カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 築地流・タコの下処理

築地流・タコの下処理

マダコ、釣ったは良いが、その処理を一体どうするのか。最初はなかなかうまく行かなかった。塩でもむと聞いていたので、大量に塩をしてもんだら、ものすごい塩辛くなってしまった。

塩でもんだら、かなり長時間洗い流さないといけないようだ。

しかし、いろいろやってみたが、実は塩はあまり必要無い。最小限にしたほうが良いと思う。

そして落ち着いたのが、「築地流」の下処理の仕方。

・・・というか、たまたま見た本に書いてあったのを真似てみただけだが(笑)。



築地流、タコの下処理

まず、塩をせずにただタコだけでよく揉む。

そうすると、それだけでも大量のヌメリが出る。特に足の吸盤の側を念入りにもむ。

それを流水でよく洗い流す。そして、また揉む。

これを3?4回繰り返すとかなりヌメリが取れてくる。

3?4回もみ&洗いして、ある程度ヌメリが取れたら、最後に少々の塩を入れて仕上げ。

少々の塩でタコをよく揉み、それをよく水洗いすると、ツルツルになる。

なので、ヌメリ取りに塩はあまり必要ないようだ。もちろん、塩をどっさりふるとすぐにヌメリは取れるが、タコが塩辛くなる。

こうやって、少々念入りにもむと、タコもやわらかくなる気がする。

そして、一瞬だけゆでてすぐに水で冷やす。ゆで汁には塩を少しだけ。

お茶を入れると色がキレイになるそうだが、特に入れなくても問題なし。

今回この方法でやってみたところ、タコも塩辛くならずに半生の良い状態で下処理ができた。

タコを徹底的にやわらかくしたかったら、ゆでる前にすりこぎ棒で叩きまくると良いらしいが、小ぶりのタコはそこまでしなくても、固くはないので大丈夫と思う。



早速、試しに「タコとトマトのガーリック風味炒め」を作ってもらったが。ものすごい美味かった。

090719takogarik.jpg

タコにプチトマトにガーリック風味、ものすごくよく合う!プチ・イタリアン気分である。

タコもざっくりした歯ごたえで、固くなくプッツリかみ切れて、とてもうまし!

この他、大きめのやつの刺身も美味かった。また、酢だこも美味しかった。

今晩はタコ飯とタコのマリネかな?晩飯が楽しみである。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする