カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP人生論 ≫ 知っているより大事なこと

知っているより大事なこと

その昔、偉い先生に言われてなるほどと思った言葉がある。

知らなければならない一番大切なこととは。自分の知らないことは何か、ということである。

ちょっとソクラテスの「無知の知」を彷彿とさせるところもある言葉だし、それはそれでまた真理かとも思うが、その話とは少し違う。

その先生によると、何でも知っていることはさして重要ではないとのこと。

何を知らないのか、何が知られていないのか、既知の事実に対してどこまでわかって何がわかっていないか、わかっていると思われることに対しても、常に素朴に疑問を抱く。

どうして?なぜ?そういう素朴な疑問を抱けるかどうかが、モノを知っているよりも重要である。

・・・とのことだった。もちろん、研究者という職業にとっての話だが。

しかし、何でもそういう側面はあると思う。

知っていることよりも、自分が何を知らないのか、何がわかっていないのか、それ自体がわからなければ、努力のしようも無いのである。
人生論 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする