カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      
≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

アジ好釣にイサギも

2013年4月27日(日)アジ・イサギ釣り
仲政丸@和歌山・美浜

天候:晴れ 風向:北 潮:上り〜下り潮 水温:17度 波高:0.5m
日出5:15、正中11:57、日没18:40
潮@三尾〜中潮

130427shio.jpg

(釣果)アジ60匹、イサギ20匹

130427chouka.jpg


さて、連休の初日、翌日のたけのこ堀に備えてみやげ確保のためにアジ・イサギ釣りに出発。

新車に変わってから二度目の釣行となる。ようやく車にも慣れてきた感じ。今回は時間に少し余裕があると思ったが、高速が一車線になってから超ノロノロ運転の車にブロックされてしまい、時間のロス。

おまけに御坊の釣具店でトイレに行きたくなりしばらくこもってまた時間のロス。

ちなみに、釣具屋の向かいに出来た新店舗はヤマダ電機でした。ケーズデンキととなりあわせて、激しい競争で家電量販店はお気の毒です。また社員の給料は下がるでしょう。

そんなこんなで、時間の余裕が無くなり集合時間の4時半ぴったりくらいに到着すると皆さんすでに揃っていて少し焦る。私が乗るとすぐに出船。珍しく空いていて3人。

130427turiza.jpg

アジ釣りは伊島沖まで行かずに割と近くの魚礁のようだ。ここは、40センチ級の超大型はあまり釣れないみたいだが、私としては、近くて良い。

超大型は釣れないと言っても30センチ以上のが多いし、型は揃っているので文句なし。何より、水深が浅めなので途中でバレるのが少なく仕掛けの投入回数も多いから数が伸びる。

と言うことで、30分もかからずにポイントに到着、5時頃には釣り開始。

水深は40m弱とのことなので、手釣りでやることにした。

130427tezuri.jpg

潮はゆるいが適度に流れている感じ。

一投目からダブルで釣れたと記憶しているが、はっきり覚えていない。とにかく、朝一から快調に入れ食いで釣れる。

アジ釣りを手釣りでするのははじめてだが、口が弱いからゆっくり上げたほうが良いかと思いきや、もうガンガン早く上げたほうが良いらしい。

いずれにせよ、水深浅いしバラシは少ない。ゆっくり上げても口の穴がひろがってバレるみたいだし。

と言う感じで、とても調子良く、たまにダブルもあり、またアジの活性も良いのか、かなり強い引きで楽しい!

日が高くなって潮が止まると食いも止まるらしいので、早朝に手返し良く釣ることをこころがけた。

130427kandenoki.jpg

風はちょっと吹いていたが強風と言うほどではなく、波もほとんど無くて釣りやすかった。気温も私にはちょうど良かった。

で、気がつけば7時過ぎ、イケスをのぞくとかなり釣れている。たぶん40匹以上はいそうな感じで、もうみやげは十分とれた。

130427ikesu.jpg

他のお客さんも十分釣れたようで、ここからはイサギ狙いに。同じポイントだが、魚礁の真上?に移動してイサギの魚影の上に船をつけてもらって、イサギ狙いに。

いきなり良型のイサギが釣れた。

130427ayasii-hito.jpg

しかし、かなり怪しい人相をしている(笑)。最近、日焼けすると肌がボロボロになり粉が吹いてくるのでしょうがない。

それより、イサギ、美味かった〜・

と、しばらくイサギを狙うが、まだ水温が低いようでイサギも警戒心が強くて道具を入れると逃げて行く様子・・・

で、しばらくするとアジが寄ってきて、またアジの数が伸びる。まあ、何も釣れないよりは良い。

最初気づかなかったのだが、よく見るととなりで釣りしているのは、以前にちょくちょく隣り合わせになった奥○さんだった。

奥○さんはチヌを釣ったりハタ2匹釣ったりとうらやましい・・・

私は、入れ食いではあるが、アジしか釣れない。いや、アジで良いのだが。

まあ、アジを釣る釣り方をしているので、アジが釣れるのは良いことだとは思うのだが、もうちょっと遊んでみたら良かったかな。

短気だからか、アタリが早く出る釣り方ばかりしてしまう。

と、しばらくして、すぐ近くの別ポイントへ移動。こちらは良いイサギが釣れるポイントらしい。

130427mihamaoki.jpg

ここも水深は45mほどと浅いので、まだ手釣りで。

底から5mくらいとのことで釣り開始。

すると、良い型のイサギが釣れた。先ほどの怪しい写真はここで撮ってもらったやつだったかもしれない。

しばらくイサギが釣れたが、時間がたつとアタリが遠くなり、またアジに変わってしまった。

やはりここでもまだイサギは警戒しているようで、道具を入れて何投かしていると群が逃げてしまうようだ。

まだイサギには水温が低いのか、道具になれていないのか

警戒心 > 食い気

と言う感じなのかもしれない。

と言うことで、11時頃だったと思うが、もうみやげも十分釣れたし、もう終わっても良い感じだったが、最後にこれから上向くであろうジャリへ移動。

こちらは水深が60mくらいあるし、久々の手釣りでもう手が限界だったので、竿に持ち替えてやることにした。

さて1投目、着底後、餌を出して5m巻き上げアタリ無し。

もう一度底まで落として、また餌を出しながら3mほどあげてくるとアタリあり、巻き上げると、リールが止まるくらいすごい引き。

何だろうと思って慎重に巻き上げてくると、何と良型のイサギのダブルだった。

これは!と期待したが、その後は続かず・・・

その後1回だけアタリがあり、途中まで巻き上げたが針はずれてバレてしまい、それで終了となった。

(結果)アジ25−35センチを60匹、イサギ23−35センチを20匹

130427chouka-aji.jpg

写真だとあまり大きく見えないが、30センチくらいのまずまずの型のアジが多い。

130427chouka1isagi.jpg

イサギ、よく肥えている。もう抱卵しているが、まだ身にも脂がたくさんのっており、最高に美味しい。

60匹と20匹、どちらも切りの良い数字で縁起が良い?わからないが、イサギが20匹も釣れたのはラッキーだった。

と言うことで、ひさびさの釣り、しかも、個人的にアジがたくさん釣れたことってあまり無かったので、今回はまずまず良型のアジが数釣れて楽しめた。

アジ釣りメインでも、もういっぺんくらい行っておきたいなー。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

感謝感激

一昨日に、いとこからまたアイヌネギ(ギョウジャニンニク)を戴きました。大感謝。

高級ジンギスカンやその他色々入っており、ありがたいことです。

130424ainunegi.jpg

このポテトチップもかなり美味しかった。ラーメンはまだ食べてません。

昨夜はジンギスカンを早速いただきました。ギョウジャニンニクを入れて。うまい。かなり元気になりました。

それにしても、昨日は大変でした。

雨がひどくなると言う予報だったので、自転車でいつもの駅まで行くのはやめて、家のすぐそばの別の路線の駅から行ったのですが、そうなると地下鉄の路線も別のに乗ることになるので、梅田での乗り換えもまた違ってきて、出口を間違えて大変なことに・・・

行けども行けども私の乗りたい私鉄の駅が見えてきません。

左右の車線に別れて人の波が5列ずつ流れていて、Uターンも右折も一切できない状況で、ひたすら流れに流されるのみ・・・

130424rush.jpg

かなり進んでようやくUターンできたものの、反対の出口まで行く道が見当たらず、また改札入って反対の改札から出ようとしたら、駅員に怒られた。

PiTaPaカードと言うポストペイカードなのですが、改札の通り抜けはダメだそうです。

最初は「通り抜けはダメなんです」とか「入ったところに戻れば出られます」とか言って怒っていた駅員さも、私が汗だくでただならぬ形相をしており、その危ない雰囲気を察知したのか、まあ、迷ってやむを得ずだったことを理解してくれたのでしょう、最後は特別に処理して出してくれました。

ところが話はそれだけでなく、帰りの電車もまたラッシュに巻き込まれてしまい、たまたま立った位置が吊革の真下で、電車が揺れるたびに私の後頭部に吊革がゴンゴンと当たって不快だったが、移動できずにもがいていたら、横にいた女子高生がとつぜん私のほうを振り向いてにらみつけてきた。

いやいや、お前なんかに触ってもいないだろう!吊革があたって不愉快なんだよ!

と、そう言いたかったがそれも変だし、黙っていたが、しかし腹が立つから「ちっ」と舌打ちしたら、隣の女子高生は混雑した電車内を遠くへ逃げていった。

周囲は、まるで私が痴漢したみたいな雰囲気。

この怒りを誰にぶつければ良いのだろうか!?ああ哀愁。

痴漢えん罪ってやっぱり多いのだろうなと実感した1日だった。

ここで一句。

気をつけよう、自意識過剰な女子高生。

まあ都会の電車内の空間と言うのが異常なのだと思うが、これもある種の貧しさだと思う。

さて、ついでに書いておくと、液晶部分に水が入って曇るトラブルに見舞われていたリールが修理されてもどってきた。

130424syuuri1.jpg
130424syuuri2.jpg

液晶部分をまるごと新品と交換したらしいが、幸いなことに費用は無料でした。まだ新しいし、当たり前か。

やれやれ。

まあ悪いことばかりでも無いから、今日も元気に頑張ろう。
喜び・楽しみ | Comments(7) | Trackbacks(-)

緊縮財政は間違いだった

金融緩和しても金利が下がらない・・・。とても不安定な挙動をしていた。私も、金利が上がらないと書いた手前少々ひやひやしていましたが、原因がわかりました。旧日銀派の最後の抵抗だった模様です。

ようするに、日銀の体制が変わって経済が良くなってしまったら、自分たちの言っていたウソがバレてしまうから、わざと邪魔していたと言うことです。

突然の金融市場局長更迭は「自爆テロ封殺作戦」!? 乱高下繰り返す長期金利と黒田日銀に何が起きているのか


もう一つ、最近重大な事実が発見された。これは世界経済に大きく影響するだろう。私としては、良い方向に変わるのではないかと期待するが。

要するに、世界中でされている「緊縮財政」が間違いであることが判明したと言う話。

と言うか、少なくとも「政府の累積債務(いわゆる国の借金と言うやつ)が増えると経済全体にとってマイナスであるから、景気刺激策として財政出動するのは間違い」と言う考え方の根拠となった論文がインチキであることが判明。

今、世界中で経済が悪いのに、なぜか緊縮財政が大流行している。日本は言うまでも無いが、ヨーロッパがすさまじい。

イギリスなどは、その論文に従って、景気が悪いのにケインズ的な財政出動はせずに緊縮財政、つまり歳出の無駄を削減して増税すると言う方向で、政府の債務を減らそうとしていた。

それをやれば景気が回復すると信じていたらしい。

でもさっぱり経済は良くならない。

ギリシャやイタリア、スペインも同じで、かえって経済が悪くなり、余計に税収が減ってどんどん状況が悪化している。

それは、世界の主流派経済学の考え方が、「景気が悪くて失業率が高くても政府は財政出動して借金を増やしてはいけないし、それをやるとかえって景気が悪くなる」と言うふうに考えられていたからだそうだ。

私からすると何て非常識なと思っていたが、でもそうするのが正しいと言う根拠となる論文「ラインハートとロゴフの論文」が世界的に影響力を発揮していて、みんなその論文の内容を信じてそれを政策決定の根拠としていたからそうなっていたようだ。

ところが、その論文の内容が間違いと言うか、単なる間違いではなく、まあインチキやってわざとそういう結論を導いた内容であることが発覚。

財政緊縮政策の理論的根拠の間違い 米大学院生が再検証">財政緊縮政策の理論的根拠の間違い 米大学院生が再検証

  ギリシャの財政危機を避けるための緊縮策を始め、アメリカの現政府・共和党の緊縮財政などの理論的根拠は、ハーバード大の二人の著名な経済学者:カルメン・ラインハートとケネス・ロゴフによる論文「負債時の成長」(2010, http://www.nber.org/papers/w15639)なるものだそうである。

論文発表以来、財政緊縮策を正当化するための根拠として広く引用されている。

この論文の主要な結論は、國の総負債額がGDPの90%を超えると、経済成長が極端に低下する、だから、このような負債は何としても避けるべきであるとなる。これを根拠に、例えば、雇用創出より、負債削減の方が国家経済にとっては重要であるということになる。これが、現在の経済危機の根底にある。(バンクーバー・落合栄一郎) 
 
 以下の報告は、この文の最後の記事(*)に基づいている。さて、このハーバードからの論文は、出た当時、様々な経済学者を驚かせ、疑問を抱かせた。それにも拘らず、データはかなり信憑性があるように見え、緊縮政策をとる政治家などは驚喜してこれを論拠にした。 
 
 さて、マサチューセッツ大の大学院生トマス・ハーンドンが、授業プロジェクトとしてこの論文の結果を再現してみようとした。しかし、そのためのオリジナルデータが不足していたので、ハーバード大の教授達に、そうしたデータを送ってくれるように依頼し、送ってもらうことに成功した。それを再検討してみて、彼は、元の論文に様々な問題があることを発見し、唖然とした。 

 彼のクラスの教授達と検討した結果、データの改竄ではないが、データの取捨選択があり、国家それぞれへの負荷の置き方に問題があり、その上、エクセルスプレッドシートの計算方法に間違いがあり、しかも高い負債を抱えているにも拘らず、通常レベルの成長を続けている国家を計算に入れないといった、とんでもないやり方であった。こうした誤りを正して、計算し直してみると、元の論文の結論は完全な間違いであり、負債/GDPが90%をこしても、経済成長率はマイナスになるどころか、2.2%成長となったそうである。 
 
 このような初歩的な間違いに気がつかずに、論文を発表したことが先ず問題だし、それが今まで充分に再検討されなかった上に、それに基づいて多くの国で、財政緊縮策が強行されていること、それが齎している社会混乱。これは、おそらく、ハーバード大という名と、その著名教授という虚名がもたらしたものであろう。彼らが、単なる不注意でこんな間違った論文を作り出したのか、何らかの意図があったのかはわからないが。 
 



もう一つの記事を引用
読書・勉強 | Comments(0) | Trackbacks(-)

新車レポート・2週目

今月7日に納車されたレガシィ・ツーリングワゴン2.5i Eyesight。まだ納車されてから2週間しか経っておらず、走行距離も500キロ少々。

追従クルーズやらアイサイトやらと、色々と機能が増えているので、まだ慣れない部分が多いが少しずつ操作できるようになってきた。

1回だけ給油して、燃費は約11.4km/Lだった。この時の走行距離は400kmくらいで、そのうち高速が半分ほどだから、まあまあ良いほうかな。

前の車より100キロ重たいが、走行モードを燃費重視と加速重視とで切り替え可能になっていて、今のところほとんど燃費重視モードで走行していることもあるのかもしれない。

ちょっと困ったのが、CVT。これが気持良くない。誰かが原チャリみたいな感じと言っていたが、確かに加速の時などそんな感じがする。やっぱり加速には段があったほう・・・。単に慣れの問題だろうか!?

CVTでもう一つ困ったのは、高速走行の時。

普通のAT(多段式のやつ)やマニュアル車ならば、例えば6速で100キロならエンジン回転数はだいたい2300回転くらいで、その結果エンジンブレーキがどれくらい効くかと言うのは何となく感覚的にわかるのだが、CVTだとその都度回転数が違うからエンジンブレーキの感じが予測できない。

段が無いから、車のスピードとエンジンの回転数に一定の関係が無いので。

対策としては、エンジンブレーキを効かせたい時だけマニュアルモードにすれば良いことに気づいてどうにかこうにか。

しかし、このマニュアルモードだが、シフトレバーではできずに、パドルシフトしか無い。

130421paddleshift.jpg

シフトレバーで操作するのが好きなのだが・・・。

まあパドルシフトでもまあ良いとして、しかし、このパドルシフトの質感がちょっとプラスチック風で(関西弁で言うと、ぷらっちっく)なんか微妙なシフト感。カチッとした感触ではなく、スコッペコッとした感じでイマイチだ。

エンジンはまだあまり踏み込んでいないが、踏むと何とも言えないドロドロした音がする。悪い音ではない、いや良い音?踏み込むと結構エンジン音がするので、これは良い。踏まなければ静かなので。

その他、困ったことは、「車線逸脱警報」と言うのがあるが、ウインカーを出さずに車線をはみ出すとピーピー鳴る。

130413hamidashi.jpg

写真ブレまくりだが、メーター中央に黄色で囲まれた「はみだし注意」との表示が出る。

表示されるだけなら良いが、警告音がピーピー鳴って、これがうるさい。

路肩にものがあったりして、よけるためにはみ出すような場合でも遠慮なくピーピー鳴る。あまりにうるさいのでスイッチをオフにした。

それから、前の車両に接近した時にも警報が鳴る。これもうるさい。しょっちゅう鳴る。接近しすぎなのか!?残念ながらこちらはキャンセルできない(キャンセルするとアイサイトが動かなくなる?)ので我慢しているが・・・

その他、追従クルーズコントロールは高速走行時など便利かと思って使っているが、車間距離の調整が・・・。車間距離を3段階で選べるのだが、一番近く設定しても結構空けるので、割り込まれてしまう。

130413cruise.jpg

これは下道を走っている時に練習でやってみたが、これも車間距離を空けすぎるので、もっとつめる設定にして欲しいが・・・。

と言う感じで、まだまだ慣れないが、やはり新しいので良い車です。じゃんじゃん釣りに行こう・・・




ところで、一昨日からツイッターをはじめてみたが、すぐやめるかも。

このブログには、ツイッターをまとめて記事にしてくれる機能があるので、やってみた。そうやってアップされたのが、「04/21ツイートのまとめ」などと言うタイトルの記事です。

しかし、新しいツイートが上に来るのが困る。順番を逆にはできないようで・・・

まだ使い方もよくわからない。

ちなみに、そういうことなので、翌日になれば私が前日につぶやいたものが記事になるので、ツイッターのアカウントを持っていない人でも、翌日になれば私が何をつぶやいたかわかりますので、無理にツイッターのアカウントを取ってフォローする必用も無いと思います。

ブログ更新が少し増えるかと思って、まあ手抜きです。

今後は、ツイッターでつぶやいたものが自動的に翌日にブログ記事としてアップされるので、そこに写真を足してブログ更新とする予定。
自動車日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

ポジショントーク

他人の言っていることをまにうけてはいけないと、私は常々そう思っている。

特に、公の場で発言しているからと言って、また、匿名ではなく実名で発言しているからと言って、その発言が信用できるかと言うと、必ずしもそうではない。

ポジショントークと言う言葉がある。

ポジショントークとは、もともとwikipwdiaによれば

「株式・為替・金利先物市場において、買い持ちや売り持ちの ポジションを保有している著名な市場関係者が、自分のポジションに有利な方向に相場 が動くように、市場心理を揺さぶる発言をマスメディア・媒体などを通して行うことを指す和製英語」

と言う意味らしいが、私はもうちょっと広い意味に解釈していて、知名度の高い人が自分の影響力を見越して真実でない発言をして、周りの人々の心理や考え方に影響を与えることによってものごとが自分に有利になるように運ぼうとすることと言うふうに認識している。

私もこのブログで釣り堀時代にポジショントークを試みたことが何度もあるが、そもそも影響力が乏しいので、まるで効果が無かった(爆)。せいぜい十数人しか見ていないブロガーには無理なことです。

それはともかく、先日、ジョージ・ソロスと言う世界的に有名な投資家にNHKがインタビューして、「アベノミクスをどう評価するか」などと間抜けな質問していたが、彼の発言など典型的なポジショントークなので、そんなもの真に受けるアホがいるのかと言う感じである。

マスコミにあふれている言動は、人気取りとステマとポジショントークだらけと思ったほうが良い。

そこのおじいさん、騙されてはいけませんよ(笑)。

まあ、見てないだろうが。
釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

今週末は釣行せず・・・

今年に入って、釣行のペースが落ちている。今年はまだ5回で、5回行けるだけでも良いだろうとか言われるかもしれないが、月に4回行くこともあった身からすると、ちょっと寂しい。

冷凍庫もさびしい状況になっている。まあ空ではないが。しかし、余裕がかなりあるので、少々釣行が連チャンになっても大丈夫なのだが・・・

まあ、いくら真空パックが良いとは言え、やっぱり魚は新鮮なうちに食べるのが良いから、これくらいで良いのかな!?

月末から連休がはじまるので、それに備えておく必用もありそうだし、今は我慢の時だろうか!?

毎年3月にはバイトが無いために、4月は収入が無い。なので、なるべく節約して釣行も控えなければならないと言うこともあるからこれで良いのだが。

釣り道具もまったく買っていない。

買いたいものが2つある。

まずは、今使っているのより容量の大きいリチウム・バッテリー。


プロックス(PROX) リチウムイオンバッテリー10400mA LIB10400プロックス(PROX) リチウムイオンバッテリー10400mA LIB10400
()
プロックス

商品詳細を見る


先日、アジ釣りで時間延長してもらったのだが、最後のほうでバッテリーが空になってしまった。空になる前から巻き上げ速度も遅くなって釣りにくかったし。

もう一つは探検丸mini。

130419tankenmarumini.jpg

仲政丸にも探検丸が装備されたので、あると便利そうだから欲しいのだが・・・。

車で通勤しなくなったら、仕事の途中で抜けて釣り具のブンブンへ行ったり、仕事の帰りに上島釣具に寄り道したりできなくなったので、余計なものを買わなくてすんでいる(笑)。

しかし、景気の良い話(爆釣報告)などあると、行きたくてたまらなくなる・・・

この週末、明日・土曜日は天気も良くて波も無さそうだが、仕事が休めない。午前中だけなのだが。

あさって・日曜日は、本当ならタケノコ掘りの予定だったが、天気が悪そうな予報なので来週にさせてもらった。よく考えたら、来週からゴールデンウイークである。たった今気づいた。

道路が混むのが心配だが、釣りとタケノコ掘りとの両立も可能だろう。

だから今週に期待しよう。今週の日曜は予報通りに天気が悪いなら釣りにも行きにくいので、自宅でおとなしくしているのが良かろう。

ところでこの前の日曜日に新車の洗車をはじめてして、その後にカバーをかけておいた。

130419cover.jpg

以前はマンションの1階が駐車場だったので屋根があったから良かったのだが、今度は家の前で青空駐車になるのでカバーを買ってみた。

週末しか車に乗らないし、まだ新車なので、最初のうちはなるべく被しておこうかと思ってのことだ。

しかし、こんなのを被してしまうと、車を出すのが面倒になる。しかも、週末は雨とのことなので、せっかくの新車でドライブする気にはなれずに、置きっぱなしになりそう(笑)。

美浜でアジ釣りか、椿でイサギ・グレ釣りか・・・どちらかに行きたかったが。

どちらもよく釣れているので日曜は満員じゃないかと言う気がしてそれもあって、やっぱりやめておこうかと思う。天気も悪そうだし。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

大アジに大サバ

2013年4月13日(土)アジ釣り

仲政丸@和歌山・美浜

日出5:32 正中12:00 日没18:30
天候:晴れ  風向:北  潮:上り〜下り潮  水温:16度  波高:ベタ凪
潮@三尾〜中潮

130413shio.jpg

さて、前回の釣りの後にしばらく車が無かったので、ちょっと釣りの間隔が開き気味になってしまったが、今回が新車が来て以降ははじめての釣りになる。

で、初の長距離ドライブだが、まだ慣らし運転の期間なのであまり回転を上げないように、ゆっくり行こうと思っていたのだが・・・

なんと、爆睡して寝坊してしまってかなりスピードを出してしまった。

一ヶ月点検まではエンジンの回転を5,000回転以上上げないように自主規制するつもりだったが、何度かオーバーしてしまった(汗)。

ディーラーでは、慣らし運転でも特に気をつけることは無いと言われたので、まあ大丈夫だろう。

のんびり慣らし運転のつもりが、寝坊のせいでいきなりフルスロットルでかなり速度を上げることになってしまったが、おかげで集合時間の4時半には間に合った。

で、こんな感じでお客さん多く12人。

130413turiza.jpg

5時頃に出船。ずいぶん内容を忘れてしまったが、ポイントは四国のほう、伊島沖で到着までに1時間ほどかかるそうで、船長の後ろに腰掛けてとものおじさんとしゃべっていると、船頭さんの無線のやりとりで、地震がどうのこうのと言っているので、携帯を見たら緊急地震速報で、淡路島が震度6弱!とある。

これはびっくりと思い、YUKAに電話しようと思ったらむこうからかかってきた(笑)。

まあ、どうも無かったようで一安心。大阪市内はたいしたこと無かったようだ。

で、さらにしばらく走って6時過ぎから釣り開始。

130413ishimaoki.jpg

水深が確か78mだったか75mだったか忘れたが、割と深い。タナも底のほう(底から3−5m)。

潮はミヨシのほうに向かって流れているが、それほど早くは無い。開始からしばらく、入れ食いと言うほどではないが、良型のマアジがぽつぽつと釣れる。

しかし、竿がやわらかすぎて、鉄仮面からエサが出ている手応えが感じにくい。

いつものミヨシを使っているが、水深が深いと竿がやわらかすぎてちゃんとエサが出てない気がしてしょうがない。

だからと言って固い竿にすると、まあエサはしっかり出るかもしれないが、今度はアジがバレやすくなりそうだし、難しい。

でも次はもうちょっと固めの竿を使うことにしよう。

130413sao.jpg

と、2時間ほどぽつりぽつりと釣れていた。アジの型は良い。他の人は良型のマサバもちらほら釣っているが、私には来ず。

ようやくマサバが来たと思ったら30センチくらいの小さめのやつだった。

その後アタリが遠のき、少し上のタナでマルアジがちょっと釣れた。これも30センチ以上あり、サイズは良かった。

と、少し移動して今度は千代丸の隣で釣り開始。ここも水深75mくらいだったと思うが、ここは底から5−8mで釣ってとのこと。

見たところ千代丸のお客さんは、そんなに大きくは無さそうだが、マアジをぽつぽつ釣っている様子。

期待をして頑張るが釣れない。魚探をのぞくとかなり上のほう(水深40mくらい)まで真っ赤に写っているので、もしかしてイサギではと思い、ぐっとタナを上げて45mくらいにしてやるとといきなりヒット!

しかしマルアジだった。そのマルアジの反応もすぐに写らなくなる。

そのうち潮が止まり、下り潮になりかけても釣れず。時刻は11時半くらだったと思うが、あまり盛り上がらず、ぼちぼち終了かな〜とあきらめムードが漂いはじめた頃に、移動することに。

そこから何と30分以上も走って次のポイント。たぶん私ははじめて来たポイントだと思う。

ここは下り潮がわりと早めに流れていた。ここも水深70m以上あり、またまた底から5−8mくらいを狙ってとのこと。

開始1投目、潮が結構早いが、いきなり良型のマアジがダブルで釣れた。これは期待できるかも!

と言うことで、時間はもうお昼をとっくに過ぎていたが、ここが良さそうでようやく釣れたと言うことで、大延長していただき、遅くまで釣らしてもらってみやげを確保。

途中、かなり大きなマサバも釣れてうれしかった。

130413cooler2.jpg

ここでも少し上のほうに反応が出だしたので、そちらを狙ってみると、これはゴマサバだったが、マサバも混じっているだろうと思い浅めをやると、マサバも1本釣れた。ただ、入れ食いと言うほどではなかった。

だんだんと活性は落ちていった感じだが、最後までぽつぽつと釣れて十分な量のみやげを確保することができた。

(結果)アジ26匹(マアジ18、マルアジ8)、マサバ3匹、ゴマサバ1匹

130413chouka.jpg

40センチオーバーのごっついマサバが2本釣れた。

130413saba.jpg

アジもサイズが良かった。

130413aji.jpg

マアジはものすごい脂がのっているのと、そうでもないのと2種類いた。と言うか、この時期のマアジはそんなに脂がのっていないと思っていたので、脂ノリノリのがいたのにはびっくり。

30センチ弱くらいのがすごい脂がのっていたが、全部ではない。3匹食べたうちの1匹だけだったが、こいつはほとんどトロみたいでびっくりでした。

130413ajisashimi.jpg

乗っ込みと瀬付きの違いなのだろうか?釣れたポイントによるのかな。見た目では区別できなかった。

大きなサバも刺身で美味しかった(脂はそんなにのってなかったが)。

130413nigiri.jpg

にぎりにもしてみた。すごい美味かった。

ごちそうさまでした。

爆釣ではなかったが、これくらい釣れたら配るぶんも含めてみやげは十分だし、アジとサバのサイズも良く引きも味わえたので楽しい1日でした。

イサギが本格的になる前にアジ釣りにもう一回くらい行っておきたいが、次はいつ行けるだろうか・・・
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

花見散歩(3)

昨晩は、YUKAが買い物がちょっとあると言ったのと、私も新車での夜のドライブをまだしたことが無かったので、両方をかねて、ついでに花見へ行ってきた。

と言っても大阪市内の桜はもうかなり散っているからあまり期待していなかったが。

場所は、大阪市内の天満橋あたり。あのへんは川沿いに桜の木が多いので、橋の北東側へ行ってみた。コインパーキングに車を止めて川べりへ。

130409hanami1sakura-tunnel.jpg

当然のことながら、もう花見シーズンは終わりで、かなり葉桜になっていたが、ライトアップなどされていて、それなりに綺麗だった。

水上バスもいた、

130409hanami2fune1.jpg

水上バスと天満橋。

130409hanami3fune-hashi.jpg

もう少し東側へ。

130409hanami4sakura-tunnel.jpg

車は通れない人間用の橋。これもライトアップされていた。

130409hanami5bridge.jpg

大阪城が見える。

130409hanami6osakajyou.jpg

川沿いの木がライトアップされている。たぶん桜の木がほとんどだと思うが。

130409hanami7lightup1.jpg

橋の上からライトアップを見たところ。

130409hanami8lightup2.jpg

同じく、こちらは天満橋側(西向き)を見たところ。

130409hanami9lightup3.jpg

もうちょっと早ければ桜が綺麗だったので、少し残念だったが、思ったより綺麗だったので、まあ良かった。

夜のドライブと桜のライトアップを堪能して帰宅した。

来年は早朝に行ってみようと思う。

この近くには造幣局の桜の通り抜けもあるが、あれは来週の火曜日から一週間らしい。

こちらはソメイヨシノではないし人混みだろうし一方通行で歩くだけだしで、あまり行く気はしないが、一回くらいは行ってみても良いかな。

おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

アテンザ燃費報告

2006年3月末から今年の3月末までちょうど7年乗ったアテンザの燃費報告です。

月ごとの燃費のグラフ。

130409nenpi.jpg

う〜ん、なんだかよくわからないので、年度ごと(4月〜3月)にまとめるとこんな感じ。

130409nenpi-nendo.jpg

2006年度 9.5 km/L
2007年度 10.0 km/L
2008年度 10.5 km/L
2009年度 10.5 km/L
2010年度 10.4 km/L
2011年度 10.7 km/L
2012年度 10.7 km/L

1年目は燃費など気にせずに運転していた。2年目もあまり意識せず、3年目くらいから、高速で多少意識するようになったらリッターあたり10.5kmくらいになり、一年目よりは1kmほど伸びた。

とは言え、燃費重視走行に徹することはできていないし、普通の人の運転よりもガソリンを浪費する運転だろうとは思うので、まあこれが限界だったようだ。

年度ごとの走行距離はこんな感じ。

130409kyori.jpg

毎年2万km以上走っていたが、昨年度だけ2万kmを下回っているのは、11月から電車通勤に変えたからと思われる。

通勤だけで年間ようど1万kmは走っているので、残りのぶんが釣りやレジャーその他とでの使用と言うことになる。

7年間で走行距離は 150,747 km。給油したガソリンの量は 14,602 リッターと言うことで、燃費は 10.3 km/L でした。

走った15万キロのうち、たぶん高速が6割、下道が4割ほどだと思われる。それでこの燃費は、果たして良いのか悪いのか。

記念にアテンザのデータを記載しておこう。

マツダ・アテンザ・スポーツ23EX(2005年6月マイナーチェンジ)

新車価格 2,646,000円
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 DBA-GG3S

全長×全幅×全高 4670×1780×1445mm
最低地上高 135mm
ホイールベース 2675mm
トレッド前/後 1550/1550mm
室内長×室内幅×室内高 1915×1500×1180mm
車両重量 1430kg

エンジン型式 L3-VE
最高出力 178ps(131kW)/6500rpm
最大トルク 21.9kg・m(215N・m)/4000rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 2260cc
内径×行程 87.5mm×94.0mm
圧縮比 10.6
過給機 なし
燃料供給装置 EGI(電子制御燃料噴射装置)
燃料タンク容量 64リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) ダブルウィッシュボーン式
サスペンション形式(後) マルチリンク式
ブレーキ形式(前)  ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後)  ディスク
タイヤサイズ(前) 215/45R17 87W
タイヤサイズ(後)  215/45R17 87W
最小回転半径 5.4m

駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
LSD  ---
変速比
 第1速 3.620
 第2速 1.925
 第3速 1.285
 第4速 0.933
 第5速  0.692
 後退 3.405
最終減速比 3.863

10・15モード燃費 12.6km/リットル


2.3Lのエンジンで車と私の体重と釣り道具をあわせて約1550 kgで、あまり燃費を重視したとは言えない運転で、約15万キロを高速が6割、下道が4割だったとして、リッターあたり10.3キロとは、果たして良いのか悪いのか・・・

以上、だから何?と言う話でした。
自動車日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

レガシィ釣りんぐワゴン

2013年4月7日(日)午後2時半頃

当初の予定より1週間ほど早くなったが、レガシィが納車された。と言ってもウチまで持ってきてくれなくて、取りに行ったのだが。

最近の車は複雑になっていて、あれこれ説明を聞いてもまだ十分に使いこなせない感じ・・・

1時間ほど説明を聞いてなんとなくわかったかなと言うくらいだった。

で、そのまま大阪南港までドライブに。

記念撮影をばいたしました。

フロントグリルをメッシュタイプのに変えてみた。

130407legacy0.jpg

130407legacy1.jpg

なんかこのフロントグリルだと、昔の車みたいなルックスになってしまったが・・・まあ良いか。昔っぽいデザインのほうが好きではあるし。

でも、やっぱり普通のグリルにもどそうかな〜。参ったな。

130310legacy-front.jpg

後方はこんな感じ。

130407legacy2.jpg

まあ普通な感じだろうか。

130407legacy3.jpg

マフラーは1本出し。

シートはこんな感じで、本当はファブリックなのだが、シートカバーをネットで購入しておいて(2万4千円ほど)、納車前にディーラーに預けておいて、つけておいてもらった。

130407legacy4.jpg

革ではありません。革調でもないが思ったより質感は良かった。

まあ見た目とかよりも、釣りに行くのに乗ることが多いから、シートにカバーしておいたほうが生地を汚さなくて済むだろうから良いかなと思ってのことだが。

130407legacy5.jpg

内装は、なんちゃってシートカバーの効果もあるのか、前の車よりはずいぶん良い感じだが、新型クラウンに乗せてもらった直後だったために、そんなにオドロキは無かったが・・・

130407legacy6.jpg

ステアリングまわりにスイッチ類などが密集しており、かなりごちゃごちゃしている。

130407legacy7.jpg

トランクはワゴンの割にはそんなに広くないような気もするが・・・。

130407legacy8.jpg

前のアテンザがハッチバックで、FFだったためにかなり容量が大きかったので。それより少し広いかなと言うくらいにしか感じないが、まあ船釣りには十分だろう。

これからよろしくお願いします。
自動車日記 | Comments(7) | Trackbacks(-)

クラウン納車

えー、レガシィをキャンセルして新型クラウン・ハイブリッドのほうを納車してもらいました。

後ろはいままでのとあまり変わらないような感じがしましたが・・・

130406crown-r.jpg

顔つきはかなり個性的ですね〜

130406crown-f.jpg

って、もちろんうちの車ではない。

少し乗せてもらったが、高級車と言う感じ。やっぱり高い車は良いですなー。当たり前だが。

青いエンブレムが示す通りハイブリッド車なので、かなり重たいようで、車検証を見せてもらったところ、たしか1650kgだったと思う。

でも、それで燃費はリッターあたりカタログ値で23km以上(JC08モード)だから車重1トンそこそこのコンパクトカー並ではあるが、納車後(まだ2週間ほどで走行距離は数百キロ)の実燃費は13km/Lとのことだが。

ただ、聞いてみるとほとんど街乗りのみで高速走行は少ないようだから、それを考えるとかなり優秀な燃費ですな〜。

個人的には電池のせいでトランクが狭いので、釣りに使うはちょっときびしいかなと思ったがどうだろう。まあどうせ買えないが(笑)。

エンジンは2.5Lだが、3Lターボ並のパワーもあるとか。でもそれならなおさら、やっぱり重さが気になる。動くものはやっぱり軽いほど良いので。

その点、新型アテンザのディーゼルはもっと安いし軽いしパワーもあるし燃費もかなり良い。が、FFだし、そこまでパワーはいらない。高級感もクラウンと比べるとかなり負けている(比べるのがおかしいが)。

アテンザはメーター部分の情報ディスプレイが白黒だったりして、レガシィと比べても見劣りしていたので、それはいただけないなと思ったが・・・。そのぶん、価格は抑えられていて私には魅力だったが。

レガシィ・ツーリングワゴンのNAモデルの場合、高級感・パワー・燃費性能のいずれもそこそこと言う感じだが、言い換えれば全体のバランスは良いと言うことじゃないかなと思っているし(汗)、ターボじゃないから落ち着いて真面目な印象?で年相応かなと。ちょいワルおやじとかには絶対に思われたくないし。

なのでアテンザにしなかったことを後悔はしていないし、またクラウン・ハイブリッドと比べてコンプレックスを感じることもない(たぶん)。

と言うか、前の車の車検を通してもうちょっと乗り続けたら良かったかな〜、とそこが引っかかっている。通勤で車を使わなくなったので以前ほど距離は乗らないから。

まあ、そうやって途中で壊れてしまうかもしれないし、うじうじするのはもうやめよう!

と良いながら、たぶん今後もやめないだろう。後悔するのが人間です。私は、後悔することは悪いこととは思っておらず、むしろ良いことだと思っている。

ウジウジ後悔するのは、他人からは疎まれるだろうしそういう人間は私も見ていていやだが(笑)、私は後悔しまくるし、しまくるのは良いことだと思っているから今後も変えるつもりはない。

後悔して徹底的にその行為を掘り下げるから、次につながるわけです。

とにかく、私はやたら後悔する自分の性格を反省したり改めたりする気は一切無い!

と言うことで、どうでも良い話はやめにして、午後から車を引き取りに行ってくるが、午後になっても天気が回復しないようなら明日にしてもらおう。

自動車日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

今日・明日は大荒れ

明日が納車なので、今日も明日も釣りに行けずに残念と思っていたら、どっちみち爆弾低気圧が襲来とかでどこも出船していない。

爆弾低気圧・・・この呼び方はいつからだろうか!?

130406bakudan.jpg

この時期にはよくあるようだ。

以前までは3月下旬に北海道へ行っていたが(安いので)、低気圧が巨大になって飛行機が揺れる日が結構あるからやめにした。

今回は、今晩から明日にかけてひどいようだが納車が明日の午前中なので、ちょっと延期してもらおうかな。

風で何か飛んできていきなり車がへこんだりしてもいやだし。

納車の後にドライブなんて考えていたが、ちょっと無理そうで残念。

来週には釣りに行く予定だが、こんな爆弾低気圧は今シーズンこれっきりにして欲しい。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

負け犬根性

「負け犬」と言う表現をすると、犬好きな人は怒るのだろうか?

先日テレビで犬好きと猫好きの人についてとりあげていたが、はっきりした内容は忘れたが、犬好きの男と猫好きの男、どっちが良い夫になるか、みたいな話だった。

たぶん出題者が犬好きだったのだろう、猫好きの悪口を言っただけの内容で、この出題者も怪しい脳科学者だから、だれも彼の言うことは信用しないだろうが、ぼーっと見ていると知らないうちにすり込まれるかもしれない。

ちなみに私は犬も猫もどちらもほどほどに好きであるが、飼うほど好きではない。

そして、どちらも嫌だと思うのは、人間に似た部分がある点。

犬と言うのは人を区別すると言うか、あきらかに序列化して、こいつは自分以上、こいつは自分以下と言うふうに判断する場合があるように思う。

ペットに癒やされたいのに、そういう人間の持っているいやらしさと同じものを見させられると、いくら自分になついて来ても、かなり微妙な気分になってしまう。

かと言って、猫は猫でまた問題が多い。

まあ自分勝手である。

と、こう書いたが、昔うちで飼っていた猫はそんなに自分勝手ではなく、誰彼かまわずになついたのもいるので、個体差もあるから、断言はできないかもしれないが。

ただ、まあ人間と似たような部分があるから飼っていて家族の一員として扱えるのだろうというのはよくわかる。

正直、爬虫類とか両生類とかを飼う人の気持ちはまったく理解できない。鳥類もかなり微妙。

まあ昆虫とかザリガニとか魚とかを飼うのは理解できるが、これはペットとはちょっと違う目的だろう。

なんか完全に話がそれてしまったが、「負け犬」の話に・・・

ずいぶん前からだが、教育関係者よりもむしろ財界人に多いのだが、小学校から英語教育をしろとか言う人がいる。

グローバルな人材を育てるとか言って。

TPPなんか入ったらますます英語を強制されるようになるかもしれない。

英語ができないと食って行けなくなるそうだ。

しかし、それって完全に負け犬根性と言うか、最初から負けている発想だと思うのだが。

迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

マイコン!?

電車に乗っていると、アナウンス広告と言うのか、次はどこそこへ停まりますと言うアナウンスの際に、そこらへんにある店などが紹介される。

次は○○〜、××へお越しの方は、次でお降り下さい。

その××へ行ったためしが無いが、そんなアナウンスを聞くとも無しに聞いていると、

「マイコンのコーハラ」

と言うフレーズが聞こえてきた。

今時マイコンなんてあるのか!?とびっくり。

昔はパソコンのことをマイコンと呼んでいた。てっきりマイ・コンピューターを略してマイコンかと思っていたら、違ったようだ。

マイクロプロセッサーを使ったコンピューターだからマイコンだったらしい。

こんな人もいました(笑)。

130405mycomdeka.jpg

それから、太陽にほえろとは何の関係も無いが、こんなマンガもあった。

130405mycom-deka-comic.jpg

脇にかかえているのがマイコンだろうか!?持ち歩くには、かなり邪魔くさいと思うが(笑)。

いやー、でも懐かしいですな。そう言えばポケットコンピューターの略でポケコンとか言うのもあった。

などと思い出しつつ、未だにマイコンを扱っている会社はどんな会社なのか、そしてどんなコンピューターのことをマイコンと称しているのかと、まあおぼろげに思っていたのだが・・・

そう思っていて数ヶ月、最近ちょっとした頂き物があり、それが食卓に上った。

130405my-konbu.jpg

まあ、ちょっと上等っぽい昆布の佃煮のようであり、なかなか美味しかった。

で、ふとパッケージを見ると「舞昆」と書いてある。

「ぶこん」と読むのかと思ったら、「まいこん」と読むらしい。

ん?まいこん・・・マイコン!?

