カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年08月
ARCHIVE ≫ 2019年08月
      
≪ 前月 |  2019年08月  | 翌月 ≫

二枚潮で激シブのアカイカ釣り

アカイカ釣り@とくは丸(和歌山・椿)
2019年8月21日(水)
天候:曇り  風向:南5m前後  潮:下り潮  水温:28.3度  波高:1〜1.5m
気温:27〜26℃
日の出5:24 日の入18:39
月の出21日21:53 月の入22日11:07
潮:中潮4日目(大→小)
潮汐表@田辺
190821shio.jpg

(結果)
190821chouka1.jpg



さて、体調もマシになってきたのでアカイカ釣り3回目に行ってきました。台風後にぼちぼち回復した頃かと思い、行くことに。

190821tokuhamaru.jpg

当日は私の他にお客さんが3名おり、左舷に3名、右舷に私一人でこんな感じで入りました。

190821turiza.jpg

そして6時頃に出船。風はそれほど無いように感じたわりには波と言うかウネリがちょっとあり、釣りにくそうです。船はわりと北上して白浜沖あたりへ。そして6時半ころに釣り開始です。

190821_0630shirahamaoki.jpg

今回はイカメタルメインでやるつもりで用意してきました。PEは前回同様に0.6号でやりましたが、今回は高切れとかは無し。

190821_0630ikametaru.jpg

あと、予備で普通の胴付き浮きスッテ仕掛けですが、この電動リールにはPEライン1号を巻いてきて、浮きスッテも5個にして、イカメタル風の釣り方?誘いメインでやる予定で用意してきました。

さて、釣り開始。潮がへんな感じで糸が余計に出ますが、いきなり1パイ釣れました。しかしその後は音沙汰無し。それどころか、潮がやはりおかしく、はげしい二枚潮のようで、水深30m以下では船の横方向に強く流れているようで、どう頑張っても左舷のいろんな人とおまつりします(涙)。

前半はそれでほとんど釣りにならず。左舷の人にあわせて胴付き浮きスッテ仕掛けでオモリ80号でやりますが、やはり二枚潮の影響でかなり難しいです。

それでも頑張ってやっていると、いちおうイカパンチらしきアタリはあるので、イカメタルでやるとなんとかぽつぽつ釣れます。

しかし、かなり渋い感じで同じで、タナこそ20−30mの間ですが、同じ誘いパターンで連続して釣れませんで、たまーに偶然釣れる感じです。しかも、こういう時はサイズも小さく、余計に厳しい感じです。

後半になるとウネリは少しマシになった感じですが(慣れただけ?)、あと、船長の操船のおかげでオマツリもかなり減り、終盤に少し追加してどうにかみやげを確保して終了となりました。

(結果)アカイカ7-20cmを27ハイ、超ミニアカイカ(胴長5cmくらい)2ハイとサバフグ1匹はリリース

190821chouka.jpg

まあ、なかなか入れ乗りではないですが、中盤と終盤はイカメタルでアタリ取ってぽつぽつ釣れましたし、どうにかみやげが確保できて良かったです。潮がまともでオマツリ少なければイカメタルで50パイくらい釣れたように思いますので、もう一回くらい行きたいとも思いましたが、その後あまり上向いていない様子。

なので、まあ、これでちょうど我が家の冷凍庫もタコとイカで満タンになったので、とりあえず今季のタコ・イカ釣りはこれにて終了にして、次は魚釣りのつもりです。

ただ、その前に北海道へ行くので来週以降になりそうですから、魚を狙うのは2ヶ月ぶりになりそうですし、何が釣れるのか楽しみです。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

台風前にタチウオ撃沈

タチウオ釣り@春日丸(泉南・谷川漁港)
2019年8月11日(日)
タチウオテンヤ
天候:曇りのち晴れ  気温:28→32℃ 風向:? 風速:微風  波高:ベタ凪
日出05:16 日入18:53 水温:26℃前後
潮:若潮
潮見表@神戸
190811shio.jpg



さて、もう1週間以上も前の話ですが、ひそかにタチウオ釣りに行き、ひそかに撃沈しておりました。そして、8月に入ってからは夏休み期間と言うことで、半日休みなど取りやすいので、調子に乗って短期間に頻繁に釣行したために体調を壊してしまいました(汗)。

8月2日にタコ釣り、7日にアカイカ釣り、そして11日にタチウオ釣りで、しかもこの間、7日の午後に休んだのと8日に少し遅刻しただけで平日は仕事を休まず行ったためもあり、過労?

釣りも、釣れた釣りなら疲れもすぐ取れますが、撃沈の場合は精神的ダメージも大きいので疲れが倍増します。そう、タチウオ釣りは完全に撃沈でした・・・

8月9日、一匹狼さんから10日にタチウオ釣りのお誘いをいただき、ちょうど行こうとは思っていたので前向きに考えましたが、準備や予定その他からさすがにちょとと無理だったので、11日に1人で行くことに。

神戸沖で釣れているので神戸方面の船と思っても満員ですからあきらめ、春日丸に電話したら、たまたま11日に神戸行きの船で空きが出たそうで、乗れることに。

前日も神戸沖での釣果は竿頭40匹オーバーでしかもサイズも良いので大量のようです。これなら、20匹以上は釣れるだろうと、またはアタリ頻発で面白い釣りになるだろうと思って出撃。

190811_depart.jpg

こんな感じで乗りまして、5時半頃だったかに谷川漁港を出発。

190811turiza.jpg

快調に飛ばして6時すぎには神戸沖に着きましたが、ものすごい船の数です。

190811_0700funedarake.jpg

190811point.jpg

そして6時15分だったか20分くらいに釣り開始!

ところがまったくアタリ無し・・・。30分たってもアタリ無し。1時間たってもアタリ無し。たまーに誰かが釣るくらいです。

潮が動いていないせいで良いポイントに入れないのかなと思って、まあさすがに神戸沖は地元の船が近くて先に良いポイント入れて有利だろうから、潮が動くのを待ちますが、動いてからもぽつりぽつり。本当にアタリが少ないです。

開始2時間後くらいだったか、疲れてきたので、電動ゆる巻きでボーッとしていると、急に竿先がひっぱり込まれて勝手にフッキング。指4本でも肉厚のタチウオが釣れました。

そして、このパターンで3匹ほど釣れましたが、面白くないです。誘ってもアタリが出ないし。釣れるとサイズと言うか太さはなかなか立派なタチウオなのですが・・・

写真だとなかなか伝わりにくいですが、まあものすごい船の数でした。

190819_0930funedarake.jpg

途中、船団からちょっとはずれて良いポイントを船長が見つけてくれて、そこでしばらくアタリがあって楽しめましたが、それも1時間ほどでした。ここで3匹ほど追加。

最後の1時間くらい、細かく3段に小さいシャクリをした後に止めるとアタリが出だして、それで3連発でかけますが、3回ともバラシ(泣)。

アタリ無く、釣れる時は勝手にフッキングか、アタリ出してかけてもバラしと言うストレスだらけの釣りに・・・

と、そんな感じでお昼前に終了。

(結果)タチウオ7匹

写真はありません。サイズは揃っていて良かったですが・・・

見える範囲ではだいたい皆さん同じような釣果か、せいぜい10匹までのように感じましたが、左舷の前はわからないのでもうちょっと釣った人もいたのかもしれません。隣の方は4匹とのことでした。

前日に一匹狼さんから10匹もらっていて、まさかそれより少ないとは、衝撃でした。

いただいた10匹はすでに近所に配っていたので。

釣行前は、「もう近所に配ったから、爆釣したら配る先を探さないと大変だなあ」などと考えていたのですが、まさかの撃沈とは。

まあ、この日は前日までよりは活性が悪かったようですし、なんせものすごい船の数でしたので、なかなか厳しかったのかなと思います。

春日丸のもう一隻の船のほうは谷川沖か淡路沖?神戸沖まで来てなかったようですが、こちらのほうがたぶん釣果が良かったかと思います。まあ、神戸沖にあれだけ船がいて、潮もあまり動いていない日なら、船もなかなか良いポイントにはそうそう入れないでしょうから、行った日が悪かったかと思います。

と、期待が大きすぎて実際の釣りははげしく撃沈と言うのは私のタチウオ釣行では結構あり、それでだんだん行かなくなっていたのですが、昨シーズンの冬に小型でも爆釣を何度かしたので、ついついタチウオ釣りへの警戒心がなくなってしまい、出撃して痛い目に遭いました。

おまけに、この日の晩はひどい下痢で、翌日からは体のだるさ、そして不整脈の発作の頻発と、昨日(8/18)までずっと体調不良でした。もちろん釣りだけのせいではなく、夏バテその他のためもあるかと思います。

次の釣りはたぶんアカイカの予定ですが、良い釣りしてストレス解消したいものです・・・。




タチウオはかなり美味しかったので、刺身や料理して美味しくいただきました。

190811tachi_sashimi.jpg

190811tachiten.jpg

190815tachi_makiten.jpg

190815tachidon.jpg

夏バテ体調不良と言っても、食欲はそれほど影響されていないので、まあたいしたことありません。たぶん。単なる老化現象かもしれません。
釣り | Comments(7) | Trackbacks(-)

財政を黒字にするとどうなるか

タイトルにある、財政を黒字にするとどうなるか、と言うのは、ようするに「国の借金が大変だから、政府の財政を黒字にして借金を減らさなければならない」と言うのが勘違いの大間違いと言う話をしようと思います。

結論を先に書くと、「政府が財政を黒字にすると、その後は国内の経済が必ず破綻して、その結果として財政は大赤字に逆戻りになる」と言う話です。だから、「政府の財政黒字」は、やってはいけないのです。

まあ、順番に書きましょう。

あいかわらず、節目節目で「国の借金」のニュースが報道されています。内容は不思議とまったく同じで、国民1人当たり何百万円の借金うんたらかんたらで、内容が金太郎飴のごとく各社同じなのは、財務省の記者クラブで配られる資料をそのまま垂れ流しているだけだからです。

この状況を見て、日本で(世界で?)数少ないまともなエコノミストである宍戸駿太郎大先生(2016年に92歳で亡くなられましたが)は、まるで大本営発表の時代のようだとおっしゃっていたそうです。

190819shishido.jpg

実際、「日本の好景気がいざなぎ越え」だとか、「消費増税しても経済に悪影響は出ない」などの情報をふくめて「大本営発表」と言われていたようですが、まったくその通りです。

そのような前提にもとづいて、今の日本政府(と言うか財務省)は、日本の国家財政の黒字化(プライマリーバランス黒字化)目標を立てて、ちゃくちゃくと実行しつつあります。財政はどんどん黒字に近づいています。

まあ、一般常識で考えると、赤字が続くといずれ破綻すると思ってしまうのは当然かもしれませんが、国家経済は常識には一致しません。

そもそも、(1)国家財政が黒字の国は存在するのか?(2)日本は財政が黒字だったことはあるのか?(3)黒字になるとどうなるのか?それを考えてみたいと思います。



(1)財政が黒字の国

まず、国家財政が黒字の国はほとんどありません。あるとしたら、産油国くらいのようです。産油国のように輸出しまくれば、他の国に赤字を移転できますので、国家財政は黒字になります。

しかし、誰かの黒字は別の誰かの赤字ですから、輸出しまくれる国以外で政府が黒字になれば、民間全体では同じ額の赤字が発生します。このことは、簿記三級の知識があればわかるようですが、普通の人は簿記を知らないので、なかなかピンとこないようです。

でもこれは1+1=2と同じレベルの話です。

政府の黒字額 = 非政府部門(家計+企業+海外)の赤字額

必ずこうなります。

ですから、政府が黒字と言うことは、同額の赤字が民間側に発生していると言うことなのです。もちろん輸出超過なら海外に赤字を移転できますが、産油国以外では不可能。日本程度の輸出額では財政を黒字にするには到底足りません。唯一、ドイツがEU域内外に輸出しまくってそれに近いことをやっています。TPPなどやって仮にうまいこと行っても、輸入も増えますから無理です。

そもそも日本は輸出大国ではなく、貿易依存度の低い内需中心の経済の国なので、真似はできません。これも多くの人が誤解していることですが、データを見るとそうなのです。なんとなくイメージで語る人や日本経済新聞ばかり読んでいる人はむしろマクロ経済をわかっていないのです。

話をもどして、財政が黒字の国と言えば、実は、ギリシャやアルゼンチンは一時的ですが財政は黒字でした。しかし、黒字にした直後に財政破綻しました。

そもそも、財政が悪化する原因は、何でしょうか?無駄使い!?これこそ国家経済と自分の金遣いをごっちゃにしたよくある勘違いです。

財政が悪化するのは、景気が悪いからです。景気が悪いから税収が減って、景気対策で支出が増えるから財政赤字が拡大するのです。そして、そんな状況で財政を無理矢理に黒字にしようとすると、経済が悪くなるのを放っておくどころか、とどめを刺すことになります。

だから、ギリシャやアルゼンチンは財政を黒字化した翌年には、税収が枯渇したような状態になり、財政破綻したのです。

なので、景気が悪いのに無理矢理に国家財政を黒字化させるのは、経済を崩壊させてかえって財政を悪化させるので、一番やってはいけない政策です。



(2)日本で財政が黒字だったことはあるのか?

ギリシャやアルゼンチンのように不景気の時に無理矢理に財政を黒字にするのではなく、経済が好調で財政が黒字になることはあります。日本で経済が好調だった時と言えば、それはバブルの頃です。実際、この頃は財政が黒字でした。

しかし、これは良いことでしょうか?

これも簿記三級の知識があればわかることですが、先ほどの、誰かが黒字だと別の誰かに同額の赤字が発生していることになります。また、誰かが負債を増やせば、別の誰かが同額の資産を増やしていることになります。

そう、バブルと言うのは、民間が過剰に借金して投資している状態です。民間が借金しまくって赤字を拡大させたから、政府の財政が勝手に黒字化しただけのことです。

民間は政府と違い、どこまでも負債を増やし続けることはできませんので、いずれはバブル崩壊するわけです。つまり、バブル期の政府の財政黒字は民間の債務超過と言う不健全な経済の結果と言うことになります。

以下、この本の中の図からの引用ですが、


日米で過去に財政が黒字化した時期と、その後どうなったかについてです。

190819zaisei.jpg

これを見ると、19世紀以降、アメリカでは国家財政が黒字だったことが7回ありますが、日本はバブルの頃に1回だけのようです。そして、その内容は興味深いものです。

アメリカは7回の財政黒字のうち、その6回が大恐慌を招いています。これはたぶんギリシャ・アルゼンチンパターンでしょう。不況時に国家財政を黒字化したために、民間の赤字が拡大して経済恐慌を招いたのだと思います。

1993-97年はITバブル、つまりIT部門への民間の過剰な(借金しての)投資による赤字の大幅拡大の結果として、アメリカ政府の財政が黒字化していたと言うことです。当然、その後はバブル崩壊しています。

(3)国家財政が黒字化するとどうなるか?

以上のことから、国家財政が黒字化するとどうなるか?ですが、それは二通りあり、①不況時の無理矢理な国家財政黒字化では経済が破綻してしまうか、②民間経済のバブルによる国家財政の黒字化では、その後のバブル崩壊により経済が破綻するか、①②のどちらかと言うことになります。

結果、どっちにしろ、政府の財政黒字化は、経済を破綻させる(当然、財政は悪化する)と言うことになります。

そして、今の日本がやろうとしているのは、明らかに不況時の無理矢理な国家財政黒字化であり、これこそがギリシャへの近道と言うことになります(もちろん、日本政府にデフォルトはありませんので、ギリシャとまったく同じにはなりませんが)。

要するに、財政黒字は絶対に持続不可能であり、国を滅ぼします。逆に、財政赤字を続けることは可能であり、問題はインフレだけなので、インフレ率が一定範囲内におさまるように赤字を続ければ持続可能です。

最近は、政府や行政機関が黒字になると、国民や市民が喜んだりするような状況があったり、政府や地方自治体がお金を使おうとすると、それをあたかも自分の金が使われたかのように反応して反対する人が増えていますが、根本的に間違っています。

誰かの赤字は別の誰かの黒字です。誰かの負債は別の誰かの資産です。

今の日本では、政府は財政赤字を拡大するのが正しいのであって、間違ってもプライマリーバランスを黒字になど、してはいけません。

一番てっとり早いのは、消費税を廃止して、そのぶんを国債発行でまかなうことかと思いましたが、池戸万作氏の計量シミュレーションによると、これだけでもほとんどインフレにはならないそう(つまり財政赤字の拡大が足りない)です。

消費税廃止+αの30兆円規模の財政出動で、やっとインフレ率2%目標に到達するとのことなので、今の日本は財政赤字が全然足りない状態なのです。

30兆円もあれば、社会保障、医療や介護、年金制度の充実などいくらでもできます。そうやって国民が安心すれば、お金を使って自然に経済は好転してGDPが増えれば税収の自然増により、財政は勝手に改善します。北風と太陽の話と同じです。

ただ、国民全体が不信感と悲観的になっていますので、こういう話を信じないようになってしまっているのが問題です。民主党政権の「埋蔵金」詐欺で懲りているのかもしれません。あとは、国民性?として悲観的な物の見方を好む病的なところが日本人にはあるように思います。

でも、いいかげん、「財源が無い」とか、「国の借金は将来世代へのツケ」とか、「国民1人当たり何百万円の借金」などと言うプロパガンダから目覚めなければ、日本と言う国が、たかだか「金が足りない」と言う理由だけで滅びてしまうでしょう。

お金とはそれ自体が負債なのです。また、誰かが借金することでお金が発生します。だから、みんなして借金を返せば、日本からお金が消えてしまうのです。これが理解できないなら、MMTを勉強しましょう!

さすがにこの本は難しすぎるので・・・



とりあえず、上で引用した本などは電子書籍しかありませんが、250円と安いですし。

ただ、私としては中野剛志氏の2冊を激しく推します。

       

多くの人に読んで欲しいな〜、まあ、ちょっと値段が高いですし、個人的には何もトクすることはありません。でも、世の中への認識が変わります。逆にそれがストレスになって受け入れがたい人のほうが多いのかもしれませんが・・・。

ともかく、政府の負債と民間の負債はまったく意味が違います。「国の借金」とか「政府の累積債務」と言う言葉を変えた方が良いという意見もあります。

MMTで有名になったケルトン氏は、「国の借金(政府の債務)」とは、「政府が民間に供給した通貨の総額のうち、税で回収していない残りのぶん」と言う意味にすぎないので、この額そのものを気にすることは意味のないことだと言っています。

どこの国も、政府の債務は増え続けています。でも、日本やアメリカなどのような供給能力の高い先進国でかつ自国通貨を発行できる国では、借金が増え続けても、そのことで何か問題がおこったことはありません。ありえるとしたらインフレ悪化くらいですが、それも実際には日本などデフレですし、アメリカもインフレ率2%も行かない程度の低インフレです。ですからむしろ、借金を減らそうとすることが悲惨な結果をもたらしてきたのです。

その国の経済力とは、物やサービスの生産能力、供給能力のことです。日本にはこれが十分にあるはずなのに、お金が足りないために、その能力が十分に発揮されない状態が続いています。その供給能力の範囲で財政を拡大すれば、インフレが悪化する心配もありません。物価は需要(=通貨の量)と供給で決まるのですから、当たり前です。

お金は、誰かが借金することによって発生し(信用創造)、借金返済で消えるわけですから、民間が借金しないデフレの時期に、政府まで借金を減らせば、お金そのものが日本中から消えてしまい、その結果として、本来なら供給することのできる物やサービスを誰も手に入れることができなくなり、国力=供給能力、生産能力が無駄になり、いずれ消えてしまいます。

それは日本と言う国が発展途上国に逆戻りすることとほぼ等しいことなのです。現に、「観光立国」など叫ばれているように、産業の無い途上国に日本は逆戻りしています。

今の日本のように、民間が借金しない状態ならば、政府は借金を増やしても何の問題もないどころか、むしろそうすべきなのです。それを、緊縮財政によって無理矢理民間に赤字を押しつけるような真似をしてはいけないのです。

国民ももっと賢くなって、政府の財政が改善してよろこぶような自殺行為をやめるようにならなければと思います。

あと、「誰かの黒字は別の誰かの赤字」が理解できない人は、この本を読んで勉強しましょう。



家庭菜園

さて、今年の家庭菜園はキュウリとミニトマトが豊作で喜んでいたら、2株植えたうちの片方のキュウリが突然にしおれて枯れてしまいました・・・

190727kyuuri_shioreta.jpg

190727kyuuri_shioreta2.jpg

よくわかりまぜんが、突然枯れた感じです。調べたところ、つる割れ病の可能性が高いかな!?もともと実の付きが悪くて元気の無い株だったので・・・。

と言うことで、すべて撤去して1株だけにしましたが、その残したほうの株は快調に実を付けています。

7/25-28
190725_28yasai.jpg

7/29-8/3
190729_0803yasai.jpg

8/3-6
190803_06yasai.jpg

8/8-12
190808_12yasai.jpg

8/12-13
190812_13yasai.jpg

とこんな感じで、7/25-8/13の間に、キュウリ43本、ミニトマト122個、トマト11個、オクラ15本、その他少々。

キュウリは1株になっても順調に収穫できていますが、トマトやミニトマトは暑すぎるからか新しい実はまったくつかなくなり、できている実も熟れると言うより枯れて赤くなっている感じに・・・。あと虫食いが多くて穴が空いています(中から蛾の幼虫のアオムシが)。

オクラは角オクラがこれまたおかしくなりダメ、丸オクラのほうは背が伸びすぎてそろそろ終わりっぽい感じ。

と、あまり暑くなってくると厳しいようで、キュウリもまた突然枯れたらどうしようかと悩んでいます。とりあえず台風が近づいているので、余計な葉っぱなどを大量に刈り取って整理しましたが・・・。

台風、被害無く通り過ぎてくれますように!

園芸 | Comments(0) | Trackbacks(-)

最近の・・・

今月は誕生日でしたが・・・

190804tanjyou_cake.jpg

↑今見たら、ろうそくの本数(短い方)が多いぞ!?写した時は、この後すぐ食べたので気づかなかった。

誕生日(加齢)を記念して(笑)、メガネを新調・・・初の遠近両用メガネです。この半年で急激に老眼が来たので・・・。

190813enkinryouyoumegane.jpg

最近のレンズはかなり進歩しているようで、かなり違和感の少ないできになっていました。まあ、まだそんなに老眼もひどくないからと言うこともあるみたいですが。

さらに、平日の午後に休みを取り、免許の更新手続きのために近くの警察署まで・・・

190802menkyo_keisatusyo.jpg

ぼろっちい建物で、冷房の効きもイマイチ。警察や役所の建物が立派だとひがみ根性で文句を言うやつがいるからでしょうか?行政がちゃんと安定していないと我々の生活がおびやかされることがわからないのでしょうかね!?

多くの国民がMMTを勉強して「我々の税金が〜」と言う間違った発想から抜け出して欲しいものです。まあ、テレビ新聞が正しい情報を報道していないのだから、しょうがないですね。池上彰の台本を書いている人たちは、もっとまともなことをちゃんと勉強して彼にしゃべらして欲しいですわ。

190814shinbun.jpg

ダメだこりゃ〜。

さて、講習は30分と短いのでありがたかったです。内容は、聞いても聞かなくても変わらない、ほとんど何の意味の無いものでした。

190802koutuuanzenkyoukai.jpg

免許試験場ではないので新しい免許は即日交付されません。また出来てから取りに行っても良かったですが、昼間は暑いし面倒なので、800円払って郵送にしてもらいました。まだ届いてません。ひさしぶりのゴールド免許、早く来ないかな・・・

↓8月13日、法事で行った先、義姉の家のワンコ。

190813wanko.jpg

がやたら吠えるので、むりやりだっこしたらおとなしくなりました。




割れたガラス瓶で切ってしまった小指も、だいぶん治ってきましたが・・・

↓7月20日 縫ってもらった翌日
190720_4hari.jpg

↓27日 抜糸直後
190727yubi_basshi.jpg

↓8月13日
190814yubi.jpg

切った部分が少しへこんでいるのと、押すと中が固いのと、知覚過敏みたいな少し痛いような変な感じがして気持ち悪いです。ただ、パソコンのキーボードを打つのには支障が無いので、とりあえず一安心しております。

喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

椿のアカイカ2回目・爆釣

アカイカ釣り@とくは丸(和歌山・椿)
2019年8月7日(水)
日の出05:14 日の入18:54 月の出11:46 月の入23:13
天候:晴れ  風向:南5m以下  潮:上り潮  水温:27.0度  波高:ウネリ少し
気温28-26℃
潮名:小潮初日
潮@田辺
190807shio.jpg

(結果)
190807ikasama_tray3.jpg



さて、タコ釣りは満足したので、次はイカ釣りですが台風が気になります。太平洋上には台風が二つあり、発達しているので週末にかけてウネリが高くなる予報になっていましたので、ちょっと無理して平日ど真ん中に午後から休みを取って行ってきました。

この日は釣り道具を積み込んだ車で出勤して朝から仕事して、午後2時半くらいに職場を出発。途中なかなかの強風でちょっと不安でしたが、5時過ぎに港に到着。

190807_1700tokunamaru.jpg

6時に出船とのことだったのでちょっと早かったですが、待っている間も風が強くて心配でしたが、出航する頃からだんだんと風はおさまったので良かったです。逆に、適度な風があり涼しくて快適でした。

早く着いて準備万端で待っていましたが、誰もやってこないし港もなんだか静かな感じでちょっと心配になりましたが、6時前に船長がやってきて一安心。客は私一人でした。これは、イカひとりじめ!?

190807turiza.jpg

6時に出船、ポイントはすぐ目の前なので、ゆっくり走ってもあっという間に到着。水深60mくらいで釣り開始。

190807_1810departure.jpg

今回はイカメタルロッド1本を新調して、リールもPE0.6号を巻いたのを持ってきました。15号のイカメタルとドロッパー2個付けて投入。潮が早いのか底取りがなかなかできません。イカメタル20号にしてドロッパー1個に減らしてどうにか・・・でもアタリ無し。

30分もやらなかったと思いますが、すぐに移動。もうちょっと南へ下って釣り開始。こちらに移動してからは潮の流れが違うのか、仕掛けもまっすぐ立ってやりやすくなりました。

底あたりをねちねちやっているとアタリあり、アカイカが釣れました。連発で釣れますが、ちょっと小さいです。船長によると、最近このサイズは見なかったのに・・・とのことでした。

点灯してからもしばらくは底のほうで小型がぽつぽつ釣れますが、ここでラインがどこかにからまって糸が出なくなってしまったので、ぐいぐい引っ張ると高切れ・・・(涙)。

1900円のタングステンスッテとドロッパー2個が海の藻屑となりました。この後、リーダーを適当にくくりつけてやりなおしましたが、今度はたぶんリーダーの結び目で切れたのでしょう、2回目の高切れ(涙X2)。またまた高価なスッテと本命ドロッパーを奉納してしまいました。

しょうがないので胴付きスッテ8本仕掛けでやりますが、乗りはイマイチ。

イカメタルをメインでやりたかったので、もう一セットのタックルを出してやりますが、こちらはPE1号なので、ちょっと太いです。

仕掛けロストで心なしかしょんぼり顔なので、モザイク(笑)。

190807ore_boyakegao.jpg

しばらくはイカメタルでぽつぽつ釣れますが、タナがさっぱり浮いてきません。50mとか。一時30mくらいで釣れましたが、それも単発で続かず。

9時すぎくらいから徐々にアタリがなくなり、厳しい感じに・・・。ここまで20パイはどうにか超えたくらいです。

アタリが少ないので、胴付き浮きスッテとイカメタルの二刀流でやっていますと、胴付きのほうで上のタナでアタリが出て釣れたので、イカメタルで20mくらいのタナでやりますと、なんと良型アカイカが入れ乗り5連発。

ところがその後は止まってしまいましたが、その後は30mちょいくらいで胴付き仕掛けで釣れだし、そこで釣れなくなると40mより深いタナに落ちましたが入れ乗りに。

10時過ぎだったと思いますが、ここからは入れ乗りで大忙し。急速にイカが増えて行きます。しかも、序盤で釣れたような小さめではなく、ぽってり良型のアカイカばかりです。高額の釣具を奉納した御利益?

入れ乗りなので楽しくて夢中で釣りしていて、全身がスミまみれ、潮まみれです。そんな時、ふと時計を見ると10時58分で、そろそろ終了時間ですが、もうしばらくやってくれるとのこと。もうちょっと早く釣れ出してくれていたら良かったのですが・・・

そして11時ちょっとすぎ、船長はきっちり50パイ釣って終了。私は何杯かわかりませんが、イカを乗せるトレイ3杯が満タンに。

入れ乗りだとやめるタイミングが難しいと思っていたら、11時過ぎに船長が釣りをやめたくらいだったかにパッタリとアタリが止まり、それまでの入れ乗りがウソのようにまったく釣れなくなったので、そこでちょうど終了となりました。

(結果)アカイカ胴長10-20cmを76ハイ、スルメイカ3ハイ

190807chouka.jpg

終盤入れ乗りで釣れた時のアカイカは良型揃いでしたし釣りごたえありました。ひさびさに胴付きスッテで入れ乗りを堪能できました。

しかし、イカメタル用のPE0.6号の高切れは痛かったです。ケチって安いラインにしたのが失敗でした。4回あみのタイプを200mで1200円くらいだったので買ったのですが、本当なら8回あみのタイプを買えば良かったですが、値段が3倍くらいしたので・・・

でも、PEラインでケチッたせい(かどうかわかりませんが)?、そこで節約した以上の金額(スッテ類合計6千円ぶん)が海の藻屑と化しました。安物買いの銭失いとはこのことを言うのでしょうか・・・。

もうPE0.6号はやめて0.8号くらいにしておこうかな。

と、そんなことを忘れるくらい楽しい時間が過ごせて良かったです。今、冷静になって考えてみると、無くしたスッテがもったいないと反省しきりです。

それはともかく、型も良くなっていたし、もう一回行きたいのですが、台風が接近しているようなのでどうなるか心配です。それてくれたら一番ですが、来たとしても何事もなく最小限の被害でさっさと通り過ぎてくれたらと思うばかりです。
釣り | Comments(13) | Trackbacks(-)

マダコ3回目・大ダコゲット

マダコ釣り@神孝丸(兵庫県高砂市・荒井漁港)
2019年8月2日(金)
日の出05:10 日の入19:03
水温26℃(明石・水深5m) 風:南3m以下 波高:0.5m以下
天気:晴れ 気温28-31℃
潮名:大潮3日目
潮見表@高砂
190802shio.jpg



当初は和歌山でアカイカの予定でしたが、いろいろと予定があり夕方に出かけられないので、前回に良い思いをしたタコ釣りに再び行くことに。

3時過ぎに家を出てゆっくり走り、4時半頃に港に到着。二度目なのですんなり着きました。5時前に全員揃い、今回は暑いので前回より少し早く5時くらいに出船。

予約最初の2人の方が後ろに入り、残り4人は適当に入ってとのことだったので、適当に空いていた前回と反対側へ。トイレの壁があり、ちょっと狭かったですが、日陰になることが多くて良かったです。

190802turiza.jpg

5時半くらいにポイント到着で、またまた人工島の沖ですが、岸のそばではなく、陸地がちょっと遠いです。

190802_0530point2.jpg

今回は小型数狙いのポイントには行かないようで、前回に型狙いで行ったのと同じ場所かどうかはわかりませんが、水深15mくらい?のやや深場で1日ずっとやりました。

前回、PEラインが太いとの指摘を船長から受け、大型乗合船と違って細くして良いそうなので、今回はPE1号フロロリーダー4号を巻いたリールを用意。しかしノットの結び目にイマイチ自信がありません・・・。なので、PE1.5号リーダー6号も用意して、潮が早くないときはこちらでやることに。

1投目、前回に好調だったタコスッテでやることにして投入。ところが、1投目だったか、開始直後にいきなり右舷の方とオマツリしてPEラインが謎の高切れ!タコにかじられたか!?

幸い、切れたほうの下側の糸をその方が持っていて下さったので、スッテ等は無事でしたが。

しょうがないので、PE1号のほうに変えますが、いきなり1.5号で切れたので、アタリがあってもしっかりあわせられず、おっかなびっくりやっていたらバラしまくり・・・

船長に、バラし多くない?と言われたので事情を説明すると、「今日びのPE1号はそう簡単には切れないから鬼アワセしても大丈夫」とのことで、気持ちを切り替え。

ここからしっかりあわせるように心がけたら、実際大丈夫でした。ノットもちゃんと結べていたようです。ノーネームノットとか言うやつでしたが。そこからようやくぽつぽつ釣れ始めました。

ただ、朝の時合いにはちょっと乗り遅れましたし、前回のように入れ乗りではなくぽつりぽつりのペースで退屈するかしないかくらいに釣れる感じでした。サイズは新子サイズがほとんどですが、前回の数釣りポイントで釣れるサイズよりは一回り大きめで、100gくらいのリリースサイズは少なかったです。

その後、徐々に乗りがしぶくなってきて、しかも8時くらいですでにかなり暑いです。空調服のおかげでどうにか大丈夫でしたし、私の側、と言うか、ミヨシ側から日が当たることが多く、日が高くなってからは私の位置はどうにかテントで日陰になるようになったので助かりましたが。

今回は、デビルフックと言うデビルクラッカーの串だけのやつを用意して、それにエサをさして、デビルクラッカーやタコスッテ等と組み合わせたりしてもやってみました。

前回と違って、スッテだけだとほとんど乗ってこなかったです。スッテとデビルフック豚脂ではぽつぽつ釣れました。スッテに鶏皮とか言うのが良いのか?試しませんでしたが(鶏皮持ってないので)。

両サイドの方々は1日中ほとんどエギでやっていて、ぽつぽつの乗りだったので、私は今回はエギはほとんど使わずでした。

その後、9時過ぎくらいから潮が止まったようで、乗りがさらに悪くなり、釣れても小型でしたが、船長が、10時過ぎくらいから潮が流れたらたぶん良くなるとのこと。

そして10時過ぎ、船長が、「そろそろ潮が反対向きに流れてきたから良くなってくるはずだけど・・・」と言ったすぐ後くらいから、入れ乗りに!

コメント欄で舞羅望さんに教えて頂いた通りにデビルクラッカーでやりますと、何と私だけ入れ乗りです(左舷は見えないのであくまで右舷3人の中の話ですが・・・)。すごいペースでびっくりするくらい。今までで一番の入れ乗りです。落とすと連続して乗ってきます。しかも、400-500gくらいのまずまずの型ばかり。

30分くらいで20パイ近く釣ったでしょうか、とどめになかなかの重さのがヒット!これは船長にタモをお願いしなければと思って船長を呼んだ頃に浮いてきて、でかい!

タモ入れしていただいて、船長の目測で3キロほどとのことで、帰宅後に測ると2.7キロでした。吸盤の形からメスのようですが。

190802_1040dekatako.jpg
写真、拝借いたしました。

ここまでにもデビルクラッカーのザリガニのハサミがちぎれて、両方がちぎれると乗りが悪くなるので新しいのに変えていましたが、調子良かった黄色も緑もこれでなくなり、他の色にすると乗りがイマイチになりました。関係無いかもしれませんが。

そんなこんなで11時くらいにはだいぶん乗りも落ち着いて、最後の流しは1パイしか釣れませんでしたが、11時すぎに終了、満足して帰路につきました。

(結果)マダコ2.7キロまでを持ち帰り49ハイ、合計重量11.5キロ。リリース3ハイ。前回より小さいのは少なかったです。

190802takochouka.jpg

190802_tako1150g.jpg

バッカンの重さが300gなので、11.5キロでした。10キロ超えたら目標達成です。

まあ、2.7キロの大ダコ(マダコ・デラックス)も釣れたからの目標達成ですが。でも大ダコも釣れて、これで今年のマダコ釣りは満足できたので、あとはアカイカ釣りに通おうと思ったら、台風連発で太平洋側はうねりまくり!?

せっかくイカメタルの道具をいろいろ揃えたので、なんとか無理してでも行きたいのですが、出船しなければどうにもなりません。

和歌山方面がダメな時は、またタコにするか!?タチウオと言う手もあるかな?



大ダコが釣れたら前からやってみたかった、タコ刺し!ずいぶん昔に食べてから食べてませんが、かなり美味しいので。

ところが、これが大変なのです。まず、皮を引かないといけない。生のタコはぬるぬるして大変ですし、なかなか切れません。包丁をといでおかないと・・・失敗です。

190803takosashi1.jpg

でも、力任せ?かなり無理しつつもどうにか皮むき完了。これを8本やったので大変でした。

190802takosashi2.jpg

その先も、これを薄く切るのが大変。タコの身は固いので、かなり薄くしないとかみ切れません。が、薄く引ければ抜群に美味しいのです。

190803takosashi3.jpg

結果、見た目ぐちゃぐちゃでも、厚さそのものはどうにか薄くできたので(笑)、食べたら滅茶苦茶美味しかったです。

残りは冷凍したので、凍ったうちに切ればもうちょっとうまく行くかな!?

残った吸盤もゆでて食べたらコリコリして美味しかったです。

190802takosashi_kyuuban.jpg

美味しいタコ刺しも食えて満足でした。
釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)