カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
      
≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

串本でウメイロ釣り

2015年4月24日(金)ウメイロ釣り@昇雄丸(和歌山・串本)

潮@串本(中潮)
150424_shio.jpg
日出5:17 正中11:55 日没18:34
天候:晴れ  風:北東5m以下→ほぼ無風  潮:下り潮  水温:20,6度  波高:ベタ凪
気温14→21℃

(結果)
150424chouka_cooler.jpg



土日に用時があり釣行できないので、金曜日に休んで釣行することに。

中紀のイサギが本格化する前に何か違う魚を釣りたいと思って考えていると、串本でウメイロが釣れるようなので思い切って行ってみることに・・・

昇雄丸に電話すると、5時前には出船するから4時半くらいには来ておいてとのことで、家を午前1時半に出発。今回は2時間くらいしか眠れず。

ゆっくり走って寄り道もして4時15分くらいに到着。何と、私一人でした。

船長も竿を出すようで、私は左舷の後ろの釣り座になりました。

150424turiza.jpg

5時少し前くらいに出船。

150424_0500departure.jpg

最初は潮岬の近くのポイントで、たぶん前回にグレやシマアジを狙ったところか、そのすぐ近くへ。

150424_0516shionomisaki.jpg

20分ほどでポイントに到着、5時20分釣り開始です。

150424_0520tankenmaru.jpg

仕掛けはハリス4号2ヒロ3本針にしました。仕掛けの長さはあまり長くないほうが良いそうです。

ウメイロは胃袋が小さいのでエサを出し過ぎるとすぐに食わなくなるから少しずつエサを出すようにとのこと。

また、本当はオキアミよりアミエビのほうが良いそうで、まきエサ用のオキアミもナイフで細かく砕いてやりました。

1投目・・・確か指示ダナは25mくらいだったと思いますが、忘れてしまいました。

指示ダナプラス5m糸を出して、エサを出しながら指示ダナまで上げてきて待ちますが、アタリ無しで流し終わり。

上げて下さいの合図で巻き上げると、巻き上げて来る時に大きなゴマサバが釣れました。美味しそうなのでキープ。

2投目・・・アタリ無し。

また仕掛けを回収のために巻き上げて来る時にさっきよりもっと大きなゴマサバ、50センチ近くありそうに見えましたが、抜き上げ時に落下(涙)。

しかし、こんなのがダブルで付いたらハリス4号でも切れそうな感じだったので、仕掛けを回収の時は全速で巻かずに残ったエサが出ないようにして回収することに。

船長、「食いが悪いなあ、船が3バイもいるから、すぐ食わんようになる」とのこと。

本当は1投目から釣れないとダメらしいですが、船長にも釣れず、かなり食いが渋いようです。

朝のうちに釣れないと、その後はもう釣れないそうなので、焦ります。

船長の釣り座。壊れた竿をつなぎあわせたような道具でされてました。

150424_0625senchou.jpg

3投目、エサを出して指示ダナで待ってますと、クククとアタリあり、ようやくウメイロが釣れました。

その後もぽつぽつと釣れますが、1流しに1匹は釣れません。

3匹目に釣れたものはよく引いて、上げてみると40センチ近いジャンボ級のウメイロでした。

せっかくなので写真撮影。これはかなり大きいサイズのようで、うれしかったです。

150424umeiro39cm.jpg

しかし、その後は口太がたまーに釣れるくらいでウメイロはまったく食わなくなり、1時間半ほどやりましたが、これ以上ここでやってももう食わないから他のポイントに行くことになりました。

そこで、イサギでもと言うことになりましたが、正直イサギは中紀で釣るから他の釣り物が良かったのですが、とりあえずおまかせで、できたら尾長が釣りたいと言いましたら、田子沖のイサギのポイントで良型の尾長も混じるそうなので、そちらへ移動することに。

ここまで開始から1時間半ほどで、私ウメイロ3匹、口太グレ1匹、ゴマサバ1匹。船長ウメイロ2匹の口太2匹だったと思います。

すべて私のイケスかクーラーに入れてくれました。

150424_0645sakana1.jpg

150424_0645sakana2.jpg

15分ほどかけて田子沖へ移動。

150424_0650idou.jpg

田子沖に着くと、地元と思われる船、久美丸と言う船がいました。

150424_0700tagooki.jpg

水深50mくらいから35mくらいまでのかけあがり?、船長からの指示ダナは23mとのこと。

150424_0705tankenmaru.jpg

150424_0701tankenmaru.jpg

開始1投目、すぐに釣れましたが、25センチちょっとのイサギでした。

150424_0708tankenmaru.jpg

それから、ぽつぽつ釣れますが、食いが悪く、サイズも30センチに満たないものばかりで、船長によると、ものすごい小さいサイズらしいです。

普通なら35センチくらいがレギュラーサイズらしいですが、食いが悪いので小さいのがぽつぽつとしてか釣れないようです。

それでも何かの拍子にトリプルで釣れたりはします。

150424isagi3ren.jpg

下り潮が流れてますが、陸地と平行ではなく、沖へ出て行くように流れて行くから変な流れ方でやりにくいと船長。

食いが悪いのでハリスを3号に落とし、全長も長めの仕掛けに変えます。できたら尾長グレが釣れて欲しいので。

そのうち、船長がよく引く魚をかけました。

やりとりの結果、サンノジでした。

しばらくして、今度は私に良い引きの魚・・・これは何と、尾長グレでした。

尾長は船縁まで来てもまだ元気でツッコミますので3号ハリスを切られないように慎重にたぐりよせますが、何度か突っ込まれます。

無事にタモに入ったのは44センチの尾長でした。

イケスに入れるために針をはずそうとしたら、ぷつりと切れました。

尾長は歯がするどいので飲み込まれたらハリスが簡単に切れますから、針をネムリ針っぽい「尾長専用」と言うので作ってきたのですが、大きかったので重みで切れたようです。

ハリスも少しパーマみたいになってしまったので、ヒヤヒヤするのもいやなので4号仕掛けにもどしました。

その後に渋い中、ふたたび良い引きの魚がヒットして、これまた43センチの尾長でした。

その後も船長は3匹ほどサンノジを釣り上げてました。1匹だけいただきました。

そして、またまた船長が良い引きで何か上げてます。見ると大きなヒラソウダでした。

刺身で美味しいからと私のクーラーへ入れてくれました(感謝)。

150424_0900sakana2.jpg

その後、全然食わないので小移動をしつつ、イサギをぽつぽつ追加。釣れるイサギもサイズが中紀よりも小さいサイズですので、結構リリースしました。

150424_0905tagooki2.jpg

9時くらいにイケスはこんな感じでにぎやかに。

150424_0900sakana1.jpg

そのうちイサギも釣れなくなり、厳しい状況に。

150424_0905sao.jpg

何カ所かポイント移動しますが、イサギもあまり釣れません。

150424_1010scene.jpg

150424_1011tankenmaru.jpg

それでもイケスはかなりにぎやかになってきました。10時20分でこんな感じ。

150424_1025ikesu.jpg

この近くにもウメイロのポイントがあるそうで、前日に船長が1人で来た時は魚影がなかったし、朝に他の船が行っても釣れなかったそうですが、最後にそこへ行ってみようと言うことに。

10時半くらいだったと思いますが、少しだけ沖へ出て水深75m前後のポイントで、流していると突然水深が60mくらいになるので、根があるようです。

150424_1025tankenmaru.jpg

水深が深いからか、ここのポイントでは船長は竿を出しませんでした。

最初の指示ダナは55mでしたが何も釣れず。

3回目以降の流しでは指示ダナが60mに変更になりました。

するとイサギがダブルで釣れましたが、1匹はまあまあなのでキープ、もう一匹は先ほどのポイントのよりさらに小さかったのでリリース。

150424_1130tankenmaru.jpg

次の流し、うっかりして70mまで仕掛けを落としてしまい、そこからゆっくり巻き上げていると63mくらいでゴゴゴとアタリ。

最初に突っ込みましたのでマダイかと思いましたがしばらくするとあまり引かなくなり、マダイではなさそうですが、明らかにイサギではありません。

上げ見るとと、何と、まずまずのサイズのウメイロがダブルでした。

これはテンションあがりました。タナがかなり深いようです。普通なら55mくらいで釣れるのにとのことでした。

時間は11時過ぎだったので、出船が5時だったからもう終わっても良さそうな時間でしたが、まだしばらくやるそうです。

その後も65mまで落として60mで待ってますとアタリがあり、イサギの時もありますが、ウメイロも釣れます。

エサをダバダバとたくさん出しますとイサギが寄ってくるのか、イサギとは同じ釣り方ですが、エサが出過ぎないようにやるほうがウメイロが釣れるような気がしました(それでもイサギが来ることもありましたが)。

ウメイロとイサギのダブルもあり、11時半になり、もうぼちぼち終わりかと思うと、12時までやってくれるとのこと。

ここから1投で1匹くらいのペースでウメイロが釣れ、11時50分に最後の1投、これは空振りでしたが、満足して終了となりました。

船長からいただいた釣果も混じってますが

150424chouka.jpg

(結果)私が釣ったのは、ウメイロ10匹、イサギ約20匹くらい、グレ3匹、ウマヅラハギ1匹、ウスバハギ1匹、ゴマサバ1匹

これプラス船長からいただいたウメイロ3匹、イサギ約10匹、グレ3匹、ヒラソウダ1匹をあわせたのが写真に写っています。結構たくさん船長からいただきました。

大きなウメイロ39センチと、尾長グレ44センチと43センチが釣れたのがうれしかったです。レギュラーサイズのウメイロと並べて見ました。

150424size.jpg

ウメイロは日持ちするので(神経締めしたら1週間は持つとのこと)、3、4日後くらいがおすすめとのことでしたが、早速刺身で食べてみました。

ウメイロ、ゴマサバ、ヒラソウダの刺身です。

150424sashimi.jpg

ウメイロ、ほんのり甘みがあって美味しかったです。かなりきれいな色の白身でした。イサギとは全然違う質感です。

ただ、それより、ヒラソウダがすごい脂でこれが美味しすぎてちょっとかすんでしまいましたが・・・

翌日も、ヒラソウダとウメイロの刺身。

150425sashimi.jpg

これまた、ヒラソウダがすごすぎました。でも、ウメイロもかなり美味しいです。大きいほうが脂もあって美味しいように思いました。

これからまだまだウメイロの刺身その他の料理を楽しむ予定です。

ウメイロも、もうちょっとたくさん釣れるようならまた狙ってみたいと思います。美味しいですし、日持ちすると言うのが気に入りました。

さて、これからはしばらく中紀のイサギ(+アジ?)を頑張りたいと思います。

釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

なつかCM

こんにちは、カーク船長です。

網膜裂孔のせいで、飛蚊症がひどくなり、目の中がゴミだらけです(笑)。これはなおらんようなので残念・・・

ところで、たまに思い出す懐かしいCMがあります。Youtubeで探したらありました。



最初に見た時にインパクトあるなあと思いましたが、すぐに放送されなくなり、確か、「バカ」の部分を「おりこうさん」に変えたのが放送されたように思います。

クレームで放送されなくなったそうですが、こんなのにいちいちクレームつけるんですねー。

時が過ぎるのは早いものですなあ。一年があっと言う間です。最近特に速く感じます。

子供の頃は1日があんなに長かったのに、今では一瞬(てことも無いですが)。

季節は春ですが、人生は秋ですなあ。体の老化を自覚すると何とも言えない気持ちになります。
哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

東寺の桜

この土曜日は仕事、日曜日は休みでしたが、用時があり京都へ。

京都南インター降りてすぐのラーメン店で昼食を食べた後、用時までちょっと時間があったので、いつもは近くを通り過ぎるだけの「東寺」に寄ってみることに。

150419touji0.jpg

デラックス東寺ではありません(笑)。パンフレットによれば東寺は木造の棟としては高さが最高らしいですね。55mくらいだったかと思いますが。

それはともかく、東寺はある意味、京都のシンボルでしょう。京都タワーではしょぼすぎますので。

東寺は、確か新幹線からも見えたように思いますし、京都南インターから市の中心部へ向かう途中にありますので、以前はほぼかならず横を通って市内に入ってました(最近は南北の道が増えましたし、別の高速もできたのであまり通らなくなりましたが)。

150419touji1.jpg

それはさておき、ここも桜の名所として結構有名らしいですね、知りませんでしたし、有名な不二桜もソメイヨシノもどちらも完全に散って普通の木になってましたが・・・

庭は綺麗に整備されています。

150419niwa.jpg

幸い、八重桜らしき桜はまだ咲いており、ちらほらありました。

150419yaezakura.jpg

天気が曇りだったのが少し残念ですが、雨降りじゃなかっただけ良かったです。

150419touji3.jpg

150419touji4.jpg

花見、第2弾でした。
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

最近食べたもの

最近の外食です。最近あまり外食していないとか一つ前の記事に書きましたが、間違いでした。携帯のほうに写真がありました。

4月8日の仕事帰り、この日も私はいつもと違うルートで通勤だったので、帰りにYUKAと天王寺で待ち合わせて外食。

天王寺MIO内にある、「粋花KYK」にて。ちなみにこれは「すいか」と読むらしいです。

ここは、サラダとお総菜が食べ放題で、しかも空いていると言う私好みの店です。同じ店がすぐ近くのハルカス・ダイニングの中にもありますが、そちらはそういうのはやってなくて、ただカツだけです。

なので、かならずMIO店のほうで食べることにしています。

ところが、ひさしぶりに行ってみると、サラダも総菜もかなりショボくなってました。また、しゃぶしゃぶ食べ放題とかもやっており、客が増えていました・・・。

私は牡蠣フライ、YUKAはヒレカツか何かだったと思います。

150408katsu.jpg

食べ放題コーナーには何と、カレーもあり、御飯もジャーにあり取り放題。カレーは、確か野菜カレーとエビカレーの二種類あり、どちらも食べ放題です。しかし私には辛すぎ・・・。

辛いのは好きだったのですが、逆流性食道炎をやってから、辛いものを避けていたら、少し辛いくらいでも食えなくなってしまいました(笑)。

その2日後、4月10日(金)ですが、この日は何故か帰宅後に車ででかけて外食していました。

何の用時で車で出たのかまったく思い出せません。帰りにガソリンスタンドで給油して、そのすぐ隣にあったお好み焼き屋で食事でした。

150410warai0.jpg

「わらい」と言う店だったので、てっきり「笑い」から来ている、大阪の店かと思いましたが、「和来」とも書く京都の店の支店らしいです。知りませんでした。

150410warai1.jpg

ちょっと変わってましたが、美味しかったです。

150410warai2.jpg

ただ、おまかせにするとマヨネーズが大量にかけられて出てきますので、自分でかけるようにしたほうが良かった(注文の時にどうするか聞かれたので)と少し後悔しています。

4月19日、京都へ行った時、京都インター出てすぐのラーメン店「たかばし」と言う第一旭系の店で食事。

ラーメン大盛り+ネギ・もやし多め(料金同じ)にしましたが、予想以上の量でびっくり。

150419takabashi.jpg

朝飯が遅かったせいもあり食い切れませんでした。あやうくチャーハンも頼むところでしたが、やめておいて良かった・・・

YUKAは並でネギともやし多めにしましたが、かなり残してました。

今度から、YUKAはラーメン小、私は並で、ネギともやし多めにすれば十分です。チャーシューもたくさん入ってました。




最近の家での食事です。

たけのこをいただきまして、大好物ですので喜んで毎日食べています。水にひたしてタッパーに入れて毎日水を交換すれば、かなり長いこと持ちます。逆に、そうしないと冷蔵庫に入れていてもすぐダメになります。

この保存方法を知ってから、この季節は結構長いことタケノコを楽しめるようになりましたので、感謝しております。

とりあえず写真を撮っていたタケノコ御飯と煮付けです。

150413takenokogohan.jpg

150414takenokonitsuke.jpg

他も色々して毎日のように食べてますが、写真を撮り忘れ・・・

あとは、田舎から送ってもらった「氷下魚(こまい)」という魚の干物です。

150415komai.jpg

懐かしい味ですが、それほど美味しいものでもないです(笑)。

あと、この週末は釣りに行かなかったので魚がありませんから、冷凍庫に未処理のまま眠っていたタコを処理しました。

150418tako.jpg

去年の夏に釣ったやつです。釣って、内臓とくちばしだけ取り除いてそのまま冷凍してました。かなり冷凍庫のスペースを取っていたので、これでかなり空きました。

冷凍してからヌメリ取りをすると、何倍も楽です。

真空パックもせず、ただビニール袋に入れたまま半年以上経っていたので心配していましたが、味も大丈夫で美味しかったです。近々食べるぶんだけ残して、あとは真空パックしました。

おかげで冷凍庫も空いてきましたが、最近では釣った魚を冷凍することがほとんど無くなりましたので、無理して冷凍庫のスペースを空ける必用もなかったのですが、まあこれから暖かくなると何かと冷凍保存することも増えるでしょうから。

基本的に、しょっちゅう釣りに行くので、魚を冷凍しておいても、次ら次へと釣りたての魚が手に入るので、わざわざ冷凍魚を解凍してまでは食べないと言うことがわかりました。

長期間釣りに行けなくなっても、親切な方が魚をくれることもわかりましたし(爆)。

なので、最近では釣った魚を家でキープするのは冷凍せずに食べられるぶんだけになっています。

と言うことで、次の週末もまた何かの魚をキープしに行く予定ですが、さて、何にしようか・・・

釣れ具合と天気とを見てじっくり決めたいと思います。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

最近の食事など

例によって、魚料理など・・・

真鯛は釣れずにイサギでしたので、これからイサギ釣りの連続になるので、イサギ釣り以外の外道でイサギが釣れるのは歓迎ではなかったのですが、釣れたものはありがたく頂きます。

脂のノリがほんのり程度だったので刺身はやめて、タタキにしてみました。

150413tataki.jpg

なめろうではなくタタキです。イサギでやるのはひさしぶりですが、美味しいですねー。

ムニエルです。

150414munieru.jpg

3枚におろさずにやってもらいました。これだと焼くのに時間かかりますが、身がふっくらして美味しいです。

あと、イサギの甘酢あんかけもやってもらいましたが、写真撮り忘れ。美味しかったです。たまには違うのも良いですねー。

で今回は食べ終わり。

あとは最近の外食です。ここのところあまり外食はしておらず、今週の水曜に1回だけでした。

今週は雨が多く、雨降りだといつもと違う経路での通勤になりますので、帰りにYUKAと天王寺で待ち合わせしまして合流してソバを食いました。

150415tennouji.jpg

めずらしくソバが食いたくなり、偶然にも2人ともそう思っていたようで・・・

私は天ザルの大盛りを

150415tenzaru.jpg

YUKAは、おろしそば!?何か忘れましたが、これ

150415oroshitenn.jpg



ところで、私は目玉にレーザー照射でしたが、YUKAはYUKAで、火曜日に急遽親知らずを抜くことになって抜いた後でした。

以前から左下の親知らずが少し横向きに生えていて隣の奥歯を圧迫しているし、虫歯にもなっているし、左上にはかみあわせの相手となる親知らずが生えていないしで、抜いたほうが良いと言われていたそうです。

しかし、その親知らずが神経の真上にあるから、下手したらしびれが残ったりする可能性があるとか言われていたので怖くて今まで先送りしていたそうです。

今回はその親知らずの詰め物がはずれたので、たまたま行ったところが、よそから親知らずを抜いてくれと紹介されてくるような、しょっちゅう親知らずを抜いている先生のところだったらしく、思い切ってお願いしたそうです。わりと近所にそんなところがあってラッキーでした。

その後、抜いた当日の晩に少し痛かった程度で、まだ3日しか経ってませんが現在はしびれも無く、痛み止めを飲まなくても痛くないくらいの感じみたいなので、うまく行ったようで良かったです。

しかし、親知らずは抜くなら若いうちが良いみたいですが(治りが早いから?)、私のばあいは4本とも普通にまっすぐ生えているので抜く必用はなく、ただ虫歯と歯周病には他の歯より多く注意しなければならないようですが、痛い思いして抜く目にあわなくて良かったです。

私のほうは、以前から知覚過敏があった程度ですが、それでも結構ひどかったので去年は近所の歯科医院に通ってましたが、そう言えばいつのまにか知覚過敏は気にならなくなってましたねえ。

まあ、シュミテクトは使ってますが、前はシュミテクトを使ってもダメでしたから。

これと言って特別な治療はされなかったように思うのですが、まあ何にせよ、定期的に通わないとダメですね。虫歯や歯周病のせいでいろんな病気になるらしいですし。

意外なのは、歯周病のせいで糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化がひきおこされる場合があるそうですねー。

あと、関連が指摘されているのは、がん、骨粗鬆症、肥満、メタボリックシンドローム、腎臓疾患、関節炎など・・・

歯周病菌の出す細菌毒素のせいで炎症性サイトカインがどばっと出るからだそうです。

そんなことを調べていたら、無駄に時間を取ってしまった・・・

年はとりたくないものです・・・

長く釣りを続けるためにも、健康には注意しましょう。・・・と言うのは簡単ですが、実行は難しいですね。帰宅時のウオーキングもいつのまにかやらなくなりましたし。

料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

網膜裂孔

昨日は眼科へ行ってきましたが、眼底検査をしてもたったところ、また網膜に裂け目ができていました。網膜裂孔です。網膜剥離までは行ってませんでしたので良かったです。

もともと網膜に薄いところがあったりして剥離しやすいから気をつけるように言われてまして、以前にもなりました。調べてみると2008年の6月だったようですが(この記事)、眼底検査で網膜裂孔が両目で数カ所見つかり、放置すると網膜剥離をおこすやば状態を言われました。

150417moumaku0.jpg

なので、急遽、裂孔のまわりの網膜にレーザーを何カ所も照射して、スポット溶接のように焼き付けて剥離しないように処置してもらいました

150417moumaku1.jpg

あれからもう7年になるんですねー。ブログを書いていたおかげでいつだったかわかりました。

で、数日前から右目の飛蚊症がひどくなり、ちょうど年に1度の眼科健診が、来週でしたが、ちょっと気になったので一週間早く昨日に行きましたところ、何と、網膜にまた孔が空いていると・・・

急遽、またレーザー治療になりました。

網膜裂孔が見つかる時は、だいたい少しは網膜剥離を起こしているそうなのですが、2008年と同様、そうなる前だったのでラッキーとのことでした。

しかし、大学病院の眼科ですから、2008年の時はやってくれた医師がまだなりたて2年目か3年目くらいだったと思いますが、当時はまだ大学院生で経験未熟だったために、かなり長時間かかり目玉にグリグリレンズを押しつけたりされて大変でした・・・

なので、ラッキーとアンラッキーの半々かなと思ってましたが。

今回も同じように剥離をおこす前だったのでラッキー、しかし当時と同じ先生なで・・・

いきなり「じゃあ、今からすぐにやっちゃいましょう」と言われたのですが、あのときのつらさの記憶がありますから、心の準備が・・・

とか思っていたら、あれから約7年のうちに腕を上げたのでしょう、ほんの2−3分ほどで、何の痛みもつらさもなくあっけなく終了・・・

まあ、以前は裂孔が両目に数カ所ずつあったとのことなので多かったですから2日に分けてやりましたが、今回は右目に1ヶ所だけですから処置時間の単純比較は無理ですが、

レーザーを照射する間隔が、以前は

ピ・・・・・ピ・・・・・・・・ピ・・・・・ピ・・・・・・・ピ・・・・・・・ピ・・・・・

だったのが、今回は

ピ・ピ・ピ・ピ・ピ・ピ・ピ・ピ

でしたから、ずいぶん手際よくなられたものです。

と言うことで、無事に終了でした。

あとは来週にまた検査ですが、別に普通にしておいて良いそうなので、明日はベタ凪の予報だし釣りに行こうと思っていたのですが、土曜にしてはめずらしく仕事が休めず釣りは断念・・・予約しておかなくて良かったです。

まあ少しだけ休めなくなる可能性があるかなとは思っていたので、今日まで予約はせずにいたと言うわけです。

哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

真鯛ボウズ・・・

2015年4月12日(日)午後便
真鯛釣り@とくは丸(和歌山・椿)

天候:晴れ  風:南東(>10m)  潮:上り潮  水温:20.8度 波高1m
日出5:32 正中11:59 日没18:26
潮(小潮)@すさみ

150412_shio.jpg

椿沖の乗っ込み真鯛釣り、去年は今年以上?とにかくものすごい釣れていたのですが、色々あってその時期には釣りには行けず・・・

今年もまずまず釣れているようなので、今年こそはと思ってましたが、土日は満員だろうからどうしようかと思ってましたが、聞くだけ聞いてみようと金曜日の午後に電話してみると、やはり満員とのこと・・・

しかし、しばらくして電話がかかってきて、午後便で一人キャンセルが出たからと乗せてもらえることになりました。

日曜の午後だと帰りは夜になってその日には食べられませんが、早起きしなくて良いから体は楽です。

朝の9時半すぎに出発、のんびり走って途中で早めの昼飯も食べてお昼すぎに港に到着。

串本に行くことを考えると、椿は近いです(笑)。いつだったか、串本に行った帰りに椿を通った時に、とくは丸の船長らしき軽トラを見かけたのですが、なんと、やはりそうだったようで、とくは丸の船長も気づいていたそうです(笑)。

さて、お昼過ぎに港に到着していつもの場所へ行くと船がありません。

どうやら、この日だけ違うところに置いてあったようです。いつもより南側の岸壁に横向きにとめてありました。

150412tokuha.jpg

12時半より少し前くらいに船長が到着。午前便では一人ボウズが出たものの、他の人は平均2枚は釣っていたようでぼちぼちだったみたいです。

ただ、やはり乗っ込み真鯛は腹がパンパンですから、あまりエサをまきすぎていると物理的に腹に入らないから食わなくなるように思います。

イサギも抱卵して腹パンパンの時より、子を落として痩せてきたくらいに爆食いする時ありますので。

なので、あまり期待せずでしたが12時45分くらいに出船。

釣り座は船長の指定で左舷のミヨシです。

150412turiza.jpg

ここに入れてもらうことが多いので、指定席!?わかりませんが。

150412sao.jpg

南東の風が強くて波しぶきをかなり浴びましたが(ちょうど一番しぶく場所だったので)、椿沖は東よりの風だとそれほど波もなく、風が強い割りには揺れませんでした。潮も上りだったからかもしれません。

150412_1300tsubakioki.jpg

1時過ぎに釣り開始。水深は100m弱、たしか95mくらいだったか?カウンターでちょうど100mくらい糸が出てます。

底から5〜7mくらいのタナだそうです。

最近少し学習したことですが、流し釣りは、エサはちょろちょろ少しずつ出す感じが良いようなことをみなさんおっしゃってます。

かかり釣りで潮が早い時やエサ取りが多い時はまきエサをガンガン出しますが、あまりそういうことはしないほうが良さそうです。

流し釣りは、船長が操船で極力エサ取りをかわしながら流してくれるそうなので、基本的にタナは指示ダナ通りで良いそうです。

ただ、それでも真鯛が浮いていることもあるし、エサ取りが来ることもあるので、状況を見て多少の上げ下げはしたほうが良いみたいな感じかと思います。

と、そんなことを考えながら、やりますが、アタリ無し。

使った竿も、感度が悪くて小さな当たりが出ず、上げてみたらイサギがついていたとか言うこともありました。何度かやっていると慣れてきましたが。

潮はほどよく流れている感じだと思いますが、真鯛はなかなか釣れません。

開始2時間後くらいだったか?私と背中合わせ、右舷のミヨシの方が40センチ級の食べ頃サイズを1枚釣られました。

しかし私には反応無し。たまーにイサギが釣れるくらいです。

ハリスを4号に落としてみますが何も無し。
その後、水深105mほど、先ほどよりもう少し深い場所に移動します。こちらではイサギもあまり釣れません。

夕方の時合いにそなえて我慢の釣りに。

4時くらいになって、今度は私のおとなりの方が1枚釣られました。

私の周辺では釣れますが、私には釣れません。

船長の「上げて」の合図の少し前、流しの終わりくらいにアタリが出るとたいていイサギが釣れます。イサギの群より前に真鯛がいるのでしょうか!?

4時半になり、そろそろ夕方の時合いかと思いますが、さっぱり竿は引き込まれず。

5時になり、もういい加減に夕方の時合いかと思いますが、何も無し。

船長がやってきて、これは厳しいので、浅場でイサギ狙いでおみやげ確保でどうと言うことでしたので、おまかせしまして、真鯛はボウズ・・・

最後30分ほど、椿の港の目の前の水深30数mのところ、指示ダナは25mだったと思いますが、シーズンには良型イサギが入れ食いの場所ですが、まだ早いのか、あまり釣れずに2匹だけイサギを追加して6時過ぎに終了となりました。

(結果)真鯛ボウズ、イサギ8匹

150412chouka.jpg

イサギはのメスは小さめの真子を持ちつつありましたが、オスのほうはまだ白子になる前の状態でした。深場のイサギは少し色が薄く、浅場で釣れたのは黒っぽかったです。

それにしても、ある程度予想していたことですが、残念な結果でした。

潮の感じは良さそうに思いましたが、やはり朝からエサをたくさんまいて、抱卵した真鯛の腹には胃袋が膨らむ余地がまったく無く、もう物理的にエサが入らなかったのではないかと思いますが、どうでしょうか。

空いている日にリベンジできたら良いですが、良く釣れている限りは土日など満員でしょうから、厳しいかと思います。

平日にリベンジしたくても、しばらくは休めそうにないですから、今年も乗っ込み真鯛はおあずけかも・・・

なかなか真鯛釣りと言うのは私には難しいもので、釣り堀ではわりと簡単に釣れましたが、船釣りで真鯛を満足行くように釣れたことが、まだ1、2回しかありません。

そうかと思えば、少し前のイサギ釣りで、狙ってもいないのに釣れたりしたこともありましたが。あの真鯛はかなり美味しかったので、今の時期は美味しいのかも!?何とか釣りたかったですが・・・

やはり良い釣りをしたかったら継続して何度も通わないと難しいようです。

リベンジどうするかなー。
釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)

花見散歩

先週のことですが、週末には桜が散っているとの予想だったので、早朝に京都へ行って花見と言うのはやめにして、4月2日木曜日の仕事帰りに大阪市内で花見散歩だけすることにしました。

YUKAと梅田で待ち合わせ、まずは夕食です。大阪駅前ビルのどこかわかりませんが、適当に店を探して洋食屋があったので、そこで食べることに。

150402_0600shop2.jpg

150402_0600shop.jpg

150402_0600dinner2.jpg

150402_0600dinner1.jpg

たまにはこういうのも良いですね。結構美味しかったです。

その後、地下鉄で移動して天満橋付近の川沿いに咲く桜を見ることに。

地下鉄「天満橋駅」で下車、天満橋南詰めから大川の西方向を見た写真。

150402_0634ookawa.jpg

150402_0635riverside.jpg

川の南側を西に向かって歩きます。南側にはあまり桜がありませんが、北側にはたくさんありました。

150402_0640fune.jpg

天神橋まで行き、対岸にわたって、今度は大川の北側を東に向かって歩きます。こちら側には桜がたくさん植えられており、満開の花盛りでした。

150402_0650cherry.jpg

150402_0651cherry.jpg

150402_0655cherry.jpg

さらに東へ歩いて行きます。

150402_0652road.jpg

ブルーシートを敷いて花見の宴会をしている人達。

150402_0700enkai.jpg

しかし、このブルーシートはやめて欲しいものです。不自然に青いシートが景観をぶちこわしにします。透明か土色にするとかまわりに溶け込む色のシートとかにしてはどうでしょう!?

屋台までありました・・・

150402_0710yatai.jpg

150402_0701yuka.jpg

大川と寝屋川の合流地点を少し越えたあたりまで歩くと、人と自転車のみが渡れる橋があり、そこを渡ってまたもどり終了。

150402_0711riverside.jpg

翌日から雨でしたが、この日はものすごい暖かくて夜桜見物には最高でした。

150402route.jpg

こんな感じのルートで大川沿いを1時間ほど散歩して十分に堪能して帰ってきました。
おでかけ | Comments(2) | Trackbacks(-)

気むずかしい春先のイサギ

2015年4月4日(土)イサギ釣り@仲政丸
潮@三尾(大潮)
日出5:44 正中12:03 日没18:22
天候:曇りのち晴れ  風向:北5〜10m→10時頃からほぼ無風  潮:上り~下り潮  水温:17.7℃  波高:1m→11時頃にはベタ凪 気温:朝12℃→帰港時18℃

150404shio.jpg

(結果)イサギ55匹他

150404ore.jpg



今週は波がなさそうなら釣行しようと思ってましたが微妙な予報で迷っていて、金曜の昼に決めました。

船長に電話して土日のどっちかでお願いしますと言うと、土曜は空いてるとのことだったのでお願いしましたが、雨降りで前半は波が少し残りそうな予報でした。

予約の電話の時に船長に聞いたのですが、御坊のエサ屋が閉店して不便になったので、オキアミの刺し餌を船で販売しているそうです。

置いてあったのは、ルクスと言う商品のSサイズでした。今回は家の冷凍庫にあった過去の余りのを持って行ったので買いませんでしたので、値段わかりません。

さて、いきなり翌日に釣行することになったので帰宅後はバタバタでしたが、なんとか準備して9時半に就寝・・・

最近ちょっと忙しかったのでかなり疲れていて夕方から眠かったのに眠れません・・・。寝る直前にちょっと仕事してしまったせいたせいかも!?

なんとか眠ったと思ったら、一番熟睡した頃に目覚ましが・・・

5時集合なので3時半に出発、高速では横風注意の表示が出てました。4時50分頃に港に着くとお客さんは私を入れて二人でした。土曜日にぽっかり空いている時があるみたいです。前回もそうだったような!?

150404turiza.jpg

まあ今回は予報も悪かったからだと思いますが、幸いにして雨は降りませんでした。しかし昨晩は和歌山方面では土砂降りの大雨だったようです。大阪市内はたいして降りませんでしたが。

5時半前に出船、港を出るとそこそこ波があります。6時前のポイントに到着、釣り開始です。

150404_0540sao.jpg

大雨と時化の後ですが、潮の色はかなり良くなっているそうで期待がふくらみます。

潮は、海面は下りですが、底のほうはわずかに上りでした。

2、3投すると反応もまずまず出てきましたが釣れません。

150404_0605tankenmaru.jpg

記憶があいまいでよく覚えてませんが、30分以上なにも釣れなかったような気がして、これはやばいかも・・・

前日は時化で出てなかったそうですが、その前の木曜日よりは10倍くらい反応出ているとのことでしたが、さっぱりです。潮の色も良くなっているのに釣れないので、底のほうはまだ汚い潮なのかもとのことでした。

その後、ポイントを少しだけ移動したのだったか、アンカーやりかえしたのか忘れましたが、何かをきっかけにぽつぽつと釣れだすようになりますが、あまり続きません。開始2時間で10匹に満たず・・・

一瞬だけぽつぽつと連続して釣れることがあってもすぐ止まります。

そのごく短い時合いに待ちすぎたのか、私が5−6匹の時に船長は30匹くらい釣ったそうです。

実はちょっと船酔いぎみで気持ち悪くて置き竿の時間が長くなっていましたので、そのせいかもしれません。

仕事の疲労と寝不足と、あと最近お腹の調子が悪かったことが重なったのかも!?

胃がムカムカ、大がしたくなる、やる気が低下する・・・と、完全に船酔いなりかけ状態です。

ここまで、底から8−9mくらいで少し待ち気味で待機しているとオキアミの刺し餌にぽつぽつ食ってくるような感じと思ってやっていましたが、エサをガンガン出したほうがよく釣れる時合いがあったのを見逃していたのかと思います。

しかし、釣れるイサギのサイズはどれも良かったです。

9時を過ぎても15匹くらいで、ここから完全に止まってしまいました。

150404_0920ikesu.jpg

↑このイケスをぱっとのぞいて船長は「15匹くらいかー」と言ってましたが、今数えてみるとたしかに15匹くらいです。しかしイサギは動き回るので、私にはだいたいの数の見当すらつきませんでした(笑)。

もう一人のお客さん、病み上がりみたいでのんびりされていたこともあり、ここまで1匹とか。

潮も止まったのか、どこのポイントも釣れていないそうなので、我慢して潮が動くのを待つことに。

またまた、反応はすごい出ているのにハリスを落としても何しても食いません・・・

150404_0920tankenmaru.jpg

この頃になると風もやんでほとんどベタ凪に近くなってきましたので、知らないうちに船酔いのことは忘れてました。

しかし釣れません。

10時頃になり、あいかわらず釣れないので移動ですが、少し移動したところで釣り再開。

150404_1000kandenoki2.jpg

ここでちょっとした入れ食いになりました。ようやく時合い到来か。底から7−8mで中サイズですが入れ食いです。

30分くらいバタバタと釣れ続いてなんとか30匹を突破。

このまま行くのかと思いきや、またぴったり止まってしまいました。

船長がアンカーロープの伸ばしたり縮めたりしてポイントを微調整してくれます。するとまた1−2匹釣れますが、すぐ食わなくなり、反応も散ってしまったりなど・・・

また全く釣れない時間帯に突入です。

下り潮になり潮は少しですが動いてきましたが、海面には前日の和歌山方面での大雨の影響か、ゴミがたくさん流れています。

11時過ぎ、あまりに釣れないので大きく移動しようかどうしようか船長も悩んでいたようですが、とりあえず小さく移動してすぐそばの朝にやったポイントだったかに再度移動。

150404_1000kanden.jpg

すると、なんとまたここで入れ食いです。

かなり底のほう、水深40−41mくらいですが底から3−4mくらいでここでも中サイズですが、また入れ食いです。

入れ食いと言うか、正確には入れ食いではなく、1投に1匹は釣れると言う意味ですが。

入れ食いと言うと、仕掛けを投入してエサ出してすぐにヒットと言う感じですが、そこまですぐに釣れるわけではなく、仕掛け投入、エサを出しながら3mくらい上げる、少し待ってアタリないとまた3m落としてからエサを出しながら3m上げる・・・これを3回くらいやったらようやくヒットする、みたいな感じです。

11時半になり、もうぼちぼち終わる時間のようですが、船長から「残業するからしっかり釣ってやー」とのことで、頑張って釣ります。

瞬間入れ食いではありませんが、1投に1匹はほぼ確実に釣れます。もう一人のお客さんもよく釣っており、ダブルやトリプルもあり、私よりも釣ってました。

しばらく良い感じで釣れてましたが、12時くらいになると少し止まりました。

ここでもう一度移動、朝にやったポイント(釣れたら良型)でやってみて、すぐに食いが止まったらそれで終わりの感じだそうで、釣り開始。

ここも同じように入れ食いと言うほどではないですが、仕掛けを2−3回往復されるとアタリが出て釣れると言う感じで、着実に追加。

150404_1237ikesu.jpg

12時半になり、まだ釣れてましたが十分にみやげができたので終了となりました。

(結果)イサギ22〜35センチを55匹、カワハギ2枚、オキナヒメジ(オジサン)1匹

150404chouka.jpg

入れ食いになったかと思うとまったく食わなくなったり、工夫したらぽつぽつ食ったり、また食わなくなったり・・・

1日のうちで釣り方が変わると言う難しいが面白い1日でした。単純に入れ食いよりこのほうが面白いですが、そこそこ釣れたからそう言えるのであって、釣れなかったら泣きでした。

朝に一時食いが立った瞬間(船長が30匹釣った時間帯)を逃していたようなので、そこでは私は5匹くらいしか釣ってませんでしたので、そこで船長の半分くらいでも釣っていれば、もうちょっと早く帰れたかもしれないのにと思いますので、まだまだ修行を頑張ります。

今回は船酔いしかけたのも予想外のマイナスでした。今回もまた船長に釣らせてもらったと言う感じです。

まあしかし、ぽっかりと空いている日に前日予約で乗船できましたし、一日中何してもて食わないような日でもなく結局しっかり釣らせてもらえたので、総合的に見てかなりラッキーな1日でした。

時化の後、水温もあがり、潮の色はかなり良くなってきていたらしいのでこれからしばらくは期待できるかも!?

イサギ良く脂のってますし、おなかがぽってりしたのが増えてきました。真子や白子はまだですが、そのできかけみたいのが腹に入ってきています。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)