よくみたら、「舞昆のこうはら」と書いてある。

「マイコンのコーハラ」ではなく、「舞昆のこうはら」だったのね・・・

いやー、びっくりした。

舞昆、なかなか美味しいです(汗)。

驚き・恐怖 | Comments(2) | Trackbacks(-)

散瞳中

今日は午後一番で目の検査、数年前に網膜剥離予防の手術(と言うほどでもないが)をしたので、毎年一回の検査である。

矯正視力は変わらずだったが、この視力検査では老眼はわからない。

私の左目の神経の形?がどうも緑内障になりやすい人の感じらしく、視野と眼圧も検査してもらっているが、これらも正常とのことで、今のところ心配は無いらしい。

で、眼底検査するためには産道しなければならず、散瞳薬を点眼するが、これをすると同行が開くだけではなく、ピント調節もできなくなるので、ちゃんと見えないからパソコン仕事ができない。

なので、まあ掃除したり肉体労働的なことをしたりしているが・・・あまり明るいところへ行くと、産道しているので眩しい・・・

肉体労働にもちょっと疲れたので息抜き?のためにブログをちょっと書いてみたが、ピントがぼやけて見えないので、タイプミスだらけで滅茶苦茶になっているかもしれない。

あと数時間して自分の書いたこの文章をチェックして、一体どれくらい性格に打てているかを試す予定(笑)。

さて、休憩は終わりにして、力仕事をしてくることにしよう・・・

迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

デフレ脱却!?

昨日と今日で、新しい日銀総裁・副総裁の体制のもと、はじめてになる日銀の政策決定会合が行われている。

アベノミクスの3本の矢のうちの1本である金融政策が本当にちゃんとはじめられるのかどうか、今回でだいたいわかるだろう。

今までは単に期待だけで動いてきたが、具体的な話はこれからだから。

少なくとも、日銀が決めている変なルール(日銀券ルール)を撤廃するとか、無期限ではなく無制限の緩和にするとか、日銀当座預金についている0.1%の金利をなくすとか、「物価目標2%」の物価指数をコアコアCPIにするとかして欲しいものだ。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

老化が加速中(笑)

どうも最近、老化現象が加速している。

電車通勤にしたら運動になって若返るかと思ったが・・・

たしかに、体重は少し落ちたし顔の肉も以前よりは減ってすっきりしてきたので、表面上は少しましになったかもしれない。

先日も「にいちゃん」とか呼ばれたし。

ただし相手はおばあさんだったが(爆)。

ちなみに私は別に若く見られたからと言ってまったくうれしくはない、むしろ逆である。やっぱり若くみられるとどこか軽く見られてしまうところもあるし・・・

で、見た目の若さはどうでも良いのだが、問題は体のほうの若さである。

そちらがやばい。

まず、ハゲてきた。

いや、ハゲがさらに進行したと言ったほうが良いかもしれない。

てっぺんがやばいのは以前にも書いた通りだが、最近では、額の左側のはえぎわが一気に後退した。

両側が同じくらい行くなら良いのだが、何故か左側だけ・・・

(左側・ハゲ際)
130403hidari.jpg

右側も決して安心できる感じでもないが、こちらは昔から変わっていないし、はえぎわがまだ揃っている。

(右側・生え際)
130403migi.jpg

(左側・ハゲエリア)
130403hidari2.jpg

左側のほうは、生え際がバラバラだし、なぜか左側のほうが全体に髪の毛が少ない。これは昔からである。そして明らかにこちらのほうが右側の髪の毛よりも明らかに白髪が多いし、縮れていたり細いのとかも多い。

昔から左側のほうが剃りこみがきつかったし揃っていない感じで綺麗ではなかった。左側が自然な分け目になっているようで、ある程度はしょうがないのだが・・・

ちょっと前までは髪の毛が多すぎの太すぎで本当に困っていて、もうちょっと減ってくれたらとか思っていたのだが、まさかてっぺんと額左側だけが重点的に減ってしまうとは・・・

本当に、せめて均等に行って欲しいと思うのだが・・・

これ以上は減らないように祈るのみである。

そういえば、父が頭に育毛剤をふりかけはじめたのは確か40代半ばくらいになってからだった。

それから、視力も低下、老眼が入ってきたことはこれも以前に書いた通りだが、最近では耳もおかしくなってきた。耳鳴りがひどい。不規則で低音の耳鳴りなんで、なんかヤバそうだから怖いのだが・・・

また、胃腸も衰えたのか、ちょっと脂っこいものを食うともたれてしんどくて大変になる。昔はそんなこと一切無く、食べ放題だったのに。

と言う感じで、頭、目、耳、胃腸と急激に老化が進行している。

逆に、老化してもいないのにダメになったと言うか、まだ新しいのにLED電球が切れた。

130403konandame.jpg

LEDは省電力だけでなく長寿命だから高くてもコストは安くなると聞いて、よく消し忘れるトイレの電球をわざわざLEDに変えたのに、使って一ヶ月もしないうちに切れた。

LEDは長寿命などと、大嘘つきもいいところだ。それともよっぽど運が悪かったのか、コーナンブランドの安物(それでも裸電球よりは高い)を買ったのが悪かったのか・・・

文句を言うにもレシートなどもう無いし、買って一ヶ月も使っていないと言う証拠が無いからどうしようもない。

いや、数百円が惜しくて言っているのではなく、寿命が長いなどとウソつかれたのが腹立つのである。

まあ、今度コーナンへ行く時に持って行って文句だけは言ってやろうと思っている。電球にちゃんと「コーナン」と書いてあるし。

・・・と、ここでグチってもしょうがないか。コーナンには、いつも世話になってるし、良く行くし好きな店の一つではあるから。

暗い話題ばかりでも何なので、明るい話題を・・・と思ったが、さして無い(爆)。

食べたアサリが美味しかったくらいだろうか。

130403asari.jpg

酒蒸しして美味いのは良いアサリです。

それから、新車の納車が4月7日(日)に決まった。

130310legacy-front.jpg
(これは試乗車)

予定より1週間早かった。まあ万が一を考えて長めに言っていたのだろう。

と言うことは、土曜日は仕事だし日曜日は納車だしで、今週末も釣りに行けないことが確定・・・

YUKAには、納車の後にドライブをかねて、ニジマス釣りでも行こうと言ったが却下された。釣り無しのドライブにしてくれと・・・

まあ再来週は釣りに行けるだろうから、少しくらい我慢するか。

車の購入で散財してしまったし、今年一年くらいは釣りも控えめにしなければ・・・
哀愁 | Comments(3) | Trackbacks(-)

花見散歩(2)

前日(30日)には通りがかった公園で思いの外、桜を満喫できた。花見は散歩程度が一番良い。

さて、翌日の日曜日(31日)、当初は釣りを予定していたが、いろんな理由からやめにしたので、ぽっかり時間ができた。

家で仕事をしても良かったのだが、それほど急ぎのものは無かったし、どうしようかと思って、こういう時には私の場合は、ネットカフェへ行くことが多い。

もちろんネットなど家でできるから、そのために行くのではなく、そこはマンガもたくさん置いてあるので、それを読みに行く訳である。

車でそこへ向かう途中、ふと満開の桜が鳥居越しに目に入った。すぐ近くに大阪護国神社があって、そこの桜だった。

130331jinjya2.jpg

帰りに寄ってみることにして、とりあえずはマンガを読む。

9時過ぎから4時前まで7時間近くもびっちりと、一人でマンガを読んでました(笑)。

ただ、残念なことに、以前あったランチ(380円)が無くなっており、食事のメニューが高くなっていたこと。さして美味しくも無いカツカレーに690円も払わねばならなかった。

読んだマンガはこれ。


黄昏流星群 (1) (ビッグコミックス)黄昏流星群 (1) (ビッグコミックス)
(1996/08)
弘兼 憲史

商品詳細を見る


正直言って、気色悪い話が多かった。3割はゲテモノストーリー。3割がまあ面白いかなと言う印象(個人の感想です)。

気色悪い話があると読むのをやめようと思うが、たまに面白いのもあるので何冊か読んでしまった。

シルバー層の恋愛物語と言う挑戦的なマンガではあるが、正直、いい年こいて恋愛とか止めて欲しい。

そもそも恋愛は素晴らしいみたいな単純な思考が蔓延しているが、そういう女子高生みたいな発想は本当にやめたほうが良いと思う。

だいたいこの原作者の作品にはそういう浮ついた発想の話が多いように思う。

え?嫌なら読むなって!?

まあ、そうですな。

それでも、課長島耕作は面白かったが、出世してゆくにつれて話がつまらなくなったので最近は読んでいない。

と、そんなどうでも良い話はやめにして、4時頃だったか、店を出た。

7時間ほど過ごして昼食(約700円)を食べて確か2,700円ほどだったと思う。釣りに行くよりは安いが・・・釣りほどの収穫は無し(笑)。

そこから歩いて大阪護国神社へ向かった。5分もかからずに到着。

130331jinjya1.jpg

やはり神社仏閣には桜がよく似合う。

130331jinjya3.jpg

ブルーシートを敷いた花見客などもいないし、桜をながめながら沈思黙考するにはちょうど良い。

130331jinjya4.jpg

場所は微妙に違うが 「春の梢に、咲いて会おう」 ・・・と言う感じだろうか。

130331jinjya5.jpg

さすが護国神社だけあって、こんな特徴的な碑もあった。

130331jinjya6.jpg

プロペラに、左側にはロケット(ミサイル)みたいなのも・・・

あと、ちょっとびっくりしたのはこれ。

130331jinjya7.jpg

これって大丈夫のだろうか?

天皇陛下が御拝と書いてあるが・・・御拝の間違いでは!?

参拝の参るは謙譲語で、天皇の場合には使わないと聞いたことあるが。

とまあ、気になることはあったが、綺麗な桜を見ることができて満足して神社を後にした。

ところが、その帰りに、途中にある競艇場からワンサカ人が出てきた。レースが終わったようだ。

130331boatrace.jpg

こんなものではなく、もっとすごい人波みだった。しかも普通の人波と人の種類が違っていた。ほとんどが60歳以上(に見える)の男性で皆がグレーか紺の作業着のような服装をしていた。

そして、笑顔で帰って行く者はほとんどおらず、肩をすぼめて駅に向かう者が多かった(気がする)。

中には同じ駐車場に車を停めている者も多いようで、おかげで帰りに出庫が重なり、プチ渋滞に!駐車場から出るのに難儀した。タイミングの悪いこと!

で、帰りにはスバルに寄って代車を返して帰宅。

読んだマンガは失敗だったが、のんびりできた一日でした。
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

花見散歩(1)

3月30日(土)、ぼちぼち桜が満開との話を聞き、買い物帰りに近所の公園に寄ってみた。

130330momogaike1.jpg

130330momogaike2.jpg

130330momogaike3.jpg

思ったよりたくさん桜の木があり、よく咲いていたのでちょっとびっくり。予想外に良い景色だった。

130330momogaike4.jpg

ちなみに、こちらはこの土日に借りていた代車。

130330kei.jpg

最近の軽自動車は良くなりましたな。

私も昔、免許取ってから2年間は軽自動車に乗っていたのだが(ダイハツ・ミラ)結構大変だった。

あれに4人乗って京都と奈良を往復することしばしば。

小さくて狭いし遅いからしょっちゅう後ろから煽られるし難儀した記憶がある。

納車のその日に後ろからパッシングされて乱暴に追い越されたので、腹を立てて追いかけて追い抜き返して「ざまあ見ろ」的に勝ち誇っていたら、すぐに信号で止まってしまい、その車から怖いおじさんが降りてきて、「こらー、なめた真似しくさって、このボケ!」と言ってドアを蹴飛ばされていきなりドアがへこんだ(涙)。

「こら〜、降りんかい」と言ってドアをどんどん蹴られ続けたが、車を降りて格闘する度胸は無かったので、信号が変わるとダッシュで逃げた(笑)。

円広志に似たおっさんで、今でも円広志を見るとあの時のことを思い出して腹が立つ。

また、軽自動車は小さくてコンパクトなのは良いが、私は比較的体が大きいほうなので、軽に乗っているとびっちり詰まっている感じがして、友人らからよく笑われたものだ・・・。

そんなこんなで、それ以降は二度と軽には乗らないと思っていたが

あれから20年近くも経っているのだから当然かと思うが、その間に、軽自動車の規格が見直されて排気量もサイズも少しずつアップしたし、良く走るようになった。

長距離の移動がメインでなければ、軽自動車で十分だなあと思った。

今回、我が家の財政規模から言うとかなり高すぎる車を買うことにしてしまい、今頃になって後悔している。中古とかでも良かったかな、とか。

昔と違って、車を買い換えても特別興奮することもなく、ときめきも一切無い。だいたい、頑張って買いたい!と思うような車がじつは無い。

今後、ハイブリッドカーや電気自動車などがさらに普及するようになって他に選択肢が無くなれば、私はむしろ車なんか積極的に運転したくないと思うようになりそうだ。

そうなったら、本当に最小限のものしか買わなくなるだろうから、なったらなったで余計な金を使わずにすむから良いかもしれないが。

さて、そんなつまらないことは置いて、花見散歩の後で帰宅してみるとうれしい頂き物が・・・

大量のアサリ(なんと3.6kg)。

130331asariget.jpg

ジャガイモとラーメン。

130331ramenget.jpg

どうもありがとうございました。大感謝であります。

さて、翌日はYUKAがクレイクラフトのレッスンで不在だったので、私一人ででかけることに。

最初は釣りも考えていて、ETCが付いてないし軽だしで和歌山まで行くのはやめにして、大阪湾でと思ったが、メバル釣りはする気になれないし、ならば今年はまだ釣れている大阪湾のタチウオとも思ったが、迷って結局はやめにした。

で、日曜日はネットカフェでマンガなど読んで一人で半日をつぶした。たまには良いもんです。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)