カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOPおでかけ ≫ 狩り X 2 = へとへと

狩り X 2 = へとへと

連休の間の平日に休めない仕事が入り、また連休中もその準備で休めない状態になっていた。

しかし、天気も良く、海も穏やか、水温も上昇傾向、アジは40センチオーバーが出だしたし、イサギも一時の絶不調からようやく脱しつつある感じ・・・

29日は何としても船釣りに行きたいと思っていたが・・・どう考えても無理であるし、船釣りは体力を消耗するし、釣れたら釣れたで大変だしで、まあ釣りはやめようと思っていた。

そんな時、ふと潮干狩りが頭をよぎった。数日前に海が荒れた。その荒れた後にはアサリの大型が接岸している(正確には海底がかきまわされて、岸近くに打ち上げられてきている)。

ということで、どうだろうかと思ったら、なんと、ザクザク採れているという話であった。

090429shihohigari5.jpg

これは、スクランブルしか無い!潮干狩りなら船釣りよりも後が楽である(魚をさばかなくて良いし)。

しかし30日の準備がある。29日はまるまる一日何も準備ができなくても大丈夫状態にはしておかなければならない・・・。

ということで、夜まで迷ったが、どうにかめどがついて、まあ29日も1?2時間見直しさえすれば良い状態にはできたので、スクランブル発進を決めた!

行き先はまたしても三重県某所、このじんゆう海岸である。

早く行って早く帰ってこよう、そう思って家を8時前に出たが、早く着きすぎた・・・10時には着きそうな感じで、後で知ったが干潮が2時くらいとのことなので、また午前中はこのじんゆうさんが不在ということもあり、YUKAと二人でどうしようか相談。

彼女のアイディアでイチゴ狩りをすることになった。さっそくカーナビで「イチゴ」と検索したら、すぐ近くにイチゴ農園が出てきて、電話番号も表示されるからかけてみたらイチゴ狩りができるとのこと!

スクランブルイチゴ狩りとあいなった。

090429ichigo1.jpg

090429ichiogo2.jpg

しかし考えてみると、一人1200円はらって入園したものの、イチゴばかりそうたくさん食えるものでもない・・・。店で1200円ぶんイチゴを買うほうがたくさん手に入るだろう。などと余計なことを考えた。

さて、その後はカーナビが変な道を案内しているなあと思っていたら、たった15分ほどで突然このじんゆうさんの家のすぐそばまで着いた。

奥さんが洗濯物を干していたので声をかける。このじんゆうさんは津のスーパーまでカツオのはらわたをもらいに行っているそうな・・・

家に上がり込んでは申し訳ないので、まだ早いとは知りつつ海岸で潮干狩りへ・・・

今回は新兵器をゲット。なるべく軽装を心がけた。

090429shiohigari1.jpg

YUKAはイチゴの食い過ぎと冷えのため、来る途中でもトイレばかり行っていて、ここでも途中でいなくなり(トイレが無いので、このじんゆうさんの家まで・・・)、あとはずっとこのじんゆうさんの奥さんとくっちゃべっていたようだ。なので私一人でひたすら掘る!

今回は荒れた後なので、弱ったアサリがたくさん浮いている。それをタモですくっている人たちがいたが、弱っていて砂をかんでいるからやめたほうが良いそうだ。

090429shiohigari2.jpg

ちゃんと砂にもぐっているのを掘ることにしたら、今回は結構掘れた。

選別中。小型はリリース。
090429shiohigari3.jpg

とったどー!
090429shiohigari4.jpg

でも3分の1くらいはこのじんゆうさんの母上が取ったものをいただいたやつ。

この後、早く帰ろうと思ったが、またしてもこのじんゆうさんの家にずうずうしくも上がり込んで予定より長居してしまった(お邪魔しました)。

このじんゆうさん、ありがとうございました、奥様手作りのアサリスパゲティー美味しかったです。天むすをたらふく食った後だったので、おかわりできずにすみません。

天むすも美味しかった。天むすは名古屋のものだと思っていたら、津が発祥だったとは知りませんで、勉強になりました・・・

その後、子供の頃によく食べた駄菓子屋の(今では)不気味なお菓子の試食会をした。子供さんらの遠足に持って行くお菓子をまとめ買いしてきたそうで、うまい棒やら、ヨーグル(ヨーグルトに見た目似ているが、中身は植物性油脂に味をつけただけの白い固まり)など・・・

090429yorguru.jpg

子供の頃にはよくもこんなものを食っていたなあと思った。

というわけで、予定よりずいぶん遅くなってしまったが、さっさとダッシュで帰路についた。幸い道は空いていたので良かった。

本当は、たくさん採れたアサリをいつもお世話になっている方々に、あちこち帰りに寄って配って歩きたかったのだが、なにせ、バタバタしていたもので、今回はほとんど近所の身内で分けてしまった。おすそわけできなかった皆さん、申し訳ありません。

また、海が荒れた後の大潮の日にでも、自分で採りに行って下さい(爆)。

090429shiohigari6.jpg

しかし、おすそわけするにも、遠いところの人になかなか「うちまで取りに来てくれ」とは言いにくいし、難しい・・・。余裕あれば寄らしてもらうのだが、なんせ体力が無いもんで。

さて、家に帰ってから翌日の仕事の見直しを1?2時間やろうと思ったが、へとへとになっていたので、こんな状態では仕事にならんから、さっさと寝てしまって、翌日は朝5時に起きてどうにかなったし、仕事も無事終えることができた。

まあ、今回は難しい話ではなく、簡単なことをさらにやさしく説明すれば良かったので、今までの仕事よりはずいぶん楽だった。
おでかけ | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
大漁おめでとうございます!

船釣りも捨てがたかったと思いますが潮干狩り&イチゴ狩りでよかったんじゃないでしょうか?

ハウスのイチゴがあのように栽培されてるとは知りませんでした。
子供が小さい時は毎年行ったんですがもうかれこれ15年はいってないと思います。
2009年05月01日(Fri) 18:12
編集
つったどー丸さん、こんばんは。

いちご狩りをやっている農園では、最近はあんなふうに、採りやすく、また土も付かないように栽培されているところが多いみたいですね。

イチゴ狩り、私らは結構好きでたまに行くんですが、普通は子供がいる家が子供のために行くものらしいです。

いい年した大人夫婦がいくところじゃない的なご指摘をこのじんゆうさんに受けました。確かにその通りと思います(笑)。でも、精神年齢が低い私ら夫婦には楽しいです。
2009年05月01日(Fri) 19:04
編集
入れ食いでしたねぇ~
船長が(笑)

それにしても、「出発します」のメールから到着(イチゴ狩り済み)までがものすごく早かったのに驚きでした。

お疲れのところ、長々と引っ張りまして申し訳なかったです。また遊びにきてください。
2009年05月01日(Fri) 21:55
編集
いえ、結構近いんですよ。普通に流れに乗って走っていただけですから・・・

こちらこそ、長居してしまい、また、ごちそうさまでした。また休み前にちょうど海が荒れるようなタイミングがあったら押しかけるかもしれませんのでよろしくです。もし不在でしたら、もう勝手わかりましたので、こっちでやります(笑)。
2009年05月01日(Fri) 22:26












非公開コメントにする