カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年02月
ARCHIVE ≫ 2018年02月
      
≪ 前月 |  2018年02月  | 翌月 ≫

中紀のマアジ、また好調!

2018年2月25日(日)マアジ釣り@仲政丸

日出6:33 正中12:13 日没17:53
天候:曇り一時晴れ  風向:北  潮:下り潮  水温:11.5度  波高:0.5m
気温6→10℃
潮@三尾(長潮)
180225shio.jpg

(結果)
180225ore.jpg



さて、前回で良い思いをしたアジ釣りにまた行ってきました。週末の予定がなかなか決まらず、わりと直前の予約でしたが、日曜日が空いているとのことで行きますと、Fさんと二人でした。

180225turiza.jpg

5時半集合で、正確な時間はわかりませんが6時前に出船、ポイントには6時半頃に到着。アンカーおろして釣り開始です。

180225_0700hinomisaki.jpg

釣り開始、1匹釣れたところでアンカーをやりかえまずが、船がおちつかず不思議な感じでどうもアンカーがおかしいと言うことで上げてみると、アンカーのおまつり?アンカーにロープがまきついていて逆向きになり、それで海底にうまく刺さらずに船が流されてポイントがはずれてしまうようです。

こんなの滅多にならないことのようですが、なんせアンカーは超重たいし、朝は少し波がありましたので、それをもどすのも危険そうです。私は見てるだけでしたが、船長いろいろと工夫されてうまいこと元に戻り一安心。

ただ、その不運なトラブルのために釣りの再開は8時頃だったか正確に何時か忘れましたが、朝の時合いは終わっており食いの渋い状態に・・・。ピンポイントの狭い範囲でしか食わないと言うか、やはり水温が低いのでアジがエサを追いかけて動かないので船のほうをアジの位置にあわせないといけないのか、難しそうですが船頭さんの腕前の見せ所です。

180225_0710tankenmaru.jpg

なので、かなり魚の動きが悪いにもかかわらず、船長のアンカーやりかえや微調整のおかげでその後はぽつぽつとは釣れてまして、そのうち潮も良い感じにほどほど流れだしたら結構な入れ食いにもなってきました。

そうなると、早速メジロ・ブリがアジを奪いにやってきたので、すかさずノマセ仕掛けを投入すると、すぐに竿が突き刺さりメジロをゲットできました。

180225_0930mejiro.jpg

この日はその後にメジロが邪魔することがなく、あとは最後まで好調に釣れ続き、アジの数もだんだん増えてきました。

ただ、やはりFさんのほうが入れ食いで常に快調に入れ食いで釣られています。私はそのうち食わなくなってしまいました・・・。

そこで、Fさんに聞くと棚が私が思っていたより高かったようで、教えてもらって釣れるようになりました。

どうも私は釣れないと棚を下げるクセがあり、この時はほとんど底近く、底から3〜4mくらいををやっていたのですが、Fさんは底から結構上のほうの棚と言うことで、それを聞いて底から7m上くらいでやると入れ食いになり、また何とか数を伸ばすことができて、終了の12時には十分以上に釣れていて満足して終了となりました。

(結果)マアジ54匹、メジロ1匹

180225chouka.jpg

このポイントでのアジ釣りにはもう何回も来ていますが、まだまだ上達しません。今回は船長のこまめなポイント修正とFさんのおかげでたくさん釣ることができました。

前回のマアジも今回も身内に配ったのですが、とても美味しいと好評なのでまた行きたいですが、週末の予定がなかなか決まらないのでどうしようか悩み中です。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

ようやく初釣り・中紀のマアジ

マアジ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)
2018年2月15日(木)
日出6:44 正中12:14 日没17:44
天候:曇り  風向:北東・微風  潮:上り~下り潮  水温:11.8度  波高:ベタ凪
気温:5→12℃
潮(大潮2日目)@三尾
180215_shio.jpg

(結果)
180215chouka_ore.jpg



昨年末からいろいろと忙しくて週末も潰れてしまい、ようやく今年の初釣りです。ちょうどマアジが釣れてきたところのようで、予定をあわせてゴリオさんと一緒です。ゴリオさんも今年の初釣りのようです。その後、しんすけさんも予約されたようで、お会いするのはひさしぶりです。

5時半過ぎに集合とのことで、港には少し前に到着。準備していると船長がやってきたので乗船開始で、私らより先に予約の方があり、次が私らで右舷トモから並びました。しんすけさんは左舷へ。

180215turiza.jpg

用意して6時くらいに出船、ゆっくり走ってポイントには6時半頃に到着です。去年もアジが釣れた潮の速いポイントでした。

180215_0630hinomisaki.jpg

仕掛けは鉄仮面+テンビン+サビキ4本針(ハリス3〜3.5号)です。アジはオキアミを刺さなくても釣れました。

釣り開始、最初は上り潮がかなり流れていて、左舷向きに流れていてイマイチやりにくいですが、開始早々からマアジの当たりがあり、良型含めてプチ入れ食いになりました。30センチちょいのマダイも釣れてラッキー。

しかし、30分くらいして7匹くらい釣れたところで止まってしまいました。モーニングサービス終了の前後くらいに、もう一席、湯浅の船もやってきて同じポイントで2隻で釣りになりました・・・

昨年、一昨年とこの時期はここでアジ釣りをさせてもらいましたが、船が2隻になるのははじめてです。

その後、徐々に潮がゆるんでくると当たりが完全に止まってしまいました。その後は船の位置をやりかえますが、潮も風もゆるいのですぐに船がフラフラしてしまって当たりが続きません。

船をやりかえた直後に左舷の人がバタバタっと何匹か釣るくらいで、私にはさっぱり当たりもなし・・・

その後、湯浅の船はあきらめて別のポイントへ移動して行きました。

180215_0700tankenmaru.jpg

船が一隻になったのでポイント修正やりやすいからこれで釣れるかと思いましたが、潮も止まっていてなかなか喰わず。船長は何度かポイント修正してくれますが喰いが悪いようで、かなりの反応に寄せても喰わないみたいでヤバイ雰囲気が・・・

10時半頃、もう一回やりかえてこれでも喰わなかったらあきらめて移動と言うそのやりかえで、ちょうど下り潮も動き出したタイミングだったからか、ここからは入れ食いになりました。

そこから終了までの2時間、ひたすら釣りマシーンとなって釣り続け、入れ食いを堪能します。

ところが、途中でメジロやブリがいるらしく、かなり浅い水深でアジを取られて邪魔されます。ちょっとやりとりしますが、針が小さいからかすっぽ抜けが多いので結局上がりませんでした。

すっぽ抜けしてくれたおかげで仕掛けは大丈夫ことが多かったですが、4回来てハリスを切られたのは1回だけでした。ハリスは3.5号でした。ブリ・メジロは、水温が低いからかあまり走り回らなかったので、少し大きめの針でハリス4号くらいでやれば釣れたかもしれませんが、アジの数釣りをしたかったので余計なことはせずにひたすらアジ釣りを頑張りました。

と言うことで、12時半までやって終了、残り5分のところで竿が折れてしまったので、1投くらい残して終了となりました。バットへの継ぎ目の部分を深くきっちり刺していなかったために継ぎ目の部分で折れてしまいました。

最後に竿のアクシデントだけ余計でしたが、途中はどうなることやらと心配したものの、最後はきっちり釣らせてもらえましたので、大変楽しい初釣りになりました。

(結果)マアジ28〜38センチを46匹、マダイ34センチ1匹

180215chouka.jpg

マダイは尻ビレがちょっとすり切れているので養殖の脱走っぽいですが、胸びれはわりとちゃんとしていたので、かなり早めの小さい頃に脱走したものでしょうか?

180215aji_madai_gashira.jpg

釣り上げた時には尻から腸が飛び出していたのですが、帰りまでイケスに入れて泳がせておいたら、腸が腹の中にもどっていたのでびっくりしました。すごい回復力でした。

アジは脂がほどよくのっていて刺身でも塩焼きでも美味しいです。

180215aji_sashimi.jpg

180216aji_shioyaki.jpg

今年の初釣りはかなり遅くなりましたが、風もなくベタ凪で暖かい良い日に良い釣果にも恵まれて、良いスタートになりました。しばらく好調が続いてくれたらと思います。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

未だ、初釣りできず・・・

昨年末から本格的にはじめたYUKAの実家の片付けが、この前の月曜日にようやく終了・・・

180201gomi2.jpg

当初はどこから手を付けて良いかわからない状態でしたが、努力の甲斐あって徐々に整理できました。

180201gomi3.jpg

180201gomi1.jpg

これらの写真はごく一部です。他に巨大な日本画の板やフレームなど多数、わけのわからない分別不可能なガラクタが山盛り、古い家電、割れ物、そして大きなタンスや戸棚などもあり。

普通ゴミ(可燃ゴミ)は自治体のゴミ収集に少しずつ出しました。90Lのゴミ袋に、おそらく60〜70袋くらいになったかと思います。三ヶ月間かけて、1度に10袋前後のゴミを合計7回くらいに分けて出したので。

それからさらに、本棚やタンス、戸棚など木製のものは、某ルートで燃料として燃やしていただき、これが非常にありがたかったです。

最終的に、2トントラックに3杯で不用品回収業者に回収してもらいました。3杯ギリギリだったので、もしタンスなどを持っていってもらえかったら確実にもう1台トラックに来てもらわないと不可能で、そうなるとプラス4万円かかったところ。

しかも、この業者、たった2人でやってきて、1人は日本語の通じない外国人労働者でろくに働かず。もう一人の人はちゃんとしていたが、ほとんど一人でやって、ピストン輸送なので、朝の9時からはじめて3往復して、終わったのは夜の9時でした。

180205dampcar.jpg

↑最後の3往復目。予定では夕方に終わるはずが、たった二人(しかも一人は使えない)で来るものだから、夜までかかったし、もし木製品を持っていってもらえていなかったら、この日では終わりきらなかったことは間違い無い。当初と話が全然違って大変でした。

これはインチキ業者に騙されたかと思ったが、どうやら最近この業者がテレビで取り上げられて、それで客が殺到して人が全然足りなくなってしまっているらしいとのこと。ほとんど一人でやってくれた人はしきりに謝っていたが、さばききれないくらい仕事を受ける会社の体質が腐っているのではないかと思った次第。ブラック企業間違い無しでしょう。ここには2度と頼まないことが決定。まあ、もうこんな機会は無いでしょうが。

かたづけていると、小銭が出てきたり、図書券(なつかしい)が出てきたりなど。

180131toshoken.jpg

図書券はまだ使えるようで早速本を購入・・・



今回のことでわかりましたが、いらないものは早めに捨てるのが良いと思います。「もったいない精神」はよろしくないです。そもそも、不必要なものを極力買わないようにするのが良いのかもしれません。

私の場合、買うものと言ったら釣り道具か本くらいしかありませんので、部屋がモノで埋まるようなことにはならないと思いますが・・・。引っ越す前にいらない本をたくさん捨てようと思います。

かたづけることを断捨離と言うのをたまに聞きますが、「断」は入ってくるものを断つと言う意味らしいので、たんに「捨」てて整理するだけの話ではないようです。「モノ」に対する執着心も捨てて、モノから「離」れた方が良いかと思いますが、愛着のあるものだと捨てにくいのかもしれません。

私の場合、大学入学以降に関西に出てきてから実家が引っ越したために、山ほどあった私が愛着を抱いていたもののほとんどすべては母の手によって捨てられてしまったので、その時にモノに対する愛着など抱かないほうが良いことを悟りました。なければないで困りません。気の持ちようです。記憶や思い出さえ残っていれば良いかと思います。なのでブログをやっています。

その甲斐あってか?最近では本当に「モノ」に対する執着心みたいものは減ってきました。



数日前、家の外の水道の蛇口のところに・・・

180126unko.jpg



・・・と言う感じで、まだ初釣りには行けてませんし今週もなんだかんだで行けなくなり残念です。来週には間違い無く初釣りに行く予定ですが、海況もありますし、本命?のアジ釣りには潮がどうなのか微妙で(下り潮が長い日のほうが良さそう?)、串本のグレは黒潮離岸のせいかさっぱり釣れていないみたいなので、釣り物をどうするかが困りますが。
哀愁 | Comments(4) | Trackbacks(-)

レヴォーグ1ヶ月

新車、もうすぐ1ヶ月ですが・・・

180116front.jpg

後から追加したフロントリップスポイラーを装着。角度が違うのでわかりにくいかも?前から見た時の「こぢんまり感」が少しマシになったような気が・・・

180203frontlip.jpg

しかし、後ろから見た感じがやっぱり小さく見えるからと思われるが、この車になってから煽られたり、割り込みさせてもらえなかったりがかなり増えたので残念。

一応、ドライブレコーダー(前後)も付けたので、煽られたら警察に付きだしてやろうと思ってますが、ドラレコ本体がグローブボックスの中に取り付けらてしまったので、イベントボタンが押せないから、外に付け治してもらう予定。

さらに残念なのが燃費の悪さです。別に燃費には期待していないですが、このご時世にまるで10年前の車なみとは、ちょっとひどすぎます。

180206nenpi.jpg

まだ釣りに行ってないので長距離の高速を走ったことは無いですが、阪神高速はよく走ってます。仕事で神戸まで行く時に。なので、下道ばかり走っているわけではないです。

前のレガシィ・ワゴン(2.5Lの自然吸気)の時は同じような区間を何の気も遣わずアクセル踏みまくって適当に走ってもリッターあたり10キロを切ることはほとんど無かったのですが、8キロ台とはあまりに悪すぎてびっくり。

1.6Lのダウンサイジングターボとか言ってましたが、確かにパワーは2.5LのNAと同等でも、燃費がこんなに悪いなら一体何のためのダウンサイジングなのか、完全に意味不明です。

ちなみにカタログ値はレガシィが14.4km/Lで、レヴォーグは16.0km/Lになっているが、たぶんウソでしょう(笑)。

あと残念なのは、カーナビがひどすぎる。パナソニックのカーナビは前回がダメだったのでやめようと思ったが、デザイン的に一番車の内装にマッチするようになっていたから、それを優先で決めたのが失敗。

最悪なのは、カーナビの音声案内が入った時にオーディオのボリュームが勝手に小さくなる点。それを解除できないので使い物にならない。カスタマーセンターに確認しても、そういう仕様と言うことでどうにもならないとか。他社のナビは自分で設定できるみたいなのに。

ナビの音声案内がよく聞こえるための配慮らしいが、お節介にもほどがあるし、「脳科学」に対する完全な無知から来る誤解でそんな余計なことをしているのでしょう。

人間の脳は、必要な情報を選別して脳内で自動的に補正するようにできているので、完全に余計だし、音声案内が聞き取りにくかったらオーディオの音量を下げるか案内の音量を上げれば良いだけの話。

こんな勝手なことをするとかえって不快感が強まるし、何より案内音声が終わってオーディオの音量がもとに戻る時にびっくりするくらい大きな音に聞こえてしまってその不自然さが大変なストレスなのです。

私は音に対して神経質なほうなのでなおさらかと思うが、そもそもナビの音声案内など「内容をはっきり聞く」必要などまったく無く、音声案内が出た時にナビの画面をちらっと見るための音くらいの用途しか無いこともわかっていない。

これは本当に、カーナビを買い換えたくなるレベルの最悪な欠点でどうにも怒りが収まらず。結局音声案内をオフにしてナビを使っているが、これだと不便で案内の機能が十分に引き出せないし、肝心な点を見逃してしまう。

パナソニックのクソナビの独りよがりなお節介設定はどうにも我慢できない。その押しつけがましさにも腹が立ってしょうがないです。

・・・と文句ばかり書きましたが、走りはかなり良いですねー。足は固いので舗装の悪い道をゆっくり走るのには突き上げと言うかゴリゴリ感があって良くないですが、高速道路などある程度以上の速度で走る道はとても良い。カーブなど多い阪神高速を走るのにはちょうど良い感じです。これで燃費さえ前の車並かちょいマシなくらいだったら良かったのですが・・・

ちなみに下取りに出した車が売られているのを発見!

180208legacy.jpg

8万キロ以上で外装が傷だらけの車にこんな高い値段が付くとはびっくり。ずいぶん高く下取りしてもらったので、これは赤字なのではと思ったら、思っていたよりかなり高い値段をつけて売っているので驚きました。ディーラー系の中古車店だから整備がいろいろできるのか、中古車なのに保証付き(2年・走行距離無制限)で売っているみたいですが。
自動車日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)