カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年06月
ARCHIVE ≫ 2019年06月
      
≪ 前月 |  2019年06月  | 翌月 ≫

ぼちぼち収穫

春に植えたものがぼちぼち収穫になっています。キュウリ二株植えましたが、よく生えます。

190612kyuri.jpg

ただ、かなりハイペースで6月に入ってから2株あわせて50本くらい取れましたが、そろそろ勢いがなくなってきたので、早く終わってしまうかも!?週一で液体肥料をやってますが、もうこれ以上伸ばしても整理がつかないので・・・

190612kyuri_syukaku.jpg

190622kyuri.jpg

たくさんキュウリが取れたので、保存用に「キュウリのキューちゃん」を作ってもらいました。

190622kyurinokyuchan.jpg

それほど塩辛くもなく美味しいので、食べ過ぎてしまいます。良い出来です。

トマト、ミニトマトもぼちぼち収穫です。

190620minitomato.jpg

190626syukaku.jpg

190630syukaku.jpg

引っ越し前の変な時期にプラムの木を大きく剪定してしまったため、その後は不調で一部枯れたりして最悪(涙)。去年はプラムの収穫がゼロ、今年は2個だけでした・・・。例年100個近く取れていたのですが・・・

まあ、しょうがないですね。これからに期待しましょう。




イヨカンの木についているアゲハの卵を葉っぱごと取ってきて育てていましたが・・・

190611agehaegg.jpg

190611agehaegg2.jpg

孵化してしばらく生きてましたが、数日で死んでしまいました。考えてみれば、葉っぱに農薬ふりかえていましたので、あたりまえです。残念。

茎ブロッコリーについているアオムシも数匹育てていましたが・・・

190611aomushi.jpg

190611aomushi2.jpg

太郎、次郎、三郎と名前をつけていましたが、三郎はひからびて死亡、太郎と次郎は寄生バチ(アオムシコマユバチ)の幼虫がエイリアンのようにわきだしてきて、いずれも死亡・・・

↓グロ画像です。見たい方は、クリックで拡大します。
190611aomushi_komayu.jpg
190611aomushi_komayu2.jpg

窓枠の下のところにアシナガバチの巣があるのを発見しました。アシナガバチは害虫を食べてくれるし、おとなしい蜂ですから、そっとしておこうと思ったのですが・・・

190616ahinagabachi.jpg

すぐ近くにもう一つ巣があり、どちらもちょっと場所が悪いので、やっぱり駆除することに・・・。夜にすべて巣にもどってから、殺虫剤をふりかけるだけで簡単に駆除できました。

190616ahinagabachi_su.jpg




6月18日、ひさびさにウォーキング。日が長くなり、景色がよく見えます。近所の公園で良い景色が見られたので撮影。

190618kinjyonokouen.jpg

その後、ウォーキングはまたさぼっています。梅雨明けまでおあずけかな!?




免許更新の案内が来て、10数年ぶりにゴールド免許となります。そう言えば最近は違反していなかったので。やれやれ・・・

190628menkyokoushin.jpg

これからもゴールドを維持したいと思いますが、取り締まりにあうかどうかは運でしょうから、運次第かな!?まあ、今の車になってから高速道路は左側車線をゆっくり走っていることがほとんどなので、高速道路での速度違反はまず無いと思います。

園芸 | Comments(0) | Trackbacks(-)

MMTのすさまじい破壊力!

以前にMMT(現代貨幣理論)について少し書きましたが、その後もMMTに関する情報を集めています。もうすぐ、MMTの提唱者の中心人物であるランダル・レイ氏の専門書の邦訳が販売されるらしいですが、予約が殺到しているようです。



そして、このところ、MMTに関するまともな記事も少しずつ増えてきました。以下の文藝春秋の記事がその一つです。ここでのMMTの内容の紹介が

「自国通貨を発行する政府は、高インフレの懸念がない限り、財政赤字を心配する必要はない」
 こう説くMMT(Modern Monetary Theory「現代貨幣理論」)が話題となっている。

・・・となっています。まともです。当初は、「政府は借金をいくらふくらましてもかまわないとするMMT・・・」などと紹介されていましたから、ずいぶん変わってきました。

南紀のアカイカ出足好調

アカイカ釣り@とくは丸(和歌山・椿)
2019年6月23日(日)半夜
天候:曇り  風向:南東3m以下  潮:上り潮  水温:23.8℃  波高:1m
気温:22-21℃
日の出04:48 日の入19:13 月の出23日 23:23 月の入24日 10:48
潮:中潮4日目(大→小)
潮見表@田辺
190623shio.jpg

(結果)
190623chouka1.jpg



イサギ釣りには時化で中止になったり忙しくてタイミングあわずだったりでなかなか釣行できないでいると、アカイカがはじまったようで、少し無理すれば行ける感じだったので、日曜日の晩に乗せてもらうことに・・・

5時すぎに港に着くと、キハダ漁から帰ってきたところらしく、船長らが忙しくしておりました。朝から今まで行かれていて、これからイカ釣りで出船とは大変そうです。

お客さんは私の他に2人組の方がおられ、こんな感じで入りました。

190623turiza.jpg

船がどっち向きに流れたとかは今回はまったくわかりませんでした(汗)。

そして午後6時すぎに出船、ちょっと南下して日置沖でしょうか、そこらで流し釣りで釣り開始。水深は40mちょっとだったと思います。

190623_0630sao.jpg

今回はイカメタル中心でやってみるつもりですが、やっぱり胴付きスッテでの釣りが好きなので、そちらもスタンバイしています。まあ、明るい内とか活性悪い時はイカメタルのほうが良いでしょうから(でもヘタだと同じ?)、イカメタルで最初は底を中心にスタート。

メタルスッテは、タングステン製の超高価なものを2つ購入。これだけで4千円くらいもしますので、恐ろしい話です(笑)。まあ、タチウオみたいに切られることは無いでしょうが、カマスとかフグとか来たらちょっと使えない気がします(汗)。

それはともかく、しばらくやっているとアタリがあり、1パイゲット。ちょっとこぶりですが、明るい内から釣れたのでやる気が出てきました。こぶりアカイカと1個1900円のタングステン製メタルスッテ。

190623metalsutte.jpg

しかし、その後は続かず、薄暗くなってきたあたりで、底から5mくらいでしゃくり上げた後にゆっくりフォールさせて止めるとアタリが出ると言うパターンで連続10パイくらい入れ乗りで釣れました。

190623_1930ika4.jpg

その後、潮が変になったようで、たぶん二枚潮で糸がななめになってきたので、メタルスッテ12号から15号に上げますが、あまり状況は変わらず。20号もありますが、タングステンじゃないのでバカでかいからこのサイズのイカが乗るとは思えず使いませんでした。

そこからはアタリが止まり、胴付きスッテのほうに変えてオモリ70号でやると、割と仕掛けが立って、そこでまたぽつぽつ釣れるようになりました。

ただ、入れ乗りではないので、ちょっと退屈ですし、タナもよくわからないので、イカメタルの竿をタナセンサーのつもりで置き竿にして、アタリが出たら置き竿のタナを胴付きで攻めてみる感じにしましたが、すると時々イカメタルの置き竿にアタリが出ますが、そこから手にとって巻き上げても途中ではずれますし、胴付きで同じタナでやってもアタリが出ないという、ちぐはぐな釣りに・・・

と言うことで、しばらく置き竿はやめて、何故かこのとき、胴付きのほうでずっとやり続けたのですが、今から考えたらイカメタルでやったほうが良かったかもしれません。なんせ、イカメタルでの釣り方がイマイチわからないので・・・

胴付きでもアタリが出ますが、ほとんど乗らないか、乗ってもムギイカだったりします。アタリはわりとはっきり違うのでわかります。まあ、サバみたいアタリも時々あり、サバもいるようでしたが。

10時半になり、残り時間も少なくなってきたので、胴付きスッテのほうは片付けて、イカメタルでのんびりやろうと思ったら、なんと、変えた途端に入れ乗りです。

最初、30mでやってましたが、25mにしても20mにしてもすぐにアタリが出てタナに関係無く釣れます。どういうこと!?

と言うことで、11時までの残り20分ほどをイカメタルに専念して10パイ以上追加して終了になりました。

(結果)アカイカ胴長10-17cmを47ハイ、ムギイカ・スルメ8ハイ、サバ30センチ1匹(リリース)

190623chouka.jpg

アカイカ釣りは胴付きスッテにずらずらとイカが並んで釣れてくるのが好きで、胴付きが捨てられませんが、そんなこと滅多にないので、これからはイカメタルをもっと研究して、こちらに重心を移そうかな!?

ちなみに今回は、ほとんどドロッパーでは釣れませんでした。ドロッパーとはメタルスッテの上にスケベ心で?付けるスッテのことをこう呼ぶようです。これも不思議で、どう考えてもドロップするのはメタルスッテのほうだと思うのですが、なぜ上のスッテをドロッパーと言うのか!?

それか、ドロッパーにはエギのようにオモリの付いたものを本当は使うのでしょうか!?エギなら、メタルスッテを止めた後にゆっくりドロップするから、まあドロッパーと呼んでもおかしくないようには思いますが・・・。

ちなみに今回はスケベ心2倍で、ドロッパーは2つ付けました(笑)。1つはエギタイプでしたが、こちらはゼロ。浮きスッテには2ハイのみ、あとはすべてメタルスッテでした。

まあ、わからないことだらけですが、誘ってアタリが出てあわせて釣れると言うのは面白いので、これからはこちらを中心にやろうかな!?

確かにタングステンのスッテは高いですが、胴付きでやるにも浮きスッテを大量に購入して、よく乗ったものほど1回の釣行でダメになりますから、それを考えると、今回使ったメタルスッテなどはほとんど無傷でしたし、イカスミはハイターで落としてので、何回かは使えそうですから、浮きスッテ使い捨てよりもしかしてマシかもしれません。

竿はメジャークラフトのセール品を去年の時期はずれに5千円くらいで買ったもので、リールは何か忘れましたが、ダイワの5千円くらいのものでしたが、タックルはこれで十分な気がします。

それより、PEが0.8号と言うのがもしかしたらイカメタルには太すぎるのかも!?これをもっと太くしたらかなり感度も良くなる気がしますが、細いPEは未知の領域なので、ちょっと気が引けます。サバとか食いついたら切れないかな!?とか、もつれたらほどけないのでは?など。




さて、今回、南紀の素晴らしい完熟梅を大量にゲットできましたので、梅をいろいろと調理しました。

190623ume1.jpg

梅干しも作ろうと思ったのですが、あまりに手間が大変なのでやめました。

我が家の庭で取れたしょぼい青梅もあったので、一緒に調理・・・

190623ume11.jpg

作ったのは、梅のコンポート、梅シロップ(コンポートの残り汁)、梅ジャム、梅ジュース2種類、梅ミソです。これでもまだ余ったので、知人にも配り喜ばれました。

190623ume5iroiro.jpg

190623ume4shirop.jpg

190623ume6umemisonado.jpg

梅ジャムと梅シロップは早速試して見たら、上出来でした。他の完成が楽しみです。

190623ume3ymejum.jpg



さて、次はイサギと思っていたら仕事が忙しくて行けなくなり、どっちみち台風が来て無理だったかな!?来週から2週間ほどはさらに忙しくなるので、果たして釣りに行けるかどうか。
釣り | Comments(7) | Trackbacks(-)

野良仕事

引っ越してからの新たな趣味として、「野良仕事」を加えたいと思います。

5月19日、キュウリとトマトが急成長。連休前くらいに植えたのですが、一月弱でこんなにでかくなるとは・・・

190519kyuri_tomato.jpg

190519kyuri.jpg

支柱を立てたりと、作業が大変です。トマトのほうは急にのびたので、うまいこと支柱がきれいな配置にできず、乱雑になってしまいました・・・(涙)。

190519ore.jpg

茎ブロッコリー(スティック・セニョール)ですが、葉っぱはどうしてもモンシロチョウの幼虫(青虫)に食われて穴だらけに。アオムシを見つけたらこまめに手で潰しているのですが・・・(汗)。数日に1回l、さがすたびに4,5匹はつぶしてます。

190519stick.jpg

5月26日、近くの公園の池に、ミジンコを探しに行きましたが、まったくいなかったので、ザリガニをすくって暇つぶし(汗)。

190526zarigani.jpg

アメリカザリガニは赤いはずなのに、保護色でしょうか?まるで日本のザリガニみたいでした。私の田舎(北海道)には5,6センチの茶色いザリガニがいて、子供の頃に沢でよくつかまえてましたが、大阪にはいないようです。調べて見ると、それはニホンザリガニと言う在来種、日本の固有種で、北海道と東北地方北部にしかいないようです。

6月5日 イヨカンの葉についたアゲハチョウの卵を確保。

190605ageha_egg.jpg

いつもは見つけたら捨ててますが、今回は葉っぱと一緒に捕獲して育ててみることに。

ついでに、茎ブロッコリーについたアオムシも育ててみることに・・・

190605aomushi2.jpg

キュウリとトマトが、さらに成長。うっそうとしてきました。

190605kyuri_tomato.jpg

ちなみに、トマトですが肥料が多すぎて茎がぶっとくなり、葉っぱもくるくる巻いて下に垂れ下がってしまい、ちょっと失敗!?花の先から葉っぱが出るのは典型的な肥料過多の症状らしいです。

190605tomato_hiryouyarisugi.jpg

ただ、まあ一応実は付いてきたので、どうにかなるかな!?

190605tyudama_tomato.jpg

アロエも増えすぎて困っています。このアロエは通称ジャンボアロエ、正式にはアロエ・サポナリアとか言う種で、アロエベラでもキダチアロエでもない別の種です。食べても大丈夫みたいですが、アロエベラみたいな効能は無いみたいです。

190610aroe.jpg

一番おおきなやつが親?これが脇芽みたいにして増えてたくさんになりました。そして親からは花が咲きそうです。

190610aroe_hana.jpg

ちなみに、少し芝生を植えてみたのですが、買った時期が遅くて、5月の連休明けにコーナンで売れ残りの芝生マットを買ったのですが、半分くらい枯れてしまっていて、ところどころしか生えてきません(涙)。

190605shibafu.jpg

なんか、脱毛症の頭を連想してしまいます・・・

6月12日、キュウリが鈴なりに!

190612kyuri_suzunari.jpg

トマトもたくさん実を付けてきました。

190611tomato_s.jpg

まだ色づいてないですが、収穫が楽しみです。

キュウリは2株で、6月に入ってから2週間で20本ほど収穫できました。

190613kyuri5hon.jpg

しかし、キュウリはこのペースだと夏前に終わってしまいそうな予感・・・。

あと、最初は肥料過多で太くなったトマトですが、ここへきて、上のほうはヒョロヒョロしてきたので、肥料不足になったようです。トマトは難しい!追肥しましたが、こちらも背丈が高くなってしまったので、梅雨の間に終わってしまいそうな予感・・・

園芸 | Comments(2) | Trackbacks(-)

京都へ・・・

釣行記すらサボり気味ですが、記録としてできごとを書くと言うことを思い出したので・・・

もう1ヶ月以上前になりますが、5月12日、京都までYUKAのクレイクラフトの師匠の共同展示会に行ってきました。平安神宮の近く会場です。

190512yuka1.jpg

このへんは少し懐かしいですねー。旧京都会館(現・ロームシアター京都)のおむかいにある、「みやこめっせ」とか言うところが会場でした。

190512yuka2.jpg

YUKAの師匠とその門下生一同による作品展です。

190512yuka3.jpg

190512yuka4.jpg

YUKAの作品です↓
190512yuka5.jpg

YUKAの作品です↓
190512yuka6.jpg

YUKAの作品です↓
190512yuka7.jpg

ちなみに、車で行ったのですが、東大路通りを北上して行くと、清水寺あたりのバス停は観光客でごったがえしていました。京都では「観光公害」が問題になりつつあるようです。世界的にも「オーバーツーリズム」と言うのが問題をひきおこしています。

なのに日本は「観光立国」(笑)。だそうです。インバウンドは年間3兆円とか言われていて、これを倍増させるとか目標にしているようですが、これは国内消費300兆円と比べると、たったの1%です。消費税などやめれば、国内消費は数パーセントは伸びるでしょう。そうなれば、消費税ぶんの税収くらいすぐ税収が増えるはずです。

国民が豊かになって税収が増えて財政が改善すると言うのが唯一の財政再建方法なのですが、無理矢理消費増税して家計の資産を政府が無理矢理ひきはがそうとしても、家計は節約して国内消費が落ち込み、経済が打撃を受けて、結局は経済対策その他の支出が増えて財政はさらに悪化することでしょう。

でも、日本経済新聞などを熱心に読めば読むほど、また、池上彰みたいなオッサンの話を聞けば聞くほど、そんな簡単なこともわからなくなるようです。
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

大荒れのイサギ釣り

中紀のイサギ2回目@仲政丸(和歌山・美浜)
2019年6月7日(金)
天候:雨  風向:南東10m以上  潮:下り→上り  水温:  波高:1→2.5m
日の出4:48 日の入9:09
潮:中潮3日目(大→小)
潮見表@三尾
190607shio.jpg

(結果)
190607chouka_ore.jpg



さて、中紀のイサギ釣り2回目です。ぼちぼち上向いて来ましたが、シーズンなので土曜日はすでに満員と言うことで、金曜日に強行してきました。午後から仕事です(笑)。

予報だとだんだん天気が崩れて行く感じになっていたので、なるべく天気がもってくれると良いのですが・・・

3時半集合と言うことで、ちょっと前に港に着くと、なんと一匹狼さんがおられました。前日に予約したらしいです。Yさんもおられたのでご挨拶。

こんな感じで入りました。

190607turiza.jpg

出船してポイント到着。まだ風も波もたいしたことなく、雨も降っていないので良い感じです。

190607_0430esa.jpg

荒れる予報だったので探見丸はセッティングせず。前回と同じポイントで水深は60mちょい。船長の指示ダナは、とりあえず底から5~8mやってみてとのこと。

しばらくすると20センチ弱のアジが釣れ出したのでタナを上げますが、上げると何も来ません・・・

船中ではぽつぽつと釣れている様子。良い人は4,5匹釣れたとのことですが、私は小アジばかりで、タナを上げると何もなし。

そのうち、小アジがいなくなったのでふたたびタナを下げると、ようやくイサギがヒット。

その後も、深めのタナ、底から6-7mくらいで入れ食いではないですが、ぽつぽつとイサギが釣れました。すると雨も降ってきました(涙)。7時すぎでみやげは確保。

190607_0730cooler.jpg

7時半くらいに雨は一旦小降りになりましたが、そこから徐々に風が吹いてきました。なかなかの風の音です↓。





でも、まだこの頃は波はたいしたことありませんで、徐々にイサギの活性が上向いて来ましたので良い感じです。しかしその後、また雨も降ってきました。カッパにたたきつける雨音がうるさくて耳が痛いほど(笑)。なので、以後の写真はありません。

8時くらいからはイサギの活性も良く、ほぼ入れ食いで釣れてきますが、波が高くなってきて、途中ではずれたり切られたりするのが増えて、良型ほど上がらなくなってしまい、やきもき・・・

9時すぎ、雨はやみましたが、風がかなり強くて波が高くなってきました。船長からのアナウンスで10時になったら早上がりするとのこと。

アタリはよくあり、ほぼ入れ食いですが、9時半くらいに一旦食いが止まり、船をやりかえた後くらいから波がさらに一段高くなり、もうアタリはまったくわかりません(涙)。

そうこうしているうちに、9時40分くらいだったと思いますが、予定よりさらに早いですが、かなり波が高くなってきたので早上がりとなりました。

あと1時間同じ調子で釣れていたらクーラー満タンになりそうな感じでしたが、この波ではアタリがわかりませんし、釣りになりませんから、しょうがないですね。

(結果)イサギ30~38センチを37匹

190607chouka.jpg

みやげは十分になりました。また、早上がりしたおかげで、イサギを配った後、午後1時すぎには出勤できましたから後は楽でした。

去年はこの時期に家を引っ越したり、一昨年は義母がなくなったりで、もうかなり長いことイサギシーズンに入れ食いを堪能していないので、あと何回かは来て入れ食いの日に当たりたいと思いますが、仕事も忙しめな時期なので、果たしてどうなりますやら・・・

とりあえずまたすぐ行く予定なので、今回釣れたぶんはほとんど配り、我が家でのキープは大きなサイズのやつ3匹だけにしておきました。

190607isagi3hiki.jpg

美味しくいただきました。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

中紀のイサギ釣り+ブリ

中紀のイサギ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)
2019年5月31日(金)
日の出04:50 正中11:57 日の入19:05
天候:曇り  風向:南東  潮:上り〜下り潮  水温:18℃  波高:1m
潮:中潮初日
潮見表@三尾
190531shio.jpg

(結果)
190531chouka_ore.jpg



さて、ひさびさの釣行です。今年の5月はわりと忙しくて、この釣行ももしかしたら行けなかったくらいですが、なんとか休める感じになったので、半ば無理矢理に釣行しました・・・

午前3時半に集合とのことで、早起きして出発。港に到着後、しばらくして乗船開始、前日の夕方に予約したので一番最後で残った釣り座に入りました。

190531turiza.jpg

この時、なんとれがーさんがおられたのでびっくり、ご挨拶。海上釣り堀の頃以来!?最近は年賀状だけで、お会いするのは数年ぶりでした。釣り座は少し離れていましたが、ひさしぶりで色々とお話できて楽しかったです。時々この船に乗っているのはチェックしていたのですが(笑)。

190531_0430point.jpg

さて、4時ちょっと前だったかに出船、ポイントには4時半頃に到着です。たぶんジャリではないようです。アンカー投入、探見丸の反応で魚はうじゃじゃいるようです(笑)。そして釣り開始。

190531_0435tankenmaru.jpg

船長の指示ダナは、とりあえず底から5〜8mくらいでと言う感じで、あとは状況によって各自で判断です。

最初の2,3投入は何も無く、4投目くだいだったかに何かヒット。上がってきたのは35センチくらいのマアジ(平アジ)でした。

そこからしばらくトツカ〜平アジサイズのアジがぽつぽつ釣れますが、イサギはなかなか釣れません。小さいアジが釣れたらその上を狙うとのことで、底から8−9mくらいでようやく良型のイサギが1匹釣れましたが、なかなか続かず単発です。

190531_0440sao.jpg

アタリが遠いとタナを下げますが、5mとかまで下げるとサクラダイが4連とかで釣れてしまうので、下げすぎもダメなようです。

底から6−7mくらいではアジがたまに釣れ、ブリがやってくる時にノマセのベイトとして使うので、自作イケスで活かしておきます。たぶん潮止まり直前か潮が動き始めたタイミングで来るようです。

それまでは真面目にイサギを狙いますが、なかなか厳しく、釣れません。途中、底から12mほど上げて連続でイサギが釣れましたが、それもすぐ終了。

8時頃か9時頃か忘れましたが、潮が徐々に下り潮が動きはじめたかな!?と思った頃に仕掛けが切られましたので、ブリが来たようです。そこで、すぐに仕掛けをブリ用のノマセ仕掛け幹14号ハリス12号80cmに交換し、20センチくらいのアジを付けて投入します。

すると、船上あとこちでイサギ仕掛けが切られ出したようで、みなさんもノマセ仕掛けにチェンジしつつあるところで、先に投入していた私のノマセ仕掛けにはなかなかアタリが出ず、アジもまったく暴れないので、はずれたかな!?と思って仕掛けを巻き上げたら、巻き上げに反応したようで、竿先が突き刺さりました。

1匹目なので少し慎重にやりとりして、上げるのにちょっともたつきましたが、どうにか上がってきて船長にタモ入れしてもらったのはメーターオーバーのブリでした。

そこかられがーさんやおとなりの方などもヒット。私も仕掛けを入れると次々にヒットで、最終的には4本ゲットで、4本目の時にとなりの方とオマツリしたので、仕掛けを切ってそれでもうやめにしました。

その後、ブリの活性も落ち着いたようなのでイサギ釣りにもどすと、イサギらしきアタリと引きで巻き上げていたら、腹立つことにブリに取られてしまいました・・・

ここから、前半にもましてなかなか厳しい釣りが続き、良い反応がまわってきた時に食うか、食わないか、みたいな感じでした。

刺し餌を刺して探見丸の反応で濃い反応が来た時にコマセを出すと言うやりかたでやってみましたが、これでも、忘れた頃に釣れると言う感じで、最後まで厳しいまま11時半までやってもらって終了。

(結果)イサギ27〜36センチを12匹、マアジ20〜35センチを17匹(+ベイトにしたもの4匹)、ブリ85〜102センチを4匹(ブリ2匹、メーター越えでかブリ2匹)

190531chouka.jpg

ブリ4本はクーラーに入りきらなかったので、でかブリ2匹のうち1匹は他のお客さんにもらってもらいました。ブリ3本なら無理矢理クーラーに詰め込んで持ち帰れました。アジ・イサギは持ってきていた発泡スチロール箱に入れて、別で持ち帰り。

イサギ、アジも我が家でキープするぶんには十分な量にはなりました。

190531chouka_small.jpg

イサギは激うま!

190531isagirasimi2.jpg

この時期不安定で難しいですが、釣れたら確実に超美味しいから貴重です。マアジも脂あって美味しかったです。

帰宅後、ブリを3匹さばいて(でかいからへとへとに・・・)、一回り小さい2匹はあまりムシもおらず美味しそうな身だったので、家に来ていたYUKAのお客さんに持って帰ってもらいました。メーターオーバーのはムシだらけでしたので、配らず我が家で料理して食べることにしました。

と言うことで、本命のイサギはかなり厳しかったですが、人生はじめてのメーターオーバーのブリを釣ることができて楽しい釣りになりました。

6月はなかなか忙しいので次の予定は未定ですが、今回みたいに直前に飛び込む形になるのか、満員だと乗れなくてなかなか行けないのか、どうなるかわかりませんが、少なくともあと2回(できれば3回)はイサギ釣りに行きたいと思います(今回、いろいろと忘れ物してきたし・・・汗)。
釣り | Comments(12) | Trackbacks(-)