カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年08月
ARCHIVE ≫ 2018年08月
      
≪ 前月 |  2018年08月  | 翌月 ≫

夏休み・その2

8月中旬以降の出来事を列挙!

堺市内のラーメン店の探訪を開始!

8月12日、実咲庵

180812misakian.jpg

180812misakian_niboshi.jpg

つけ麺が有名なようですが、つけ麺はあまり好きではないので(ぬるいから)、普通のラーメンを注文。にぼし何ちゃらとか言うやつ、結構こってりしていて超美味!

8月16日 麺や 鶏の鶏次

180816torikeiji_mise.jpg

180816torikeiji.jpg

これまたウマイ!天下一品のラーメン汁を洗練されたものに変えたようなスープ(笑)。天下一品と全然違うのは、麺も美味しいところ。

8月19日 映画を観に・・・

180819eiga.jpg

夫婦50割りが適用されるようになったので行ってきました。夫婦のどちらか一方が50歳以上ならば、通常1人1,800円の料金が、何と二人とも1,100円になると言うおそるべき割引です。二人で合計1,400円も安くなりました。

180819eiga2.jpg

映画は面白かったです。あれこれ批評する気にならなずに楽しめるのがこのシリーズの良いところ。

その映画の帰り、「麺屋うさぎ」でまたラーメン。

180819ramenusagi_mise.jpg

180819ramenusagi.jpg

これまた煮干し系のラーメンでしたが、超ウマイ。煮干しラーメンが好きなのかも。

8月25日、干鮹の作成

180825hoshidako.jpg

丸1日、天日で干してみました。良い感じでカラカラになりましたが、頭のまわりが少し乾き足りないかな!?

180825hosidako_result.jpg

まだ食べてませんが、これでタコ飯を作ると美味しいらしいので、そのうちやる予定。

8月25日、かき氷が食べたくなったので、天王寺へ出たついでに、天王寺MIOの「甘党まえだ」へ

180825kakigoori_maeda.jpg

180825kakigoori.jpg

美味しゅうございました。

あとは8月末に北海道(帰省)です。と言うか、この記事は予約投稿ですので、投稿時点ではもう北海道です。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

夏休み・その1

7月下旬から8月上旬の間の出来事を列挙!

7月末、家の塀に謎の生物が!

180730koumori.jpg

コウモリか何かでしょうか?朝の出勤前に見かけて、帰ったらじっくり観察しようと思ってましたが、いなくなってました・・・

8月上旬に誕生日、ついに50歳になり人生の終末にめがけてまっしぐらですが、それもたった2人の誕生パーティです。

180801birthdaycake.jpg

↑この満面の笑顔を見せられないのが残念!(笑)

プレゼントも買ってもらいました。

180801gingateikokukouboushi.jpg

↑高校生の頃に読んだアイザック・アシモフの銀河帝国興亡史のマンガ化版です。この年になって小説を読み返すのは大変だと思ったので、マンガ版を読みたいと思っていたら買ってもらえてありがたやー。面白かったー。

あとは、自分ではなかなか買えない、新スタートレックのDVD全部!

180801startrekdvd.jpg

そして、大好物のハモ!

180804ryoutei0.jpg

180804ryoutei.jpg

180804hamo.jpg

他の料理は写真撮り忘れ!


今年は異常に暑いせいか、家で植えているプチトマトがさっぱり実りません・・・トマトは結構難しいですね。

180811putitomato.jpg

そう思っていたら、田舎から美味しいのが送られてきました。

180805minitomato.jpg

薄皮がちょっと厚めですが、味はものすごい甘くて濃厚です。料理に入れてもすごい美味しいのでびっくり仰天。北海道は夏でも夜になると冷えるので、それで糖度が上がるようです。大阪は暑すぎてダメです。

8月10日、晩飯は梅田にて

180810niku_romantei.jpg

180810niku1.jpg

180810niku2.jpg

その後、シルクドソレイユとか言うサーカスを見に行きました。

180810circus.jpg

180810circusmenu.jpg

生まれて初めてのサーカスでしたが、思ったより面白かったです。子供の頃に来たらもっと楽しめたでしょう。チケット高くてびっくり!

8月11日、プチトマトはダメですが、オクラは暑いのが良いのか、ものすごい取れています。

180811okuranoki.jpg

180811okura_ooi.jpg

180811okura5hon.jpg

180811okurasyuukaku.jpg

毎日、4〜8個くらい取れるので面白いです。せっせと食べてます。

180811okuranikumaki.jpg

つづく・・・
喜び・楽しみ | Comments(4) | Trackbacks(-)

3連続KO負け・・・

2018年8月20日(月)マダコ釣り@俊郎丸(明石・二見)

日出5:24 正中12:04 日没18:43
水温26℃  北5m→南3m 波高0.5m以下 曇り後晴れ 気温22→28℃
潮(長潮)@二見
180820_shio.jpg




さて、夏休み期間ですが、お盆には出勤して、かわりにところどころ休みを取って釣りに行ったりしていたのですが、3連続KO負けでした・・・

最初はすでに釣行記を書きましたが、椿のアカイカで、みやげは結構ありましたが、自分で釣ったのはたった1パイ・・・。船酔いダウンでまさにKO負け。

次は17日に串本のカツオに行きましたが、前夜に激しい雷雨があったせいか!?カツオさっぱりで、朝一に大きなのがヒットしたのですが、となりの人とダブルヒット、ラインが交錯して高切れして私だけバラシ。以後、途中にもう一回アタリありましたがこれもバレて終了、完全ボウズでまさにKO負け・・・

このままでは終われないー、と思い、無理して明石のタコ釣りに行きましたが・・・

集合は4時頃と聞いてましたが3時過ぎに着いたらもう乗船がはじまっていて、船長に指定された座席は左舷の後ろから2番目でした。左舷は5人、右舷は正確には見てませんが、たぶん同じくらいだったと思います。

180820turiza.jpg

180820_0400syussenmae.jpg

まだ暗い内に出船して、港の前あたりでしばらくやりますが、さっぱり釣れず。

明るくなっても釣れず・・・。右舷ではぽつぽつ釣れているようで、それもエサが良いみたいでイワシで釣れているとのことですが、イワシ持ってないので残念。スーパーで買おうと思ったのですが、12センチくらいで小さかったのでやめました。後悔・・・

帰りに聞いたらイワシも釣れたがササミも釣れたとのこと。ササミは持っていたので早く知っていれば・・・って試さなかった自分が悪いですが。

その後、8時くらいまで全く釣れず、左舷は全体にイマイチでも皆さん1−3杯くらいは釣っているようですので、私だけボウズです。

そして9時頃だったか?めずらしく少し深め(と言っても20mもないくらい?)のポイントに行った時でしたが、いろいろ仕掛けをかえてエギでやっている時でしたが、ひさびらにアタリらしきものがあったのであわせると重たい!

これはリールがなかなか巻けないくらい重たいので、2キロではきかない3キロくらいありそうなタコでしょう。手を広げて抵抗しているのが伝わってきますので、蛸壺とか鉄の塊とかではなく(以前に1度ありました・笑)、間違いなくでかいタコです。

苦労して巻き上げながら、そう言えばタモを持ってくるのを忘れたなあと思っていて、見えてきたらとなりの人に借りようと思ったその瞬間にフッと軽くなりバレました。

初のアタリが大物のバラシとは、まるで先日のカツオ釣りのようで、これまた撃沈かなとかなり意気消沈。この後、しばらく脱力です。

しかし、めげずにやっていると、しばらくして1キロくらいのが釣れましたので一安心。ここはアタリが少ないですが、釣れると大型みたいです。

どうもこの日はエギがイマイチと言うか、まあ何でやってもイマイチでしたが、エサのほうが少し良いみたいなので、得意の手羽先でやりますが、これがダメでした。チューニングして気に入っていたテンヤを前回にロストして、違うテンヤと言うのももしかしたら関係あるのか!?わかりませんが。

それで仕掛けをあれこれかえて、たまーに追加。しかし、大半は沈黙です。10時になってもまだ4杯と撃沈モード。

10時をすぎるとだんだんと港に近いポイントに移動して、11時近くになると左舷向きに流れていて、この時にテンヤのエサをササミに変えたらぽつぽつとヒットして最後の30分くらいでなんとか4杯追加して終了です。

11時で終わるかと思ったら11時15分くらいまでやってくれて、この15分で2杯釣れたので、ありがたかったです。

今回、右舷でまあまあ釣れた方(2人グループで40パイ以上)によると、イワシだけでなくササミも良かったそうで、船を降りてから聞きましたので、イワシは持ってませんがササミはあったのでもっと早くやっていたらもうちょっと釣れていたか?

それか、やはり今年は不漁だし最盛期を過ぎてますからタコの密度が薄いでしょうから、そんな時は船の流れる向きも関係あるのかなと思いましたので、これはしょうがないですね。

ここの船のタコ釣りは、いつもだと割といろんな向きに流す印象でしたが、今回は風がちょっとあったのと、途中ちょっと潮が早かったので(この時は後ろ向きに流れていたと思います)、船を安定させるために自由がきかなかったのかと思います。

(結果)マダコ300g〜1キロ弱を8杯(3キロ弱)

180820chouka.jpg

数は8杯で撃沈ですが、重さは3キロ近くなったので、まあみやげとしてはそこそこですから、KOと言うより判定負けくらいかと思いますが、撃沈2回の後でしたから、気持ちとしては3連続KOと言う感じでした。

その後は台風で釣行できず、また、明日から北海道へ行きますのでこれまたしばらく釣行できません。
釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

椿のアカイカ釣り・釣りせずにイカ大量ゲット!

アカイカ釣り@とくは丸(和歌山・椿)
2018年8月12日(日)
天候:はれ  風向:南  潮:下り潮  水温:28.8度 波高:1〜1.5m
気温:29→26℃ 風:5m前後
日出5:18 正中12:04 日没18:49
月齢 0.7 月輝面 0.8% 月出 5:52 正中 12:47 月没 19:35
潮(大潮最終日)@田辺

180812_shio.jpg

(結果?)
180812chouka1.jpg




さて、お盆の時期はでかけると混むので遠出せず、釣行もあまりしませんが、アカイカだけは行っておきたかったので、とくは丸に予約。空いているみたいです。

道が混むと困るので少し早めに家を出発。渋滞予想では有田あたりで5キロ以下の渋滞となっており、高速に乗った時点で3キロ渋滞とのことでしたが、私が有田に達した頃には渋滞が解消しており、スイスイ流れて4時過ぎに港に着いてしまいました(5時半集合)。

5時半頃に船長がやってきて乗船開始。私の他にはお客さん1人だけでした。ひろびろ・・・

180812turiza.jpg

6時前に出船、風が少しあり心地よい感じです。

180812_0600suitemasu.jpg

6時15分くらいにポイント到着。白浜沖でしょうか。少し波がありますが、最近は少しくらい波があっても酔わなくなっていたので、酔い止めも飲んでませんでした。

180812_0625scene.jpg

釣り開始、潮がゆるかったのでアンカー投入。最初はイカメタルで底のほうを狙います。水深50mくらいだったかな?しばらく頑張りますが、アタリ無し。

酔うほどの波ではないですが、横揺れだからか、暗くなるにつれてだんだん怪しい感じに・・・この時点でちょっと酔いかけだったので、あわてて子供用アネロン1錠(大人用の半分の量)を飲みますが、だんだんと気分が悪くなってきます。

その後、潮が流れ始めたので、アンカー上げて流し釣りに。流せば揺れは小さくなるかと思いきや、あまりかわらず横揺れで一番苦手なパターンです。これはヤバイと子供用アネロンをもう一錠追加。これで大人用を1錠飲むのと同じ量になります。

最近は便秘ぎみだったのですが、お腹が急に痛くなり、しかしトイレを汚すと潔癖症の船長に申し訳ないので(笑)・・・

180812keppeki.jpg

酔い止めを飲んだから効くまでと思ってしばらく我慢しますが、どうにもならなくなり、出せばすっきりするかと思ってトイレへ・・・

ここで少しマシになりましたが、今度は出船直後に食べたおにぎり2個、カレーおにぎりがのど元までこみあげて来ます。吐くと酔い止めも出てしまうと思って我慢。

アタリが無いので少し移動して投入。水深わかりませんが、35mまで落としてそこから上でやってとのこと。投入してすぐアタリがありますが、乗らず。何度か空振りして乗りませんでした。そのうちだんだんと気分がわるくなってきて、耐えきれなくなってきたので、仕掛けを上げて横になることに・・・

と、上げると1パイついてましたが、その後はダウン。仰向けに横になると吐き気が収まることがわかり、横になってしばらく我慢します。

釣れ出した気配を感じたので起き上がって少しやりますが、アタリはあっても乗らず、すぐこみ上げてきたので、またダウン・・・

その後は最後まで起き上がることはありませんでしたが、時々船長がやってきて、大丈夫か?もうすぐ帰るからといいつつ、まったく帰る気配はなし(笑)。もちろん他にお客さんもいますので、迷惑かけたくないので、気にしないでやってくださいと言ってましたが。

そのうち、気づいたら船長が私の竿で釣りだしていました。後で聞いたら、その時点でもうすでに船長は自分の道具で55杯釣って、その後から私の道具でやりだして、釣れたイカを私用に置いてくれていました・・・

私はそのイカをクーラーに入れるのが精一杯でした(笑)。少しでも起き上がるとこみ上げてきますので・・・でも考えたらどうせ酔い止めは効かなかったのだから、さっさと吐いていたほうが楽になっていたかも!?結局最後まで吐きませんでしたので。

10時過ぎくらいだったか、あいかわらず起き上がれずに寝てますと船長が声書けてくれて、私の道具であと7杯釣ったら帰るからなと言っているのがなんとなく聞こえてきて、その後何バイ釣ったかわかりませんが、定刻の11時ちょうどに沖上がり、11時半ちょっと前くらいに帰港しました。帰港後はまだ気分が悪く、イカをクーラーに入れるので精一杯でした。

ちなみに、帰宅後にデジカメの画像をみていたら、こんな写真が・・・

180812_2250ore.jpg

(結果)アカイカ31パイ、ムギイカ2杯

180812chouka_kirei.jpg

帰港後はとても綺麗に並べる余裕がなく、突っ込んだだけでしたが(一番上の画像)、帰宅後に並べなおして一晩クーラー内で冷やして置いたら綺麗になりました。

それにしても、アカイカも大きくなっており、31パイでボリュームたっぷりです。ちなみに、自分で釣ったのは1パイだけです。最初はぽつぽつしか釣れていなかったのが、10時くらいから入れ食いになったみたいで、ダブル・トリプルで釣れたそうです。

船長、自分の道具で55杯釣ってから、私の仕掛けで30パイ釣ってくれました。船酔いさえしなければ、自分でも50パイくらい釣れたのではないかと思うと残念ですが、同船の方には迷惑かけることなく一安心、船長にはみやげたっぷり釣ってもらって恐縮しまくりです。

こんな美味しいおみやげまでいただいてしまいました・・・

180812mutsu.jpg

180812sashimi.jpg


これはなんとか今シーズンにもう一度リベンジに行かねばなりません。波のなさそうな日を狙って出撃予定です。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

完全フカセの本ガツオ狙い

2018年8月6日(月)完全フカセのカツオ狙い@昇雄丸(和歌山・串本)
天候:晴れ(暑い) 気温:27→31℃  風向:ほとんど無風?  潮:下り?あまり動かず  水温:28度  波高:ベタ凪
日出5:12 正中12:03 日没18:53
潮(長潮)@串本
180806_shio.jpg

(結果)
180806kekka.jpg

ちょっと前くらいから串本でカツオがよく釣れており、潮岬ではなく古座沖の上瀬と言うところがポイントのようで、ここではグレやイサギも混じったりしていましたので興味を持って釣果を眺めていました。

完全フカセはフロロを巻いたリールを用意しなければならないので敬遠しており、潮岬のカツオやキハダ釣りは、大物狙いで一発勝負のイメージが強くてあまり興味がわかなかったのですが、今シーズンのようにいろいろ混じって数もそこそこ釣れるならやってみたいなと思っていました。

なので、当初は台風明けの木曜日を考えていたものの、台風後の最初の出船ではカツオがいなくなっていたようだったので、タコ釣りに変更したわけですが、その後また上向いたので行くことに・・・

昇雄丸に電話すると、日曜はさすがに満員と言うことで、月曜日に夏休みを取って行くことに。宿泊もできるとのことで、前日の晩から泊まりで行きました。素泊まり3,000円です。快適でした。

180805syukuhaku.jpg

他に3人の団体さんもおられましたが、さわがしいこともなく9時には夢の中に・・・しかし、1時半にトイレに目覚めてからはウトウトしかできませんでしたが、それでもまずまず眠れて3時に起床、3時半に集合?で、船は店の裏ではなく、串本港のほうに停泊してあるらしいので、船長の軽トラに後をついて4時前くらいに出発。

串本港に着いてから乗船開始で、団体さん3名が後ろで、私は前に入り全部で5人でした。前日は6人で満員だったようです。

180806turiza.jpg

そして準備して4時20分頃だったかに出船です。いつもと景色が違うのでテンションが上がります。

180806_0510sao.jpg

そして5時くらいにポイント到着。上瀬と言うだけあって、まわりの水深よりかなり浅い瀬があるようです。それも何カ所か?そして5時20分くらいにスタート。

180806_0510tankenmaru.jpg

まだ船は4,5隻くらいで、それほどいませんでしたが、最終的にはかなりの数の船が来てました。

180806_0520hinode.jpg

前日は爆釣で朝の一投目からカツオが食ってきたらしいですが、この日はイマイチ。

当初は新しい電動リールをフロロ用に買って、それにフロロ8号を300mほど巻こうかと思っていましたが、上島釣具に電話したらF氏が出て、フロロ巻きっぱなしだと癖が付いて大変なことになるし、持っているリールにその都度巻き替えるほうが良いとのことだったので、買うのはやめ(笑)。

あまり出番の無いシーボーグ500MTに、家にあったフロロ10号を200m巻いて使うことに。船頭さんに聞いたら、その先に8号を2ヒロくらいつなげてやれば良いとのことだったので、そうしました。

結び方は、当初は8の字のわっかを通してかと思ったら、普通に電車結びで良いとのことで。確かに、8の字でわっかを通して2ヒロにするとガイドを通りにくいのでややこしいから、そのほうが良さそうです。

しかし、私の結び方が悪かったようで、2回切られましたので途中から10号そのままでやりました・・・

さて、話をもどして釣り開始。前日は1投目からカツオが入れ食いだったらしいですが、この日はアタリ無し。

糸を出す量は、潮が流れているときは長め(15〜20m)で、動いていないときは短め(10mくらい)だったかな!?あまりよく覚えていませんが、最大に糸を出しても25mまでにしときました。

糸を少しずつ出しながら時々オキアミをぱらぱらとまきます。手づかみでオキアミをまいた手で電動リールをさわると、電動リールがオキアミのカスだらけになるので、次回からはトングか何かを持ってくるようにしたいと思います。

糸を出すのも、クラッチを切ってではなく、ドラグをゆるゆるにして、竿先のほうから糸を引っ張って出すほうが良いらしいです。そしてその都度ドラグをしめないと、ドラグゆるゆるでヒットしたらバックラッシュするので、注意が必要です。

さて、20mくらいまで糸を出してしばらくしてもアタリがなかったので、とりあえず1回あげてみたら、エサを取られていましたので、やりなおし。

しばらくすると後ろのほうでヒット。本命のようです。その少し後に私の竿も曲がりましたが、オマツリのようで糸を出して後ろのカツオが上がるのを待ちます。

上がった後もまだ私のも引いているので、喜びますが、それほど引きませんので本ガツオでは無さそうです。上がってきたのは50センチちかいかなり大きなヒラソウダでした。これはウマイのでとりあえず大喜び(笑)。糸はたしか12−13mくらい出していたと思います。

180806_0530hirasouda.jpg

その後、しばらくして今度は本命の本ガツオがヒット。よく引きます。しかし、途中で針はずれ・・・

気を取り直してやりなおしますと、またまたヒット。ひさしぶりのカツオの強い引きにとまどいながらも、どうにか3キロ級の本ガツオを取り込めて一安心。まだ6時過ぎだったので、期待が高まります。

180806_0613katsuo1.jpg

そしてまだ時合いだったようで、6時半過ぎにもう一本上がり、さらに期待がふくらみます。

180806_0638katsuo2.jpg

ところが、ここから潮が止まってきたようで、なかなかアタリ無し。

180806_0600tankenmaru.jpg

タナを下げて20mくらいにすると、魚礁の近くではイサギが釣れますが、そう入れ食いでもありません。

ハリス8号でプロヒラマサ10号でもイサギが食ってくるとは、水温高いから高活性なのでしょうか。グレが釣れないかと期待しましたが、潮が動いていないとグレは釣れないのか、この日は顔を見ませんでした。

1時間以上も本命のアタリがなかったので、外道狙い?でハリスを7号に落として針も少し小さめにしてやってみましたが、特にイサギやグレが釣れることはなく時間がすぎてゆきます。

そうこうしているうちに、カツオの群が寄ってきたのか、次々にヒットしだして、私も急だったので仕掛けをもどすまもなく、ドラグはゆるめにはしていましたが、本命がヒットしたらすぐに切られてしまいました(涙)。電車結びのところで切れてました。

あわてて8号をむすびなおしやりますが、あわてたからか、むすびかたが悪かったようで、また電車結びの結び目で切られてしまいました(涙x2)。

この時はカツオが船の下に寄ってきており、10mもないくらいの距離でオキアミを食うのが見えていましたので、余計に興奮しますが、焦ると余計にだめです。

水深が深いのに透明度が高いから、浅いところに小さめのカツオがいるように見えたのですが、ヒットしてやりとりするとものすごい引きます。

先ほどから結び目で切れたのが連発したので、ここからはハリス10号に針をくくってやっていますが、今度はドラグ調節が悪く、なかなか寄せられずにもたついているうちに針はずれ・・・

お隣の方も針を曲げられたりと、この見えているカツオはかなり大きいようです。そして、この時合いの最後のほうでようやく釣り上げることが出来たのは、4キロまではないかもしれませんが、3.5キロ以上はありそうな良型でした。

180806_1000katsuo3.jpg

その後またしばらく釣れない時間と言うか、たまにサバが来たり小さいヒラソウダが釣れたりしました。

終了時間が、近づいてきた10時40分くらいにまた群が船に寄ってきて、後ろのほうで1本上がり、私はアタリがなかったので、もう一度上げてやりなおそうと思いましたが、糸をさらに出して20mで待ちますと、竿がひっぱりこまれてヒット。これは何とか無事に上げて1本追加で4本目。

11時のラスト1投でまたヒットしましたが、すぐに飛び跳ねてこれはシイラでガッカリ、ちょうどそれで終了となりました。

(結果)本ガツオ3〜3.5キロ(推定)4本、ヒラソウダ大中小各1匹、

180806chouka_kastuo.jpg

その他おまけ

180806chouka_sonota.jpg

カツオは意外に眼がよくて、ズボ釣りだと前アタリとかもありますが、この釣りだと少し糸がたるんでいるからか、いきなり竿がひっぱりこまれることが多かったです。

途中、見釣りみたいになっている時にオキアミを食ったのが見えましたが、それから竿を引っ張り込むまで数秒かかりました。

また、ズボ釣りだとコマセを出してちょっとしたくらいに当たるかなと予測できますが、この釣りはいきなりアタリが来るのでびっくりします。

途中のハリス切れのバラシ2発は完全に無駄で、防げるものでしたので、それはちょっと残念で船長にも申し訳ないですが、結果としては十分に良い釣果でしたので、満足して帰りました。

本ガツオは抱卵してまして、個体により脂の乗りにばらつきがありますが、一番大きいやつはなかなかよく脂がのってました。

本ガツオ
180807katuo_mi.jpg

ヒラソウダ大
180807hirasouda_mi.jpg

このヒラソウダと比べると本ガツオの脂の量ではさすがにちょっと負けますが、食べ比べても遜色ないくらいどちらも美味しかったです。赤身部分で比べると本ガツオのほうがヒラソウダよりクセがなくあっさりしているのがよくわかりました。

180807sashimi.jpg

あとは、心臓だけ集めて塩焼きにしてみましたが、これがウマイ!

180806hatsu.jpg

ハラモには米粒状の寄生虫がいて、活きが良い状態だと動いてますから配らずに我が家ですべてキープ。これも塩焼きが最高にウマイ!

180806haramo.jpg

また行きたいですが、お盆は遠出したくないのと、いつまで釣れているかわからないので、どうなるでしょうか!?
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

今年はきびしい明石のマダコ釣り

明石のマダコ釣り@俊郎丸(明石・東二見)
2018年8月2日(木)
日出5:10 正中12:07 日没19:03
晴れ 気温26→30℃ 風速2-3m 北東→南東 波高0.5m以下 水温26℃ 
潮(中潮・大→小の4日目)@二見
180802_shio.jpg


さて、ひさびさにゴリオさんとご一緒させていただきました。釣り物は、当初は串本のカツオのつもりでしたが、台風明けの釣果を見ると、カツオが行方不明と出ていたので(笑)、明石のタコに変更。

今年はタコが少ないのかあまり数が釣れていないので微妙ですが、ほんの少し?上向きみたいなのでとりあえずタコにすることに。

集合は4時でしたが、3時過ぎに到着。3時半から受け付けと乗船開始で、座席は船長による指定です。受付して、後ろ寄りのほうか前かと言われたので後ろ寄りのほうにして、こんな感じで入りました。

180802turiza.jpg

ほとんど横向きに流したので、一番前に入ったら良かったかも!?まあ、わりと空いてましたので、あまり関係無いかな。

180802depart.jpg

ちなみに、今回のために、前日に疑似餌を買い込み・・・またまた釣具屋の目論み通りに金を投入(笑)、新たにタコエギを3つ、タコスッテ3組、タコ—レ・シェイクとか言うのを4つ購入、そしてさらに、去年は買えなかったデビルクラッカー2個と換え用のワーム2種類まで購入して臨みました。

180802newgijie2.jpg

疑似餌系が増えたので、テンヤでのエサで豚脂とイワシをリストラ。小アジかサンマは欲しかったが無かったので変わりに塩サバを投入。あとは例年通りお気に入りの手羽先の他、ササミとサーモンを使用しました。

エサでの釣果は、鯖の切り身4、手羽先4,ササミ1,サーモン0です。使用時間は鯖>手羽先>ササミ>サーモン・・・くらいの感じなので、結局は使った時間と釣果が相関しているだけのようで、どれが良かったかまでは何とも言えませんが、まあでも釣れるとよく使いますから、多少は関係あるかな。

4時半出船ですが、揃ったので4時15分に出船、4時半ちょっと前頃だったかに港を出て少しのところで釣り開始。

出船が早いのでまだ暗いですから、先日に話題になった、深場で暗いところのタコは蛍光よりむしろ見えない色(黒や赤)が良いかと思って、黒系のエギ+緑系エギ(グローじゃないやつ?)の組み合わせでスタート。

すると何と、見える範囲でファーストヒットです。ただ、その後は続かず、テンヤの手羽先に変えて1パイ追加。いちおうこれも蛍光ではないですが、どうなんでしょうか?不自然に光より自然なほうが良いのかなとも思いますが、俊郎丸は暗い内から釣り開始になることが多いので、今後も検証を続けたいと思います(深場とはちょっと趣旨が違うかもしれませんが)。

その後しばらくそこらでやり、明るくなってからちょっとだけ西の沖に移動して、よく覚えていませんが、入れ乗りタイムはまったくなし。ちょっと退屈するかなーと言うくらいの頻度で忘れかけた頃に釣れる感じです。

180802_0522.jpg

去年はどこのポイントだったか(播磨人工島の西側だったかな?)、スッテが群を抜いて良く釣れたので使いましたが、今回はやたらとワカメをひっかけるのでエギやテンヤも併用。連続で釣れることはありませんので、何が良いかわかりません。

中盤にさしかかった頃、デビルクラッカーをまだ使っていない事に気づいたので(まわりで誰も使っている人がいなかったので)、デビルクラッカーのザリガニみたいなワームの赤と白?の組み合わせで投入。

しゃくっていると、すぐに軽くなり、不思議に思ってあげてみると、サルカンを止め忘れていました(涙)。

その後、もうひとつ買ってあったデビルクラッカーの黄色+黄緑の組み合わせのほうを投入。すると、入れ乗りで連続3杯釣れました。

これは!と思ってしばらくしたら、すぐ止まり、さらにしばらく使っていると、根掛かりでロスト!

この日はその他、タコエギ4つとテンヤ1つも根掛かりでロスト!おそろしい根掛かり率で、たぶん一度のロストとしては過去最悪だと思います。いつも根掛かりは多くても2回、たいていは0回だったので。まあ、デビルクラッカーのうち1つのロストは自分の間抜けさのせいですが・・・

この日1日でたぶん総額5千円くらいを海に奉納したのではないかと思います。

疑似餌系の成績ですが、なんとなくの記憶では、タコエギ(組み合わせは色々)が一番よくて、スッテで2,3ハイ、タコーレ・シェイクが0ハイでしたが、ほぼ使用時間に比例だったような気がするので何が良かったかの判断は微妙です。お隣の方は、テンヤに刺すワームで蛸の恋人じゃない、カエルの足みたいなやつのピンク+エサでわりとよく釣られていました。蛸の恋人は見える範囲では使っている人はおらず。

それにしても、スッテやデビルクラッカーはワカメがひっかかると、一瞬タコが来たかのような感じがするので、アタリが遠くて退屈してダレてきた時に自分を騙してやる気を出すために良いなと思いました(笑)。タコかワカメかはその後にすぐわかりますので、一瞬の錯覚にすぎませんが・・・

釣れてくる型はあまり良くなくて、わりと小さめが多いですが、トモの方は不思議と良型をたくさん釣ってました。たぶん釣果に名前の出ていた方かな!?

私の最大は、最後のほうで釣れた1キロ弱くらいのやつで、あとは200−300gくらいのが多かったように思います。去年のこの時期はもう一回り大きかったようなので、今年は少ないだけでなく遅れているのでしょうか!?

二見沖の水温を調べると、確かに去年より低めの日が多かったようですが、それでも平年よりは高そうですが・・・

180802suionhenka.jpg

と言う感じで特に盛り上がることなく11時で終了。それでも空いていたこともあってか、思っていたより数は釣れました。

(結果)マダコ150ー900gくらいを23ハイ、重量合計4.1キロ

180802chouka23hiki4_1kg.jpg

数は去年の半分くらいで、重さは3分の1くらいです。もうちょっと釣りたかったですが・・・まあ今年の状況を考えれば十分すぎる釣果で満足はしております(エギ等をたくさん海に奉納したことは忘れて)。良く釣った人で27ハイだったらしいので。

あと、暑さも思っていたよりはマシで、空調服のおかげなのか、たまたま日当たりがマシだったせいかわかりませんが。なので、まあそれほど不満はなかったのですが・・・

しかし、帰宅後に串本の釣果を見るとカツオが爆釣・・・ちょうど帰りの車の中で「これで串本が爆釣していたらショックだなと」ちょうどそんな話をしていたところでしたので(涙)。

まあ、カツオは追いかけても逃げて行くことが多いですからしょうがないです。タコ釣り、遅れているだけならもう一回行きたいですが、去年の秋ダコの冷凍ストックがまだありますし、むしろケンサキイカのほうをストックしなければならないので、たぶん今年はもうタコ釣りには行けないかな!?

そして引っ越してから4回目の釣行でしたが、またしても不完全燃焼な結果で、まあ撃沈ではありませんし十分満足な釣果ですが、いまだに爆釣に出会えていないので、次は引っ越し後の5回目の釣行ですから、いいかげんそろそろ爆釣の日に当たりたいものです・・・
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)