カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP哀愁 ≫ パソコン更新

パソコン更新

パソコンを買い換えたが、いろいろと大変だった。だいたい移行できたが、まだ作業中である。

いままで使っていたパソコンが古かったので、最新のに買い換えるとデータの移行が難しくなるのため、最新のOSのひとつ手前のOS(mac OSX 10.4)にして、中古のパソコンを購入した。

しかし、OSが最新でないと、ソフトも最新のものは使えない。一つ前のバージョンを買わねばならないが、多くは販売終了しているものばかり。

一部、中古で買えるものがあるが、なんと新品よりも高い値段が付いているものが多いし、買えないものもある。買えてもすでにサポートが終わっていたりすると、修正版のアップデートができなかったりもする。

しかし、買えるだけまだ良い。買えないものは、Yahooのオークションで探すくらいしかなさそう。買えないものの大半はオークションでなんとかなりそうだが、このオークションというのが私は大嫌いなので、できればさけたいところだが、しょうがない。

ギャンブル・賭け事とオークション。何か似たニオイがする。どちらも嫌いであるし、できれば避けたい。ついつい熱狂してしまう。釣りは、私の場合は熱狂とは違う。こつこつ釣果を積み上げる、貯金みたいものである。

私は熱狂が嫌いだ。特に集団の熱狂が。会議でも集団が一つの意見に熱狂すると、たいてい暴走して、ろくでもない結果になる。

最近の政治も、民主主義が暴走している。集団で熱狂して首相を支持してそうでない者を抵抗勢力として排除してみたり、逆に熱狂して狂ったように些事ばかり取り上げて批判しまくったり。どちらも同じで気持ち悪いし、どちらも同じでろくな政治にはならない。その結果が今の世の中の荒廃と混乱の一員になっている。

それはさておき、オークションなんかで競り落とさなければならないとは不本意だが、しょうがない。

ひとつ(年賀状作成ソフト)は600円で落とせたからラッキー。もう一つ(ホームページ作成ソフト)、は14,500円もの出費。

これまでにかかった費用をまとめておこう。

【パソコン本体と周辺】
 iBook G4 1.33GHz 40G =¥64,750
 eMac 800Hz 60G =¥25,750
 キーボード 白(JIS) =¥6,250
 USB マウス グラファイト =¥2,350
 iBook用メモリ512MB =¥3,990

【中古ソフト通販で買えたもの】
 ウイルスバリアX4(ダウンロード版) = 7,800円
 Photoshop Elements 3.0 =¥11,250
 Mac OS X 10.3.5 Panther =¥15,750

【オークションで落とせたもの】
 宛名職人12 =¥599円
 Adobe Golive CS =¥14,500円

【買わずにすんだもの(方法はナイショ)】
 Office mac 2004 (Word, Excel, Powerpoint, Entourage) =¥0円
 ATOK 17 =¥0円

合計 =¥152,989円

予算は15万円以内に抑えるつもりだったが、すでにオーバーしてしまった。まだ一つ二つ必要なものが出てくるかもしれないというのに、ああ・・・。

哀愁 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
私がコンピュータの仕事を始めた当時、(20年前)
本体 30万円
浮動小数点プロセッサーが15万円
8MBの増設メモリーが15万円
40MBのハードディスクが10万円しました。
たしか、フォーマットに12時間くらいかかりました。
2009年01月20日(Tue) 13:59
編集
20年前ですかー、それにしても当時の価格でそれでしょうから、すごい高いですねー。特に最近はメモリがやすいので助かりますね。

私は最初からmacでして、大学4年の時に生協のローンで20万円くらいのclassicIIとかいう白黒macを買いましたが、いつのまにかOS9のことをclassic環境とか言い出したので、つくづくclassicに縁があるなあと思った次第です。
2009年01月20日(Tue) 14:54












非公開コメントにする