カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ドラクエ1

ドラクエ1

ドラゴン・クエスト第1幕「天狗の鼻が折れる」の巻



2009年10月28日(水)船タチウオ@ヤザワ釣り船

潮@神戸〜若潮

091028shio.jpg

日出〜6:16、日没〜17:10

天気〜晴れ、波・風ともに無し

さて、前回、土曜日、潮がそれほどでも無いわりにはたくさん釣れて、少し浮かれていたところがあったのだが、釣れたサイズは小さめのものが半分、残りの半分は食べ頃サイズではあるが、90センチオーバーは釣れなかった。

考えてみると、未だに120センチ級のドラゴンを釣ったことが無い。是非とも今年は釣りたい、そしてそのチャンスがこの日だと思って、少々無理をして出撃した。

というか、もともと土曜日も水曜日も、どちらも釣りに行くことははじめから予定されていたのだが、まさかどちらもヤザワからタチウオになるとまでは自分でも思っていなかったが(笑)。

さて、前夜は10時に就寝したが、ドラゴンのせいで興奮してなかなか眠れず、睡眠時間はたぶん約3時間少々くらいで4時すぎに起床、家から30分もかからず5時過ぎに店に到着。受付をすませ、指定された釣り座は18番。毎回似たようなあたりである。なんとかならんものだろうか・・・

おまけに、平日だと言うのに何と満員である。さすがに良い潮の日、お客さんもわかっている。平日なのでゆったり釣りを目論んだが、これだけ天気も潮も良いとなると、それは無理な話なのである。

釣り座はこんな感じ。

091028turiza2.jpg

で、後ろ側のとなり19番には、いつも土日にアシをしているおじさんが、今日は釣りをされるそうだ。いつも明石の真鯛釣りばかり(週に2回!)でタチウオはよう釣らんと言っておられたが、そんなことは無かった。

ちなみにこのおじさん、私が土曜日に小さいほうの船に乗り込んだのを憶えていてくれた。

「あの船、酔うたやろ」

と言われたが、アネロンのおかげで私は大丈夫でしたと説明。でもゲロしていたおじさんがいた。細いからよく揺れると言っていた。

さらに、一番後ろの真ん中の席では若船長(T氏)も釣りをされていた。アシははじめて見るおじさんであった。

それはともかく、5時過ぎに乗船して準備している時、トラブル発生。

テンヤを入れたケースを船縁に置いていたところ、突然に船のエンジンがかかって、その振動で海面へ落下!

091028case1.jpg

このケース。我ながら良い収納と思っているのだが・・・

ケースはプラスチック製だから浮いていたのでタモですくえたが、フタが空いていたため、テンヤ3個が海の藻屑と化した。

幸い、針金の予備とワイヤーリーダー、サルカンを入れた小さなケースは海面に浮かんでいたのでタモですくうことができたが・・・

しかし、テンヤ3個、約1800円相当(正確には上島釣り具で1個550円)をロストとは痛い・・・

まあ幸いにしてと言うか、テンヤは他にも、すでに竿にセッティングしていた1個と、もう一つ新品が1個バッカンの中に入っていたから買い足さなくても何とかなったが・・・

しかし、土曜日にもオマツリして高切れでテンヤを1個ロストしているので、ここ数日のうちに4個もロストしてしまったことになる。安いからと上島で買いだめしておいたのに、残りあと2個しかない。また買いに行かないと。もう売り切れているかも。

さて、全員揃って5時45分に出船。今日は風もなく穏やかだからか、1時間弱でポイント到着。

釣りの前に、船長から前日の様子が説明される。前回も前々回も「アタリ小さいですからねー。小さいアタリで即合わせてください」という説明だったが、今回は違った。

「昨日はアタリがはっきりしていました。あれなら誰でも釣れるわ!」

だってよ!初心者の人でも平均してそこそこ釣れていたようだ。

これは今日も期待できる!?

そして、今日も水深90m近いポイントを流すそうだ。つったどー丸さんも月曜日に深場で大型ドラゴン級を釣り上げているので、今日もチャンス!

船長の合図で一斉に釣り開始。水深は90m弱だった。

数分後、ぽつりぽつりと上がりはじめる。

私にも待望のアタリ、水深80mくらいでコツとあたったが、あわせることができずに、少しまつと、再度アタリがあり、もう少し大きいアタリだったのであわせるとばっちり乗った!

巻き上げるが・・・あまり引かない。

なんと、また70センチ級が釣れてしまった。嗚呼なぜ!?まわりでは良型が上がっている。

ここから、私は快調に竿を曲げるが、いずれも小型ばかり。

まだドラゴン級はあまり上がっていないが、私ほど小型もそうあがってはいない。

どうもこの竿は小型にしか対応出来ないのか?私のアワセのタイミングが小型にぴったりなのか?悩みはつきない。

それでも、両隣のおじさんたちが、ことごとく空振りばかりしていて、私ばかり釣れるので、また少々天狗になりかけていた(笑)。

ともかく、朝のうちは即アワセでよく乗ったし、即アワセで空振りしてもそのままゆっくり誘い上げると再び当たってきてそこであわせるとまたよく乗った。

アタリそのものもかなり多し、アタリの8割以上はゲットしている。イワシの食い逃げはほとんど無し。最初の1時間で何と9匹も釣れた。これは40匹ペースか!?などとうかれたが・・・

8時半にはツヌケしていたが、そこから急速にアタリがとだえた。

また、今回はあまり上まで追いかけてこない。

朝の内のアタリはわりとはっきりしていて、アワセそこなってもそのまま巻き続けていると再び当たってくるが、アタリがあるのはぜいぜい底から20mくらいまでのことが多かった。

9時過ぎてからはだんだんとアタリの間隔が遠くなった。たまたま群のいないあたりを船が流れていたのかもしれないが・・・

なかなか数の伸ばせず停滞の時間帯に入ったが、10時前くらいになると、突然船中でみんなの竿が一斉に曲がり出した。しかも、上がってくるのはすべて良型ばかり。120センチオーバーも何本か出た。

私のとなりのおじさんも123センチを釣り上げたが、ものすごいでかかった。

091028dragon.jpg

ここから30分ほどの短い時間だが、大型の入れ食いタイムがやってきた。水深は約85〜80m。タナは底から5〜10mくらいの範囲で即アタリ。仕掛けをタナに投入すると、すぐに竿先が上に跳ね上がる。

アタリはすべて食い上げである。

食い上げはあわせが難しいが、この時は食い気が強かったのか、とにかくたるみを巻き取ってあわせてやれば、すべてかかってくれた。

そして、メーターオーバーを2匹(家で長さを測ると110cm)、メーター前後の良型を1〜2匹釣り上げることができた。ただ、もう産卵後なのか、あまり厚みはなかった。

分厚い!とおもって締めたらプシューと空気が抜けて細くなったり(笑)。浮き袋がふくらんでいるだけだった。

で、入れ食いの時合いはそう長くは続かず、10時半くらいになってくるとまたアタリが遠く、そしてものすごく小さくなった。

それでもちょくちょくアタリはあるのだが・・・なんせ、コツでおわり、それでエサが取られている。

たまに大きめのアタリもあるが、今回はどうも調子が悪く、空振りばかり。

アタリの数で言うと土曜日の倍以上あったが、なぜか今回はスカが多かった。タチウオ釣りは難しい・・・ちょっと天狗になっていた、その鼻先をみごとに折られてしまった。

そして、たまに追加したと思ったら、また小さいのばかり。まわりではそんなに小さいのは釣れていないのに、何故私が釣るのは小さいのか(笑)。

また、この時間帯は、即アワセしようにも、合わせても乗らない小さいアタリではじまる。

穂先がゆっくりもたれるようなアタリは即アワセでも乗るが、ごく小さく穂先がちょんと引っ込んですぐにもとに戻るようなアタリはあわせても無駄である。

でも、エサを追いかける活性はあるので、なるべく警戒させないようにそのままじわじわ巻き上げると、何度目かのアタリで比較的強く食い込むから、その時にあわせると乗る、という去年のアタリのパターンである。

でも何故か私の竿では、チョン、のアタリを逃すと追いかけてこない。そこそこ大きなチョンというアタリが出るが、竿が固いから警戒するのか?それで終わってしまう。

一方、竿がやや柔らかめのために前半には空振りが多かった私の両隣のおじさんたちは、後半には着実に釣果を伸ばしていた。

私の竿では、チョンで終わってしまうのが、やわらかい竿のほうが追いかけてくるようである。追いかける活性がある時はタチウオを警戒させないように食わせてかけるのが良いのかもしれない。

11時になり、最後の流しのために移動。このときにクーラー内のタチウオの数をかぞえてみたところ、21匹だった。前回とまったく同じである。

前回も最後の一流し前、ラスト1時間弱くらいの時点で同じく21匹だった。

しかし、前回は「21匹も釣った!」と思ったが、今回は「21匹しか釣れていない」と思った。それは打率が段違いだからだろう。前回は、アタリをたぶん8割以上の確率でゲットできた。少し天狗になるほどである(笑)。ところが今回はたぶん5割以下だろう。イワシを大量に消耗した(笑)。

最後の一流し、ここで何とかあと4匹釣り上げて25匹の大台に乗せて、1本はメーターオーバーを混じらせたい!と、頑張ることにした。

ところが、これまた空振りの連発。アタリは結構あるのになかなか乗らない。で、たまにはっきりしたアタリでかかるのは中型以下・・・

中型と小型を各1本ずつ釣って11時半、残り30分に全力を賭けたが、すべて最初のコツというアタリでイワシを食いちぎられてその後追いかけてこず、エサだけ取られて空振り3連発。そして時間となり終了。追加はならなかった。

(結果)タチウオ70〜110cmを23匹

091028chouka.jpg

家に持ち帰ったのは、一番大きな2本(ともに110cm)と中型1本、超小型2本で、あとは帰宅前に配って帰ったために、写真は撮れず、内訳もわからない。

091028110cm2.jpg

110cmというグッドサイズが2本釣れてうれしいのはうれしいが、狙いはドラゴン。あと5〜6センチ長くて110センチ代の後半くらいになれば、ドラゴンと言えるだろう。120センチ前後、私の手のひらより太いのがドラゴンである・・・と勝手に決めよう。

この日は125センチも出たそうな。

となりのおじさんが釣った123cmは、私の手のひらよりも太かった。そして、顔も怖かった。

091028yubi5hon.jpg

110cmだと、YUKAの手のひらよりは大きいが私の手のひらだと手のほうが少しでかい。

091028yukatachi.jpg

メーターオーバーが釣れたものの、前回よりはるかに空振りが多く、結構な数が釣れた割にはストレスの多い釣行であった。午後から仕事に行ったが、疲労感が重くのしかかってきた。

今シーズン中になんとかドラゴンを1匹はしとめたいものだ。

また、以前に絶賛したベイリア・テンヤタチウオというシマノの竿・・・どうなのだろう?

今回のあまりにも多かった空振りは一体何故なのか?

前回は打率で言えば8割近かった。今回はたぶん半分以下?イワシの食い逃げ多数!

食わせにはちょっと竿がまだ固い?それとも私がどんくさいだけなのか?万能ではない気がしてきたが、竿のせいなのかどうなのかわからない。

それか、短い間隔で釣りに行きすぎて、披露のために集中力が持たなかったか?うーむ、タチウオ釣りはやはり難しい。さらなる修行と考察が必要なのは間違いない!

