カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 辨屋・快釣!

辨屋・快釣!

2009年5月3日(日) 海上釣り堀 辨屋 @礫浦(三重県南伊勢町)

潮@五ヶ所〜小潮
満潮〜1:07、12:03  干潮〜7:02、18:58
日出〜5:01  日入〜18:39

天気〜晴れ、薄曇り、ほとんど風無し、ちょうど良い季候(私にはやや暑い)

090503-01shio.jpg

さて、当初は5月2日で貞丸一周年記念に乗っかってみつかつさん幹事で釣り会をしようという話だったのだが、まず私が5月2日は都合が悪くなり、またみつかつさんも幹事ができなくなりで、たまたま翌日に辨屋の小イカダを身内の方々と確保されていたれがーさんのほうに合流させていただくことにした。

これで万が一釣れなかった(活性が低かった)場合には、私の責任問題に発展するかと内心冷や冷やしていたが、どうやら前日の貞丸は活性がイマイチで、辨屋でも2日より3日のほうが活性が良かったようだったので、結果オーライということでご容赦願おう。

ただ、このせいで釣りに来られなくなったつったどー丸さんには大変申し訳無いことを致しました。ごめんなさい。

ということで、前日にみつかつさんが来られなくなったので、YUKAと二人で出発することにして、8時半には布団に入った。

2時過ぎに目覚めて携帯を見ると着信あり留守電が入っていて、なんとみつかつさんが、やはり行けるようになったとのことで、もう向かっているという内容であった。

あわてて電話して、針テラスで合流することにした。

マッハで針まで行ってなんとか合流。その後はみつかつさんの車に乗り換えて辨屋へと向かい、やはりスピードの差があるようで、6時ちょっと前に到着した。

釣り座は私とYUKAとみつかつさん、このじんゆうさんの4人で、東側半分、れがーさんと身内の方々で西側半分というふうにれがーさんが決めてくださった。

あとは南東コーナーを広めに開けて、フリーアクセスのエリアとした(笑)。

090503-02ikada.jpg

私とYUKAは東側テント寄りに入れてもらったが、これが失敗というか、北東コーナーには7mくらいに何か沈んでおり、まったく釣りにならなかった。

あと、今回でみつかつさんと一緒に釣り堀に来るのは3回目だが、その3回ともすべて私の左となりがみつかつさんであった。ちょっと違う配置にしたら良かった(笑)。

さて、イカダに上げてもらってゆっくり準備して、みんなが用意できたくらいに用意ドンスタート。

もう時間が経ってしまって、今回は帰ったあとでメモを取っていなかったので、詳しい内容は覚えていないが、なんとか頑張って思い出して書くことにしよう・・・

たしか、朝一はこのじんゆうさんが快調に竿を曲げていたような気がする。

初心者の方々もパラパラと釣っていたように思う。

みつかつさんはバラしを連発されていたように記憶しているが、このじんゆうさんも結構バラしていたように見えたし、全体にバラしが多かったと思う。でも、その割には活性はまあまあ持続したように思う。

時々みつかつさんのタモ入れもさせてもらった。

090503hen-tamoire.jpg
変なタモ入れ。なぜか右手でガチョーン(笑)。

さて、私はいつもスタートではニセあにじるしアマエビでスタートするのだが、今回はまだカチカチに氷っていたため、サニーズで買ったシラサ大ではじめた。

タナは底。しばらくすると穂先がすーっと入ったのでズバっとあわせると、なかなかの強い引き。一瞬青物かと思ったが、しばらくやりとりして浮いてきたのは良型のシマアジだった。結構大きい!

