カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP驚き・恐怖 ≫ 「顔」の恐怖

「顔」の恐怖

先日、苦手なものの一つとして、ヘビということをちらりと書いたと思います。

苦手なものの一つ、というより、この世でたぶん一番嫌いです。

カエルやトカゲのたぐいはまだ触れますが、ヘビは、いくらおとなしいやつでも、毒がないものでも、近づくなど無理な話、触るのはおろか、眺め続けることすら困難であります。

そのヘビに比べると、そうひどい苦手というほどでもありませんが、かなり嫌なのが「人形」です。

私は家にぬいぐるみとか人形のたぐいを、とにかく置きたくないのです。少女趣味が嫌いだから、ということだけではなく、もっと違う理由です。

なんか不気味な気がするのです。夜中にふと見ると、なんか笑っているとか、髪の毛が伸びている!?

別に霊魂とかを信じているわけではありませんが、人形を置いておくと、そこらへんをさまよっている悪霊が中に入り込んで悪さする・・・みたいな、そんなイメージもあり、とても不気味なのです。

YUKAがクレイでいろいろ作るのは結構なのですが、こういうのはやめて欲しいです(笑)。

091104kao.jpg

人形ではありませんが、顔が微妙なリアルさ加減で、とっても不気味です。
驚き・恐怖 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする