カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年09月
ARCHIVE ≫ 2015年09月
      
≪ 前月 |  2015年09月  | 翌月 ≫

ようやくリベンジ

2015年9月26日(土)落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜)
日出5:50 正中11:51 日没17:52

天候:曇り時々晴れ  風向:北  潮:上り→下り→上り  水温:24度  波高:0.5
潮(大潮)@三尾

150926_shio.jpg

さて、今シーズン6回目の落とし込みですが、これまで撃沈もしくはイマイチの釣行ばかりで完全にネガティブモード最悪です。

暗い気持ちで出発だったので行きの車中ではネガティブなことばかり言って、ご一緒した一匹狼さんに不快な思いをさせてしまったかもしれませんが、ご容赦下さい。

前日はあまり釣れてませんでしたが、この日は凪だし潮も良さそうなのできっと活性は良いだろうと予想してましたから、わりと希望は持ってましたが、・・・最近は運も悪いので、そのせいでまた撃沈かもと言うのも頭をよぎって暗い気持ちもありました。

有田で高速を降りて下道でのんびり美浜港へ。手前のコンビニに寄ってトイレから出てきたら、意外な方から電話です。

何と、テンパパさんでした。

びっくり仰天、テンパパさんも今日は同じ船です。港では私ら以外のお客さんはすでに皆がそろっていて、釣り座の決定が予約順ですから、予約1番と2番の私らが到着しないと乗船できないようで、釣り座をどうするか催促の電話でした(笑)。

今日はトモに入るつもりでしたが、右舷か左舷かで迷っており決めかねていましたが、電話で聞かれたのでとっさに右舷と答えてしまい、無意識で決めてしまいました。一匹狼さんも後ろが良いということで、自動的に左舷のトモへ。

確か港には5時集合で、私らの到着も5時前だったと思いますが、みなさん来るのが早いからか、集合時間が早まっていたのかもしれません。確認してませんでした。

到着すると皆さんすでに乗船済みで、テンパパさんは左舷のミヨシに入られてました。

150926turiza.jpg

今回は関電方面へは行かず、紀伊水道方面のポイントが中心のようで、朝一は水深48mくらいのトフで、ベイトはイワシと小アジのミックス。オモリは50号でした。

6時前にポイント到着、釣り開始です。水深48m、ベイトの反応はぼちぼちあり。

150926_0551tankenmaru.jpg

しかし、潮がほとんど動いておらず、低活性です。ベイトは良くかかり、確認できたのは10−12センチくらいのウルメイワシか、10センチ強の青アジの小アジでした。

しばらくすると右舷ミヨシのテンパパさんにヒット。タルミとか言う魚だそうで(標準和名はヨコスジフエダイ)、見た目は地味ですが、美味しい魚らしいです。

その後、ぼちぼち潮が動いてきたのか?一匹狼さんに何かヒット!ハマチでした。

7時前、ぼちぼち時合いかなと思っていると、船が不思議な動きを・・・

前進と後退を切り替える何かが故障したようで、船が前に進まなくなってしまいました。

さすがにバックしかできないのでは釣りが不可能で、港へ帰港することも不可能です。このまま漂流船?かと思ったら、アンカー降ろして修理待ちとなりました。修理に来てくれるそうです。

これから潮が動き出したら時合いでしょうからショックが・・・船長がいちばんやきもきされていたと思いますが。

修理の人たちは関電あたりからボートでやって来るらしいので、それなりに時間がかかりそうですから寝ておこうかと思いましたが、まったく眠くありません(笑)。

幸いなことにテンパパさんがこちらに来て、いろいろと雑談などをして気を紛らしてくれました。テンパパさんは陽気で人当たりの良い方ですので、こういう方がおられると場が明るくなって良いですね。

1時間以上待っていると、ようやく助け船がやってきました。思わず歓声があがりました(笑)。

150926_0822tasukebune.jpg

しかし、オイルは積んでるかとか無いとか不穏な空気が・・・

もしかして治らないのかも!?

だとしたら、このところまったくツイていない自分が疫病神なのではないか・・・などと暗い雰囲気になりそうなところでしたが、テンパパさんの冗談などのおかげでそうならずにすみましたし、いつのまにか修理も完了。

8時40分にふたたび釣り開始です。ポイントは同じくトフ。

150926_0837departure.jpg

150926_0840tankenmaru.jpg

ここで完全に時合いの到来で、ベイトもよくかかりますし、前アタリもビンビン来ます。ベイトはイワシと小アジのミックス。

ハマチ入れ食いでダブルも1回あり、ところが、海面には大きなシイラがうろうろしており、船長もマイクで注意するように言ってくれていましたが、上の針にハマチがかかっていて、その下の針にベイトがかかっていて、抜き上げようとしたら下の針のベイトにシイラが食いついたのが見えました。

そして思いっきり走りましたが、走らせてはオマツリするので思いっきり引っ張ったら、ハマチのすぐ上から切れてサヨナラ〜。

ハリス10号だったので少々無理しても行けるかと思ってましたが、さすがにシイラも大きかったし(メーター級)、無理したら切れるようです。しかし、ハマチも一緒にさようなら〜

まあ、ハマチだし良いかと思いましたが、仕掛けは切れるし手はヒリヒリするしで腹が立ちました。

一匹狼さんはメーター級のシイラを抜き上げてました。はずれるかと思って抜き上げたそうですが、思いっきり飲み込んでいて、抜き上げたら血まみれになってました。

たぶん、このポイントだったと思いますが、ハマチと違って竿先が突き刺さるアタリが!カンパチも可能性あるそうなので期待です。

やりとり開始すると、かなりの引きで、これはカンパチでしょう、念願かなって釣れたかなーと思い、慎重にやりとり。

ところが上がってきたのはメジロでした。もちろんメジロでもうれしいのですが、メジロにしては良く引きました。それほど大きなメジロでもなかったですが。

141108_0701mejiro.jpg
(別の時に釣ったメジロの写真ですが・・・)

こんな感じで1時間ほどここでやって土産を確保してから、本命カンパチポイントへ全速前進!

最近あまり爆走したのを覚えてませんが、ひさびさに爆走して水深60mの沈船ポイントへ。

150926_0956tankenmaru.jpg

入れ食いタイムは終わっていたようですが、潮はほどよく流れており、しかもひさびさに後ろ向きに流れてますから、トモに入っている自分には大チャンス!

しかし、カンパチの活性はあまりよろしくなく、またベイトもなかなかかかりません。

150926_1005tankenmaru.jpg

広い範囲にベイトが写ってますが、あまり濃い反応ではないので、分散しているのでしょうか?

かからないので皆さんベイトを指して入れますが、指して入れたベイトには反応しないようでアタリ無し。

しばらくして、後ろ向きに流れているのに、なぜか右舷ミヨシの方にカンパチがヒット!やはりカンパチはどこに来るかわかりません。

その次は右舷前から2番目の方にカンパチヒット。

後ろから流れているのに自分にはヒットせず、どうなっているのかとまたいじけそうになりますが、みやげは確保できていたので、また精神的余裕はありました。

しかし、その次は右舷前から3番目の方にカンパチヒット(笑)。なぜか、前から順番にヒットです。やはりカンパチはわかりません。運もあるんでしょうか?

私はと言うと、実はベイトがかからず四苦八苦。指して落としたベイトでは食わないのはわかっていたので、頑張ってベイトをかけるほうを選びました。

となりのおじさんはさっきから楽々とベイトを一発でかけています。しかし私はなかなかベイトがかからず、これは仕掛けが悪いのかと思い、流すごとに仕掛けを変えて試しました。しかし、絶対にバラしたくなかったのでハリスは10号です。

ハリスの号数を落としたくなかったので、違うタイプの針を次々に試しました。金色胴打ち針、ヒラヒラ付き針、軽量シルバーイサギ針、シラスファイバー付き針などなどです。どれが良いかは日によって違うみたいです。

そして、3回ほど変えたらようやくベイトのかかる仕掛にめぐりあいました。かかる仕掛けだと簡単にかかります。

そして竿受けに竿を置いてすぐ、ビンビンと前アタリが来て竿が根元から深く突き刺さりました−。

やりとり開始。今度こそカンパチでしょう。先ほどのメジロよりさらによく引きます。ハリス10号なので、ドラグもそんなにゆるくしていないので、それほど糸も出されませんでした。

そして船長のタモにおさまった金色の魚体は63センチの立派なカンパチでした。

いやー、長かった・・・

時刻は11時22分でした。

150905kanpachi.jpg
(写真撮り忘れたのでこれまた別の写真ですが・・・)

これで一安心。そして、ベイトがかかる仕掛けだったのでまだチャンスはあるかと思いましたが、その後にカンパチを追加することはできませんでした。

11時40分頃、少し移動して別の沈船ポイントでしょうか?同じく水深60mほどのポイント。

150926_1144tankenmaru.jpg

ここでも、ベイトのかかりはあまり良くないですが、ぼちぼちベイトをかけますが、追加はできず。

潮があまり動いておらず、またベイト貯金を残してもしょうがないので、ベイトの反応の薄い時に下の針にベイトを指して投入してますと、竿先が刺さりました!

しかし、全然引かずに重たいだけ。

潮が動いてないからハタだろうと船長が言ってまして、実際に上がってきたのはその通り、オオモンハタでした。前に釣ったのよりサイズも良くてうれしいみやげでした。

150926hata.jpg

まだ小アジはじゅうぶんあります。

150926_1007aji.jpg

2匹目のドジョウならぬ2匹目のハタを狙ってしばらく同じことをしてましたが、残念ながらそうは行かず追加は無し。

150926_1243chinsen.jpg

午後2時を過ぎて、普通ならロスした時間を含めてももう終わっても良いくらいの時間ですが、船長まだまだ頑張ってくれまして、もうしばらくやってくれるようです。

そして3時になり、最後にまたトフでやってから帰るとのことで、最後のポイント。

150926_1500tofu.jpg

ここへ行きますとベイトの活性も青物の活性もどちらも結構良くて、船中でハマチやサワラなどが上がり出しました。

150926_1500tankenmaru.jpg

カンパチもいるそうですがカンパチは出ず、シオはぽつぽつ上がってました。

船は前向きに流れるように変わっていたので、私の釣り座はイマイチですが、ベイトが簡単にかかる上に、前アタリはビンビン来ます。

そして、食い上げ?なかなか刺さらないですが、竿先が上がったままになったので巻き上げると急に引きだして、何か良さげなのがヒットしたようですが、途中ではずれた?かと思うと急にまた引くと言う変な感じで、この引き方、わかる方はおわかりかと思いますが、サワラです。

抜き上げようとしたら横走りしてオマツリ?、すぐハリス切れで逃げられました。

上げると4本針のうち2本が切れてました・・・

1匹ずつ来てくれたら良いのに、まとめて来て両方バラシです。

テンパパさんはお見事にサワラ3本上げられてました。さすがです。

最後のポイントでは私はハマチ1匹を追加しただけでしたが、ベイトのかかりも良く、前アタリビンビンのスリリングな感じは堪能できました。

そして4時になり終了〜。

船のトラブルありましたが、船長がここまでしてくれたら誰も文句は無いでしょう。

(結果)良型カンパチ63センチ1匹、メジロ1匹、オオモンハタ1匹、ハマチ5匹

150926chouka.jpg

カンパチが釣れたのが最高にうれしかったですが、私はやっぱりアタリが多い釣りが好きなので、今回のようにそこそこ数が釣れたのもさらにうれしかったです。

前アタリから竿が突っ込む瞬間と言うのを何度も味わえるのは良い気分でした。また、今回釣れた良型カンパチはどれも右舷ばかりでしたので、運も良かったようです。

と言うことで、前回までイマイチなのが続いていたことによる精神的なダメージは完全に回復できました。

ただ、これまでほとハイペースで落とし込み釣行するのはとりあえずやめにして、もうちょっとペースを落として、別の釣りをはさみこんで行こうとは思ってます。

今回の釣行では、運が良いことと悪いことと両方ありましたが、いままでは運が悪いことばかりだったので、だんだん良い方向へ向いていると思いますから、今後はきっと良い釣りが続くでしょう!?

テンパパさんも一匹狼さんもお疲れ様でした。またよろしくお願いします。
釣り | Comments(15) | Trackbacks(-)

ちょくり丸坊主

完全ボウズだったために書かずにいた一つ前の釣行記から書きます。



2015年9月21日(月・祝)落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜)

天候:晴れ  風向:北  潮:下り~上り潮  水温:24度  波高:1.0m
関電沖はオモリ50号、カンパチのポイントはオモリ60号
潮(小潮)@三尾

150921_shio.jpg

さて、この日は万年さんの和歌山遠征で私もご一緒させていただくことに。

釣り座はどこへ入るか毎回悩みます。今回の私の予想では、前半は後ろへ、後半は前向きに流れると読み、おそらく後ろへ流れる時間のほうが長いだろうと予想したので最初から後ろに入るつもりでした。

で、左右のどちらかは最後まで迷ってましたが、左舷トモが埋まっていたので、右舷トモへ(当初の予定では前日釣行のはずが、予約を一日ずらししていただいたので、予約が一番ではなかったので)。

150921turiza.jpg

万年さんは例によって端はいやとのことで、トモから2番目へ。

朝一は小物でオミヤゲ確保の予定とのことで、ハマチやシオが前日まで釣れていた関電沖へ。

150921_0540kandenoki.jpg

ベイトの反応も悪く、群を探し回っているのか、なかなか仕掛けを投入できません。

150921_0547tankenmaru.jpg

後ろ向き→前向きと流れる予想は当たりましたが、後ろ向きに流れる時間はごく短く、しかも朝一の関電沖はほとんど潮が動かずベイトも固まっておらずで、早々に見切りを付けて大物狙いへ紀伊水道方面へ転進。

7時くらい、最初は日ノ岬のすぐ前あたりの水深40mくらいのポイント。

150921_0700hinomisaki41m.jpg

150921_0700tankenmaru.jpg

どうだったか、あまり記憶がありません。たぶん何も釣れずに、すぐに移動。

7時半頃だったか、沈船ポイントへ。このところのカンパチのポイントのようです。

150921_0727tankenmaru.jpg

船は前向きに流れてましたので厳しい予感。

ここへ来てだったか、船中でぽつぽつとカンパチが上がりだしたかと思います。しかし、なぜか、左右の前から2番目のレンタル竿の方々によくヒット。

10時過ぎ、もう一ヶ所の沈船ポイントで、水深は同じ。

150921_1005tankenmaru.jpg

ここまで、左舷ミヨシの方はカンパチ1本、右舷ミヨシの方はカンパチ無しで、左右の前から2番目のお二人(レンタル道具)がそれぞれカンパチ2本ずつです。ベイトがかかっても竿は手持ちでした。あと、左舷トモの方もカンパチ1本を釣ってました。

単純に船の流れる方向の釣り座が有利なのは間違い無いですが、何回か乗ってみて、カンパチは不思議と、少しずれることが多いように思いました。毎回、胴に入った方が意外に釣ってます。

その後、水深75mの深場のポイントとか・・・

150921_1037tankenmaru.jpg

それ以外にも目新しいポイント?も行ったように思いますが、お昼くらいから私の中であきらめモードになり、写真を撮る気力もなくなってしまい、どうだったか思い出せません。

ただ、ベイトは割とよくかかったのは覚えています。ベイトはかかるが、本命の活性がイマイチなのと、前向きに流れて不利だったのなどがあり、残念な結果に。

しかし、船長も頑張って2時過ぎまでやってくれましたが、最後は力尽きたそうです(笑)。そこまでやっていただき、ありがとうございます。

私は、最後まで本命のアタリ無し。エソが1匹釣れただけでした。

ベイトは、イワシはかなり少なく、10センチくらいのアオアジの小アジか、20センチ以上あるアオアジでした。

大きなアオアジは良いベイトになりますが、今回は不発で、小アジのほうが前アタリまであったので、大きなアジに食いつくほどの活性は無かったのかもしれません。

また、カンパチの時合いも短い日だったようです。

(結果)丸坊主

私も万年さんも残念な結果に。万年さん、お疲れ様でした。

お客さん9人で、良型カンパチ7本。前向きに船が流れることがほとんど。釣れたカンパチは、左舷ミヨシの方1本,左右の前から2番目の方2本ずつ、左舷胴の方1本、左舷トモの方1本でした。

なので、カンパチの場合は必ずしも潮の流れる側の釣り座ではなくてもチャンスありそうですが、そういうチャンスに巡り会う運も無く、また、後ろ向きに流れる時間が長いと読んだのも完全にはずれ・・・

運も実力もどちらも無いと、こういう結果になるようです。

しばらくは何もする気力がわかず、この釣行記は次の釣行でリベンジできるまで書けませんでした。

私は人間的にかなり未熟なので、ボウズの釣行記をユーモラスに書くだけの精神的余裕もありませんので・・・

リベンジできてようやくボウズ釣行記を普通に書くことができました。記録として残しておくのは自分にとっていずれ有用かと思ってです。ついでに、この1回前の釣行記(9月12日のぶん)も画像を入れて思い出せる限りは思い出して書き直しました。

これから、リベンジ達成の釣行記(9月26日ぶん)を書きます。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

最近のできごと2

9月20日(日・連休初日)自宅にて仕事

一日中、家にいて、スタートレックのDVDを見るつもりが・・・仕事、しかも自分の仕事ではありません。何と、YUKAの仕事を手伝わされて1日が潰れてしまいました・・・。点字の名刺を作るとか言う作業で(そのデータの作成)、タダ働きです。

昼飯は、買い物ついでに駒川商店街まで行き、ラーメンを食いました。

行ったのは、先日にウォーキングで駒川商店街まで行った際に見かけたことで思い出した店。

だしが命の塩らーめん ぎょぎょぎょ」針中野店

150920gyogyogyo.jpg

YUKAは塩らーめん。
150920shio.jpg

私はだしらーめんを注文。
150920dashi.jpg

これはウマイ!11時の開店直後に行ったからかがら空きでしたが、美味しいのでつぶれないで欲しいです。支店みたいだからよそにもあるみたいですが。

塩らーめんでこんだけウマイと思ったのは、はじめてかも。

細かいことを言えば、ヤングコーンはいらんなあとか、マグロのほほ肉が微妙とかありますが、汁がうまい!麺もまあまあ(加水率の高いのびにくい麺)で、たしかにここまでダシが効いてるラーメンは食べたこと無いです(まあラーメンマニアでもないですし)。

表面に結構な脂が浮いていたので(層ができていた)、見た目ほどはカロリーは低くないかもしれませんが、後味も良かったので、今後はちょくちょく行きたいと思います。




この日の晩だったか、東野が司会のテレビを見てびっくり。

関東では通じない関西の言葉を言うのをやっていて驚きました。

最初の例が、駐車場を「モータープール」と呼ぶことで、これは英語でも通じません和製英語ですが関東では通じないらしいので、関西英語!?。私は30年近く関西に住んでいるのでわかりますが。

あとは、鶏肉のことを「かしわ」と言うのも関西以外では通じないでしょう。普通、かしわと言ったらかしわもちのことかと思います。

あと、「お通し」のことを「突き出し」も通じず、東京の人には「相撲の技?」とか、「大阪らしく乱暴な表現」などとさんざん言われてました。

あと、コーヒーに入れるミルクを「コーヒーフレッシュ」または単に「フレッシュ」と言っても間違い無く通じないでしょう。

ワイシャツのことを「カッターシャツ」と言うのも、こちらに来てはじめて知りました。これも関東ではまったく通じない。

極めつけは「スコップ」と「ショベル(シャベル)」です。これは何と、関東と関西では真逆でした。

関西では小さいほうをスコップ、大きいほうをシャベルと言うとか!?長年関西に住んでましたが初めて聞いて、YUKAにも確認してびっくり仰天!

関東では大きなほうをスコップ、小さいほうをシャベルで、北海道でも同じです。雪かきに使っていたやつを「スコップ」と言ってました。

基本的にこの番組で紹介されていた、関東では通じない関西の言葉は、すべて北海道でも通じません。北海道はすべて関東と同じでした。

150924scop.jpg

ちなみに、スコップもシャベルも本来は同じ意味の言葉で、オランダ語と英語の違いだそうです。

で、もっと驚いたのが、JISC 日本工業標準調査会による見解では、足で押すものがシャベル、押せないものがスコップと言うことで、つまり、大きなほうがシャベル、小さいほうがスコップになるので、関西が正しくて、関東が間違っていると言うことになります。

もう一つ、この番組では関東の表現を決して標準語と言わなかったのが印象的でした。関西人の意地でしょうか。

私は大阪の人にありがちな、東京への対抗心は無意味と思います。違うものですから。

あと、長年住んでいて、関西・大阪の人が素晴らしいと思ったことが一つあります。ダジャレやオヤジギャクをあまり言わない点です。

ダジャレと言うのはデーブ・スペクターでも言える、つまり外国人でも言える程度の、語学への理解レベルが低い人でも言える、程度の低い言葉遊びです。

いや、逆に、言葉に対する認識が甘いからこそ、違う意味の似た音の言葉が出てくる訳で、言語能力の低さの象徴とすら言えます。

なので、ダジャレに頼らず笑いを取る大阪の人は、言語能力、会話能力などのレベルが高いのだろうと思います。



9月21日(月・連休2日目)落とし込み大撃沈

丸坊主、本命のアタリ1度も無しのパーフェクトボーズ。これだけ見事なボウズはなかなかありません。

船長にもまたまた2時過ぎまで頑張っていただきましたが、かえって申し訳無い気持ちになってきます。

落とし込み、去年が良く釣れただけに、今年は連続して予約を入れましたが、ここまで厳しいとさすがに苦手意識が・・・。来週末にまた行って、たぶんまた釣れない気がしますので、その後はしばらく休む予定です。

今回の釣行記も無しですみません。今後は釣れなかったら釣行記は書かないことにしました。思い出すだけでも辛いので、早く忘れたいです。



9月22日(火・連休3日目)高野山へ墓参り

YUKAの実家の墓が高野山にあるので皆で墓参りに行ってきました。

家を6時半に出て、高野山の駐車場には8時過ぎに到着。この時間で駐車場はすでにかなりいっぱいに。

150922kouyasan.jpg

奥の院にお参りした後、YUKAの父上、叔父、祖父の墓参りなどをして下山。

10時半には高野山を後にしましたが、上りの反対車線は大渋滞で大変なことになっていました。あれだけの車の量は、高野山の中に入りきらないと思います。開山1200年と連休とが重なったせいでしょう。幸い、早めに出たので渋滞にはあいませんでした。

帰りの途中、橋本市にあるヤマトの柿の葉寿司の店にて昼食を食べました。

150923yamato_hyoutan.jpg



9月23日(水・連休4日目)家でのんびり

連休の最終日は家でゆっくりしていました。本当は釣り道具の整理などしたいのですが、何もする気がせず・・・。釣り道具をさわるのも、釣果更新のページを見るのも憂鬱で、このままでは釣りが嫌いになりそうな予感・・・。

なので、気分転換のため、スタートレックのDVDを見たりなど。特典映像が良かったですねー。まだちょっとしか見てないですが。

と言う感じで、あまり充実した連休ではありませんでした・・・。



ろくなことがないここ最近の中では、一つだけ良いことがあったのは、ようやく体重が減り始めたことくらいでしょうか。

ウォーキングをはじめて10日ほど(釣りの日だけ1日サボりましたが)、毎日1時間近く歩いてますが、これが効いてきたのか、ここへ来て、ようやく体重が減り始めた感じです。

なんとなくダイエットをはじめて一ヶ月半、ちょっとまじめにやりはじめて3週間ほど、気合いを入れはじめて約10日。

・・・たぶん少なくとも1.5キロは痩せたと思います。日ごとの変動幅が結構大きいので、正確にはわかりませんが。体脂肪率も減少傾向です。

この調子で年内であと5キロ、頑張りたいと思います。
迷い・不可解 | Comments(5) | Trackbacks(-)

最近のできごと1

9月15日(火)昼食を外食

今月からしばらくは毎週火曜日の午前中に神戸へ行くことに。昼飯はその帰りにショッピングモールのフードコートで外食です。

肉野菜炒め定食

150915lunch.jpg

その後はデザートを・・・

150915desert.jpg

ポイントカードが満タンになりました。

150915pointcard.jpg

去年は満タンにならなかったのですが、今回で満タンに。なので、次回は好みの何か一つをタダで食べられます。しかし、ポイントカードの種類がかわって、有効期限が付くようになってしまいました。

なので、今後も毎週ここでデザートを食べたとしても、2月までには満タンにはならないなあと残念に思っていたら・・・

毎週火曜日は何と、スタンプ2個押しの日だとか!

150915stanpcardlucky.jpg

これはラッキーです。ここで食べるのは毎週火曜日なので、6回来れば12個満タンです。

最近良いことが無いですが、これが最大のラッキーかも!?



9月16日(水)スタートレックのDVDが到着

150916startrek.jpg

これ全部で1万円以下です。驚きの安さ。連休中に旧シリーズの特典映像の一部を見て楽しみました。



9月18日(金)夕食を外食

カウボーイ家族とか言う店で外食。肉が食いたくなったのと、割引券が9月25日までだったのでそろそろ使うために。

150918cowboykazoku.jpg

サラダバーがありますが、あまり美味しくないです。肉も霜降りではありません。でもそれが良いです。

高級和牛の霜降りより、こういう安い肉(脂が少ない)のほうが好みです。ただ、あんまり安すぎるとスジっぽいところが多いので、ほどほどが良いですが・・・いずれにせよ、霜降り肉は苦手です。安い肉で済むからラッキーですね。



9月19日(土)昼食を外食

私は午前中だけ仕事、YUKAは午後から京都なので、昼に梅田で待ち合わせ、大阪駅前第四ビルの地下にあるイタリアンレストラン(?)「sansiro」にて昼食。三四郎ではなくサンシーロと読むのかな!?

150919sansiro.jpg

150919sansiro1.jpg

150919sansiro2.jpg

また肉を食いました。筋肉を付けるため・・・。最近、炭水化物はかなり減らしてます(抜いてはいません)。

おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

銀色週間

誰が言ったかシルバーウィーク。この連休のことをシルバーウィークとか言うみたいですな。シルバーとか言うから、老人週間かと思いましたが・・・

ゴールデンウィークほどじゃないから、シルバーと言うことかな!?

それはさておき、今回の連休で釣行を予定しているのは、いまのところ落とし込みで1日だけです。

でも、なんかまた釣れる自信があまり無いし(笑)、また撃沈もしくは微妙な釣果だった時の保険として、また、久々にちょっと違う種類の釣りもしてみたい気もしますので、何が釣れているか調べて見ましたが、イマイチ良さそうなのがありませんね。

敦賀のマイカも釣れだしたと思ったら日ムラが大きいみたいだし・・・

三重県のタチウオがものすごい数釣れているのでちょっと考えましたが、写真を見たらレギュラーサイズが超小さい・・・ベルトどころか、サンマサイズ!?指4本も混じるみたいですが。

ちなみに、小さいタチウオのことをベルトサイズと言いますが、私のウエストではメーター級のタチウオでないとベルトになりませんが(笑)。まあ、太さがベルト並と言う意味でしょうが。

なので、のんびりハゼ釣りでもと思ったが、これも潮がイマイチかな・・・たくさん釣れても感激が小さい割りに、釣れなかった時のショックはでかいですので、やっぱりやめておこうか・・・

となると、釣りは落とし込みだけにして、これも運にまかせてダメならまた来週にリベンジか。

去年は6回行きまして、うち、2回爆釣、2回まずまず、1回微妙、1回撃沈でした。

今年はこれまで4回行って、2回撃沈、2回微妙です。

確率から言うと、そろそろ「まずまず」の釣りができるはずなのですが・・・果たしてどうなるか。

またダメだったら、家でのんびり読書したりDVDでも見ることにしようかと思ってます。

またAMAZONで買ってしまいました。2,3日前に届いたので連休中に見ようかな。



どうでも良いが、私が買った後にまた値下がりしているし(怒)。

あとは値段はかわってませんで、3000円でした。





スタートレック(宇宙大作戦)のテレビシリーズ全話3シーズンぶんが、なんと9000円で買えてしまいました。恐ろしい時代ですね。それだけでなく、特典映像・・・こちらが目当てです。

20年前にこの値段で買えたら間違い無く買っていたでしょうが、当時は高くて買えませんでした。そして、昔に手に入れていたほうが今より喜びは大きかったでしょうね。

数年前にCSで放送していたのを全部録画しましたが、二カ国語放送ではないので・・・。英語で見ると違った発見があり面白いので、英語で見る予定。内容がわかっているので、発音がちゃんと聞き取れなくても内容はわかりますので。

TNGのシリーズも安くなっているので、そっちも買おうかな!?しかし、7シーズンまであるから全部買うとそれなりの値段になってしまうし・・・

あと、これも買いました。



安くなりましたねー。ブルーレイディスクが1500円とは。映画館で見るより安いです。もちろん劇場で見るほうが迫力ありますが、こちらには特典映像が入ってますので・・・。

これは、旧作のファンを喜ばすストーリーになっていて、さすがの私も感激でしたね。旧作映画の第2作目の内容を一部なぞっているのですが、また上手にやりましたね。ただ、カンバーバッチがカーン役と言うのはやっぱりイメージ違いすぎて違和感大きいですが・・・

そして何と!夏目漱石のすべての作品が入った電子書籍が、たったの200円!



こりゃあー、出版社が潰れるわい(笑)。

夏目漱石、いいですね。高校時代に文豪の作品はちょっとずつ読みましたが、未だにたまに読みたくなるのは夏目漱石と三島由紀夫です。

そして、この年になると夏目漱石ですね。頭が冷静になります。電子書籍ですので持ち運びが楽ですから、通勤電車で読みたいと思います。

それにしても、著作権が切れてるからと言っても200円は安いですね。夏目漱石に限らず文豪の作品はkindleで無料のもありますし。これは日本の出版業界からしたら脅威でしょうね。

以下、話がそれたので、ここで中断。
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

ダイエットなかなかすすまず

ダイエットを割と本格的にはじめましたが、あまり順調ではありません。

筋トレをはじめてもうすぐ一ヶ月半(サボる日が結構多い)、食事制限をはじめてからそろそろ一ヶ月ですが、7月下旬から急激に太ったぶん(1.5キロくらい?)くらいはたぶん減りましたが、そこからなかなか進まず停滞中です。

なので、30ー40分ほどのウオーキングもはじめました。これはまだ2日目ですが・・・。

しかし、何と、運動靴(ナイキのAIR)がいきなり損傷、靴底がぱっくりはずれました。意外にたいしたことないですね。まあ、何年ぶりかで出して来て急に負荷をかけたからかな!?

朝と晩の二回体重を量ってますが、日ごとの変動が最大で1.5キロくらいあります。たぶん水分の量と大便の重さの関係かと思います。オシッコや汗などでたくさん水分が出て、大便も出た後に量った時と、そうでない時の差かもしれません。

でも、それにしても、あまり体重は減ってませんし、ズボンのウエストも一時よりマシになった程度で、まだ2ヶ月前のレベルにまでも戻っていません。去年と比べると、ベルトの穴一つ太ったままです。

腕立て伏せもなかなか楽にできるようになりません。

しかし、一昨日からはじめたウオーキングがなかなか楽しいです。今の家に引っ越してから二年以上になりますが、近所を歩いたことがあまり無かったので新鮮です。とりあえず家より南のほうを歩いてます。

歩き始めたので、ダイエットの目標をちょっとだけ上げて、年内に80キロ以下(BMIが25以下の正常範囲)にしたいと思いますので、10月から毎月2キロずつ減らして行く予定で、目標達成まであと6キロです。

難しい・・・

2015年9月12日(土)落とし込み(仲政丸@和歌山・美浜)

天候:晴れ  風向:南東  潮:上り~下り潮  水温:25度  波高:ベタ凪
潮(大潮)@三尾
150912_shio.jpg

日ノ岬近くの水深浅いポイントはオモリ40号
トフ水深50m弱はオモリ50号
沈船ポイント水深60mはオモリ60号



かなり早くから予約していたので予約一番で、どこに入るか悩みました。風の予報があまりはっきりしなかったので・・・

潮は上り→下りのパターンかと思いましたので、前後はどちらでも良いと予想、下りになったら左舷から流れるかと予想して、左舷トモに入りましたが、予想は半分はずれで、自分が予想した方向には流れませんでした。釣りしたポイントも違いましたので(関電沖かと思っていたが紀伊水道方面)。

お客さん8人でしたので、土曜にしたら空いてるから爆釣かと思いましたが・・・

150912turiza.jpg

あと、入った場所のせいだけでなく、使った竿もダメでしたし(先調子の竿を新調)、途中から苦し紛れに使った市販の仕掛け(枝の多いやつ)もダメでした。

先調子の竿は、ベイトのかかりはわかりやすいですが、本命が食いに来たらベイトだけ取られるような感じでダメでした。竿は途中から前回までと同じのに戻しましたが、遅かったようで、ハマチはあまり釣れず。

後半はベイトがかかりにくくなってきて、必殺の自作仕掛けでやってもかからないので、苦し紛れの針数の多い市販の仕掛けにしましたらベイトはかかりましたが、これだと本命はかかりにくいのでどっちみちダメでした。

朝一のポイントは、日ノ岬の手前、三尾漁港の前あたりのポイントで、水深は浅いです。ベイトはイワシ。

150912_0545tankenmaru.jpg

150912_0602bait.jpg

ここでハマチが釣れるはずで、船中でぼつぼつ釣れますが、私はイマイチ。上にも書いたとおり、竿が固いからか、エサだけ抜かれることが多かったです。

150912_0600tankenmaru.jpg

ベイトの反応はまずまずで、かかりもまずまず。その後、少し日ノ岬側へ移動して、ここで船団ができてました。

150912_0610hinomisaki.jpg

150912_0612sendan.jpg

ここでは、ハマチやシオなどがよくヒットしてましたが、私はイマイチ。

一匹狼さんはまずまず釣られたようですし、左舷ミヨシの名人Sさんも結構釣ってました。私が1匹しか釣れない中、7匹のシオやハマチを釣られたそうです。

後ろへ流れているはずなのに私はあまり釣れず、不思議です。右舷トモに向かって流れていたと思うので、一匹狼さんがよく当たっていた(バラシも多かった様子)のはわかりますが、私の釣り座も決して悪くないはず、逆に、名人Sさんの釣り座は最悪のはずなのに、さっぱりわかりません。

150912_0601sao.jpg

ベイトはよくかかりますが、なかなか竿先が刺さりません。

ボウズがなくなったと言うことで、大物狙いのために、7時40分頃、トフへ。この時はここでもカンパチが釣れていました。

150912_0740tofu.jpg

150912_0743tankenmaru.jpg

反応すごいですが、あまり釣れませんでした。ベイトもかかりにくかったです。

150912_0826tankenmaru.jpg

下り潮が徐々に動き始めたら今度はミヨシ側から流れ出し、かなり厳しい状況に。

9時前、水深60mの沈船ポイントで良型カンパチのポイントです。

150912_0845tankenmaru_chinsen.jpg

毎回見かける、四国の徳島から来ている船です。

150912_0911seiwamaru.jpg

ここか、もう一ヶ所の沈船ポイントでカンパチを狙っています。

船中で確かぽつぽつとカンパチが上がったと思いますが、私には当たりすら無しでした。ベイトもかかりにくかったです。

後半は前向きに流れているにもかかわらず、一匹狼さんにはカンパチ2回ヒット、1回は針折れでバラシ、1回はゲットされてました。うらやましい・・・

カンパチのポイントでは船も多く、なかなか難しかったです。ベイトがかかりにくいからと、針数の多い枝間隔の狭い仕掛けを使いますと、ベイトはかかりましたが、この仕掛けでは本命はかかりにくいようで、それも失敗の要因かと思います。

150912_1112funes.jpg

この写真は11時すぎに撮ったものですが、このあたりから私の心の中であきらめムードが充満してきて、あとは写真を撮らなくなってしまい、内容も忘れてしまいました。

たしか、沈船以外のあちこちのポイントを何カ所かまわってもらったりとかして、2時過ぎまでやっていただきましたが、最後のほうでまたハマチポイントだったかに行ったものの、私には当たりもなく、終わり方も寂しいものでした。

と言うことで、釣りそのものはほろ苦い感じでしたが、船長や名人Sさんにも気を遣っていただき、色々と教えていただいたことがうれしかったです。なので、釣りそのものは楽しめませんでしたが、乗船して良いことはありましたので、トータルとしては次につながるかなと・・・

(結果)ハマチ4匹

サイズは40センチ前後で、ギリギリハマチサイズ、何ならツバスかもわかりませんが、写真無しです。しかし、イワシを食っているからか、少し太めのやつは脂がのってかなり美味しかったですし、身の質も良かったです。

結局今回は4回ヒットでハマチ4匹でした。サバもなし。一匹狼さんは20回以上アタリあって、ハマチなどは入れがかりだったらしいです(バラシが多かったそうですが)。

カンパチは3本出て3人の方が当たってましたので、私にもチャンスはあったかもしれませんが、考え直してみると、ダメな理由はいくつか思い当たります。

行ったポイントは、関電方面ではなく、紀伊水道方面で、朝一は日ノ岬の南東側の浅場でイワシがベイト、その後はトフやトフよりもっと西の沈船ポイント水深60mが二ヶ所、そこから少し北上したポイントなどで、ベイトはトフがイワシ、他が小アジ(たまにイワシ)。小アジのポイントでカンパチが出ました。しかし小アジのベイトのかかりはかなり悪かったです。

ベイトさえかかれば釣れるかと思いましたが、枝のやたらと多い仕掛けではダメでした。また考え直して、仕掛けも作り直して次回にのぞみたいと思います。

釣りでは、たくさん釣れなくても、自分が思った通りに釣れたら楽しいと思えますが、今回は自分がやったことがまたいくつか間違っていたので、そういう点でも楽しい釣りができなかったので、残念です。悪い時はやることが裏目裏目に出たり、焦って変なことをしてしまうのかもしれません。

次回は、やったことが思った通りに成功して、ある程度の釣果(釣果写真を撮ってもらえるくらい)が得られるように頑張ります。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

人間ドック

昨日は、自分のことをかなりの負けず嫌いと書きましたが、最近はそうムキになることもほとんどありませんのでご安心下さい。もともとあまり人前で感情をむき出しにすることもないですし(ブログには書きますが)。

丸くなったと言えば聞こえは良いですが、これもある種の老化現象なのかもしれません。

老化現象と言えば、先月の下旬頃、人間ドックへ行ってきました・・・

人間ドッグ
ningendog.jpg

ではなく、人間ドック(Dock)です。

140610dock.jpg

人間ドックのドックは、船のドック入りのドックのことで、これは和製表現みたいですね。和英辞典では以下の表現があり、いろいろでした。

health screening
health check
medical examination
medical checkup
thorough physical examination

色々な言い方が出てきたと言うことは、あまり決まった表現はないのかもしれません。と言うのも、やたらと人間ドックへ行ったり健康診断を受けたりと言うのは日本の習慣みたいです。

欧米では、定期健診には病気を防いだり寿命を延ばしたりという効果はないことが科学的に証明されているそうです。なので欧米では、行政も企業もいっさい「定期健診」などしていないとか聞いたことがあります。

逆に日本では企業が従業員の健康診断をするのが法律で義務づけられていたと思います。えらい違いです。

でも健康診断に病気予防や寿命延長の効果がないことが証明されたと言うのは本当でしょうかね?この証明はなかなか難しいと思います。「効果があると言う証拠が無い」、と言うことなのではないでしょうかね。これだとずいぶん違います。

あと健康診断のやり方にもよるでしょうし、そもそも欧米と比べると日本の医療は安くて質が高くてわりと平等ですから、単純に比較はできないと思いますが。

それはともかく、今回はYUKAも無理矢理連れて一緒に行ってきまして、先週くらいに結果が届きました。普通の健康診断よりかなり詳しくいろいろと調べました。

年を取ると何かしらあるもので、気になるところがちらほら出てましたが、深刻なものはなかったので一安心。しかし、私もYUKAも、経過観察と言うのがいくつかありました。

あとは、私は去年の6月にも行きましたので、その時との比較で悪化していたのは、メタボ関係でした。

血圧は正常高値、空腹時血糖値が最近は100を切らなくなってきたので心配です。去年は101,今年は104でした。以前は80代でしたので。

ヘモグロビンA1Cの値は去年が5.4%で、今年が5.5%とジワジワ上昇してます・・・

ヘモグロビンA1Cとは、ヘモグロビンにブドウ糖がくっついたもののことで、血糖値が高いほど増えます。ヘモグロビンA1Cの割合(%)は過去1,2ヶ月くらいの平均血糖値を反映しているので、最近は血糖値の検査に使われるようになりました。

体重は5キロ以上の増加。肝機能もの数値のどれか忘れましたが一つが基準値オーバー。脂質はLDLコレステロールが基準値オーバーです。

ちょっとあせったのが、血液検査でCK(クレアチンキナーゼ)が基準値オーバーでした。これは筋肉に含まれる酵素なので、これが血液中に多いと言うことは、筋肉が破壊されたと言うことです。

心筋梗塞などを起こすと上昇するらしいですが、私の場合は人間ドックの一週間前くらいから筋トレをはじめたので、そのせいだろうと言うことでした。

筋トレは、わざと筋肉を破壊するわけですから(破壊された筋肉が再生するときに太く強くなる)、CKが上がると言うことは、筋トレの効果が確認できたと言うことです。

その後、北海道へ行ったりして筋トレは中断してましたが、9月に入ってからまたはじめて、それにストレッチも加えて(体が異様に固いので)、もうじきウォーキングもはじめる予定です。

筋トレはまだ2週間もやってませんので、体重は全然減ってませんが、腕立ては最初10回しかできなかったのが今は30回、腹筋二種類は20回から40回、背筋は20回から50回、スクワットは50回から150回まで何とかできるようになりました。

しかし、腕立て伏せがいちばんできないですね。ちょっとごまかして30回やってる感じです。

この一週間ほど、食事ではご飯を減らし、間食は一切無しで通してます(シュガーレスのガムのみ)。これだけやって、まだ体重はまったく減っておらず、87キロ前後をウロウロです。

まあ、脂肪が減って筋肉が増えて体重維持なら良いのですが・・・体脂肪率もそれほど変わらず、21〜23%の間をウロウロです(意外に低い値で、安物の体重計なので正確な値かどうかわかりませんが)。

なので、さらにペースアップして行く予定ですが、目標は無理せず、年内になんとか5キロの減量、そして春までにプラス2キロくらいにと思ってます。

それでちょうど80キロです。

私の身長で標準体重は70.5kgですが、80キロ以下になればBMIが25で、正常範囲になりますので、とりあえずの目標が80キロです。

あとはそれをどれだけ早く達成できるか、達成できたらそれを維持するか、もしくはもうちょっと頑張るか、その時点で考えます。

価値ある1匹のはずが

前回の釣りでは、長い長い苦闘の末にようやく竿先が突き刺さりメジロゲットでB'z脱出と言う劇的なドラマがあったわけで、B'zな方もおられた日ですから、普通なら歓喜の釣行記になるはずでしたが・・・

実際、そのパターンでは釣果が1匹でも「価値ある1匹」と言うパターンで書く場合が多いのですが、今回はそう言う感じでは書けませんでした。どこよりも頑張って最後に大チャンス与えてくれた船長からしたら、読まれてさぞ失望されたのでは思い、恐縮しております。

それには色々と理由があり、言い訳しますと・・・

まず、その釣れ方も、おそらくカンパチとのダブル(?)で、カンパチのほうには逃げられた・・・的な釣れ方でしたので、釣果とバラシとが同時でしたから、釣った感激とバラした悔しさが同居して、微妙な気持ちになってしまったと言うのもあります。

あと、時合いだからここで連続して釣って、左舷トモの人の釣果に少しでも追いつき、できたら一気に追い越したい、などと思ったりもして。

さらに当日の心境を思い出して見ますと、前回と前々回の撃沈をひきずっており、そのツケを取り戻すためには今回は爆釣するしか無いと言う追い詰められた心理に完全にはまっていました・・・

「今までの負けを一気に取り戻さなければ!」と言う、まるっきりダメなギャンブラーの典型のような発想ですね。

落としこみはギャンブル的な要素が強いとは言え、ここまで破滅的ギャンブラーのような発想に自分がとりつかれていたことに、正直、恐怖を感じております(笑)。

あとは、前日まで釣り友のみなさんがカンパチなどをよく釣っていたので、良い釣果ばかり見過ぎて、さすがに今度は釣れるだろうと期待が高すぎたこともあります。

と言うことで、深く反省しておりますし、考え方を変えなければヤバイなとも思ってます。

去年は連続してよく釣れたことが多かったので、落としこみはよく釣れる、自分はそれなりに上手なのだ、などと勘違いしていたこともあるのかもしれません。まだまだ初心者です。

すっかり改心して次回の釣行に臨みますので、仲政丸の船長には、どうかよろしくお願いします。船長に疎まれて船に乗れなくなったら困りますので(笑)。こんだけ釣らそうと頑張ってくれる船はなかなかありません。これまでに何度救われたことか!

まあ、釣行記と言うのは所詮はしろうとの駄文ですので、すべてを正確には書ききれませんし、おかしなことを書いてしまう場合もありますので(シオ20センチとか)、プロの方から色々と指摘していただけるのは本当にありがたいです。

釣りは遊び、レジャーですから、楽しまなければ意味はありません。それを自分はわかっているつもりでしたが、猛烈に負けず嫌いな性格や、強欲な結果主義の考え方、ネガティブな性格などのせいでいつのまにか楽しめなくなっていた部分もあったかと思います。反省です。

と言うことで、次の釣行は楽しめるように頑張ります!

カンパチ、いっぱい釣りたいなー (°O゜) \(^^;) バキ!




さて、最近の食事です。

8月27日、伊丹空港のカレースタンドで食べたカレーです。私には量が少なかった。

150827curry.jpg

同じ日の夜、札幌で食べた豚丼です。

150827butadon.jpg

この手の豚丼は、こちらではあまり無いかもしれませんね。牛肉がダメになった時に牛丼屋で一時的に出していたような気もしますが。北海道では割と多いです。

8月30日、関空の食堂街で食べた肉ソバです。北海道で食い過ぎたので軽くソバですませました。

150830soba.jpg

北海道から帰り、生の鮭(塩をしてないと言う意味)を持って帰ってきましたので、ちゃんちゃん焼きにしてみました。

150902chanchanyaki.jpg

まあまあでした。

次は、弟からもらったジンギスカンです。

150904jingisukan.jpg

食べ慣れない人からしたらラム肉はクセがあるみたいですが、私は幼少の頃から食ってましたので、美味しさ意外は何も感じません。残念なのは、フライパンでやると少し水っぽくなってしまう点でしょうか。ジンギスカン鍋を買おうかな・・・

9月7日、来来亭のラーメンです。

150907rairaitei.jpg

YUKAがどうしてもラーメンを食いたいと言うので。私はダイエットをはじめたので微妙でしたが、いつもならチャーハンとかも頼むところを、ラーメン並だけで我慢しました(笑)。

ダイエットもなかなかはかどりませんね。

雨が多いのでウオーキングはやってませんから、ストレッチと筋トレで合計30分ほどしかやってません。

最初の一週間で1キロ減りましたが、その後の一週間はずっと変わらずです。脂肪は減っているが筋肉が増えて体重が変わらないと言うのなら良いのですが、体脂肪率もかわっていないので・・・

食う量を減らして運動をすると、吸収が良くなってしまうのかも!?

もっと激しくやらないとやっぱり痩せないのかも・・・と言うことで、今日から夕食のご飯を食べないことにします(キャベツで腹を膨らして、あとはおかずのみ)。

これを1週間やってみてそれでも変わらないなら、もっと思い切ったことをやろうと思います。
料理 | Comments(6) | Trackbacks(-)

落とし込み・リベンジできず

2015年9月5日(土)仲政丸@和歌山・美浜

日出5:35 正中11:59 日没18:21
天候:晴れ  風向:北  潮:動かず~上り潮  水温:25度  波高:ベタ凪

落とし込み釣り・オモリ50号、60号、ハリス10号
JYU-OH落とし込み215T、シーボーグ300J、PE4号

150905_shio.jpg

当初は予定してませんでしたが、早めにリベンジしておきたいと思って無理矢理出撃・・・返り討ちにあってしまいました。

まあ、ボウズではありませんがまたまた厳しい釣りでした。

集合時間は5時になっており、4時40分くらいに港に着くとすでに車がいっぱいです。お客さん11人と満員(?)でした。これは、いきなりB`zの予感(笑)。発想もネガティブになってます。

高活性な時間が1時間くらいはあってくれることを祈ります。

風予想と潮と釣り場から、今回はミヨシもしくは左舷側が良いかなと予想しましたので空いていたらそちらに入ろうかと思いましたが、予約順ですし予約一番ではなかったので無理でした。

釣り座を決めるのが私の番になり、左舷トモと両ミヨシとその横が埋まってました。なので左舷の船長の横にしようかと思いましたが、間に入ってお客さん多いのでオマツリしたらいやだし、イケスが使えるのが魅力の右舷のトモに入りましたが、自分の予想では一番悪い釣り座ですが・・・自分の予想はあまり当たらないので予想がはずれてくれることを期待して入りました(笑)。

150905turiza.jpg

果たしてあたるかどうか・・・

結果、釣果が釣り座だけですべて決まる訳ではありませんが、前向きに流れたのは当たりましたし前の方々は良く釣ってました(元々上手な方々ですし)、しかし左舷トモの方も色々釣って釣果写真のトップになってましたので、釣り座だけではないようです。では何?わかりませんので辛いです。

それが運だと言うなら、まあそのうち釣れるでしょうが、運任せと言うのではつまらないですし。前日は、船長の横(左舷の胴)に入った初心者の方が一番良く釣っていたそうです。

さて、5時過ぎに出船して関電の沖へ。

150905_0536scene.jpg

水深30数mくらいの浅場です。

150905_0540tankenmaru.jpg

朝一はベイトがまだ固まっていないようで、なかなか仕掛けを投入することができません。

150905_0650chiyomaru.jpg

千代丸です。見間違いかもしれませんが、15人くらい乗っていたように見えましたが(?)

ベイトはウルメイワシまたはカタクチイワシの小さめ10センチくらいと前回と同じです。

150906_0556urume.jpg

しばらくしてからも、ベイトの塊が小さいのか動きが速いのか、群を探し回る時間が結構多く、あまり釣りができません。

そして、ベイトのかかりも私はあまり良くなかったですから、釣りにならずストレスでした。どうも潮の動きが悪いのと二枚潮気味だったようです。

自作仕掛けは自分なりに工夫して考えて行ったのですが、ベイトのかかりがイマイチの時の予想はしてなかったので、針はW胴打ちの12号でしたが、これではかからないことが多かったです。

しょうがないので、市販の仕掛けでファイバーみたいのがついたやつでやりましたら多少マシでした。

でも本命はヒットせず。サバすら釣れませんでした。

150905_0700sao.jpg

11時くらいまでは船中で釣果はほとんどゼロに近い状況だったように思いますが、左舷の前のほうは見えないのでわかりませんが、いずれにせよ、かなり厳しく、Bの予感がひしひしと。

今シーズンはまだ落とし込みで青物を釣ってませんので、まったく釣れるイメージがわきませんからなおさらです。

これが普通になってきましたので、辛くもありませんでしたが(笑)。

その後、昼に近くなるにつれて潮がマシになってきたのか、ぽつぽつと誰かに釣れだしました。

今回のポイントは関電の前あたりか、そこより少し南下したあたりなど3ヶ所か4ヶ所と思いますが、確か昼過ぎから、ベイトを探し回る時間も短くなり、ベイトも良くかかりだしたように思います。

150905_0700tankenmaru.jpg

そして、ポイント移動するたびに、最初の一流しに誰かにヒットすると言う感じでした。

不思議と、二回三回と流すとヒットしなくなりましたので、スレるのでしょうか?移動するとまた誰かが釣れると言う感じでした。

時計を見ると2時過ぎてますが、まだやるようで、最後に朝一のポイントでやって終わろうとのことで、関電沖の浅場、水深30mくらいのところへ。

このちょっと前くらいからベイトのかかりはまあまあ良くなってきていたので、自作仕掛け、ハリスの間隔を1ヒロ近くとった3本針仕様です。

ポイントに到着して合図で投入すると、すぐにベイトが付いたので、そのまま落とし込んで着底後に底を切るため、ゆっくり巻き上げていると、いきなり竿が引っぱり込まれて突き刺さり、猛烈な引き!

ドラグは結構きつめにしてあるのですが、巻き上がりません。逆にジリジリと糸が出て行きます。

35mまで出されて、ドラグをさらにしめようかどうしようか悩んでいると、ブチっと切れた感触が・・・

急に軽くなりましたが、それでもまだ引いてます。

3,4人くらいの人たちの仕掛けとぐちゃぐちゃにもつれて上がってきたのはメジロでした・・・

オモリがなくなっていたので、下のほうのハリスにもう1匹かかっていて、上のほうのハリスにかかっていたメジロが上がってきたのかと思います。

今日はじめての当たりがダブルとは・・・

別々に2回来てくれたら良かったのに。そして、下の仕掛けを切っていったのは良型カンパチでは!?わかりませんが、単にオマツリして負荷がかかって切れただけかもしれませんが。

ダメな時はこんなものですね。まだ釣れただけ良かったですが。

この後、まだしばらく活性があったので続けてくれましたが、私には釣れずで何と3時過ぎまでやって終了となりました。

(結果)メジロ1本、サバ2匹

150905chouka.jpg

釣れないと何かみやげをくれることがありますが、今回は大延長と言うみやげだったようです。ありがたいことです。

10時間で本命の当たりがたった1回という残念な結果ではありましたが、この延長のおかげでメジロ1本釣らせてもらえましたので、船長には本当に感謝しております。

ただ、さすがに厳しい釣りが3回も続いてさらに凹んでますが、また釣れる日もいずれ来るでしょう。日はまた昇ると信じましょう(笑)。

メジロはムシもおらず、さばいた時の身の質感もとても良く、脂もそこそこのっていて美味しかったです。

150905kanpachi.jpg

3日寝かせたカンパチ(ゴリオさんに頂いたもの)は別格の美味さでしたが、メジロはメジロでこれまた美味しかったです。やはりイワシを食っているメジロは美味しいのかも。

150905otsukuri.jpg

上がカンパチ、下がメジロです。

今度は自分でカンパチを釣りたいなー。と言うか、魚のアタリや引きをもっとたくさん味わいたい・・・

釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

落とし込みリベンジに向けて

私が撃沈した後から、落とし込みが好調になってきました。

今週末、あまり時間が取れないので、釣りに行くとしても近場の船でタチウオか、ダメならのんびり短時間のハゼ釣りでもと思ってましたが、やはり落とし込みで釣りたくてどうにも我慢できずに無理矢理出撃することに・・・

前回まで2回連続で撃沈だったので、次は3回ぶんまとめて釣れるとリベンジ達成かな!?と言うのは冗談です。でも、ここらでスカッとした釣りができたら、このとこの憂さも吹き飛ぶのですが・・・

いちおう目標はカンパチ1本含めての合計5本(ただしサバはのぞく)です。こんだけ釣れたら大満足。3本なら満足。カンパチ無しならリベンジ保留なので、まあ、カンパチ1本あれば良いですが・・・

どっちみち今月は何回も行く予定ですから、ダメならまた次に頑張れば良いだけと、あまり深刻に考えないようにしたいと思います。

カンパチは昨日すでにゲットできましたが(ゴリオさんありがとうございます。4日ほど寝かしていただきます)、できたら自分で釣りたいですし、今回は仕掛けもそれ様に色々と作って準備万端。

前々回にイワシの時はどういう仕掛けが良いか船長に言われたことを参考に、私にしてはそれを大胆に強調したのも作ってみました。考えてみれば前回は逆のことをやっていました。

あと、カンパチを逃がしたくないので、今回のハリスは10号をメインでやります。

最近はブログをされている方も増えてきたようで、いつもお世話になっている仲政丸に乗って釣りされた方がブログを更新しているのをよく目にします。

先週などは、毎日どこかしらのブログや釣果欄で仲政丸での釣行記がアップされていたようで、状況がよくわかるので参考になります。ゴリオさんに教えてもらったものが多いですが・・・

8月29日(土) 「海野釣平のブログ」さん(釣行記

8月29日(土) 「BOATMAN」さん(釣行記

8月30日(日) 「新テンパパの釣り日記&日頃の出来事」さん(釣行記

8月30日(日) 「○○○さんのブログ」
あまり広めたくないようなのでリンクは貼らないでおきます(たぶん皆さん知ってると思いますが!?)。

9月1日(火) 釣り具のブンブンのスタッフのレポート(釣行記

あと、釣り具のマルニシの釣果欄にも出ていたと聞きましたが、ちょっとわかりませんでした。

と言うことで、これらを読んで勉強して臨みたいと思います。悪い状況の日に悪い釣り座に当たりませんように・・・

良い状況でどんくさいことして釣れないと言うのも最悪ですが(笑)。この可能性もありますが。

それにしても、釣りのブログをやっている人も結構多いようで、色々と参考になるのでありがたいです。なかなかコメントするのは勇気がいりますが・・・

自分のところにあまりコメントが無いとか昔に愚痴みたいに言ってましたが、いざ自分がコメントしたことのないブログにコメントしようかどうかとなると、かなり勇気がいることがわかり、コメントがあまり無いのもしょうがないと言うことがようやく理解できるようになりました。

一時よくコメントくださっていた方々からコメントいただけなくなったのは、私の不徳のいたすところに違いないとは思いますが・・・

そんなことより、あー、釣れたらいいな〜〜〜
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

男の尊厳!?

私には理解できない理屈と言うのが結構たくさんあります。

最近で言えば、一昨日だったか、ためしてガッテンとか言う番組を何気なく見ていると、「尿ハネ」つまり、洋式トイレで立ちションすると小便の飛沫が飛び散ってトイレが汚れると言う話題でした。

男子が洋式トイレで小便をする時、立ってするか座ってするか、立ってするなら汚さないでする方法は何かと、言う話です。

私は自宅およびお邪魔したお宅等の洋式トイレで小便をする時は座ってします。なぜなら、たってするとしぶきが飛び散って、思っている以上にトイレが汚れるからです。

ただ、公衆トイレやお店のトイレなどで、すでに汚れている場合は、そんな便座にわざわざ座りたくないので、自分も汚すとわかっていても立ったままやります。すでに汚れたトイレですから、私がさらに少々汚しても同じですから。

実際、番組で実験していましたが、やり方によっては、小便の飛沫が数千滴もまわりに飛び散っていました。便器の中のどこをめがけてやれば一番汚さずにすむかと言う検証もやっていて、面白かったです。

150904yjimage.jpg

この中ではトイレットペーパーを置いて中央と言うのが多少マシでしたが、どれも五十歩百歩でした。一番良いのはこれ以外、便器の真上に立って、真下に向かって放尿すると言うものでした。これだとかなり少なかったです。でもゼロではなかった。

ネットで調べたら正確な数字がありました、以下の通り。

1位 便器をまたいで真上から水たまりを狙う・・・77滴
2位 トイレットペーパーを水たまりに浮かべる・・・154滴
3位 手前の斜面を狙う・・・277滴
4位 サイドの壁を狙う・・・293滴
5位 水たまりを狙う・・・372滴
6位 奥の壁を狙う・・・7550滴

私自身、一人暮らしが長かった時に、トイレが汚れるのが耐えきれず、加えて掃除するのが超めんどくさいと感じるタイプでしたので、どうやったらよごさずにできるか色々考え、便器の真上に立って真下に向かって出すのが一番よろしいと言うことに気づいてました。

そして、実際、そのやり方が一番マシと言うことが番組で証明されていたので、自分もなかなかのものだなと感心しましたが、でもこれでも飛沫は飛び散ります。

しかも、朝などは真下に向かって発射することは絶対に不可能な場合もありますし、それどころか、あらぬ方向へ向かうこともあります。

それで結局、座ってすることにしたのです。これを思いついた時には、世の中の男の中で、洋式トイレで座ってやることを思いついたのは自分だけなのではないかと、ちょっと興奮したものですが・・・

いずれにせよ、番組では、家の洋式トイレで男が立ちションすると、トイレが汚れて掃除が大変だと妻が悲鳴を上げていると言う内容でした。だから、どうか座ってやってくださいと妻が夫にお願いしていましたが、夫が頑として受け入れませんでした。

理由は2つだったかな?

1つはめんどくさいから。二つ目は、これが私には理解できないのですが、座ってやると男の尊厳が保たれないからとのことでした。

たしかに、小便するためにわざわざズボンをさげてやるのはめんどくさいです。立ってやるならチャックをあければできますので。

でも私の場合、家ではジャージ姿またはパンツ一丁でウロウロしていますから、ジャージまたはパンツを下げるだけなので、たいして面倒ではありません。

仮にズボンを下げるのが面倒だとしても、必要以上に汚れたトイレを掃除する妻はもっとめんどくさいのではないかと思います。だから、この理屈も成り立ちません。

それから、男の尊厳と言う話ですが、オシッコでトイレを汚しているということは、人間の尊厳が失われた状態です。トイレを汚すのは、子供か認知症の老人ならわかりますが、成人の男子がトイレを汚すと言うのは、それこそ男の尊厳が失われているのではないかと思います。

立って小便をして汚さないためには、男子用の小便器を家のトイレに付けることでしょう。そうすれば男の尊厳は保たれると思います。それ以外の方法はありません。

ちなみに、小便器でやる時もやり方によっては小便が飛び散るそうで、飛沫ゼロにするためには、便器の壁面から12センチ以内で発射することだそうです。

12センチ以上離れてしまうと、空気の抵抗によって小便の軌跡がホース状(線状)ではなく、球がいくつも連結したような状態に近くなり、そうなると壁に当たった時に飛沫が飛び散りやるくなるそうです。

以上まとめると、自宅に男子用の小便器を作り、その壁面からポ○チンの先を12センチ以内に近づけて小便をする。そうすれば、立ってできますし、トイレも汚しませんから、真の意味で男の尊厳は保たれると思います。

トイレを必要以上に汚すのは人間としてダメです。きたないトイレに入ると何とも言えない気持ちになります。トイレはきれいに使いましょう。

トイレに限らず、家庭で妻にいばりちらすような男は(最近はあまりいないとは思いますが)ダメです。明治時代じゃないんだから。そういうことをしているから、男性の地位がどんどん低下してきたのです。

男を目の敵にする男女共同参画とかわめいている過激なフェミニスト女子と言うのは、家でやたらと威張って妻をしいたげているタイプの父親の娘であることが多いそうです。

逆に、父と母が仲良く協力しあった家庭で育った娘と言うのは、そんなふうにはならないそうです。

父親が家で威張る → 娘が過激なフェミニストになる → 家族を否定し社会進出する → 過激な男女共同参画社会を作ろうとする

世の中、こういう流れになってます。


もう一つ、理解できないことを書こうと思ったのですが、政治的な話ですし、尿ハネの話が長くなってしまったので、やめます。

迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

体重増加

今年の春くらいから少し太りつつあります。

体重を量ったりとかは特にしていなかったのでなかなか気づかなかったが、去年の夏にはいていたズボンがきつくて入らないことに気づいたのが今年の6月頃。

先日の人間ドックでは去年の6月とくらべて4キロほど太っているとのこと。今朝に量ってみると、それよりさらに1キロアップ!

BMIとか言う指標だと27.6で、これは肥満(1度)だそうな。ちなみに去年の体重でも25.9だから同じく肥満(1度)ですが。

私の場合、体重を80キロ以下にできればBMIはぎりぎり正常(普通体重)にできますので、今日からダイエットです。しかし、そのためには8キロ近くもやせなければ・・・

とりあえず去年の体重と同程度まで減らすために、4キロを2ヶ月で減量したいと思います。

いまのところ血圧や血糖値は大丈夫ですが、脂質の数値は基準値オーバーですし、内臓のエコー検査では結構な脂肪肝とのことでしたので、やはり痩せなければならないのは間違いないでしょう。

実は2週間前くらいから腹のでっぱりがまた気になり出したので、筋トレを少しだけ毎晩やってましたが、他にもいろいろとやることに。

(1)糖分の入ったジュースを飲まない
(2)おかしを食べない
(3)ごはんのおかわりとしない

この半年ほど、ジュース飲みまくり、おかし食べまくり、ごはん大盛り気味と言うことが多かったので、そのせいで体重が増えたと思われますので、これらをやめれば少しはマシになるかも!?

しかし、やせはじめの頃には不思議と異様に食欲が増進することがあります。

体の脂肪が減ると空腹感が増して満腹感が感じにくくなるようです。

実は脂肪細胞と言うのは単にカロリーとしての脂肪を貯蔵しているだけではなく、ホルモンのようなものを分泌していて、その中にレプチンと言う物質があるのですが、これは中枢に働くと食欲を抑制したりします。

脂肪細胞の脂肪が増えるとレプチンの分泌増え、脂肪が減るとレプチンの分泌も減るわけです。

ダイエットして体脂肪が減るとレプチンの分泌もそのぶん減るので、本能的に食べないと危険と感じてしまうのか、異様に食欲が増してバカ食いしてリバウンドをおこしてしまいます。

この異様な食欲増進は、本能に近いもののように思いますので、ちょっとした意志の力では耐えるのが難しいのではないかと思います。

なので、急激にダイエットするよりも、少しずつやせたほうがレプチンも急減しないので、なんとか我慢できるかな!?とか思いまして、あまり無理しないでゆっくりやる予定です。

実は、北海道へ行く少し前くらいから間食や糖分入りジュースをやめましたが、結構な空腹感を感じてきついです。

いままでは、空腹を感じたらお菓子を食べたりジュースを飲んだりしてましたが、我慢してます。

とりあえず上記の(1)〜(3)をやりつつ、筋トレも継続して行い、秋雨前線がいなくなったらウオーキングも開始する予定です。

筋トレと呼べるほどの代物ではないかもしれませんが、腕立て伏せ、腹筋2種類、背筋、スクワットをやっていて、少しずつ回数を増やして行ってます。はじめは腕立て伏せなど10回もできませんでした(汗)。

現在、腕立て伏せ・腹筋2種類は各30回、背筋は40回、スクワットは100回やってますが、最終的にはこの倍くらいはできるようになりたいと思っています。

あとは体が異様に固いので、ストレッチも少しやってますが、これもきつい・・・

私は人に負けたことが無いと言うのが2つあり、(1)飯を食うスピードの速さと、(2)体の固さです。どちらも自慢になりませんので、この際ですから、両方を返上したいと思います。




全然関係無い話ですが、最近ちょっとどうかなと思うことがあります。一般常識への疑問です。

寝屋川で中学生の男女2人が波田陽区に似た男にやられる事件がありました。中学生が夜中に街中をウロウロしていたのに、誰も何とかしなかったためとか言われています。

2人がさらわれたのが早朝だったから夜にウロウロしていたことは今回の事件とあまり関係無いようにも思いますが、それは置いて、今回のような事件があると、人と人の関係が希薄になったためにこのような犯罪が増えているなどと言う人がいます。

人と人の絆が失われたためとか言う言い方もききました。

昔と比べて人間関係が希薄になったことは事実かと思います。それを実感して、人と人の絆が失われたとか感じるのもわからなくはありません。

しかし、そのせいでおかしな犯罪が増えていると言うのはどうでしょうか?

そもそも、日本では犯罪の発生率は減る一方です。おかしな犯罪が増えていると言う統計もありません。

犯罪が増えているとか言う人は、データを見ずになんとなくの印象でしかものを見ていないと思います。犯罪が減れば減るほど、以前にはニュースにもならなかったようなことまで報道されるようになります。

戦後しばらくは殺人事件などそこらじゅうで起こっていたので、人が殺されたくらいではいちいち報道されない世の中だったわけです。

それが、殺人事件などかなり珍しい世の中になったから、今回のように大きく報道されるようになったのです。あの波田陽区に似たような変な男など、昔はもっとうじゃうじゃいたかもしれません。

そもそも、一般論ですが、人間関係が緊密になればなるほど人々が団結したり強い絆で結ばれると考えるのは安直すぎます。

世の中には色んな人がいます。変な人もいます。人間関係が密みなればなるほど、変な人と接する機会も増えますし、変じゃない人どうしても、何かしらトラブルも増えるでしょう。

だいたい、殺人や暴力などは身内とかつきあいが深い間柄でよくおこることを考えると、人間関係が緊密になれば事件の発生が防げると考えるのは安易なのではないかと思います。

いや、たしかに人間関係が緊密になれば、人間関係が希薄だと起こりやすい犯罪は減らすことはできるかもしれません。でも逆に、人間関係が緊密になることで別の種類の犯罪が増える場合もあるでしょう。

いずれにせよ、全体で見れば、日本社会は人間関係が希薄化しているにもかかわらず犯罪は減少し続けているわけですから、人間関係の緊密さと犯罪発生率には因果関係は無いと考えるのが自然でしょう。

現状に不満があるから世の中を変えたいと考える人は多いですし、そういうことを第一の目標にしている政党もありますが、ろくに統計データも見ないから現状認識が間違っている場合や、改革することで失われるもの、あらたに生じる未知の問題点などがありますので、現状のシステムに欠点があるからと言ってあまり単純に改革改革とやるのはどうかと思います。

何より、実際、ほとんどの改革は失敗だらけです。それはつまり改革が頓挫したと言う意味ではなく、実行された改革によって、改革する前より良くなったとは言えない代物ばかりと言う意味です。

それはフランス革命を思い出してみれば明らかだと思いますが、多くの人は改革されたと言うことで満足してしまってその問題への感心を失い、新たな改革を追い求めると言うのが最近の世の中ではないかと思います。これでは世の中は良くなりません。

田舎へ・・・(2)

北海道到着後、3日目は砂川市ということろへ墓参りです。出身地はとなり町ですが生まれたのは砂川市の病院なので出生地になるのでしょうか?ちょっと前に暴走事故のあったところで一瞬だけ有名になりましたが・・・

父の墓です。今のところ、入っているのは父だけです。

150829_1135haka2.jpg

150829_1130haka1.jpg

このへんはなぜかカラスが多くて鳥の糞だらけで掃除が大変でした。お供え物も花も置いたままにすると、人が帰るとすぐにカラスが来て滅茶苦茶にします。

この後、昼飯を食べた後で花を片付けるためにまた寄ったのですが、カラスに滅茶苦茶にされて、そこらじゅうにばらまかれてました。

こちらは母方のほうの墓です。

150829_1140haka3.jpg

↑左上のは心霊写真ではなく(笑)、私の指です。

しかし、「心霊写真」も、もう死語ですかね?今はデジカメですしパソコンで画像の細工は何でもできますから写真は霊が存在する証拠にはなりませんので。UFOなども含めて超常現象があまり取り上げられなくなったのも、そういう影響があるかもしれませんね。

私は超常現象は信じていないのですが、そういう話はフィクションとして好きですので少し寂しいですが。

さてその後、砂川市立病院のそばにあるラーメン屋に行きましたが、混んでいるところへタッチの差で私らの直前に大家族(8人くらい?)が入ってしまい、田舎にしては大行列になってしまったので、やめ!

砂川パークホテルの向かいのラーメン屋へ転進しますが、ちょうどお昼だし土曜だからか、こちらも満員なのでこれまたやめ!

これが最後?暴走事故のあった場所から割と近いところにあるラーメン屋へ・・・ここがダメなら最初のところへもどるつもりで行ったらちょうど空いてて入れました。

150829_1260ramenya.jpg

私は野菜醤油ラーメン、YUKAは塩ラーメン、母は普通の醤油ラーメンを注文。私以外の写真は無し。

150829_1230yasairamen.jpg

この後、砂川市のとなり、私の出身地である上砂川町にあります本家?のほうの墓参りへ・・・

150829boshi.jpg

年に1回程度しか田舎に帰りませんが、誰かが入院したり亡くなったりと言うことが多いのでなんとも寂しいですね。

妹は元気でしたが、少し前に骨折したり体調を壊したりで大変だったようです。でも性格的に私と全然似ていないで深く考え込まないタイプみたいですから大丈夫ようです。と母が言っておりました。我が家の兄弟の性格は全然似ておりません。

ここの墓は山の中にありますので、クマが出るようです。こんな看板がありました。

150829_1310kumasyutubotsu.jpg

そう言えば、この日の晩に帰宅すると、実家も山にあるのですが、自治体の広報車みたいのが回ってきてマイクで「近くでクマらしき目撃がありましたので不要の外出は控えて下さい」と案内してました。

家の前の道と平行して沢沿いの道があるのですが、そちらではたまにクマとのニアミスがあるらしいです。

その後、これまたおとなりにある歌志内市と言う日本一人口の少ない市(こちら参照)にある叔母の家に寄り、用時をすませ、何カ所か寄り道してから帰宅。

夕食は回転寿司へ・・・また寿司ですが(笑)。

一番気に入っている「花まる」と言う店へ行きますが、土曜は混雑していて、6時に行きますと40分待ちと言われます。

150829_1835hanamaru.jpg

あまり腹が減っていなかったので、私としては奇跡的に待ちまして、実際には1時間以上待たされて7時過ぎにようやく席へ案内されました。

150829_1912tennnai.jpg

私がこれだけ文句も言わずに待ったのを見て、母はそうとう驚いていました。確かに、昼のラーメン屋ではあれだけ待たされることを忌避していた訳ですから、その落差は大きかったことでしょう。あれがいつもの私の姿です。

実際、私もこんなに待ったのははじめてです。まあ、あまり腹がへってなかったのと、最初から待つ気でいましたので。

150829_1920sushi.jpg

で、翌日は9時過ぎの便だったので早めにレンタカーを返しに行きました。

150830soukoukyori.jpg

少し走ってからトリップメーターを押したので、実際の走行距離はプラス20キロくらいで520キロくらいかと思います。

燃費の表示は16.2km/Lとなってますが、給油量が35Lだったので、満タン法で計算すると14.9km/Lになりますので結構な違いです。

この理由は2つ考えられまして、車の計算がいい加減であるか、レンタカーを前に返した人が満タンにせずに返していたかどっちかでしょう。

満タンにした後に少々走っても給油量の表示が減りませんので、バカ正直に私みたいにレンタカー屋のすぐ近くのガソリンスタンドで給油して返したのが間違いだったのかもしれません。

帰りの飛行機でまた離陸と着陸を撮影しようと思ったら、今回は調子にのって動画を撮りすぎたからか、デジカメのバッテリー切れでした。

観光ではなく帰省ですから毎回似たようなところしか行けませんが、あと二、三日くらい長めに滞在できたら観光もできるかと思いますが、私とYUKAの両方の都合があわないので、3泊4日以上の日程にするのが難しいです。
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

田舎へ・・・(1)

8月27日(木)〜30日(日)帰省

毎年だいたい夏に田舎へ帰ってましたが、去年はYUKAの父上が亡くなってバタバタしてましたので帰りませんでした。

なので二年ぶりです。例によってお盆時期は混雑するのと安い航空券取りにくいので、その時期をはずして8月下旬の帰省となりました。

台風の影響が心配でしたが、途中で消えて風も弱くて楽勝でしたが、やっぱり飛行機は怖いので(特に離着陸時が)、気を紛らわすために動画を撮影したりしてました。

伊丹空港にて、離陸前に別の飛行機が着陸する様子の動画です。動画を再生すると音声が出ますので、ご注意下さい。


こちらは離陸の様子です。5分ほどあります。残念ながら、エンジンの横の席で景色がイマイチ、さらに座席が右側で離陸後に左に旋回したために、これまた景色がイマイチです。


右の座席に座った時には右に旋回してくれると地表が怖いくらいに一面に広がって見えるのですが・・・

千歳空港に着陸する時の様子です。3分ほどあります。


こちらは曇り空でしたが、風も弱く、これまた楽勝の着陸でした。

強風時の着陸は怖いので風の無い日で良かったです。横風が強い時などは機首を横向けた状態で滑走路に降りたりすることもありますので(正確には斜め向きですが)、そんな時はかなり怖いです。

母はもう車に乗るのをやめたので実家に車がありませんので、千歳空港でレンタカーを借りました。事前に予約してまして、三泊四日で保険その他込みで約1万5千円ほどでした。

150827rentacar_front.jpg

150827rentacar_rear.jpg

見た目より室内は広くて十分でしたが、加速が悪くてなかなか前へ進まないのと、高速で100キロ以上出すと街中を走っている時より燃費が悪くなります。

8月28日(金)小樽→余市→札幌市内

妹が余市町に住んでおり昼間は時間あると言うことで行くことに。しかし、マッサンとか言う朝ドラの影響で観光客でごったがえしているとのことでしたが、平日だったので大丈夫でした。

待ち合わせは昼だったので、ちょっと早かったから小樽で寄り道。かなり小さい頃に行って記憶がありませんが、小樽水族館へ行ってみることにしました。

↓のキャラクターの股間に注目!
150828_1002entrance1.jpg

股間から何かが飛び出している!これは一体なんだ!?

150828_1002entrance2.jpg

近くで見るとタコの足でした。まぎらわしいですね(笑)。

ウミガメを間近で見ることもできました。

150828_1005kame1.jpg

アオウミガメはよく見ますが、アカウミガメと言うのもいるとは知りませんでした。

150828_1006kame2.jpg

アカウミガメのほうはあまり動きませんでした。

海底探査船の模型などもありました。

150828_1010fune1.jpg

150828_1010fune3earthe.jpg

150828_1010funee2.jpg

何の動物か忘れましたが、エサやりの時間でした。



絶滅危惧種のオショロコマ、北海道に固有の渓流魚みたいです。

150828_1015osyorokoma.jpg

危険なトリオ、ミノカサゴ、ウツボ、ゴンズイだけ集めたもの。

150828_1020gerogero.jpg

気色悪いですね。

何かよくわからない巨大魚です。

150828_1021kyodaifish.jpg

小さいのはウメイロモドキだったと思います。

なかなか良かったのが、円形の水槽で泳ぎ回るオホーツク海の魚たちです。2分ほどの動画です。



円形の水槽にぐるりと囲まれた中で見ることができます。水槽が円形だからか、魚たちが泳ぎ回っているのが印象的でした。特に、カレイがバサロみたいにして泳ぐ姿が面白かったです。

肉厚カレイが元気よく泳いでいるので、私などは「活きが良くてうまそうだな」とか思って見てましたが、私の母は「こんなの見たら(かわいそうで)カレイが食べられなくなるね」とか言ってました。親子で感想がずいぶん違うようです。

建物の外に出て下に降りた海沿いの場所に、「海獣ゾーン」というのがあり、ペンギンやオットセイ、アザラシなどの海の動物がいました。

150828_1030kaijyuuzone.jpg

特にセイウチが珍しかったです。

150828_1040seiuchi.jpg

セイウチはかなり賢いようで、人の言葉を理解する(単語を聞き分ける程度と思いますが)ようで、飼育員の声だけで芸をしていました。雄雌のつがいで、夫婦どつき漫才みたいのをやってましたが、残念ながら動画撮影できませんでした。ここまですごい芸をやるとは思っていなかったので・・・

最後に少しだけ撮った動画がありますが、もっと色々やってすごかったです。



この後、余市町で妹を乗せて、おとなりの古平町にある新家寿司へ・・・

150828_1230shinyazushi.jpg

150828_1240sushi.jpg

150828_1241katsu_amaebi.jpg

150828_1245zangi.jpg

150828tenpura.jpg

ラーメンまで食ってしまいました・・・

150828_1246ramen.jpg

帰りにお店に寄ると、ホッケに混じって何と、シイラまで売ってました。

150828_1300shiira.jpg

このあたりでもシイラが捕れるとは、海水温が高いのでしょうかね。1匹380円でした。

帰りに札幌市内でどこかへ寄ろうかと言うことで、北海道庁の旧庁舎建物(赤レンガ)を見て行きました。

150828_1600douchou1.jpg

150828_1610douchou2.jpg

浪人時代に札幌の予備校に通ってましたが、はじめて行きました。昔はこの建物の窓に写った心霊写真が有名でしたので、何か写るかと期待しましたが、何もうつらず。

150828douchou.jpg

中に入って見ることもできます(無料)。観光客だらけでした。

その後に実家へ帰宅。この日の晩飯はスーパーで魚介類などを買って食べましたが、写真撮り忘れでした。

おでかけ | Comments(2) | Trackbacks(-)