ドラゴン・クエストはまだまだ続く(((((((・・;)サササッ
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
平日なのに満員ですかー!

水曜日だからなのか潮周りを狙ってきているのか・・・
平日の特権がなくなりそうですね(笑)

来月は後半の24日を狙ってます。
連休明けと言う事で少ないかなと思ってのことです。

集中力の持続は難しいですよね!
まずは座禅からでもはじめようかな?

そうそうペイリアいらないなら下取りしますよ(爆)
2009年10月29日(Thu) 19:56
編集
つったどー丸さん、毎度です。

やっぱり天気も良くて波も無いということもあるでしょうねー。

私がだいたい平日にヤザワ出撃したときは、いつも満員です(笑)。前日の釣果が良かった時に行くことが多いので、みなさんチェックしているんでしょうね。

ベイリア、手放すつもりは無いですが(笑)、次回から、タチウオVと両方セッティングして持ち替えようかなとか思ってますが、竿二本も出したら邪魔だろうし、悩みますね・。

私も24日に神戸出張がなかったら行っていたところでした。25ー26日にはたぶん出撃すると思います。
2009年10月30日(Fri) 08:37
編集
船長さん、こんにちは。ひさびさのコメントです。

芦屋の貧乏人あらため、クエスターといたしました。私もいちおう「真理の探究者」の端くれの端くれでして・・・

またしても爆釣おめでとうございます。船長さんの腕前からすると、ご不満のご様子ですが、私からすれば夢のような釣果です。

この土日のどちらかに出撃してみようかと思っています。爆釣できたらご報告させていただきますが、何もなければお察し下さい(笑)。
2009年10月30日(Fri) 10:04
編集
クエスターさん、こんにちは。私のネタを使って頂きありがとうございます。以前にコメントいただいた、私とほぼ同業の方ですよね。

いやー、やっぱりタチウオ釣りはバラシが多いと燃えますね!ドラゴン・クエストに加えて、アタリのパターン変化への対応という課題もできてしまいました。

今シーズンもまだまだタチウオ釣りから逃れられません(笑)。

土日に爆釣でレポートいただけるように願っております。頑張ってきてくださいー。
2009年10月30日(Fri) 17:00
編集
こんにちは♪船タチウオ好調ですね。
私はまだ本格的な船タチはやった事が無いのですが、楽しそうなので挑戦してみたいです。
今シーズンは波止から投げ釣りで10尾以上はゲットしていますが、やっぱり型が小さいですね。
あと質問なんですが、やはり船タチは最低でもベイトリールが必要ですよね。
電動リールがあれば尚良いって感じですか?
長々とスイマセン。
ブログ拝見するのを楽しみにしていますので、頑張って下さい。
ではまた!
(^-')ノ
2009年10月31日(Sat) 07:05
編集
でりおさん、いらっしゃいませ!

ようやく調子が上向いてきましたが、はじめて行かれるなら、やっぱり潮を見て、のほうが良いと思います。

ベイトリールは必要でしょうねー。スピニングは禁止されていますから。船宿によっては竿とセットでレンタルできるところもあるみたいですが、巻かれている糸が短かったり、メンテが悪かったりしますから。

道具をレンタルしてもリールは自分のを使ったほうが良いかもしれません。釣り堀でもし使っているのがあれば、とりあえずはそんなので十分だと思いますよ。それに3号以下のPEを巻いてあればすぐ使えると思います。

電動リールは、やっぱり何度か手巻きでやってから買うほうが、ありがたみが身にしみてわかります(笑)。

>ブログ拝見するのを楽しみにしていますので、頑張って下さい。

これは、とても嬉しいお言葉ありがとうございます。愚痴っぽい内容が多いので、書いては消してということも多いですが。もうちょっとまともなことが書けるように頑張りたいと思います。
2009年10月31日(Sat) 08:44












非公開コメントにする