カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
      
≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

さらばアテンザ

2013年3月25日(月)。翌日には車検が切れてしまうアテンザの引取のために大阪スバル帝塚山店の営業マンA君がやって来た。

最終の走行距離は15万747キロ。

130324mycar-km.jpg

ガソリンはもっと空にしたかったが・・・

御坊からの帰りの高速途中でガス欠にでもなったら大変と思いちょっと多めに給油したのが失敗だった。たぶんまだ10Lくらい残っているだろう。

このぶんのガソリンを今度の新車に入れて納車してくれないかと思ったが、次のはレギュラーだから、レギュラーとハイオクを混ぜるのはあまり良くないとか聞いたことあるし、まあそこまですることないから良いか!

前日のうちに新居と記念撮影しておいた。

130324mycar-house3.jpg

ちなみに、ナンバープレートの番号はPhotoshopで細工して変えてあるので、実際とは違います。

引渡はこの撮影の翌日の午後7時と言うことなので、職場を6時頃に出て7時前に帰宅、スバルの担当者が来るのを待つ。

7時ちょうどに取りに来てささっと中身などを確認、問題なく引渡が終了。

去って行く後ろ姿を撮影しようと思ったら、シャッターのタイミングが間に合わなくて、右折して見えなくなった後に、後続の別の車両を撮影してしまった・・・

130324mycar-saraba2.jpg

さようならアテンザ君、7年、15万キロの移動をありがとう。

最初の頃には細かいトラブル(カタカタと振動する音)などあったが、最近は何のトラブルも無く快適に走ることができていた。

なので、本当にこれで良かったのか、車検を通しても良かったのでは!?

・・・と言う気持が無いわけではないが、まあそれくらいでお別れしておくのが良いのかもしれない。深刻なトラブルに見舞われてからよりは良いだろう。

目先の出費を抑えること(リストラや構造改革)ばかりに熱心で、将来への投資をせずにかえって長期的には利益を大きく減らしている日本企業や、かえってデフレを深刻化させて税収を減らしてきた日本政府みたいになっても困るし。

それにしても15万キロとは良く走ったものだ。

前の車はたしか12万キロくらいだったと思うが、これも同じくらいのペース(1年に2万キロ以上)だった。

しかし、今度の車はそんなに走らないだろう。通勤で車を使うのをやめたので。この通勤だけで年間に1万キロほど走っていたから、それがなくなるので、まあ今度は半分以下のペースになることを期待している。

もう7年で15万キロも走らないだろう。

地球と月の距離は38万キロなので、月までの半分も無いが、地球の一周は4万キロなので、まあ地球を4周近くも走ったことになる。

この後は廃車にされるのかどうなるのかわからんが、長い距離をお疲れ様でした。

ちなみに、面倒なので車内の掃除と洗車は省略しました(汗)。

自動車日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

愛車送別旅行(5)和歌山ラーメン

(5)和歌山ラーメンとイサギ

時刻は11時半になろうかと言うくらいで、ちょっと早いが和歌山ラーメンを食うことに。

さて、どこへ食いに行こうかと思い、いつも前を通っている「ラーメン巨人」と言う店に入ってみようと思ったが、開店していなかった。

まだ早いのかと思って、100円ショップで時間つぶしたりして(YUKAは買い物があった様子)お昼まで待ってみたのだが、日曜日は休みなのか、開店せず。

しょうがないので、国道42号線沿いをちょっと走ってみたらすぐにラーメン屋があり、そこに決定。

130324ramen1.jpg

見た感じ、典型的な和歌山ラーメンのルックスだったので安心。

130324ramen2.jpg

普通に美味しかった。

130324ramen3saba.jpg

サバの早寿司も定番。

さて、この後は港へ寄って船長にあいさつ(?)しようと思って行ってみたが、まだもどっていなかったので、少しだけ煙樹ヶ浜で待ってみることにしたら、船が帰ってきたので港へ行ってご挨拶。

たいしたものではないが高野山のものを進呈したところ、どう考えてももっと高価なイサギを逆にいただいてしまい(全く遠慮しなかったが)、大感謝です。

130324isagi.jpg

この日は水温上昇でイサギが良く釣れたとのこと。

乗船していたOさんもご機嫌でクーラーの中身を見せてくれました。私は先日イサギ釣りでツ抜けすらできなかったので何ともうらやましいことだが(かわりにアジが釣れたからまあ良かったが)、釣りたての美味しそうなイサギを頂戴したので、晩飯が楽しみに!

この後は翌日に車をディーラーへ引き渡すための準備、掃除したりし中身を出したりしなければならないので、お昼すぎには御坊を後にして早めに帰宅。

車から荷物を出して引き渡せる状態にした。

で、晩飯は豪華なイサギ料理を堪能。

釣れたてをカルパッチョにしてもらった。

130324carpaccho.jpg

いつも、釣れたては刺身にして、カルパッチョは翌日以降に食べることが多いので、今回は超新鮮なやつをカルパッチョにしてもらった。

やっぱり美味しいですね〜

そしてムニエル。

130324munieru.jpg

いつもは、これまた最初に塩焼きなのだが、今回は最初にムニエル。イサギは何しても美味いっすねー。

と、予想外に新鮮なイサギを堪能できてラッキー。

いつも日帰りで行っている御坊あたりへ、プチ旅行と言う感じだったが楽しめた。釣りではどうしても帰ってからの後片付けや魚の処理を考えると、少しでも早く帰りたい一心で、ほとんど寄り道もせずにいつもまっすぐ帰るので、こういう機会でも無いと周りを見ることができない。

あとは翌日にスバルのディーラーマンに車を引き渡して終わり。
外食 | Comments(2) | Trackbacks(-)

愛車送別旅行(4)道成寺

(4)道成寺

さて、宿では朝食後の朝風呂に入った後にチェックアウト。御坊エリアの観光スポットである道成寺へと向かった。

お寺のある場所は御坊市ではなく正確には日高川町になるようだが、JRの御坊駅からわりと近いところにある。すぐ前の有料駐車場に停めてしまったが(1日500円)、境内のすぐわきにお寺の無料駐車場があることが後でわかった。

130324dojyoji0kaidan.jpg

お寺に入るには、上の写真のようにわりと傾斜のきつい階段をのぼらないといけないので、足の悪い人のためのことを考えての駐車場とのことだが、空いていたのだから利用したら良かった。

それはさておき、境内に入ると正面に本堂が。

130324dojyoji1hondou.jpg

ちょうど本堂の中を無料公開しているところでタイミング良かった。本堂の中では文楽をテーマにして特別展示が行われていた(写真撮らず)。まあ、文楽とかわからないしほとんど興味は無いのだが(汗)。

ここは天台宗のお寺と言うことで、比叡山の寺と同じ宗派になるのかな。わりと古くからあるお寺のようで、雰囲気ありました。

ここも日ノ岬と同じく桜が咲き始めで、今週末くらいが見頃なのではないかと思う。一週間ほど早かったが、十分きれいだった。

130324dojyoji1keidai.jpg

130324dojyoji1sakura1.jpg

130324dojyoji1sakura2.jpg

割と空いていたが、帰りに入れ替わりで観光バスからたくさんの参拝客がゾロゾロとやってきた。混む前で良かった。

130324dojyoji3.jpg

階段を下りると土産物屋が数軒並んでいて、観光地のみやげ的なのは買わず、伊予柑とポンカンのハネ品(傷物など見た目が悪くて安いやつ)を買って寺を後にした。

時刻は11時半になろうかと言うくらいで、ちょっと早いが和歌山ラーメンを食うことに。

(つづく)
おでかけ | Comments(3) | Trackbacks(-)

愛車送別旅行(3)クエ

(3)クエ鍋

さて、日ノ岬から日高町のクエの宿までは30分もかからなかったと思うが、4時過ぎに到着。

1303230yado0.jpg

部屋は広いが、宴会場の一部を取り外し可能な壁でしきっただけの部屋なので、隣の声がつつぬけ。

1303230yado1.jpg

ただ、隣の部分には宿泊客はおらず、食事の部屋として使用しただけだったので、宴会の時間を除いて誰もいなかったから静かに眠れた。

まあ、夕食の時間(7時〜9時過ぎ)はかなり騒がしかったが、その間にはこっちも食事して風呂入ってだったので、そう気にならなかったが。

しかし、部屋から見る夕陽はきれいだった。

1303230yuuhi.jpg

都会ならば単なる西日の入る部屋にすぎないが、このロケーションだとそれが「夕陽の美しい部屋」と言うことになるのですごい。

綺麗な夕陽を見ながら食事開始!私らは部屋食だった。

1303231kuenabe.jpg

さて、予算の都合(笑)で若干けちったためにクエ鍋の他には胃袋の梅肉和えがクエだっただけで、あとはクエではない。

刺身はサゴシとカンパチだったと思う。

それはともかく、やはりクエ鍋は最高にうまかった。

1303231kuenabe2.jpg

アラのまわりが何故かすごく脂がのっている。

皮がぷるぷるして美味い!味が濃いです。

いやー、クエ鍋最高。

このクエの味がたっぷり出ただし汁で最後は定番の雑炊。

1303231kuenabe3zousui.jpg

個人的には海苔は入れないほうが良かったのだが・・・まあそれでも美味しかった。やはりこれで腹一杯です。

で、腹一杯食って満腹になり、爆睡。

翌朝の朝食です。

1303242chousyoku.jpg

朝食は普通でした。

それはともかく、やはりクエは最高に美味かった。

なので、これから毎年1回はクエ鍋を食べに和歌山に来ることに決定!

ただ、今回みたいに宿泊もしてしまうとかなり高額になってしうので、次回から宿泊は無しにして、そのぶんクエ料理だけを堪能したいと思う。

N丸の船長が良いところを知っているそうなので、来年はそこへお邪魔することにしよう。

今から楽しみだ(笑)。

さて、次は道成寺です。

つづく・・・
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

愛車送別旅行(2)日ノ岬

(2)日ノ岬

煙樹ヶ浜を出たのが2時半で、宿のチェックイン(4時)までには早いので、日ノ岬へ行ってみることに。

日ノ岬の周辺は海鳥なんかもいたり釣り人もいたりで、やはり釣りの絶好のポイントのようだった。

130323hinomisaki0iwa.jpg

日ノ岬の灯台のそばまで行きたかったのだが、そちらの道は段差ができて車が通れなくなっていた。段差あり通行できないと書いてあったが無視してずんずん進んだら本当に高い段差になっていてすすめなかった。

細い道だったのでUターンなどできるはずもなく、結構長い距離をバックして戻ったので首が痛くなった。側溝にはまりそうになったり、転落しそうになったりで冷や汗ものでした(笑)。

と言うことで、日ノ岬の山の上のほうにある「日ノ岬パーク」へ。ガードレールの無い道でちょっと怖かったが、無事に到着。見晴らしは良い。

130323hinomisaki1.jpg

130323hinomisaki11.jpg

130323hinomisaki111.jpg

日ノ岬パークは、ちょっと寂れた公園と言う感じで、昔は観光客でにぎわっていたのかもしれない。

桜の木はそんなに多くは無いが、ちょうど咲き始めていて良い感じまであと少し。もう2−3日したら見頃でしょう。

130323hinomisaki5sakura1.jpg

130323hinomisaki5sakura2.jpg

展望台と言うほどでも無いが、建物の2階から見渡せる部分があり、こんな感じ。

アイノセ方面。
130323hinomisaki1ainose.jpg

130323hinomisaki2.jpg

黄砂なのかPM2.5か、それとも単なる春霞か何かわからないが、もやがかかっていて視界が悪いのが残念。雨上がりなら良いかもしれないが、この時期の雨上がりは北風が吹いて寒いので、まあしょうがない。

この日は暖かかった。

楠井沖方面。
130323hinomisaki3nanki.jpg

130323hinomisaki4.jpg

午後からだったので船はあまり見えません。午前中に行ったらもっと船が見られたかも。べた凪・好天で絶好の釣り日和・・・

公園らしく、キリンのオブジェもあったり・・・

130323hinomisaki6kirin.jpg

この他、亀のオブジェもあったが、私には不気味にしか見えなかったので撮影せず(笑)。

昔は動いていたのか、ケープトレインと言うのがあり、ぐるっと回れたのかもしれない。

130323hinomisaki7rain1.jpg

130323hinomisaki8train2.jpg

今は動いている気配は無かった。

天気の良い土曜日の午後だったので、そこそこ人はいたが(全部で20人くらい?)、平日ならほとんど誰もいないくらい空いているかもしれない。混み合ってはおらず快適だったので良かった。

灯台のそばまで行けなかったのが残念。

と言うことで、3時過ぎになったのでクエ鍋の宿へ向かうことにした。

(つづく)

おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

愛車送別旅行(1)

7年間乗った我が愛車(アテンザ・スポーツ)とも、いよいよ本日(25日)でお別れとなるので、その送別のため(?)ドライブ旅行へ行くことに・・・と言う訳でもないが、高野山にお墓参りへ行った後に、日高町までクエ鍋を食べに行くことにした。

本当は20日(水)にお彼岸のお墓参りのためにYUKAの家族らと高野山へ行く予定だったのだが、両親とも風邪を引いてしまい23日(土)に延期となった。

あと、引き延ばしになっていた引っ越しの打ち上げ(?)をYUKAと二人でするために、どこかへ一泊旅行しようとなっていて、当初は日本海へカニを食べに行くつもりだったのだが、ドライブで行くにはちょっと遠いと言うことで、和歌山でクエになり、どこが良いかわからなかったので適当に検索して、日高町の「橋本荘」に決まった。

日高町と言うと、御坊のすぐ隣だから、いつも釣りで行っているあたりである。クエなら白浜も有名なようだが、そこまで南下するのは面倒だったからちょうど良い(椿までは釣りでなら行くのにね〜)。

と言うことで、以下の日程でプチ旅行となった。

23日 

午前中・高野山
 ↓
午後・煙樹ヶ浜・日ノ岬観光
 ↓
夕方・橋本荘チェックイン・クエ鍋

24日

午前中・道成寺
 ↓
お昼・和歌山ラーメン
 ↓
午後・帰宅、車の掃除と整理




では、以下、少しずつ内容を紹介〜




(1)高野山〜煙樹ヶ浜

朝の6時過ぎに起床、7時前に出発して高野山へと向かう・・・YUKAの両親と義姉家族とは現地集合。

現地に到着したのは9時頃だったと思うが、いつもは混んでいるのにわりと空いていた。お彼岸の時期はもうすぎてしまったからかな!?

130323kouyasan1.jpg

130323kouyasan2.jpg

130323kouyasan3.jpg

昼食は、花菱と言う和食の店で・・・

130323hanabishi.jpg

ごちそうさまでした。

この後は紀ノ川方面まで降りて紀ノ川沿い→海南→阪和道・湯浅御坊道路→御坊とすすむ。

途中、紀ノ川沿いに「桃源郷」と言う桃の花が咲き乱れる場所があるとのことで寄ってみたが・・・

まだ早かったようで枯れ木状態だった(汗)。

1303232kinokawa2.jpg

まわりはまだ冬の景色だし、早すぎたようだ。

1303232kinokawa3.jpg

せっかくなので、もうすぐお別れの愛車を土手の上で記念撮影。

1303232kinokawa1.jpg

桃には早かったが、こんなに花を咲かせている木もあったが・・・

130323kakinoki.jpg

何の木だろうか!?柿の木かな。

と言うことで、のんびりドライブしながら海南方面へ下り高速へ乗って、あとはいつものルートで御坊ICへ・・・

時間もあったので美浜港へ寄り道してみると、千代丸の船長は船の掃除をしていてまだおられたが、仲政丸にはもうだれもいなかった。

まさかこのちょっと前にT13さんが石鯛やら高級魚をゲットされたとは知らなかった・・・。

せっかくなので、船と愛車と私で勝手に記念撮影(笑)。

130323mihama1.jpg

船長に会えたら高野山みやげ(?)を渡そうと思っていたのだが(和歌山の人に和歌山ものもってどうかとも思ったが)、誰もいなかったので翌日にタイミングが合ったらわたすことにして、次は煙樹ヶ浜へ寄ってみることにした。

煙樹ヶ浜はかなり広大なジャリ浜になっている。とりあえず美浜港のすぐ横の部分から入ってみた。

130323mihama3.jpg


港の方向
130323mihama2.jpg

日ノ岬の方向
130323mihama4.jpg

愛車と記念撮影(笑)
130323mihama6.jpg

なんかシュールな写真が撮れたので、こいつも。
130323mihama7.jpg

まだまだありますが、時間が無いので今日はここらで・・・あとは明日以降にでも時間があれば。

次は日ノ岬へと向かいます。

自動車日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

みやげは十分

2013年3月21日(木)イサギ→アジ釣り@仲政丸

天候:晴れ 風向:北 潮:下り潮 水温:15.6度 波高:1.5
日出6:01  正中12:06  日没18:11

潮@田辺〜長潮

130321shio.jpg

さて、今月の2回目の釣りで、またまたゴリオさんとご一緒させていただいた。今回は私の車で(もうすぐお別れになるし)。

集合が5時とのことで、3時にゴリオさん宅に出て買い物その他をして5時前には到着。

私らを入れてお客さんは全部で4人と最近にしては空いている?予報が悪いにしては多い?どちらかわからないが、出船。

130321turiza.jpg

天気予報では波が3mとか言っていたが、楠井沖で北風ならばそこまでならないだろうと予測しての釣行だったが、予想通り波はたいしたことなかった。

しかし風は予報通りでものすごい強い。仕掛けがヒラヒラしてやりにくい。

でも昔ならこれくらい風が吹いたら仕掛けを再起不能にもつらせて何個かダメにしていたが、最近はそういうことが無くなってきた。

イサギ仕掛けは全長が短い目だとは言え4本針仕掛けなので、これを深刻にもつらせることもなく、仮にもつらせても短時間で回復可能な程度にとどめることができるようになったのは進歩じゃないかと思うが・・・普通なのかな!?

それはともかく、前日はイサギがよく釣れたらしいので、たった1日でそう変わらないだろうと予想していたのだが。

下り潮ぶっ飛びで水温が急低下しない限りは大丈夫だろうとか、底潮まで悪くなるにはもう1日くらいかかるから金曜のほうがダメなんじゃないかとか、希望的観測の予想をしていたが、波の予想とは違って、こちらは思いっきりはずれてしまった。

6時前だったか、ポイントに到着すると、かなり早い下り潮が流れており、イサギはしばらくはノーヒット・・・

何投目かに30センチ弱のまあまあのマアジが釣れただけで、その後はアタリ無し。

そのうち下り潮はだんだん緩んできてくれたが、あいかわらずアタリは遠く、たまーにイサギが釣れる程度。

1時間以上もその状態だったので普通ならアジ釣りに変更となるところだが、アジ釣りしている千代丸のほうでもなぜかアジが釣れていないらしく、しばらく様子を見ることに・・・

潮もゆるんできてくれたので手返しをするが、流れ方がおかしい?二枚潮のようで、上のほうの潮と底のほうでは角度が違う。

そんなこんなで忘れた頃にイサギが釣れるのだが、型もあまり良くない。20センチくらいのはリリースしていたらさっぱり魚が増えないが、たまに25センチ以上のも釣れたので、それはキープ。

で、時刻は一気に9時へ(早っ!)。

天気は良いが、風が強い・・・

130321kusuioki.jpg

アジ釣りのほうがぼちぼち釣れるようになったらしいので移動。そんなに遠くなかったと思うが、風が強いからか、20分くらいかかったような気がする。

そしてアンカーを入れ直して9時半くらいにアジ釣り開始!こちらは先ほどのイサギポイントよりちょっと沖に出たぶん、少し波があったが、それでも2mは無さそう。せいぜい最大で1.5mもくらいだったと思うが、ただ、やはり風はものすごい強かったが。

アジ釣りなのでアジ釣り用の自作仕掛けにチェンジ。

赤いスキンを多めにした5本針仕掛け。赤いスキン4本に緑が1本にしてある。

水浸60mで底から5mくらいを狙う。1投目は反応無し。2投目に良いサイズのマアジが釣れた。かかっていたのは緑のスキン(笑)。そしてもう一投で同じサイズを追加。これも緑だったが・・・(汗)。

順調に2匹釣れたので、さあこれからか!と思ったが、これで止まってしまい、またさっぱりアタリ無し。

沈黙の竿先・・・

130321sao.jpg

船が左右にふられる感じで、ポイントに落ち着かないのだろうか?そう感じたが、わかりません。

しばらくやってダメなので、船長がポイントを探してみると言ってくれて再び移動。

強風の中で釣りをしていたせいか、疲れてしまい、この間にキャビンで爆睡(笑)。寝付きの悪い私には珍しい。

ちょっと御坊の発電所に近づいたかな?水浸45mくらいだったと思うが、チョクリの時に来た場所だろうか?先ほどの60mのところより陸に近いポイントで再度釣り開始。

底まで落として2m上げてエサを出してさらに2m上げて待つと・・・ココココぎゅーんとアタリがあり、かなり強い引き!

何か良い魚をかけたかと思い、慎重に巻き上げてくると、何と34センチくらいありそうな良型マアジのダブルだった(一匹はスレだったが)。

と言うことで、ここからはしばらく良型マアジ(26-34センチくらい)が入れ食いになり、体もあったまってきた。

竿がやわらかいこともあり、よく引くので楽しい(固い竿だとわからないかも)。

やはりアジやイサギは入れ食いタイムが無いと!

130321ikesu11ji.jpg

と言うことで、釣れてる時に手返し良くと言うのが鉄則で集中して頑張るが、30分くらいするとだんだんとアタリが遠のいて、そのうち釣れなくなってしまった。

アンカーを入れ直してやるが、今度はジャコ(15−20cmくらいのアジ)しか釣れないので、時間もお昼前だし、ここで終了〜

(結果)イサギ 9匹(放流数匹)
    良型マアジ(23センチ以上) 25匹
    小アジ(20センチ以下) 約10匹
    サバフグ 1匹

130321chouka1.jpg

例年だとこの時期のアジは抱卵して脂はのっていないように思っていたのだが、今回のは結構脂がのっており、皮と引いた包丁がべっとりなった。

刺身が最高に美味かった。

130321sashimi.jpg

ちなみに、前の日には今回釣れたのと同じサイズの徳島産マアジが1匹780円で売っていた。

130320tokushima-aji.jpg

こうして写真で見ると、今回釣れたのよりずいぶんやせているが・・・

30センチ級を船縁で4−5匹ぽちゃりと逃がしたのが痛い(笑)。

ジャコになると急激に安くなるが、これくらいのサイズでもアジは美味しいです(釣るのは楽しくないが)。

130321koaji.jpg

まあ残念ながら活性が最悪の日になってしまった。イサギがダメでもアジは固いと思っていたのだが、それもダメとは。

しかし、これだけ釣れたらみやげとしては十分である。

この土日は朝から高野山にお墓参りに行った後に和歌山へ釣り無しの旅行(笑)に行くからあまり魚を持ち帰れなかったのでちょうど良い。

なので、今回の我が家の取り分はいつもより少なく、これだけ。

130321wagayabun.jpg

さて、このサバフグだが、毒が無いので持ち帰ったが、サバフグに見た目がそっくりな「毒サバフグ」と言うのがいて、タチ悪いことにこいつは身(筋肉)にまで毒があるらしい。

ネットで調べてみたところ、ドクサバフグは頭のあたりのトゲトゲが背びれのほうまであるが、サバフグはそこまで無いとのことなので、まあそんなにトゲトゲは無かったので大丈夫かなと(まだ食べてませんが)。

ゴリオさん、ご一緒どうもありがとうございました。

4月になるとしばらくは平日釣行が無理になるかと思いますので、今度は7月下旬?もしかして5月には可能かもわかりませんが、また都合あえばよろしくお願いします。
釣り | Comments(7) | Trackbacks(-)

今日は家で

今日は近場(大阪)くらいなら釣りに行けるかと思ったが、家で仕事になってしまった・・・

プリントアウトした画像の小さな点や突起の数を数えるのだが、大量にあるので目がチカチカするし肩が・・・

と言うことで釣りは木曜までお預けだが、天気や波はどうだろう?

木曜がダメならその次の土日にしたいが予定があるから釣りは無理なのでちょっと困る。今の車が25日でなくなってしまうのでそれ以降になると代車になるが。

木曜日は凪になりますように(まだ予約してないが)。

さて、仕事に疲れたので、午後からどこかにでかけよう。
哀愁 | Comments(2) | Trackbacks(-)

さらばマツダ君

アテンザ・ワゴンのクリーンディーゼルか、レガシィ・ツーリングワゴンかどちらにするか・・・

130315kuruma.jpg

正直言って決められなかったので、マツダのディーラーが私の希望を通してくれたらアテンザ、無理だったらレガシィと言うことにした結果、レガシィのほうになった。

車としてはどちらも良い車ですが、贅沢を言えばどちらも一長一短と言うか、気に入る部分と必ずしもそうでない部分があるので迷いました。

車にいくらでも金を使えるならば、欲しい車はもっと色々あるのだが(レクサスの速いやつとかBのつくドイツ車とかその他)、我が家の経済力では到底無理なものばかりだし、私としては車は所詮は消耗品にすぎないと思っているので(負け惜しみ!?)、そういうものに出せる金額と言うのは限界がある。

それにしては今回の車は私の考えからするとどっちもかなり高すぎる買い物で、実はイマイチすっきりしない部分も無きにしもあらず。

と、そんな話は良くて、結局最終的に決めたのは、長年のつきあいだったマツダの営業マン(現在は店長)が全然頑張ってくれなかったことに失望してと言う部分が大きい。

値引き○○円プラス補助金の金額の確約と、納車までの休日に代車を出してくれと言うのが最終条件だったのだが・・・

彼の解答以下の通り。

補助金は仮に間に合わなくても、延長されるのは間違い無い。ただし減額される見通し。どれくらい減額されるかは不明。

と言うことなので、ならば間に合わなくて減額された場合はその差額は穴埋めしてくれるのか?と聞いてもはっきりした解答無し。

それより決定的だったのは、代車が無理との返事だった。一ヶ月以上も先の話なのだから、代車に空きが無いはずは無い。

別に車種は何でも良いし、休日だけで良いと言っているのに一切出せないと言うのは、これはもう「あんたには売る気がありません」と言っているんだなと思ったので、これでこの人とのつきあいはもうやめることにした。

一方のスバルのほうは納車が4月中旬になる見通しなので、それまでの休日には代車を出してくれるとのこと(ただし、試乗車らしくETCが付いていないが・・・)。

値引きのほうもぜんぶひっくるめると70万円近い。

書類上の数字だが、
 車両からの値引き        22万5千円
 オプションからの値引き     19万円
 アテンザの下取り        17万円
 キャッシュバック・キャンペーン 10万円
と言うことで、実質値引き合計は  68万5千円也・・・

15万キロ走った7年落ちのアテンザに値段がつくとは思えないので、これも実質的な値引きと思われる。

前回にアテンザを買った時も、約70万円の値引きだったし、今回もそれに近いと言うことは、私は値引きに弱いのかもしれない(爆)。

と言うか、長年つきあったマツダの営業マン(現在店長)にはがっかりした。

今まで、車の整備にはケチらず、オートバックスなどでやらずに、ほぼすべてをディーラーで言われるがままにお願いしてきたので、かなり店には貢献したと思うのだが・・・

それで、4月の後半とゴールデンウイーク中に代車も出してもらえないとは、あまりに冷たい扱いとしか思えない。

アテンザのディーゼルは今のところ販売が好調で、店の間で車の取り合いをしている状況だから、頑張って売る気が無いのではないかと想像しているが、それにしても私は一見さんでもないのに代車も出し渋るとは、寂しいですな。

その一方で、スバルのほうは、決算時期とは言え、大幅値引きにサービスも良い。

大幅値引きの理由は、ちょうど在庫があるぶんの車だったことが大きいようで、これはラッキーだった(それでも納車まで一ヶ月かかるが)。

買いますと言ったらその後でさらに2万円値引きしてくれたから、変な営業マンだと思ったが、インパルスの板倉に見た目が少し似ていて、しゃべり方はそっくりなので笑いそうになる。

どうやら最初からその値段で売るつもりだったらしく、なので、そう考えると私があれこれ交渉したから安くなったのではなくて、誰が買っても同じだったと思われます(同じグレードで同じ装備の車なら)。

たぶん一台売れ残っていたのでしょう。

・・・と言うことで・・・

8代目エンタープライズ号はスバル・レガシィ・ツーリングワゴン2.5i EyeSight に決定です。

何か自動操縦みたいの(レーダークルーズ)もついているみたいだが、114キロ以上では作動しないようなので、実質的には意味が無いのが残念だが、追突しそうになると勝手にブレーキかけてくれるらしいから、安全かな。

YUKAはレガシィになって喜んでいる。アテンザだと私がまたぶっ飛ばして危ないと思い込んでいるようだ。

しかし、たいがいの車は180キロ近くまでは出るから同じです。

パワーの無い車のほうが無理しないと進まないし思い通りに動かないので、かえって危ない気がするのだが・・・って、違うか!

自動車日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

急転直下!?

愛車がそろそろ車検を迎えようとしている・・・

写真を写した時点でまだ15万キロには達していないが、この前の日曜日に15万キロを超えた。

130310atenza15mankm.jpg

15万キロの瞬間を撮ろうと思っていたが、忘れてしまって、今は15万9キロくらい。車検を通すより、むしろ買い換え時かなと思いつつあった。

車検切れが今月の26日なので、それまでに決めなければと悩み中だったのだが、迷っているだけで何も進まなかった。

一番有力だったのが、新型アテンザへの買い換えだが。

アテンザは昨年の11月に新型へとモデルチェンジしたものの、マツダの車にしては珍しく、生産が追いつかないと言うか、納期が一ヶ月以上かかる状況になっている(クリーンディーゼルのモデルの話)。トヨタの車ならよくあることなのもかもしれないが、マツダ車では珍しいのでは?

そして、これまたマツダらしくなく、値引きも超しぶいことになっているので(5万円が上限とか)、ますます買いにくい。

その上さらに、今月に注文しても納車が5月になる可能性が高く、そのためにクリーンディーゼル補助金が間に合うかどうかも微妙な状況。

補助金は18万円ほど出るらしいので、これがあるのと無いのとでは大違い。

値引きも渋いし補助金も出ないではとても予算オーバーなので、今回は見送ろうと思っていたが、しかし今の車を車検に通してその後どうするか・・・と迷っていた。

アテンザのガソリン車なら納車まで早いらしいし、ディーゼルより40万円くらい安いうえに、値引き20万、下取りも5万円付けてくれるとかで、予算的にも見合う2Lガソリンのモデルを試乗させてもらったが・・・

130310atenza2.jpg

130310atenza1.jpg

白のセダンが外観としては一番気に入っているが、トランクに50Lクーラーを入れるのが大変そうだったので、買うならやはりワゴンにすることになりそう。

ハッチバックが無くなったのが残念・・・

さて、2Lガソリン車を試乗した感想は・・・

これはちょっとどうかと思った。ディーゼルよりエンジン音がうるさい。踏み込まないと前へすすまないので、踏み込んでしまうせいだろうとは思うが。

エンジン音が良い音ならまだ我慢できるが、なんかドロドロしたイマイチな音で、これはちょっと・・・

と言うことで、2Lガソリン車は選択肢から消えた。燃費は、JC08モードでリッターあたり17キロ以上だから、今乗っているやつよりはかなり良さそうだが、以前ほどは車に乗らなくなったので、今乗っている車より悪くなれば十分なので。

