カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP驚き・恐怖 ≫ フルエンザ・ショック!

フルエンザ・ショック!

インフルエンザをインフルと略すのが気に入らないので、あえて「フルエンザ」としてみたが。

シューカツだのコンカツだの、アラサーだの、KYだなんだと、なんでも略するのは日本人の劣化のはじまりだと思う。長い言葉についてゆけなくなっているのだろう。

というか、何でも略するのは昔からあったが、そのことを誰も批判しなくなった。もう歯止めがなくなったのだ。

それはどうでも良いが・・・

なんと、私の職場までもが、臨時休校になってしまった。とりあえず学生だけみたいだが・・・

我々職員はどうしたらよいのか?というか、職員は休みにはならないようだ。

今週から講義の予定だったのに、休講になったぶんはどうなるんだろう。

というか、私は今日から講義だったのだが・・・。5限目だったので、朝から準備してと思って出てきたら、休講・・・さて、今日は何しようかねー。

それにしても、今後、もっと感染が拡大したら、休みをどんどん延長して行くつもりかね?。

職員も休みになったら釣りに行きたいところだが、バイトも減って釣り代が減るから痛し痒しである。

それはそうと、少しまじめな話をすると・・・

インフルエンザというのは、日本では毎年かならず冬になると流行している。そして、毎年必ず数千人の死者が出ている。

でも、いつもこんなに騒ぐだろうか?新型の豚インフルエンザで、日本人に死者はまだでていない。もちろん、これから感染が広がれば高齢者や乳幼児などに死者が出ることになるだろうが、しかし、それは毎年冬になるとあたりまえのように起こっていることの繰り返しでもある。

そう、あたりまえのこと、よくあることでは人が死んでもたいして報道されない。交通事故の死者などが良い例である。これも毎年数千人は死んでいるのに。

そして、珍しいこと新しいことは、可能性だけで報道ラッシュになる。変な世の中だ。そういう報道のあおりで簡単にあっちに流れこっちに流れるのが世論というわけだが、政治でも何でも、そういうものにゆだねてしまうと、さらにひどいものになるのは間違いないと思う。

驚き・恐怖 | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
ご無沙汰しております、ニスです。私は、今回の新型インフルエンザは、いい予行演習になると思うのですが、どうでしょうか。

今回のインフルエンザは、幸運なことに致死性は低いのですが、次回、致死性の高いインフルエンザが発生したときに、適切な対応をする訓練として活用することができるのではないでしょうか。また、学校の休校や、企業の休業の影響や、効果を測ることもできると思います。

他にもいろいろ言いたい事があるのですが(報道や、日本人の気質について)、そろそろ出勤の時間なのでとりあえずこの辺で納めさせていただきます。

ま、私の本音としたら、感染が拡大したら、仕事が休みになるかなと。こういうことが無い限り、職場が休みになることはなさそうですから。休みになったら、波止にでも釣りに行こうかな。人と距離を取れるなら、感染することも無いでしょうし。
2009年05月18日(Mon) 10:23
編集
ニスさん、どうもコメントありがとうございます。

予行演習と訓練論、ごもっともと思いますが、なにかやり方としておかしいような気が・・・。

本当に危険なウイルスで休校とかいろんな措置がとられるなら、病気以外の損害も出てしょうがないと思いますが、訓練ならば、そのことで膨大な社会的損害を出してはいけないように思いますが、どうなのでしょうかねー。

まあ、行政もなにかあるとすぐ批判されますし、批判したくてしょうがない病気の人も多いみたいですから、過剰になるのもしょうがないかもしれませんね。お役所仕事も楽な時代じゃないですからねー。大変と思います。
2009年05月18日(Mon) 11:55
編集
恐怖心を煽るような報道は慎んでもらいたいが・・・

家にこもる為にスーパーでは即席ラーメンや冷凍食品やパン等が飛ぶように売れ薬局ではマスクが品切れ状態・・・

同じ感染者が出たカナダではうがいや手洗いは推奨してるがマスクの着用については科学的根拠が無いと否定しているらしい?

他のインフルエンザでは有給はもらえないが新型の場合はもらえるらしい・・・感染するのはイヤだがゆっくり休めそうなので感染するのもいいかも!
2009年05月18日(Mon) 18:40
編集
学校休校→チビ達が家にいる→やること無い→ケンカする
のを考えると、私は家にいるのは嫌だなぁ。

もっとも、インフルエンザのおかげで、現状ですら我社は結構しっちゃかめっちゃか状態なので、インフルエンザになってもとてもゆっくりできないでしょうねぇ。
この土日も、何度も緊急連絡が入ったくらいですし・・・。
今になって、「季節性と変わらず」と言われても、世間やマスコミは中々落ち着かないでしょう。

今だと、USJも空いているだろうと思い、USJ行きを提案したところ、家内に即効で却下されました(笑)
上の娘は賛成したんだけどなぁ。
2009年05月18日(Mon) 20:16
編集
>つったどー丸さん

他の国は手荒いだけみたいですねー。マスクは感染予防のためというより、感染してしまっている人がつけるほうが飛沫をとばさなくなって意味あるでしょうね。

私が聞いた話だと、うがいが意味無いということでしたが。というのも、細菌性の風邪にはうがいは効果ありますが、ウイルス性のは5分に1回のペースでうがいしないと意味無いそうです。

というのも、ウイルスが喉の上皮細胞に付着してから細胞内に進入するまで数分らしいので。

ウイルスは細胞の中に入り込んで増えますから、その前の数分以内にうがいしないと意味ないそうです。

細菌は付着した表面で増殖しますから、うがいは効果あるわけですが。


>このじんゆうさん

ようやく季節性とかわらずと発表されましたかー。感染力は多少強いような印象を受けましたが・・・

まあ、検疫で防ごうとしたのは、情報を集めるための時間稼ぎと考えれば無駄とまで言いませんが、どこもかしこも休校というのはやりすぎと思いますね。

情報社会は情報に踊らさせる社会ということですかね。

季節性と発表された今、毎年の冬にやる以上のことをする人は情報に流されている人だということでしょうね。

あんまりテレビで大阪だ兵庫県だと騒ぐもんだから、さっき母が心配して電話してきました(笑)。
2009年05月18日(Mon) 22:06
編集
たいしたことないものであまり騒ぐと、オオカミ少年のようになって、次回、本当に警戒すべき時に誰も信じなくなるというのも怖いですね。
2009年05月19日(Tue) 08:37












非公開コメントにする