カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り道具 ≫ 船タチウオ釣りのテンヤ

船タチウオ釣りのテンヤ

以前にくまさんがブログでタチウオテンヤの収納について書かれているのを拝見して、さすが、きっちりされているなーと思いました。

私もそれなりに収納はしていますが、まず家では買ったときの入れ物に入れて引き出しに入れているだけです。

持ってゆくときに、必要なぶんのテンヤを以下のようにして収納しています。釣り船によって40号のところと50号のところがありますので、必要なテンヤを必要な個数入れるわけです。

081224case1.jpg

ロストしたときのことも考えていちおう4つ持っていきます。釣り場では、2つ出してそれを交互に使っています。

中身はこんな感じです。

081224case3.jpg

テンヤを買ったときに入っている厚めのビニールを捨てずに置いておき、それに1個ずつ入れて収納しています(右)。

真ん中は、イワシを巻く針金です。それを仕掛け巻きに巻いたものです。針金は、たまに切られることがあるので予備を持っていきます。一応、効果あるかわかりませんが、黒く塗っています。

針金を丸く束ねておくと、私みたいに不器用な人間は、きれいにほどけずにぐちゃぐちゃになってしまうので、仕掛け巻きに巻いておきました。これだと必要なぶんが楽に取れます。

左の緑色のケースには、サルカンとワイヤーハリスが入っています。

一応、これが最低限持ってゆく仕掛けの収納になっています。

ところで、タチウオのテンヤはいろいろなタイプのものがあります。頭部のオモリの部分に緑色の蛍光塗料がぬってあるのが一般的ですが、金色のものもあります。

あと、頭部がワインドみたいに三角形をしたやつとか、頭部と軸とが動くスイングなんちゃらとか。あとフックがシングル、ダブル、トリプルでたくさんついたやつなどなど。

しかし、たいていの乗合船ではダブルフック以上は禁止の場合が多いです。オマツリしたときにむちゃくちゃになるからだと思います。

廃刊になった釣りサンデーという雑誌の船タチウオ記事で読んだのですが、シングルフックのほうがあわせた時に力が分散しないために、刺さりやすいと書いてありました。フックが二つあるとちからが分散して刺さりにくいとか?そういうこともあるかもしれません。

ダブルとシングルを一緒に使い比べたことが無いので正確なところはわかりませんが、シングルフックで十分と思っています。

あと、ハリス部分にケミホタルをつけるのがお約束になっているみたいですが、よく行くヤザワの乗合船ではケミ禁止になっています。オマツリするとじゃまくさいからと思いますが、船長に言わせると「邪魔なだけでいらない」とのこと。

たしかに無くても釣れますし、よその船で他の人がつけているのにつけずにやったことありますが、つけなくても変わりなかったです。もちろん、統計を出したわけではないので絶対とは言えませんが・・・。

ところで、テンヤの話にもどしますと、変わった形のものは使わないほうが良いと思うので、普通のシングルフックで標準的なものとしては、2種類あると思います。

DUELの出している「YO-DURIタチ魚リアルヘッド」というものと、YAMASHITAの「船釣り専用タチ魚テンヤ」です。

こちらがDUELの「YO-DURIタチ魚リアルヘッド」40号。だいたい600?800円の間で売っていると思います。
081224yo-zuri.jpg
081224yo-zuri2.jpg

こちらがYAMASHITAの「船釣り専用タチ魚テンヤ」40号です。こちらのほうがシンプルな作りのためか、値段は安く、400?500円くらいだったと思います。
081224yamashita1.jpg
081224yamashita2.jpg
裏のアドバイスが参考になります。

この二つの大きな違いは、まず、イワシを固定する針の数です。

DUELのほうは、イワシをテンヤの軸の上に乗せて固定するために、イワシを刺す針が3つあります。

YAMASHITAのほうは頭だけ固定するようになっています。裏の説明によると、イワシを通して軸をかくすように刺してつけるようです。

あと、どちらの説明も、針金をいわし全体に巻き付けるように書いてありますが、この巻き方はよくないです。頭だけしっかり巻き付けて、腹のあたりはあまり巻かないほうが良いと思います。

タチウオが針金を嫌うのと、あとしょっちゅう針金を切られてしまうのと二つの理由です。

あと、私はYAMASHITAのテンヤの説明の図にあるように、イワシを軸に通してつけています。図とまったく同じではありませんが、イワシをテンヤのフックにさしてから固定するようにしています。

そもそも、この図と同じように、えらの下からしっぽ近くまで通すのは不可能です。イワシの魚体のせいぜい3分の1が軸にかかっているくらいがせいいっぱいだと思います。

そのときに図の通りに腹側から通すと、柔らかいイワシの場合は刺したらぐちゃぐちゃになるので、逆さまにしてつけています。背中側から通すとイワシの身がやぶれにくいです。

ところが、たまたまでしょうが、YAMASHITAの仕掛けが売っていないので(安いから売り切れ?)、DUELのものを使っています。

ただ、DUELのほうはイワシを固定する針が3つもあってじゃまですから、後ろの二つをペンチで引きはがして、YAMASHITAのと同じ形にして使っています。

それから、このふたつのテンヤの違いはまだあります。角度です。ぶらさげて比べてみるとよくわかります。

左がDUEL、右がYAMASHITAのものです。軸というかフックの角度が違うのがおわかりでしょうか。

081224tenya.jpg

どちらか良いのかわかりませんが、なんとなくDUELのほうがよくかかるような気がしています。

YAMASHITAのほうが、あわせる時のストロークが大きくて良いような気がするのですが・・・でも、はっきりしたことはわかりません。

釣り道具 | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
先程、Y船に電話を入れ年末年始の営業を確認してみたところ、31日と元旦が休みで後は通常との事・・・2日あたりから潮周りがよさそうだがさてはてどうしたもんか・・・
2008年12月25日(Thu) 11:49
編集
おお!初釣りはタチウオですか!実は私も、あの感動をもう一度・・・じゃありませんが、今回釣ったタチウオが、脂ノリノリで一番美味しかったので、次も食いたい・・・なんて思っていたりします。けど、YUKAには言い出せてませんが・・・
2008年12月25日(Thu) 14:40
編集
つったどー丸さん、よくぞ聞いてくれました。1/2行きたいな~。でも、釣れだすのは1/3or4からと読んでます。3日は昼から夜中まで同窓会のお祭り騒ぎ。当然4日の午前までどんちゃんしてます。となると、2日どうしようかな~。
2008年12月25日(Thu) 22:18
編集
私も行きたいですねー。今回のタチウオ、ホントにかなり美味しかったです。

しかし、3日からのハードスケジュールの前の行くとしたら、しんすけさんもかなりタフですよね(笑)。

私は天気とYUKAの様子を見て・・・なんちゃって。メバルも行きたいし、困ったものですね。
2008年12月26日(Fri) 08:37
なるほど!
編集
カーク船長さん、こんばんわ!
またまた、私のつたないブログを宣伝していただいてありがとうございます。
異なるメーカーのテンヤの件、とてもためになりました。
さすが!科学的考察がすばらしいですね。
私はいつも価格的考察のほうに走ってしまうので、安物買いの銭失いになってしまうようです。
今度私も、2社のテンヤの違いを比べてみようと思います。
2008年12月29日(Mon) 18:42
編集
いやー、くまさん、お褒めいただき恐縮です・・・

ところが、書いてから気づいたんですが、まず、DUELのほうは、イワシを固定する針をはずしているのでバランスが狂っているかもしれません。

さらに、よく考えたらイワシをくくりつけてそれでやってみないと実際のところはわからないなあと思いました。イワシをくくれば、その重みでヤマシタのほうも少し上向きになるかもしれません。

やっぱり下からゆっくり巻き上げることを考えると、イワシが上向きに泳いで見えるほうが自然にアピールできるかもしれませんから。

今度イワシをくくりつけてチェックしてみますね。
2008年12月29日(Mon) 23:01












非公開コメントにする