その後、第二投、これまたシラサ大で底近くを狙う。またまたすぐにアタリが出てあわせると、これまたなかなかの重量感。マダイの引きとは違うので、またもや一瞬青物かとも思ったが走り回るというほどでも無い。

ちょっとドラグがすべって糸を出されたが、しばらくしてあがってきたのは何とハタマスであった。この時期でもまだ入っていたとは知らなかった。大きさはそんなでもなかったが、冬と違って結構よく引いた。

その直後、私と同じくシラサ大でやっていたYUKAにもヒット!こちらもハタマスをゲットした。

しかし、朝一にハタマスが釣れる場所というのは不思議とその後さっぱりというジンクスがあり、その通りになってしまった。というか、はじめにも書いた通り、ちょっとでも手前に寄せると何7mくらいですぐに何かにひっかかって、全然釣りにならないのである。

その後私はイカダ竿に持ち替え、これも、ちょっとでも北東コーナーに近づくとするに根掛かりするので、手を伸ばしてなるべく真ん中よりに竿を出すようにして釣りしていると、どうにかマダイが1匹釣れた。

090503madaiget.jpg

しかし、その後は鳴かず飛ばずであった。

7m以下にすると根掛かりしやすいということで、ならば足下では浅めのタナを中心に攻めることにして、エビ団子などでやるが、何も釣れず。

エサをアオイソメにして5mでやってみた。水は結構にごっていたので、あまり見えなかった。

しばらくすると西海の穂先がツーっと入ったので、あわせるとしっかりとかかって、かなり強烈な引き。もしかして石鯛!?と思ったらやはり石鯛で、無事YUKAのタモにおさまった。

090503ishidaiget.jpg

この後、プチ石鯛ラッシュみたいになり、YUKAにも石鯛がヒット!彼女も無事取り込むことができた。

090503yuka-ishidaiget.jpg

みつかつさんも石鯛ゲット!

090503mitukatu-ishidai.jpg

彼は、超短いイカダ竿(1.3m?)でやっていて、この竿がまた直角に曲がるので見ていて面白かった。

私は石鯛に備えて針をチェンジ。マダイ狙いの針だと飲み込まれたら一発で切れるので、軸の長い「ボケ専用」へと変えた。そしてもう1匹、石鯛の良型(2.7キロ!)をゲットした。

09050342big-ishidai.jpg

さらにもう1匹・・・と思ったが、私とみつかつさんが連続してバラしたら止まってしまった。

ということで、あきらめてマダイ狙いにもどすことに。しかし、針をまた変えるのは面倒だったので、ボケ専用のまま、ニセあにじるしで底を狙う。

すると、すぐにツンツンとアタリが出てあわせるとばっちりかかった。

しかしかなり重たい。これは青物だと確信して「青物コール」でやりとり開始。

西海9号はなかなか弾力があるので、少々苦労しながらも、そんなに皆さんを待たせることなく(たぶん5分以内くらいで)浮かせてくることに成功。カンパチであった。

針が心配だが、ボケ専用というマダイ狙いより少し大きなものだったことも幸いして、またイカダ竿でもハリスは3号ということもあって、難なくカンパチをゲット!

しかし、やはり青物竿で釣るのとは違う。左手も竿のようにして使わなければ時間がかかってしまうし、切れてしまうので、左手をめいっぱい酷使する釣り方になるのは避けられない。

そのため、左腕に乳酸がたまりまくるのか、釣り上げたあと5分くらいは左腕が動かなくなった(笑)。

もしかして、ここまでのくだりは放流後だったかもしれないが、そこらへんは記憶があいまいであるから違っていたらご容赦下さい。

090503yuka1.jpg
完全武装のYUKA(笑)。


さて、(たぶん)その後、8時半だったか9時くらいにシマアジ・マダイなどなどの放流。

シマアジがものすごい数(一人1匹!?)くらい放流されたように見えたのだが、もしかしてツバスも含まれていたのだろうか?放流数はあまりちゃんとチェックしているのでよくわからないが、マダイも含めてかなりの量が放流されたように見えた。

ただ、放流後はしばらくあまり活性はあがらず、ちょっとたってから、全体でパラパラとマダイやシマアジが上がり始めたが私とYUKAには音沙汰無し。なんせ、底近くを狙えない(7mまでしか釣りができない)のだから、しょうがない。

090503konojinyu.jpg
コンスタントに釣り上げるこのじんゆうさん。

ここまで私はマダイに関しては1匹のみで、これはちと寂しい。というのも、我が家の食材で一番重宝しているのがマダイなので、マダイはそれなりに確保したい。

で、南東角でマダイが釣れているようなので、ひさびさにお邪魔虫釣法果・・・

と、マダイ狙いで行ったはずで、そういう記憶だったのだが、しかし思い出してみると、その時つけていたエサは何故かアオイソメだった・・・

そして、何故か石鯛をゲットしてしまうのだった(笑)。

090503ojyamamushi.jpg

さて、その後は泣かず飛ばずで釣果はストップしてしまった。

10時半頃だったか、青物の放流。Kさんがやってきて、釣り方や興味深い情報などを、いろいろと耳打ちしてもらった(笑)。

090503aomono-horyu.jpg

やっぱりいろいろと知っているなー。そりゃ、本気出せば大会なんかでも勝つはねー。

で、ここでは何匹か青物があがる。私は空振り1回の後、ツバス1匹のみ。辨屋の釣果ではハマチとなっていて、たしかにハマチサイズだったとは思うが、みんなツバスツバスと言っていたからツバスで通させてもらう。家に持って帰って開いてみるとなかなか脂も乗っており、干物にして食べたらすごい美味しかった。

090503rega.jpg

話をもどして・・・しばらくして青物も落ち着き、イカダが静かになったので、マダイ狙いに戻す。

ニセあにじるしアマエビで浮き釣りにして真ん中近くを狙うとようやくアタリが出た。あわせると強烈な引きの魚がかかった。青物!?かと思ったが、大きなマダイだった。よく引いた。ドラグを出された。

その後また静かになったが、このじんゆうさんにはアタリがあるようであるが食い込まないようだ。エサを聞くと鰹のはらわただそうで、私も少し分けてもらうことにしたが、同じものをつけても食い込まないだろうから、私は鰹の切り身の部分を小さめにつけてやってみることにした。

すると仕掛けが沈んで行かない。何とツバスが入れ食いになり、連続2匹釣れた。YUKAにもやってもらうと、彼女もひさびさに1匹ゲット!

と、ここでまた静かになった。

残り時間あと30分、道具を少しずつ片づけながら釣りを続ける。YUKAはほとんど終了モードで休憩中。

クーラーの中でまだ使っていないエサをさがしてみると、大きめのスルメイカが出てきたので、こいつをつけて、一丁、青物狙いと決め込むか!ということで、やってみた。

底まで沈めて巻き上げてくる。すると、何匹かの青物が追いかけてきた。

これはチャンス!ということで、もういちど底近くまで落として、ゆっくり巻き上げると・・・ガツン!と来たーーー。しかし、そのアタリで終わり。

巻き上げてみると、何と、下半身(ゲソ)だけ取られて、胴体だけがあがってきた。残念。

ただ、この後誰かが青物を釣ったと記憶しているので、私のスルメイカ作戦も無駄にはならなかったと思う。

ということで、2時になり釣り終了。帰りの船を待つ3人。

0905033bakatorio.jpg

YUKAと二人で1つのスカリを使っていたが、マダイがあまり釣れなかったため、スカリが真っ黒でみんなに笑われた。

あんまり釣れていないかと思ったが、あがって数えてみると私は11匹ということで、マダイが2匹しか釣れなかったのにツ抜けしていて、ちょっと意外な喜びであった。

竿頭は赤に青に縞々にと合計15匹を釣り上げたこのじんゆうさん。南東角をフリーアクセスにして、初心者の方にも釣らせてあげてこの釣果であるから、なかなかのものだったろう。

また、同じく南東コーナーをはさんだみつかつさんもツ抜けである。

れがーさんも、初心者の面倒を見っぱなしだった割にはまずまず釣れれていたし、何より初心者の方々にもそこそこ釣らせていたので、たいしたものである。

09050356members-chouka2.jpg

なので、全体によく釣れたほうだろう。ということで、私の都合で日程変更してしまったが、少なくともご一緒できたこのじんゆうさんとみつかつさんには文句を言われなくてすみそうである・・・

(私らの結果)
0905034chouka.jpg

私・・・マダイ2匹、石鯛3匹、ツバス3匹、シマアジ1匹、ハタマス1匹、カンパチ1匹で合計11匹で。さらに何と6目釣り!辨屋は本当に魚種豊富でありがたい。
YUKA・・・ハタマス1匹,石鯛1匹、ツバス1匹の3匹とあと一がんばり!

石鯛はなかなかの良型で、50センチ近く2.7キロもあった。こんなのが手軽に釣れるんだから、釣り堀はやっぱりすごい。

帰り道はかなり渋滞があって、へとへとだったが、おかげさまで楽しい1日をすごすことができた。ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました。また辨屋さんもありがとうございました。

これで、ようやく、釣り堀名人戦の準決勝敗北のトラウマは解放されて、ショックから立ち直れた。

(このじんゆうさん撮影の写真をたくさん使わせていただきました・感謝)
釣り | Comments(13) | Trackbacks(-)

Comment

編集
どうも、皆様ありがとうございました。
天気もよかったし、楽しかったですねぇ。

体中が痛かったので、ほどほどにと思っていたら、逆リハビリになり、うれしい悲鳴状態でした。

やることがうまく的中するとよけいに楽しいですね。
れがーさんにも褒められちゃったし(笑)

それにしても、船長の「マダイが2匹しか釣れなかったのにツ抜けしていて・・」って、どっかの人とあまり変わらないんじゃないのでしょうか?(笑)
この日はそういう日だったのかな?

PS 船長、みつかつさん 餌を分けていただいてありがとうございました。
2009年05月07日(Thu) 20:42
編集
カーク船長、ご無沙汰してます。
今回、都合が合わず参加出来ませんでした。
大会は残念な結果でしたが、普通に釣れば、
やはり名人ですね。また機会があれば、
ご一緒させて下さい。
2009年05月07日(Thu) 21:03
編集
>このじんゆうさん

前日のたけのこ堀で体が痛いと言っていた割にはよく釣られていましたね(笑)。おかげさまでたけのこのおみやげつきで、みなさん喜んでおられたと思いますし、うちも大感謝です。

ところで、どっかの人って誰のことでしょうか?


>なおちゃん

こんにちは。おひさしぶりです!今回のようにリラックスして釣りすることがやっぱり大事ですね。プレッシャーは私には良くないです(笑)。

この日はご一緒できずに残念でした。ところで、7月4日(土)に辨屋でぼすにゃん杯というのがあるのですが、ご一緒にどうですか?れがーさんもこのじんゆうさんも参加します。チーム戦で負けたチームが罰ゲームに女装させられるという内容ですが、おもしろいですよ(笑)。
2009年05月07日(Thu) 22:55
編集
のんびり釣ると気持ちに余裕が出るんですかね??^^;
僕はいっつも釣堀では殺気立ってるのかもしれません(笑)
初心に戻って楽しむ釣りを目指さないといけないのかもしれませんね♪
それに僕は初心者を連れてるにも関わらず・・・横目で見ながらよほどの事が無い限り手を出さないこの性格も良くない様な気がします^^;

あと、、女装大会・・・すんごく楽しそうですね^^
船長さんの女装写真を楽しみにしています!?(笑)
2009年05月07日(Thu) 23:24
編集
早速のUP!さすがですね(^^)

今振り返っても、活性が高くみんな楽しい釣りができた
一日だったと思います。特に初心者に場所を譲ってくれたこのじんゆうさん、みつかつさんありがとうございました。

本当にご一緒頂いた皆様ありがとうございました。

最近密かに?腕をあげているこのじんゆうさん。今度は
大会でその腕を発揮してください!私は今度こそ女装を
回避します!・・・・いや、したいです。。。(^^;
今度こそ笑って誰かの女装を観賞するのが目標です。

