カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 理想的な竿(ミャク釣り)

理想的な竿(ミャク釣り)

釣り堀の竿とタチウオの竿・・・似たようなことを感じた。

釣り堀でも船タチウオでも、どちらもズボ釣りというかミャク釣りである。竿の特徴として共通のものが望まれるように思う。

竿の穂先部分では繊細なアタリまで拾うことができるものが良い。そして、胴の部分ではフッキングと浮かせ、つまり、しっかりした反発力で確実にフッキングさせ、その後のやりとりでは魚を浮かせることができるものが良い。

そういう竿が理想である。

しかしなかなか無い。

たいてい、穂先がやわらかい竿は、先調子とは言っても、胴までも柔らかいことが多く、アワセがききにくいから魚をバラしやすい。私が釣り堀で使っているイカダ竿がそうである。

釣り堀で使っている青物用も、安物竿。穂先が特別に敏感というほどでもないが、全体にグラス比率が高くてやわらかいので、食い込みはまあまあである。しかし、竿の反発力が小さく、魚を浮かせるのにものすごく力がいる。ブルーキャビンはこの欠点が少ない。高いだけある。

釣り堀竿も船タチウオ用の竿も、良い竿は高い。

ならば、ということで、釣り堀では多くの人が竿を改造するのだろうか?カーボン比率がそこそこの竿を買ってきて、穂先だけグラスに買えれば、理論上では、穂先で小さなアタリを捉えて、胴でしっかりアワセを入れて魚を浮かすことのできる竿になるはず。

しかし、私はうまく作れなかったので、全体に柔らかい竿を使うことにして(安いものが多い)、アワセの弱さは刺さりの良い針を使うことでその欠点を補うことにした。浮かせる力の不足は、腕力で補う(笑)ことにしている。

ところが、船タチウオはそうは行かない。特別刺さりの良いテンヤというのも無いだろうし(針を増やすのは禁止だし)、むつかしい。それより、もっと小さいテンヤを作ってくれないかと思う。重さは40号しかし、もう二回りほど小さいテンヤを、今度作ってみようか?

話がタチウオ釣りのほうになったこともあり、長くなったので、あとは次の記事へ・・・
釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする