カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 今年を振り返って(釣り編)

今年を振り返って(釣り編)

今年は釣行回数がかなり増えたが、増えたのはほとんど船釣りだった。波止釣りは何とゼロ!釣り堀は14回と昨年や一昨年のように20回以上も釣行したのに比べるとちょっと減った。

(海上釣り堀編)

平均釣果数
2008年 11.4匹
2007年 10.3匹
2006年 11.0匹

最高は22匹で、最低は2匹というのが一度あった。しかし、14回の釣行のうち、9回がツ抜けと、全体としてはコンスタントに釣れたと思う。一体どうしたことやら。

あと、よく行った釣り堀では、例年は傳八屋と辨屋が半々くらいなのだが、今年は辨屋が多くなった。

14回の釣行のうち、辨屋が8回、傳八屋が4回、その他が2回である。辨屋よりも傳八屋のほうが放流される魚の「数」は多いと思っていたが、今年は傳八屋への釣行が減って辨屋が増えたのに平均釣果があがっているのは興味深い。

マダイ平均釣果数
2008年 5.6匹
2007年 5.8匹
2006年 7.1匹

青物(ツバス除く)の平均釣果数
2008年 1.8匹
2007年 1.6匹
2006年 0.6匹

マダイの平均釣果が少し減って、そのぶん青物が増えた感じ。でも、去年とはそう大きく変わっていない。毎回2匹近く青物が釣れるようになったのは、青物の放流が相対的に増えたこともあるかとは思うが、持ち帰る魚の重量が増えるのでありがたい。

それより何より、今年は大会で調子が良かった。去年の海上釣り堀チャンピオン杯の第一回予選を優勝で通過できたのだが、今年の第2回予選にも参加したところ2位になってしまった。

4月10日に正徳丸で行われた決勝戦では残念ながら4位だったが、その後の5月24日に光栄丸で行われたつばき杯では何と、優勝。ラッキーだった。

そしてさらに12月4日に辨屋で行われたビッグフィッシング海上釣り堀名人大会の予選では優勝で通過することができてテレビにも映ったのは思い出になりそうだ。



(船釣り編)

今年の前半はメバル釣りに5回も行ったが、あまり良い思いをしたことが無かった。そのせいもあって、またタチウオが長く続いていることもあって、まだタチウオ釣りからメバル釣りに移行できていない。どうもメバルが釣れる気がしない。

今年はイサギ釣りで良い船宿を見つけることができた。田辺のみふじ丸である。船長がすばらしい。しょっちゅう行きたいが、ちょっと遠いのが難点である。

あとは、やっぱりタチウオ。ドラゴン級をいまだに釣ったことが無いのが大きな心残りになっているが、数はたくさん釣れた。30匹が1回、35匹というのも1回あった。

掲示板はブログによくコメントくださるみなさんと釣行できて楽しかった。ギャング団を結成して、いつのまにか団長になっていた。すごい出世である。実際の仕事では出世話がぽしゃったのだが(爆)、釣りの世界ではすごく出世できて、うれしい!?

今年も掲示板やブログにコメントくださるみなさんとの釣行を中心にしたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。



(ごあいさつ)

皆様、本年は大変お世話になりました。それでは、良いお年を・・・

釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする