カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
いつもふたりは絶好釣  カーク船長の釣り日記     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
      
≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

中紀・仲政丸オキアミ五目・3回目

オキアミマダイ五目@仲政丸(和歌山・美浜)
2017年12月27日(水)
天候:晴れ時々曇り  風向:北西  潮:下り~動かず  水温:14.8度  波高:2.5m
気温5〜6℃ 風速10〜15m
日出7:03 正中12:01 日没16:58

潮(長潮)@三尾
171227_shio.jpg

(結果)
171227chouka0.jpg




さて、年末になり職場の引っ越しの荷造りその他で大変な中、無理矢理1日休んで釣行してきました。その後も忙しくて釣行記も書けず、忘れてしまいましたが、忘れてしまいたい感じの釣りでした(笑)。

前日、風速15mの予報なので出船しないかと思って夕方に電話しようと思ったら、昼過ぎの釣果報告で「明日も出船します」の文字が。北西風で下り潮でそれほど動かないから波はマシと思って出船するなら行こうと思ってましたので、そのまま電話せずに普通に出発。

3時半に家を出て高速に乗ると電光掲示板に「横風注意」の文字が何度も出て、車もかなり横に揺すぶられるので、いつもよりゆっくり運転で5時過ぎに港に到着すると、風がビュービュー吹いている中、結構なお客さんが。

そしてFさんもおられたのでご挨拶。その他に3人いて、合計5人で強風の中の出船となりました。

171227turiza.jpg

準備もそこそこにキャビンに入って奥で横になって出発。ものすごい風の割りには揺れはマシでしたが、日ノ岬を越えたくらいからそれなりに揺れだしたものの、どうにか酔わずにできるくらいでした。

ポイントまで1時間ちょっとかかって到着。すでに夜が明けて明るくなっていました。そして釣り開始。揺れはなんとか耐えられますが、風がいままでで一番強烈でやりにくいです。

そんな中、となりのFさんは朝一からハマチにマダイにメジロにと入れ食いで釣っていますので、煽られて焦ります。私は当たりがFさんの半分以下しかなく、エサ取りに取られるか、釣れてもチャリコでなかなかタモ入れするような魚が釣れません。

なぜそうなるのかいろいろ考えてもわかりませんので焦ります。船がゆれすぎて竿がゆすぶられるかと思ってFさんと同じく手持ちでやりますが私には当たらず。

たまーにハマチが釣れるくらいで、難しいです。

幸いにして船酔いしそうな感じがないのでどうにかやってますが、隣の方の半分も釣れない理由がわからず。潮は船の後ろにむかってほぼまっすぐ流れているので、そう条件はかわらないと思うのですが。

違いと言えば、右舷は3人、左舷は2人ですので、コマセが少ないのかと思ってがばがばまいてもエサ取りに取られるだけでした。船が上下しますので、どうしてもタナがボケるのかと思いましたが、それは誰も同じはずなので、頭の中がずっと「?」のままでした。

だんだんと潮がゆるんでくると当たりがなくなり、潮止まりになると喰わなくなり、しかし、そんな時も私の左舷側の隣の方は大鯛を上げ、その後にFさんも大鯛を上げましたので、私をはさんで私だけ釣れません。

またまた前回と同じパターンで滅茶苦茶凹みます。

その後もいいところなく終了・・・釣り納めが不完全燃焼なので、年内にもう一回行っておきたいと思いましたが、31日くらいしか空いている日がないとのことで、さすがにその日は無理なので、あきらめて釣り納めとしました。

一枚大きなマダイがいてくれたらどうにか満足できたのですが、釣り納めは不完全燃焼で終わってしまいました。

(結果)
171227chouka.jpg

まあでも、これだけ見たらまあまあみやげ十分ですが、すぐお隣でこの釣果です。

171227fsan.jpg

一体何が違うのか、最後までわからず・・・他人と比較して釣れなかったから悔しいと言うのとはちょっと違います(それもありますが)。

ほぼ同じ条件のはずなのに、なぜ私のほうが当たりが少なく釣れなかったのか、その「具体的な理由」がわからなかったのが辛いところです。理由がわかれば釣れなくてもかまわないのですが(わかれば釣れているでしょうが)。

わからないと言うのが人生で一番辛いことですが、人生はわからないことだらけですので、それで辛いとか言っていては生きて行けません。

もっと通って勉強するしかないと思いましたので、年明け忙しくても無理矢理釣行しようかな、などと思っております(笑)。

それでは皆様、良いお年を!来年もよろしくお願い申し上げます。
釣り | Comments(3) | Trackbacks(-)

たまにはのんびり銭湯へ

この週末は釣行せずでした。このところ、ばたばたしています。色々重なりすぎです。年明け早々に職場が引っ越しになるので、その作業でヘトヘトです。

22日(金)も荷造り作業で疲れ果てたのと、冬至ですから柚子湯をやっていると聞いて近所の銭湯へ行ってきました。こちらへはちょくちょくお邪魔していますが、しゃべったり頂き物をしに行くことばかりで、お風呂に入るのはそう言えばひさしぶりでしたが。

171222sakaeyu.jpg

寒かったからあったまりました。引っ越し作業の疲れも癒えて良い気分に。柚子も良い香り。明るくきれいな銭湯です。ドライヤー無料でした。

栄湯
営業時間:午後3時ー午後23時45分
定休日:毎月第1、3、5木曜日
住所:大阪市生野区林寺4-11-14
アクセス:JR寺田町とJR東部市場前いずれも徒歩15分、市バス停「百済」より1分


もうちょっとちゃんとした写真ものせときます。

171222sakaeyu6koushiki2.jpg

中も綺麗ですが、入り口と番台の前(休憩スペース?)がすごく明るくて綺麗で入りやすい感じです。




年明けから職場の引っ越しだけでなく、私と家族にとっての変化が重なりまくりです。

① 私の職場の引っ越し(1月7日)のための作業
② YUKAの職場の廃業(1月末)
③ 車買い換え(1月中旬)
④ YUKAの実家のリフォーム準備(2〜3月)のための片付け
⑤ YUKAの実家へ引っ越し(4月末)
⑥ 私の母の引っ越し(4月)

これだけ集中して重なるのも珍しいです。とりあえず先週の水曜日くらいから職場の引っ越しのため、毎日が荷造りの日々・・・

それだけでなく、YUKAの実家のリフォームのために片付けの日々・・・。ゴミを捨てたり、画材など義母の友人らへ配り歩いたりなど、釣行しない休日は大変です。

年明けにはYUKAの勤めている会社が廃業することになり、その片付けなど私も少しお手伝い。先日は、不要になったパレットを知人に引き取っていただきました。

171217mokuzai.jpg

大量にありましたが、これが何と、軽トラ1台に載ったのでびっくり!無事運んでもらえて片付き一安心。YUKAの職場の皆さんも喜んでいたそうです。

121717mouzaicar.jpg


23日は祝日でしたすが、引っ越し作業のために出勤・・・。誰もいなかったので、1人で広々ちらかしまくりでしたが、作業しやすかったです。

その帰り・・・阪神高速を走っていると、フロントガラスに「ガンッ」と石が当たった音がして、やられました・・・

171223tobiishi2.jpg

ちょっと見えにくいですが、1円玉くらいの大きさのくぼみで、ヒビは入ってませんが、リペアで1万6千円との見積もりが・・・痛い出費です(涙)。

そして、本日24日はクリスマスイブですが、一日中実家の片付けで終わりました。そして明日からまた職場でも荷造り作業です(涙)。
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

中紀・仲政丸のオキアミ五目・2回目

オキアミマダイ五目@仲政丸(和歌山・美浜)
2017年12月16日(土)
天候:曇り  風向:北5m以下  潮:上り~動かず  水温:18度  波高:ベタ凪
気温5→10℃
日出6:58 正中11:55 日没16:53
潮(大潮初日)@三尾

171216shio.jpg



さて、中紀のオキアミ五目釣りの2回目に行ってきました。まだはじまってそれほど経っていないので、空いていました。これから撒き餌が効いてくれば、魚もお客さんも集まってくることでしょう。

5時過ぎに港に到着すると、船長も来ていてぼちぼち乗船がはじまるところだったので、急いで準備して乗船します。

私が予約一番だったので、普通に左舷のトモに入れば良かったのですが・・・

今年は黒潮が離岸している影響で、紀伊半島の東側では反時計回りの渦が、紀伊半島の西側(いつも釣りしている側)では時計回りの渦が発生しているようで、そのために紀伊水道では東に向かって潮が流れているように見えます。

171216kairyuu.jpg
矢印は私が書き込みました。

なので、例年とは逆向きの渦になっているようで、四国のほうが水温が高くて中紀や南紀の沿岸のほうが水温が低くなっています。

そんなことがあり、北風で潮が東向きなら右舷が良いだろうと思って入ったのですが・・・結果はどうだったでしょう!?

171216turiza.jpg

5時半くらい?に出船して、先週に行ったポイントへ。6時過ぎに到着して、薄明るくなるくらいまで少しまってから釣り開始。

171216_0620tankenmaru.jpg

仕掛けを投入すると、思いっきり左舷に向かって流れています(涙)。結構潮が速いので、竿先が船底に向かってやりにくいです。

私が苦戦の予感におののいていると、いきなりFさんが1投目からマダイをゲットされて不安が煽られます(笑)。

左舷のミヨシが空いていたので、船長は移動しても良いと言ってくれたのですが、2投目にエサが取られたので、ここでも釣れるかなと思ってやることに。

その後、3投目はエサが取られなかったので、移動することに・・・。なんせ、竿先が船の下に入るとやりにくいので・・・

私が移動してからは、左舷胴の方が良型のマダイをゲット。Fさんも次々に釣られています。移動してからは場所的には一番良さそうですが、何故か私だけアタリがありません(涙)。

エサ取りがあるのでタナを上げて行きますが、上げると釣れず。かと言って下げるとエサが取られます。たぶん、あせってがちゃがちゃとやりすぎたのだと思います。

今から考えれば、エサが取られなくなったタナで、エサをちょろちょろ出して少し待つ感じにしたら良かったのかと思いますが、なんせ自分だけ釣れておらず焦っているので、エサも出し過ぎの、タナもいじりすぎだったと思います。

なんとかハマチが1本釣れましたが、その後も他の方はぽつぽつ釣れますが、私だけ釣れずで、そのうち朝の時合いは終了・・・

潮は徐々にゆるくなってきて、そうなると後ろから前へ船に平行に流れるようになったので、最初の場所(右舷トモ)にもどってやることに。

しかし、時合いは完全に終わったようで、何も釣れませんしエサもなかなか取られません。

ここからひたすら我慢の時間が続きます。

11時くらいだったか、潮が完全に止まって動くか動かないかの頃になって、たまに探見丸で20mくらいに何か映っているので、Fさんがやっているとヒラソウダが釣れたようなので、みんな真似してみます。

私も真似しますが釣れないので、底に落としてやりなおしていると、上のタナで他の人がヒラソウダが釣れたりしてちぐはぐな展開に。

10分くらいヒラソウダラッシュがあり、そのタイミングで私もなんとか1匹だけ釣れましたが、あとはダメでした。

潮がかなり澄んでいて海面近くにはシイラが泳いでいます。ロッドキーパーを移動させるのに、エサがついたままハリスを海面にたらしていたら、それにシイラが食いついて竿ごと持って行きましたが、尻手ロープをつけていたので助かりました。

かなりの澄み潮のようで魚もハリスを見切っているようで、ハリスを落としたら良い魚がヒットしてかなり引きましたが、途中でバレて、上げてみるとハリスが切られていたので、大きなマダイに飲み込まれていたのでしょう・・・

しばらくしてから、またやりますと、今度はまずまずサイズのマダイがようやく釣れて一安心・・・。

その後にチャリコも釣れたので、さあこれから潮が動けば爆釣か!と思いましたが、その後も潮は流れず、12時すこし過ぎくらいに終了となりました・・・。

(結果)マダイ43cm1匹、チャリコ25センチ1匹、ヒラソウダ1匹、ハマチ1匹

171216chouka.jpg

あと、Fさんにメジロ1本をいただきました(半身はゴリオさんへ)。

釣り座を移動してから焦ってがちゃがちゃやりすぎたり、タナを上げたり下げたり迷いまくり、やることなすこと後手後手にまわってしまうダメな日でした。朝一に焦りすぎてしまったのが最初の敗因かと思います。

釣りたい気持ちで必死すぎる余裕の無さと、常にまわりを気にしすぎる精神的な弱さが原因でしょう。まわりを気にするのは釣るための情報を得るのにもプラスになるとは思うのですが、自分だけが釣れないと滅茶苦茶焦るので、もうちょっと精神的に余裕を持ちたいものです・・・(涙)。いまだに釣りたくて必死です(汗)。もっとノンビリ楽しめたら良いのかもしれませんが・・・

まあでも、みやげは十分ですので、今回のことを教訓にして次回に頑張りたいと思います。

例年ですとぼちぼち年末年始モードで私は逆にのんびりできるのですが、今年は例年より忙しいのでどうなるか・・・1回は行けると思うのですが。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

中紀のオキアミ五目(今年初)@仲政丸

オキアミ五目釣り@仲政丸(和歌山・美浜)2017年12月9日(土)

日出6:53 正中11:52 日没16:51
天候:晴れ時々曇り  風向:北(5~10m)  潮:動かず~上り潮  水温:16.9度  波高:1.0m
気温3→9℃
潮@三尾(小潮初日)
171209_shio.jpg

(結果)
171209c2.jpg



さて、今年は11月いっぱいから12月に入ってもまだ落とし込み・ノマセで釣れていたので、12月に入って少ししてからようやくオキアミ五目釣りになりました。

5時半前くらいに集合とのことで、5時過ぎに港に到着すると船長がすでに来ていて乗船開始。

私は予約2番目で、予約1番の方が左舷トモに入ったので私は右舷トモに入りました。もう一人はきんさんで、彼は右舷の胴に入り、3人で出船です。

171209turiza2.jpg

まあまあのスピードで紀伊水道中央あたりへ向かって進み、6時半ちょっと前くらいにポイント到着。水深61mで去年の年末〜今年の1月頃に来たポイントのようです。思ったより風はありますが、この時点では波はほとんどありません。

171209_0630point.jpg

前日は8時くらいまでアタリもエサ取りもなく雨で寒くて、8時くらいから近場へ移動したそうですが、果たして本日はどうでしょう!?ちょっと心配。

171209_0631sao.jpg

仕掛けを投入しますと、下り潮が止まりかけのようで、後方やや左舷側にわずかに糸が出ますがあまり動いていません。前日はエサ取りも出なかったようなので厳しい釣りを覚悟しますが、2,3投すると探見丸で底のほうに何か反応が映りだしました。

171209_0630tankenmaru61m.jpg

その次、エサが取られたと思ったらその次の投入ではチャリコが釣れました。

私以外の方もマダイかハマチかを釣られ、私にも当たりがあり、まずまずサイズのマダイが1枚釣れました。これでほっと一安心。ここからアタリが出まくりです。

ところが、この日は開始早々から投入して回収するたびに仕掛けをもつらせて、かなり手間取ります・・・(恥)。風が強いのでやりにくいのですが、もう何年もやっているのになさけない話です。

そうこうしているうちに、きんさんにはアタリ頻発で、仕掛けを切られたり、小さめでもマダイダブルで釣ったりしているようです。

私も投入すればアタリがあり、釣れた順番は忘れましたが、64センチの良型マダイやハマチなどが釣れて、開始早々におみやげができて一安心。

潮が完全に止まって一息ついて、エサ取りが多くて困るほどでしたが、ここまでの時合いで仕掛けをもつらせたロスで、何匹か獲物を釣りそこなったような気がしますが・・・

ふと見ると自衛隊の船?何の船でしょうか。

171209_0700fune.jpg

その後、潜水艦も通過・・・

171209_0745submarine.jpg

さて、しばらくすると、8時か9時か忘れましたが、今度は上り潮にかわり、また潮が流れ出すタイミングでハマチなどを追加。そのうち、潮が速くなり風も強くなると波が結構高くなってやりにくくなり、アタリも遠のきました。

171209_0800scene.jpg

ここから辛抱の時間で、潮が速いからハリス太くしても大丈夫だろうと思ってやりましたが、エサ取りもアタリも無いので、船長の指示でハリスを落としてやることに。

エサ取りも無いのでタナはベタ底と言うか、底から2mとかでやり、エサが出ると少し仕掛けが浮くので、そのぶんまた底を取り直して仕掛けを潮にのせて徐々に出して行く感じでやると、ひさびさにアタリがありヒット!

かなり強い引きだったので、他の方々には仕掛けを上げてもらってゆっくりやりとりさせてもらって、なんとか上がってきたのはメジロでした。ハリス切られずに良かったです。

その後、同じような釣り方で40センチ弱くらいのマダイをゲット。その後にハマチもゲットで好調になり、出だしの遅れを挽回です。

その後アタリがまたなくなり、潮がたるんできたらまたアタリが出るかと思いきや、状況はかわらずで追加ならず、お昼前くらいに終了となりました。

(結果)マダイ23〜64センチを6枚、メジロ1本、ハマチ3本、ヒラソウダ1匹

171209chouka.jpg

マダイが思ったよりたくさん釣れて良かったです。

171209madais.jpg

まだこのポイントでやりはじめて間もないからもっと厳しいかと思いましたが、思ったより釣れて楽しめました。ただ、朝一の時合いにもたついてしまったのが反省と後悔・・・

この釣り、結構好きな釣りなので、これからしばらくはオキアミ五目に通いたいと思いますが、今年は例年以上に年末年始に仕事などが立て込んでいるので、どれだけ行けるか・・・。
釣り | Comments(3) | Trackbacks(-)

最近の食事その他

この週末は釣行せずでした。コマセの釣りに行こうかと思って、もしかして試し釣りとかあるかなと思い電話しかけましたが、かなり迷っていたので、たまたま電話がつながらなかったのでこれも運命と思ってあきらめることにして(笑)、結局土曜日は仕事に行き、かなり忙しかったので釣行せずで良かったです。

日曜(今日)のタコ釣りも考えましたが、昨日(土曜)は釣れてなかったみたいだし、これもやめて良かったでしょう(たぶん)。

これからしばらく、平日には休めない厄介な仕事が毎日あり、週末には色んな私用がありで忙しくなりそうです。釣りに行く時間はなんとか取りたいとは思いますが、予定が立てにくいのでどうなるか・・・

と言うことで、最近の外食その他を日にち順で。

11月15日(水)鳥貴族

171115toriki0.jpg

酒飲まないし、焼き肉とくらべると2人でかなり安い。

171115toriki1.jpg

値上げしたからか、空いていた。鶏釜飯、注文してから30分ほどかかるので最初に頼んだのだが、いつまでも出てこないから最後のほうで聞いてみたら、注文が通っておらず・・・そこから30分待つのもいやだったので、食べずにあきらめて帰りました。

18日 キンメダイ煮付け

171118kinmenitsuke.jpg

冷凍していたのを解凍してやりました。もうなくなった・・・。

21日(火) 昼飯にリンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん

171121chanpon.jpg

前回、腹がはちきれそうになって後半苦しかったが、今回は楽に食べられた。何故!?

22日(水) 粋花 KYK てんのうじミオ店 (スイカ ケーワイケー)

171122katsu2.jpg

171122katsu1.jpg

毎度また来ました。ここはサラダ・総菜・ごはん・カレー・味噌汁・トマトジュースなどがセルフで取り放題です。ちなみに、同じ店がハルカスにもあるが、あちらは取り放題サービスはないので要注意。

25日 ヒラソウダうますぎ

171125hirasouda2.jpg

メジロにいたブリ糸状虫

171125mushi.jpg

171125mushi2.jpg

日ノ岬あたりのメジロにムシは少ないですが、今回と前回では5割の確率でムシがいました。前回はムシいても太くて脂がのっていたが、今回のでムシがいたほうが痩せていて味がいまいち。ムシいないやつは脂あり美味しかった。

25日 YUKAの好きな丸源ラーメンへ

171125ramen1.jpg

171125ramen2.jpg

チェーン店ですが、まあまあ美味しいです。

26日 メジロあらの粕汁
171126mejiro_kasujiru.jpg

最近はまっている粕汁です。あらを煮付けにするよりヘルシーかと言うのもあり。ただ、味噌と粕の量の配分が難しいのと、こんにゃくやゴボウの下処理に手間がかかり、めんどくさいみたいです。

メジロの刺身

171126mejiro_sashimi.jpg

ムシいないメジロはうまかった。

タコトマト

171126takotomato.jpg

タコ料理の定番です。

27日 メジロしゃぶしゃぶ

171127mejirosyabusyabu.jpg

これは間違い無い。

30日 アジフライ

171130ajifurai.jpg

小アジの唐揚げ

171130ajikaraage.jpg

メジロカツ

171130mejirokatsu.jpg

これも最近はまっている。しっぽのほうの身を切って、ネギとナスではさんで串カツにして食べると美味しい。いくらでも食える。

30日 メジロステーキ

171130mejirosuteaki.jpg

これまた美味しい。醤油ベースのソースがうまい。

12月2日 干し柿の作成

171202kaki_yuzu.jpg

柿がたくさん取れ、傷だらけで配りにくいし食べきれないので、渋柿ではなく甘柿の富有柿ですがあえて干し柿にしてみることに。干したら体積も減るし冷凍で長期保存できるかなと思ってです。

171202hoshigaki1.jpg

カビが生えても困るので、寒くなるまで冷蔵庫で保管して待って、皮をむいて干しました。干す前に念のため煮沸消毒もして。

171202hoshigaki.jpg

ただ、種が多いので、種を抜かないといけないでしょう。このままでもまずまず甘い柿ですが、干したらさらに濃縮されて甘く美味しくなるのではないかと期待していますが・・・

今年は富有柿の木が豊作で、全部で200個以上は実がなり、収穫が楽しかったです。ちなみに、YUKAの実家の庭には渋柿もあり、こちらを渋抜きしたほうが甘くて美味しいのですが、不思議と渋柿は10数個しか出来なかったです。

たぶん、去年に私がでたらめに剪定したせいでしょう。柿はその年に新しく伸びた枝の部分にしか実がならないので、やたらめったら剪定したらダメみたいなので。富有柿のほうはほとんど剪定しなかったのでよくなったのでしょう。

ちなみに、10数個しか取れなかった渋柿は、焼酎で渋抜きをして美味しくいただきました(写真なし)。

渋柿の渋抜きは、焼酎をヘタの部分につけて密封するか、炭酸ガスで密封するか、干し柿にするかですが、そういう処理をするといずれも渋くなくなります。

これは、渋み成分(タンニン)が「抜ける」のではなく、それらの処理で発生するアセトアルデヒドとタンニンが結合して不溶性になるために、味覚に感じなくなるため・・・だそうです(こちら参照)。

ちなみにタンニンを取りすぎると便秘のもとらしいので、私はこのところ便秘ぎみなので(ひび割れた便、パーツを寄せ集めたような便、ひどいときにはウサギのフンのような便)、便秘をひどくしないためにも、甘柿も渋柿でも柿の食べ過ぎには気を付けたいと思います。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)