カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 軽いオモリ

軽いオモリ

あるところで、釣り堀の青物狙いの際に、生きアジにろくにオモリも打たずにやる客に迷惑した話が書いてあった。

そちらにコメントしようと思ったが、迷惑をおかけしても悪いので、自分のところに・・・

ちょっと前に書こうと思って忘れていたので、ちょうど良い。

実は最近、釣り堀で生きアジにろくにオモリをつけずにやる人が増えている?という話である。

その原因かどうかわからないが、有名人らしき人、テレビに出て釣り堀のことをうんぬん言っている人が、そういう釣り方を紹介したこととたぶん関係あるのではないだろうか?

その方、もともとチヌ釣りをやっていたようで、そのスタイルを釣り堀に持ち込み、「かかり釣りスタイル」なんて言ってやっているみたいだが・・・

それはそれで結構だが、たぶん取材くらいでしか釣り堀で釣りしたことが無いのか?たぶん乗り合いではどういう釣り方が大事か、もっと言えば、釣り堀では他のお客さんに迷惑かけずに釣りしなければならないということ自体に気づいておられないのではないだろうか?

ちなみに、超軽いオモリでアジを泳がせる釣りを紹介している番組は、ネット上でも見られるようである。

一度教えてもらったが、第何回目のどのあたりか忘れてしまった。

お心当たりの方は探してみられてはどうだろうか?

ちなみに、私もこのかかり釣りスタイルに似た釣り方をしているのでよくわかるが、この釣り方、万全ではない。

軽いオモリで釣りをするので、潮の流れが速い時には、ネット際が釣れない。真下が狙えない。

自分の足下にマダイが群れている時には、オモリを追加して重くしたほうが良い場合もある。

なので、生きアジの時に限らず、マダイ狙いでも何でも、オモリは軽くするほど釣るのに良い、というのはほとんど信仰に近いもので、実際、すべての釣り方は、ケースバイケース、その時の状況次第なのではないかと思う。

ゼロ釣法とか言って、違和感なく食わせるのが、良い時もあれば、無意味で手返し悪くするだけの時もある。その状況判断を的確にやってこそ、たくさん釣れるのに。とにかく魚に違和感を無くしさえすれば釣れるなんて、そんな簡単なものではない。

しかし、チヌ釣りではいくら名手か知らないが、釣り堀経験はあまりなくても、それでも名手と呼ばれるとは、釣り堀って、まだまだ軽く見られているんじゃないかという気がする。というか、チヌ釣りより下と見られているのは間違いないだろう。でなかったら、堂々とそういうことが出来るわけないもんね。

だいたい、生きアジにろくにオモリをつけずにやるのは、マナーだけの問題ではなく、釣り方としても間違っていると思うし。狙ったタナに生きアジを泳がせることができないんだから。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

Comment

編集
青物が目で見える所でスクールしている時なんかは良いかも知れませんがアジまかせで沈めていくのは勇気がいりますね(笑)
青物に見つかる前に横網を釣りそうです。

ちなみに私は7号打ってます(笑)
2009年11月02日(Mon) 18:37
編集
なんか、名前伏せて書いたんですが、そんな必要無かったみていで・・・あちら(好人さんのブログ)ではすでにコメント欄でイケチャンが実名を暴露されていました(笑)。
2009年11月02日(Mon) 18:44
編集
あれっ? 一応わからないように伏字にしたつもりなんですけど・・・・。(^^;)ゞ

前回、団子餌やシラサで「偽ゼロ釣法」を試してみたんですが、なかなか面白かったです。言われるように手返しが悪くなるので、ケースバイケースだとは思いましたが・・。

動画の「ノーシンカーに活きアジ」にはあきれてしまいました。
全く実態を知らない人なんだなぁと・・。

そういえば、近々(?)、Kさんが釣堀のDVDを出すとか。
やっとまともな「釣堀の教科書」がみれそうだと今から楽しみにしてます。(^-^ )
2009年11月02日(Mon) 22:20
編集
私も以前に、オモリをつけずに活きアジを使う人に不快な思いをしました。
注意すると、「わざとしている。こういう釣り方があることもしらないのか・・・」と言われ、いっしょの仲間にも、なんたらかんたら講釈してました。

私は結構釣れていましたが、向こうは釣れていなかったので、私の隣のおっちゃん(おなじようにオモリを注意していた)と、「腕のない人に限って知ったかぶりだよなぁ~」と大声で言いながら和気藹々とできました。
これはこれで、見知らぬおっちゃんと仲よくなれるきっかけができてよかったです。

ちなみに、この番組になる前は、釣堀で筏釣り用のダンゴを釣堀で「必殺技」として使ってました。
某釣堀の大将、禁止するのに結構大変だったようです(私が言うだけで某釣堀ってどこか分かってしまいますね(笑))

乗り合いでいっしょの筏に上がるのも何かの縁。
せっかくの縁なので、お互いに楽しくいきたいものですね。
2009年11月02日(Mon) 23:29
編集
>イケチャン、どうもこんにちは。

伏せ字にされてましたっけ?お名前は出してませんでしたが、番組名がはっきりと書かれていたので、誰でもわかると思います(笑)。

DVD出るのですかー。Kさんが、たんなる役者として出るだけではなく、企画や構成、編集あたりにもちゃんと関わって作られるならば、はじめて良いものができるかもしれませんねー。


>このじんゆうさん

そうそう、この話、このじんゆうさんに聞いたんでした。あのあとすぐに書こうと思っていたのですが、最近釣り堀にあまり行っていないし、乗り合いとなると遙か昔なので、忘れていました。

なんだか今の世の中と同じ縮図がここにもありますよね。

有名人がテレビに出て、政治などに関して適当なことを言う→しろうとがまにうけて政治が滅茶苦茶になる→まじめにやっている人たちが迫害される

というマスコミの問題点の縮図がここにも見て取れた感じでした。
2009年11月03日(Tue) 09:20












非公開コメントにする