カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 脈釣り、もう一つの利点

脈釣り、もう一つの利点

先日、脈釣りの話が掲示板で少しだけ出て、そのときに欠点と利点の話を書いたが、Kさんのブログを読んでいて、一番肝心なことがあったのを思い出した。

いつも普通にやっていることなので、出てこない。浮き釣りをしてもどかしいと思うことがあるのも、これができないせいもあるからだと思う。

タナを変えるのが便利ということとも関係しているが、ウキでは絶対にできない誘い方が脈釣りではできる。

冬場の食いがしぶい時に、エサを少し上げてそこで止めたり、少し沈めて止めたり、ということができる。

これは浮き釣りでは無理だろう。いったん上げて浮き止めの位置を変えないとタナは変えられない。

小さいアタリがあったタナで食わない時、少し沈めると食い込んだり、逆に少しタナを上げたりして食い込んだりすることがある。

浮き釣りで上に上げるのは出来るだろうが、浮き止めより深く沈めることはできない。

それがウキとズボの大きな違いだろうか。

これで1匹釣れると、不思議とだんだんと食い込みがよくなって入れ食いになることもある。そしてバラすと止まる。

ただ、この釣り方がいつも効くわけではない。冬場の食い渋りの時に効くことがあるのであって、もっと簡単に食い込むこともある。

繊細にやるよりも、大雑把にやるほうが釣れることもあるので、やっぱり釣り堀で釣果を上げるためはケースバイケースとしか言いようがない、行く前から「今日はこういう釣り方をしよう」とあまり決めてしまわないで柔軟にやったほうが釣果を上げるためには近道と思う。

あとは現地でとにかく考えられることを全部試すということに尽きると思う。海上釣り堀は、そのパズル解きが他の釣りには無いおもしろさでもある。

もちろん、魚の活性など関係なくイカダ竿のように穂先のやわらかい竿で常に通すというのも、下手すれば大はずれになる場合はあっても、ハマれば爆釣かもしれないから面白いだろうし、それはそれで上達にもつながるだろう。

穂先のやわらかい竿は扱いが難しいから、練習とか慣れが必要でもあるし。

釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする