カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP怒り ≫ 数字のウソ

数字のウソ

先日、新聞を見ていたら、「子どもに見せたくない番組ワースト」というのをやっていた。ネットでもアンケート結果を報じた記事を見ることができる。

たとえば『親が見せたくない番組 5年連続「ロンドンハーツ」』など。

記事によれば、中2保護者へのアンケートで、子どもに見せたくない番組のワースト1は『ロンドンハーツ』、2位が『めちゃ2イケてるッ!』。小5保護者へのアンケートでは、ワースト1が『クレヨンしんちゃん』、2位が『ロンドンハーツ』ということだそうだ。

へー、そうなのか、と素朴に思ったが、なにか臭いと思って調べてみた。統計のウソ、数字のウソがありそうなニオイがプンプンである。

するとやはり、これは歪曲報道の一種であった。

というのも、アンケート結果(平成19年度マスメディアに関するアンケート調査/子どもとメディアに関する意識調査 調査結果報告書)をちゃんと調べて見ると、実際のアンケートの内容とその回答は、こうなっている。

「放送中の番組で、自分の子どもに見せたくない番組はあるか」という問いに、中学2年生の保護者の71.2%、小学5年生の保護者の60.5%が、「ない」と答えた

見せたくない番組があると答えた保護者にのみ、さらに「番組名を二つまで挙げてもらった」ところ、上のような結果になったということなのだ。

つまり、アンケートをした中2と小5の保護者のうちの、それぞれ7割と6割以上の親が、「子どもに見せたくない番組は特にない」と思っているということになる。その最大多数意見を無視しているのだ。

ちなみに、小5保護者と中2保護者の調査結果を加えて「子どもに見せたくない番組」のトップになったのは『ロンドンハーツ』であった。それはその通り、5年連続ワースト1だそうな。

ところで、ではこの番組を見せたくない番組として挙げた親はどれくらいいたのかというと、アンケートをした保護者3477名のうち、わずか123名、3.5%の少数意見にすぎないのだ。

これはつまり、アンケートした保護者のうち、96.5%は「ロンドンハーツを見せたくないとは思っていない」ということになる。

にもかかわらず、見せたくない番組ワースト1が「ロンドンハーツ」という見出しがでかでかと出るのは、確かにウソではないが、ある種の歪曲報道、偏った報道と言われても仕方無いだろう。

私は別に、ロンドンハーツという番組を良いと言いたいわけではない。ロンドンハーツを俗悪番組としてやり玉に挙げる前に、大半の親が子どもに見せたくないテレビ番組は特にないと思っている現状こそ正確に報道されるべきじゃないのかと言いたいだけなのだ。

こういう報道の積み重ねで人々は騙されてゆくのかもしれないし、まだまだ私も騙されていることがたくさんあるかもしれない。

怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする