カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP映画・TV ≫ スター・トレック万歳!

スター・トレック万歳!

土曜日の夕方、「スター・トレック」の新作映画を、遅ればせながら見に行った。

090620st1.jpg

正直言って、感激した。すばらしい。なるほど、そうしたわけね。

ネタバレしても影響ないだろうから書くが、ストーリーは、オリジナルシリーズにおける過去の話、つまり、カーク、スポック、マッコイの若かりし頃の話である。

しかし、実際には異なる過去になっている。というのも、未来からタイムスリップしてきたロミュラン人とにより、歴史を大きく変えられてしまったために、本当のオリジナルシリーズとは違う過去(ややこしい!)になっているという訳。

なので、これから続編を作るにしても、歴史が変わっているので、未来が決まっているという縛りが完全になくなっているから、作りやすいだろう。

しかし、未来から来たスポックと若いスポックの両方が存在しているというので、そこらへんは続編ではどうなるのだろうか?

ともかく、歴史が変わったから、一応、パラレルワールドの話ということにはなっているようだが、要するに歴史が変わってしまったので、それは同時に、私がこれまで親しんできたスター・トレックの世界すべてが消滅したという事でもある。そこに、一抹の寂しさも感じられなくもないが、まあ続編が、しかも私の大好きなオリジナルシリーズの続編が作られるということで、その楽しみのほうが上回っている。

090620punf2.jpg

090620stpunf.jpg

内容としてはかなりアクション映画的になっていて、スター・トレックについて何の知識も無い人でもかなり楽しめるものだと思う。

細かいところを言えば、若いスポック役の俳優、見た目はかなり似ているが、声が全然違う。そこが残念。オリジナルのスポック役を演じたレナード・ニモイは深くて低めの独得の声だったので、ちょっと違和感を感じた。

見た目は特殊メイクで何とかなると思うので、もっと声が似ている役者にして欲しかったが、なかなか声が似ている人というのはいないのかもしれない。

また、若いカークを演じているクリス・パインという俳優、少しブラピに似ていて良いとは思うが、オリジナルのカークに見た目が全然似ていない。まあ外見が似ていないのはまったく問題ないと思うので、これは良いが、こちらもしゃべり方が全然似ていない。

オリジナルのカークを演じたシャトナーの早口でちゃきちゃきした口調と全然違うのである。しゃべり方が違うと、やっぱり別人格に思えてしまう。そこがちょっと残念であった。

そういう細かい点で少し気になったが、キャラクターは良く書けていた。今後とも長く続いて欲しいものだ。
映画・TV | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
うっ、羨ましい~ 「スーパージェッター」も映画化して欲しいぞよ。

カー君のような「毛もじゃ星人」が出てくるのだろうか・・・
2009年06月23日(Tue) 08:18
編集
今年はスタートレックも復活しましたし、あと、なんでも、宇宙戦艦ヤマトの復活編というのもできるとか!?

いろいろ復活していますから、「スーパージェッター」もどうでしょうかねー。実は世代の違いか、私は見たことないのですが(汗)。

カー君は、毛もじゃ星人ではなく、毛もじゃ聖人と呼んでいただきたいですね(笑)。
2009年06月23日(Tue) 08:44












非公開コメントにする