カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年06月
ARCHIVE ≫ 2019年06月
      
≪ 前月 |  2019年06月  | 翌月 ≫

大荒れのイサギ釣り

中紀のイサギ2回目@仲政丸(和歌山・美浜)
2019年6月7日(金)
天候:雨  風向:南東10m以上  潮:下り→上り  水温:  波高:1→2.5m
日の出4:48 日の入9:09
潮:中潮3日目(大→小)
潮見表@三尾
190607shio.jpg

(結果)
190607chouka_ore.jpg



さて、中紀のイサギ釣り2回目です。ぼちぼち上向いて来ましたが、シーズンなので土曜日はすでに満員と言うことで、金曜日に強行してきました。午後から仕事です(笑)。

予報だとだんだん天気が崩れて行く感じになっていたので、なるべく天気がもってくれると良いのですが・・・

3時半集合と言うことで、ちょっと前に港に着くと、なんと一匹狼さんがおられました。前日に予約したらしいです。Yさんもおられたのでご挨拶。

こんな感じで入りました。

190607turiza.jpg

出船してポイント到着。まだ風も波もたいしたことなく、雨も降っていないので良い感じです。

190607_0430esa.jpg

荒れる予報だったので探見丸はセッティングせず。前回と同じポイントで水深は60mちょい。船長の指示ダナは、とりあえず底から5~8mやってみてとのこと。

しばらくすると20センチ弱のアジが釣れ出したのでタナを上げますが、上げると何も来ません・・・

船中ではぽつぽつと釣れている様子。良い人は4,5匹釣れたとのことですが、私は小アジばかりで、タナを上げると何もなし。

そのうち、小アジがいなくなったのでふたたびタナを下げると、ようやくイサギがヒット。

その後も、深めのタナ、底から6-7mくらいで入れ食いではないですが、ぽつぽつとイサギが釣れました。すると雨も降ってきました(涙)。7時すぎでみやげは確保。

190607_0730cooler.jpg

7時半くらいに雨は一旦小降りになりましたが、そこから徐々に風が吹いてきました。なかなかの風の音です↓。





でも、まだこの頃は波はたいしたことありませんで、徐々にイサギの活性が上向いて来ましたので良い感じです。しかしその後、また雨も降ってきました。カッパにたたきつける雨音がうるさくて耳が痛いほど(笑)。なので、以後の写真はありません。

8時くらいからはイサギの活性も良く、ほぼ入れ食いで釣れてきますが、波が高くなってきて、途中ではずれたり切られたりするのが増えて、良型ほど上がらなくなってしまい、やきもき・・・

9時すぎ、雨はやみましたが、風がかなり強くて波が高くなってきました。船長からのアナウンスで10時になったら早上がりするとのこと。

アタリはよくあり、ほぼ入れ食いですが、9時半くらいに一旦食いが止まり、船をやりかえた後くらいから波がさらに一段高くなり、もうアタリはまったくわかりません(涙)。

そうこうしているうちに、9時40分くらいだったと思いますが、予定よりさらに早いですが、かなり波が高くなってきたので早上がりとなりました。

あと1時間同じ調子で釣れていたらクーラー満タンになりそうな感じでしたが、この波ではアタリがわかりませんし、釣りになりませんから、しょうがないですね。

(結果)イサギ30~38センチを37匹

190607chouka.jpg

みやげは十分になりました。また、早上がりしたおかげで、イサギを配った後、午後1時すぎには出勤できましたから後は楽でした。

去年はこの時期に家を引っ越したり、一昨年は義母がなくなったりで、もうかなり長いことイサギシーズンに入れ食いを堪能していないので、あと何回かは来て入れ食いの日に当たりたいと思いますが、仕事も忙しめな時期なので、果たしてどうなりますやら・・・

とりあえずまたすぐ行く予定なので、今回釣れたぶんはほとんど配り、我が家でのキープは大きなサイズのやつ3匹だけにしておきました。

190607isagi3hiki.jpg

美味しくいただきました。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)