カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOPおでかけ ≫ お伊勢参り断念・・・、巨大マアジゲット!

お伊勢参り断念・・・、巨大マアジゲット!

この土日は、旅行がてら釣りという感じに。以下に、旅行記兼、釣行記をば・・・

まずは、ひさびさに伊勢神宮を参拝するために伊勢を目指す。

ところが、午前中にちょっとだけすることがあり、家を出たのが10時くらいになってしまった。

昼過ぎに伊勢に到着、すでに駐車場はいっぱい。五十鈴川の対岸にある臨時駐車場?にどうにか駐車できたが、遠い!

おまけに、雨が降ってきて、蒸し暑さは最高、不快指数120%である。

1時をすぎていたのではらごしらえのために、おかげ横町内の、いつも食事する店へ。店の名前忘れた。

私はカツオのてこね寿司、YUKAはまぐろのてこね寿司を頼み、他にエビフライを単品で頼む。

090822okage.jpg

てこね寿司は・・・自分の家で作るヅケ丼のほうが美味いと思った。エビフライはかなり美味しかった。

その後、参拝すべく伊勢神宮方面へ向かったが、あまりの人の多さと暑さのために気分が悪くなってきた。

ということでかき氷をクールダウン。

YUKAは赤福氷が食べたいということで、赤福の本店へ行くが、長蛇の列。

「この世に並んで食べるほど美味いものは無し」というのが私のモットーなので、やめることにした。

近くに普通のかき氷屋があり、ここでも赤福氷が置いてある。おまけに少し量が多い。さらに、こちらは列が短かったので、ここで食べることにした。

かき氷メニューはイチゴとメロンと甘夏と赤福氷(抹茶)があり、フルーツ系は本物の果物の果肉がたくさん入っていると書いてあったので、私はイチゴにすることにした。

ついでに練乳もプラスした。

090822kakigori.jpg

ものすごく美味しかった。本当にイチゴの果肉がたくさん入っていた。練乳のおかげですごい甘かった。冷たいのにこれだけ甘く感じるということは、かなり甘ったるいということである。そうとう糖分というかカロリーが高いに違いない。

そう考えるとちょっと怖く感じたが、暑かったしイチゴが美味しかったので、残さずに全部食べた。次からは練乳は無しにしよう。

さて、その後、さらに人が増えてごったがえしてきたし、私は滅多にならない頭痛がはげしくなってきた。

おまけに、汗でどろどろの汚い格好で参拝するのもバチ当たりという気がしたので、参拝は断念。今度、早朝に家を出て、もっと身を清めてから出直すことにした(笑)。

ということで、宿のある尾鷲方面へ・・・海沿いの道を走って尾鷲に向かう予定だったが、エサ屋があるかどうか心配だったので、再び伊勢道に乗り、勢和多気から紀勢道方面へと走り、大内山ICで降りて、エサ吉に寄り、翌日のぶんのエサを購入。

その後、尾鷲の宿へと向かった。

当初は貞丸で紹介してもらった民宿に泊まろうとしたのだが、紹介してもらった2件とも、すでに満員でだめ。

それ以外にも2?3件あたってもたが、どこも満員であった。まあ、釣行が正式に決まったのが木曜日だったし、それから電話したからしょうがない。

尾鷲の民宿も2件電話して満員、ようやく空いているところを見つけたのが金曜の晩で、これでほっと一安心、出撃決定となったのであった。

で、尾鷲の宿には夕方の5時前くらいに到着、なんと、ここのこの日の宿泊客は我々だけだった!

どこも満員で断られてばかりだったので、一体どうなっているのか!?

部屋数5部屋しかない小さいところだが、悪くない、良い民宿だった。

料理もまずまず、宿泊料6300円を考えると十分満足した。

090822ryouri.jpg

疲れていたので、何と8時に就寝。寝付きの超悪い私にしてはとても珍しく、あっという間に眠りの中へ・・・

ところが、エアコンの温度設定に失敗して、汗だくで目覚める。これが11時半であった。

エアコンの温度を少し下げて快適になったが、ここから私は一睡もできず。まあ、YUKAは熟睡だったようで、良かった良かった。

4時に起床、貞丸へ。

このじんゆう親子と養殖小割でアジ釣りである。

妙な格好の二人・・・

09082303hennakappuru.jpg

イカダ釣りははじめてだったが、釣り堀の外でやっている感じ+撒き餌多め、くらいの雰囲気で・・・

朝のうちはガシラとマダイ30センチしか釣れなかったが、養殖イカダのエサやりがはじまったと同時に30センチオーバーが連続ヒット!

このじんゆうさんは、50センチオーバーの天然マダイをゲット!うらやましい。

090823konojinyumadaiget.jpg

その後、エサやりが終わって落ち着いたくらいから、ポツポツと釣れて、最後には一瞬根掛かり?と思ったが、魚で、しばらく格闘したが、ハリス3号を飛ばされる大物をバラしてアタリが途絶えた。これが午後1時くらい。その後の30分はアタリ無しだった。

釣り時間は夕方までらしいが、釣り堀客と一緒の1時半にあがることにした。

型の良いアジが16匹も釣れて、そのうち狙いの40センチ級ジャンボも4?5匹釣れたので、とても嬉しかった。うち1匹は、何と45センチ!

090823kyoaji.jpg

これが45センチの巨大マアジ!釣り上げてタモに入った時は、シマアジかと思った。

090823chouka.jpg

この写真以外にも良型アジがあと3匹、ガシラが2匹釣れたが嫁入り済みなので写っていない。天然マダイは30センチ、チャリコサイズをぎりぎり脱したマダイと言っても良いサイズ?まだ食べていないが。

しかし、こうやって並べて見ると、大アジも小アジも形が同じだから、アジの大きさがさっぱりわからない(笑)。一番小さいのでも26センチくらいあって、十分な大きさ。

090823syuugouchouka.jpg

やっぱりこの写真がインパクトあるかなあ。

(結果)マアジ26?45センチを16匹、ガシラ2匹、天然マダイ30センチ1匹

このじんゆうさん親子はマアジ10匹、ガシラ10匹、天然マダイ50センチ1匹

その他、すべてリリースしたが、ゴンズイ多数、というより無数(笑)。次回からトングみたいのを持って行くことにしよう。ペンチ2本ではずしたが、手間がかかる。

その後、YUKAの実家に集合、沖縄へ転勤となる義兄の送別会と、8月が誕生日であるその義兄と私の誕生会・・・

早速、40センチ級のジャンボマアジをお造りと寿司にして食べたが、シマアジ以上!?

引きも強烈でシマアジ並みだった。そのせいで、私とYUKAの出している全部の竿といちいちお祭り、やっぱり二本竿はダメですなあ(笑)。

ともかく、楽しい二日間でした。釣りにおつきあいくださったこのじんゆうさんとじん君、どうもありがとうございました。

今回はじめてやってみて、次はもっと釣れそうな気がするので、潮の小さい週末にはタチウオに行きたいので、潮の大きな週末にはまた行きたいが、しかし、ちょっと遠いのがネックである。カツオも行きたいしで、困ったこまった。
おでかけ | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
船長、YUKAさん、ごいっしょいただきありがとうございました。
ゴンズイも含めると始終あたりがあって楽しかったし、釣れた魚も好評でした。

じんは、団子作成が楽しかったようです。

また近々行きたいものです。

それにしても写真を見ると、アジが大きすぎて、タイが小さく見えますね(笑)。
あとエビフライを食べる船長の目が怖い・・・。
2009年08月24日(Mon) 21:32
編集
>このじんゆうさん

じん君とともにおつきあいありがとうございました。先日、貞丸の外でアジを釣ってから、是非ともやりたいと思っていて、念願かないました。

ちなみに、食っている時はだいたいこういう目つきです(笑)。


>T夫さん

こちらにもコメントありがとうございます。たしかにアジ16匹と聞くと、寂しい響きですね(笑)。

実際には私が12匹、YUKAが4匹だったのですが(笑)、彼女ももっと頑張って釣ってくれて、二人で25匹くらい釣れたらクーラー満タンになったと思います。それくらい大きいです。

彼女は、ゴンズイが釣れるのがいやだと言ってオキアミつけずにやってばかりだったので・・・

自作3本バリ仕掛けはいちおうカラ針だけでなく、サビキ針もついていたのですが、大アジは先にオキアミをつけたところでしか釣れなかったので、オキアミつけるのを渋ってはあまり釣れないですからねー。
2009年08月24日(Mon) 22:47
利辨寺だ!!
編集
こんにちは(^o^)/デビル万です

カーク船長・このんゆうさんいろいろアドバイスありがとうですm(__)m
基本的に仕掛けがでかすぎたかもしれないです(^_^;)
ボート釣りをイメージすれば良いと
初めてだから仕方ないけど反省点もいっぱい
魚の保存方法も失敗。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
せっかくの天然物もったいなかった

修行の旅は続く (((((((・・;)サササッ

2009年08月26日(Wed) 11:37
編集
デビル万年さん、こんにちは。

針が大きかったんですかー。私は3本針仕掛けで先の空針はイサギ針の8号だったかな?あと、手前の2本はサビキの疑似針で、これはグレ針の7号だったと思います。

天然マダイには小さいかもしれませんが、船からのアジ・イサギで自作仕掛けを作っていた針で、一応ターゲットをアジに絞った結果、これくらいにしました。

ハリスは2号と3号を用意しましたが、最後に3号のを切られたので、少なくとも2号だと頼りないですね。

魚は釣り堀のスカリに入れてましたが、途中で弱って浮いてくるのがたまにいるでそういうのはマメにシメてクーラー内の潮氷につけて保存、最後に全部シメるのも氷シメにしました。

クーラーは27Lを2つ持って行き、一つは飲み物・弁当用、もう一つを潮氷用としました。

ボート釣りはしたこと無いですが、あれよりたくさん荷物は持って行けるので、クーラー2つあっても大丈夫です。

このじんゆうさんは、氷をたっぷり詰めた50Lクーラーを持ってきていました。氷は紀伊長島港で200円で何キロも買えるらしいです。
2009年08月26日(Wed) 14:39
編集
釣り堀とはまた違った面白みのある釣りですね。
これだけ、大物が釣れるなら行く価値もありますし。

ただ、養殖生け簀のエサやり曜日が、自分の予定とうまく合わず・・・
距離もちょっと遠いですし・・・

機会があれば是非一度行ってみたいですね~。
2009年08月26日(Wed) 18:09
編集
160さん、どうもです。

回遊魚なんで、必ず釣れるかどうかはわからないですが、船と違って軽い仕掛けなので、面白いです。確実性ならやっぱり船釣りでしょうからねー。日本海や泉南の船で良いアジが釣れているみたいです。

確かに、私も土曜にエサやりが無いのは痛いと思っています。土曜にやってくれたらありがたいんですがねー。

日・月・水・金を、土・日・火・木としてくれるとありがたいですが、エサをやる人が土日連続して休めないからとかでしょうかね?
2009年08月26日(Wed) 18:22












非公開コメントにする