カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年07月
ARCHIVE ≫ 2019年07月
      
≪ 前月 |  2019年07月  | 翌月 ≫

梅雨イサギ大漁

イサギ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)
2019年7月13日(土)
天候:曇り️  風向:北?ほぼ無風  潮:動かず〜かすかに下り?  水温:23度  波高:超ベタ凪 気温22→26℃
日の出:04:58 日の入:19:13
潮名:若潮
潮見表@三尾
190713shio2.jpg

(結果)
190713chouka_ore.jpg



さて、なかなか仕事が忙しくてイサギ釣りに行けませんでしたが、ようやく行ってきました。まだ梅雨明けしてませんし、曇り空でまさに梅雨イサギ釣りって感じでした。

集合は4時前とのことで、家を2時過ぎだったかに出て3時半頃に港に到着。しばらくすると船長がやってきて乗船開始で、私は予約が最後なので、開いていたところに入りました。

190713turiza.jpg

準備して4時前に出船、紀伊水道のほうではなく、南下する感じでゆっくり走って関電沖?水深40mちょいのポイントへ。空いていたので釣り座はひろびろ快適です!

190713_0420syussen.jpg

曇っていることもあって、まだ薄暗かったですが、4時40分頃だったかに釣り開始。

190713_0440tankenmaru.jpg

指示ダナは、とりあえず底から5〜8mくらいで追い食いも狙えるとのこと。仕掛けを投入してしばらくするとアタリあり、追い食いを狙い、狙い通りにダブルで釣れました。

190713_0434point.jpg

開始からしばらくはコンスタントにあたりあり、タナも底から10mくらいまで浮いてきてぽつぽつ釣れます。サイズはたまにリリースサイズも混じりますが、良型も混じるという感じです。

10m上げるとリリースサイズは釣れず、まずまず良型が釣れますが、入れ食いではなく、たまに釣れなくなるとまた下げる感じです。

そんな感じで、良型混じりで20匹くらい釣れた頃に、ちょっと食い渋り。しかし、コンスタントに釣れている人もいるようで、どうも釣れている人は刺し餌のオキアミに来ているようなので、船頭仕掛けから先が空針の仕掛けにチェンジして私もオキアミを刺してやると、底から5mと深めのタナでもまずまずのサイズがぽつぽつ釣れ出しました。

天気は曇りで時々雨ふりましたが、すぐ止んだり小雨でカッパ着るほどでもなかったです。超ベタ凪で快適!ただ、潮もあまり流れなかったので、もう少し潮は動いたほうが良かったかも!?

9時過ぎになると釣れなくなってきたので、アンカーひっぱったまま少し移動。近くの別ポイントへ。

190713_0930betanagi.jpg

こちらは水深少しだけ深く、44mです。こちらは釣れるのは底から4−5mまでだそうです。

と言うことで、最初は釣れませんでしたが、何投かやっているとイサギが寄ってきたのか、コンスタントに釣れ出し、タナは底のほうですが型は良型が多いです。

しばらくやると小さいカタクチイワシがわいて邪魔しだすので、そうなるとアンカーやりなおしなどを繰り返す感じで着実に釣果が増えて行きます。

タリがないと、食わないのではなく、カタクチイワシに仕掛けをぐちゃぐちゃにされてテンビンにからまっていることが何度か有り、仕掛けロス!シイラもいて、1回ヒットして仕掛けロス!その後はいなくなりました。

190713_0940sao.jpg

アミエビ国産です。やはり混じり物もないから釣りしやすいですねー。色も綺麗ですし。

途中、35センチくらいのゴマサバが釣れ、それほど太くもないしどうしようかと思っていたら、たまたま船長が近くにいて、「サバうまいよー」とのことだったので、神経締めして内臓出してと丁重に扱って(笑)持って帰ったら脂結構乗っていて最高でした。

190713saba.jpg

ちょっと写真イマイチですが、脂のって白っぽくなってました。

10時くらいにクーラー7割満タンくらいですが、余計なものがあり魚が写ってません(汗)。

190713_1000cooler.jpg

忙しくて写真撮るヒマがあまりなかったので途中経過の良い写真がありません。

10時過ぎにまた朝のポイントにもどり、しばらくして徐々に入れ食いになり、終了の11時まで入れ食いを堪能して終わりました。

(結果)イサギ24〜35センチを91匹、だいたい23センチ以下くらいはリリース5−6匹、ゴマサバ35センチ2匹

190713chouka.jpg

サイズはいろいろでしたが、良型も結構混じり、良く釣れたイサギ釣りを楽しみました。イワシいなければ早上がりだったのではないでしょうか。

イサギ、真子・白子はかなり小さくなっていましたが、大きめのやつは皮目にうっすらですが脂のっていて十分美味しかったです。

なので、まだ行けそうに思いますから、他の釣り物とのかねあいでタイミングあえばもう一回行こうかな!?今回は来ませんでしたがカツオ情報もあるみたいだし。

仕事の忙しさも次の木曜までなので、その後は釣りに行きまくりたいと思います。
釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)