カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      
≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

椿のマダイ釣れました

マダイ釣り@とくは丸(和歌山・椿)

2017年3月30日(木) 日出5:49 正中12:03 日没18:18
天候:曇りのち晴れ  風向:北東5m以下  潮:スーパー2枚潮(下り?)  水温:17~19 ℃  波高:ベタ凪
気温:12~18℃
潮@田辺~中潮(大→小)初日

170330_shio.jpg

(結果)
170330chouka2.jpg




さて、今回はゴリオさんと一緒に釣行と言うことで、有休の消化もかねて平日釣行です。何釣りにするか私が決めて良いとのことで、ちょうど爆釣しだした椿とくは丸のマダイ釣りに。

前日はすごい釣れ方だったのでものすごい期待して出撃ですが、ジンクス的にはだいたいこういう時はダメな場合が多いのですが果たして・・・

5時までに来ておいてとのことなので、ゴリオさん宅を3時頃に出発、何時か忘れましたが港に着くと乗船がはじまっていました。お客さん6人でこんな感じで入りました。

170330turiza.jpg

5時過ぎに出船、船の調子がなんだか悪いようでしたが、応急処置?をしたようでどうにか大丈夫そうです。

170330_0510departure.jpg

ポイントには5時半頃に到着して釣り開始。水深100m弱だったと思います。仕掛けはハリス5号5m〜4ヒロ以内の2本針とのことなので、ハリス5号4ヒロ2本針仕掛けにオキアミを刺して投入・・・

期待の1投目・・・

170330_0540sao.jpg

ところが、すさまじいほどの二枚潮のようで、上潮だけがものすごい速いようで底は動いていないらしく、着底しても船がどんどん流れて、底が取れない状況に・・・

投入直後は100mくらいで着底ですが、底を取り直すとどんどん糸が出て130mとか出ます。

船長も操船を工夫してなんとか底は取れるようになりましたが、どうしても少しずつ流れてしまって仕掛けがまっすぐにならずで釣りになりません。底はどうにか取れますが・・・

水温も19℃もあり、黒潮の分岐流が流れこんでいるようです。これは、超ヤバイ感じで船長も「ヤバイよー」と言って困っていました。

しばらくしてポイント移動。少し北上すると、水温が17℃で潮もそれほど動いていないので別ポイントへ・・・

船長曰く「3級ポイント」らしいですが、水深87mくらいで投入。着底してほぼ水深通りで仕掛けもまっすぐになり、やりやすいです。

指示ダナ通り底から7mにしてやりますと、しばらくしてココンと竿が入り、マダイがヒット。

1匹目なので慎重に巻き上げますが、遅すぎてかなり時間がかかりました。釣れたのは45センチくらいでしょうか、綺麗なマダイでした。

170330_0630madai1.jpg

その直後にゴリオさんにもヒット。そちらもマダイがあがりました。お互いにボウズを脱出して一安心です。

次の流し、今度はゴリオさんが先にヒット。タナは少し低めで来たとのことなので、私も2mほど下げて底から5mにしたら、誘いにもなったのか、すぐにヒット。ダブルヒットです。

無事に2匹目が上がりました。画像わかりにくいですが、尾ビレの先が丸くなってますので、脱走兵です。脱走兵マダイは意外に美味しいですし、釣れたので良かったです。

170330_0646madai2.jpg

これは、3級ポイントでも行ける?と思いきや、次の流し、アタリは出ましたがフッキングせず。船中もノーヒット。その次の流しはノーヒットで、このポイントは早々と終了・・・

潮はゆるくてやりやすいですが、アタリがありません。天気も曇り風も弱くて釣りには絶好のベタ凪ですが。

170330_0715scene.jpg

一か八か、一級ポイントへ行ってみますが、あいかわらず上潮だけブッ飛びのようでダメです。

と言うことで、再び3級ポイント!?へ行ってやることに。もどって最初の二流しくらいはアタリが出ませんが、潮がほとんど動いていないと言うことで、仕掛けがまっすぐになっているかと思って少しだけタナを高めにして底から8mでやりますと、ココンとアタリがあり、ひさびさにマダイがヒット。

ゴリオさんに動画を撮影してもらいましたので・・・このタイミングでの撮影かどうかはわかりませんが。



まずまずサイズが釣れました。神経締めしたら真っ白になりましたが、釣れた時は綺麗なメスでした。

170330_0900madai3.jpg

次の流し、同じようにやりますと、またまたすぐにヒット!4枚目が釣れました。

170330_0915madai4.jpg

その次の流し、またまたヒット。私だけ入れ食いで5匹目です。

170330_0930madai5.jpg

さらにその次の流しもまたヒット、6枚目です。時刻は9時40分でした。これまた、神経締めしたら真っ白に・・・

170330_0940madai6.jpg

この時のマダイの動画かわかりませんがまた動画です。



船長の頭を竿でシバいてしまいました。失礼しました。

どこの船も船中で1~2枚とかいう状況らしいので、こんなに釣れたらラッキーです。この調子で上向くかと思いましたが、これにて終了・・・?アタリは止まってしまいました。

その後、船中で誰にもアタリが無い状態が続いて、10時半になり最後の流しです。仕掛けを投入して、着底したら指示ダナまで巻き上げますと、すぐに竿先が引っ張り込まれてアタリ!

最後の最後にまたヒットで、上がってきたのは何と、石鯛でした。ラッキーなおみやげです。

170330_1040ishidai.jpg

(結果)マダイ45〜55cmを6枚、石鯛40cmを1枚

170330chouka.jpg

1枚はおそそわけした後なのでマダイが5匹しか写ってませんが。一級ポイントのほうがもっと型が大きいらしいです。このサイズでは小さいと船長が言ってました。このサイズでもよく引きましたが。

すべて胃袋は空っぽでした。

マダイ祭りに参加予定が、一点してお休みの日に当たってしまいましたが、船中マダイ9枚で私だけ6枚と結構釣れたので、釣果としては十分ですし、嬉しいのは嬉しかったです。

次回はなんとかマダイ祭りの当日に当たって大型マダイの賑やかなラッシュを楽しめたらと思います。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)