なおちゃんも都合があえば是非どうぞ!楽しいですよ。

2009年05月07日(Thu) 23:35
編集
皆さん、お見事でした!このじんゆうさんにおかれましては絶好調じゃないですかー(o^-')b今年の平均釣果もツ抜けじゃないですか?
私は名人戦以降絶不調です(ToT)
PCをZAQに変えてから調子が悪く掲示板の閲覧にも時間がかかり書き込みも出来ない状態です。バチンコもボロ負け、この間の天皇賞は2着1着3着…22万の万馬券は取り逃がすありさまです<<o(>_<)o>>
なんとかイサキで挽回したいのですが…
2009年05月08日(Fri) 04:28
編集
>だいさん
私がある程度釣り堀で余裕ができることがあるようになったのは最近です(笑)。それも、毎回という訳ではありません(笑X2)。ですから、ご安心を・・・
まあ、のんびりやったからと言って釣れないこともあるので(笑)、たまたまでしょうけど、釣りは遊びであり娯楽だということを忘れると私の場合はだめですね。大会のほうはギリギリの順位だっただけに後からいろいろ悔やまれるんだと思います。

>れがーさん
昨日の4時くらいでようやく仕事から解放され(来週もありますが)、忘れないうちに一気に書き上げてしまいました。細かいタイプミスなど多いかもしれませんので、また読み返して修正してゆきたいと思います。
初心者のみなさんも喜んでくれて良かったですね。ただ、お一人だけずっと不機嫌そうな顔をされている方がおられたのがちょっと気になっていましたが(笑)。
このじんゆうさんは明らかにウデを上げましたね。今後はマークが必要だと思います(笑)。


>つったどー丸さん
あらら、ずいぶんと不調みたいですね。この日はご一緒できずに、日程を変更してしまって申し訳ありませんでした。この借りをイサギで返せると良いのですが・・・
2009年05月08日(Fri) 08:23
[壁|_-)チラッ
編集
こんにちは(^o^)/万年・・・・です

皆さん調子良さそうでv-218
密かに首領と釣れない事を祈って魚をあげる作戦を立てていたのですが(^_^;)
「ぼすにゃん杯」イケチャンチームで参加予定です。\(^_^)/
噂では女装候補筆頭らしいですがv-12

あ!そうそう5月20日紀州行ってきます。大筏貸し切りです。一応最低貸し切りの定員は確保しているようですがまだ釣り座に余裕があります。つったどー丸さんもHGで癒しに来ませんか(⌒-⌒)ニコニコ...

修行の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2009年05月08日(Fri) 09:37
編集
万年・・・・ さん、どうもです。

魚は、貴重な真鯛とハタマスをいただきまして、ありがとうございました(どちらも首領さまの釣果?)。

女装の罰ゲーム以外にも何かしかけがあるみたいなので、ちょっとドキドキしています。お互いがんばりましょう!
2009年05月08日(Fri) 16:32
編集
カーク船長さん、こんばんは。
僕が参加したら、最下位候補になりませんか?
足を引っ張るような気もしますが、
人数が足りてなくて、みなさんと同じチームなら
参加させて下さい。
2009年05月09日(Sat) 00:29
編集
なおちゃん、こんばんは。

足をひっぱるなんて、とんでもないです。ちょうど後一人メンバーをさがしていたところでして、我がチームでご一緒願います。

また近々ぼすにゃんさんのほうから案内があると思いますので、よろしくです。
2009年05月09日(Sat) 20:36
す、すごい・・・
編集
み、みなさん凄過ぎです。石鯛は見たことはありますが、釣るのはとても、とても。
この先のシーズン、なんとか私も頑張ります・・・
2009年05月10日(Sun) 23:49
編集
すぎ-Kさん、コメントありがとうございます。

石鯛ですが、今、辨屋に行けば、たぶん釣れると思いますよ。

狙いエサは私の実績の順番に書くと
アオイソメ、イシゴカイ、マムシ、エビ団子の素
というところでしょうか。人により順番は違うと思いますが・・・

タナは2m~6mと浅め、場所は上の釣行記を読んで頂ければおわかりかと思いますが、たまに、活性が高いと中央の浅めをぐるぐる泳いでいることもあります。今回は活性高く、テント前の人にも釣れました。

貸し切りでやれれば、順番にみんな1-2匹ずつはゲットできると思います。
2009年05月11日(Mon) 08:37












非公開コメントにする