのタイミングで発進!ギリギリセーフ。

そんなのばっかり。

そして科学者の陳腐な台詞。ギリギリセーフでまた助かる主人公。ああ、めでたしめでたし・・・って、なんじゃこりゃ。あまりに雑すぎる、あまりに似たような映画がありすぎる。

唯一、良かったシーンは、成金ロシア人が自分の子供を脱出船に向かって放り込むところのみ。

なのに大ヒット!?客もたくさん入っていたが・・・

たいていのものを面白いと言うYUKAでも、さすがに今回は「・・・」だった。どうしてこんな映画にたくさん客が入るのだろうか。不思議でしょうがないが、それがコマーシャリズムのパワーなのだろうか。

金を払わずに見られたということが、せめてもの救いだった。
映画・TV | Comments(3) | Trackbacks(-)

Comment

編集
年越しのご挨拶をすませた後ですが(笑)、あまりにも同じことを思われていたので、思わず書き込みしてしまいました。

私も見に行きましたが、まったく同意見でした(私はお金を払って見ました)。

映像は確かにすごいと思いましたが、それにしても、最近ではこのレベルの映像にはもう驚かなくなりました。

となると肝心なのはストーリーのほうでしょうが、脚本が良くないんでしょうか、ちょっと残念に思いました。
2009年12月28日(Mon) 21:42
編集
私もこの映画を見ましたが、私は結構面白いと思って見ていました。でも、言われてみると、ぜんぶギリギリセーフ、まったくその通りでしたね。ちょっと都合良く助かりすぎという気がしてきました。たくさんCMとかやっていると、つい見てしまいます。
2009年12月28日(Mon) 21:48
編集
ちょっと乱暴に書きすぎたかと思っていましたが、消すのも面倒なので放置していました(笑)。

またタダ券をもらったのですが、私はとくべつ映画好きということもないので、見にゆかないのも一つの選択かなあなどと思ったりしています。

それか、ビデオで十分かと思っていましたが、のだめにしようかな。玉木宏もだんだん指揮っぽくなってきましたし、ムジークフェラインザールでロケしたみたいだし。
2009年12月29日(Tue) 23:31












非公開コメントにする