と言うことで、やっぱり車検を通すしか無いのかなあと思っていたのだが、ちょっとは違う車も見てみようと言うことで、その後にスバルのディーラーへ寄って、レガシィ・ツーリングワゴンを試乗させてもらった。

130310legacy-front.jpg

130310legacy-rear.jpg

実車を見てみると、思ったよりデザインが気に入った。車も結構大きな感じで、私は大き目な車のほうが良いので(図体がでかいため)、この感じなら文句なし。

昔だったら何が何でも2Lターボのモデルだったろうが、今はそんなカリカリ走るつもりは無いので、2.5LのCVTで、走行モードを燃費重視とスポーティーとで切り替え可能なやつ。

試乗してみて、思ったより良かった。と言うか、車の作りとしてかなりしっかりしているのはちょっと走っただけでもわかるくらい。

キビキビ感はあまり無いしパワーも、スポーツモードにして普通くらいかと思ったが、何と言ったら良いのか、車の作りがしっかりしている(ボキャブラリーが乏しいのでこれしか言えない)感じはアテンザとは比べものにならないような印象を受けた(個人の感想です)。

まあ、もとの価格もそれなりの車なのでそうなのかもしれないが。

で、あまり買う気は無いけどせっかくだから見積もりも・・・となったのだが、これがいけなかったのか、かなりの値引き!

車両価格とオプションから合計して40万円引きの上、下取りも10万円つけてくれるそうだ。おまけに、今月中に契約だと10万円のキャッシュバックキャンペーンをやっているらしく、それもあわせると、60万円以上の値引きで、一気に予算内で買えそうな感じに!

決算時期であることにプラスして、5月にマイナーチェンジあるらしいのでここまで好条件らしい。この金額ならちょっと考えてみようかなと思う感じになって、レガシー・ツーリングワゴン購入案が急浮上。

気になる点は、後部の荷室がワゴンの割にはあまり広くない点だろうか。アテンザ・ワゴンのほうがかなり広い。これはまあ、レガシィのほうは4WDだからしょうがないのだろう。アテンザはFFだから。

逆にアテンザは、ディーゼル車にあれだけパワーがあるのにFFと言うのはちょっとしょぼすぎると言うかアンバランス過ぎる気が・・・前輪が空転してしまわないのだろうか!?

あと、レガシィの気になる点としては、燃費が最近の車にしてはそれほど良くもない。JC08モードで14.4km/Lとのことだが、まあ4WDの車で悪くは無いと思うが、これも燃費重視モード(かなりかったるい)に切り替えて走った場合での数字なので・・・

あと、CVTと言うのも微妙だし、マニュアルモードもあるにはあるが、シフトノブでは操作できずにパドルシフトしかできない。

パーキングブレーキが電動とかで、不思議な感じ。解除の操作は不要でアクセル踏むと勝手に解除されるらしいが、危ないのでは!?まあ、誤発進防止装置とかは付いているようだが、なんか変な感じがする。

・・・と、これくらい気になる部分があるが、アテンザにもちょっと気になる点が。

アテンザのほうは、クリーンディーゼルでかなりトルクがあるが(不必要なほど)、先ほども書いた通り、それなのにFFと言うのがかなり微妙すぎる。負担の大きい前輪だけであのパワーを受け止められるとも思えないが。

さらに、かなり軽量化を頑張っていることもあり燃費は良いのだが、それが関係あるか無いかわからないが、車がペランペランな感じと言うか、レガシィのような安心感がイマイチ無い。

もうちょっとパワーを抑えて燃費寄りにセッティングしたモデルがあったら理想的なのだが・・・

いずれにせよ、アテンザは納期その他を考えると買えないから、レガシィにしてしまおうかと思った。

でも一応、マツダの営業マン(何と今は店長に)とつきあいも長いし、決めてしまう前に話をしておこうと思い、電話してみると、今までと話が全然違うことに。

今までは、クリーンディーゼル車は「値引き5万円で下取り査定はゼロ」と聞いていたのだが、そんなことは言っていなかったかのように「値引きは下取りも入れて○○万円までは行けますから〜」とか数倍の金額を言い出した。

ちょっとびっくりしたが、それで補助金も出るならこちらも予算内と言うか、予算ちょいオーバーくらいで何とか買える金額になる。

ただ、補助金はもしかしたら締め切りを過ぎてしまうかもしれないので、そちらは何とも言えないとのこと。

おいおい、それならもっと早く言っておいてくれたら間に合ったんじゃないのか!?と言う話だが、私も所詮は商売上のつきあいしか無い人間の言うことを真に受けていたのがバカだったのだろう。

なので、値引きはまあその金額で良いことにして、あとは補助金を保証してくれた上に、納車までの一ヶ月間に代車を用意してくれたら買うが、それが無理ならレガシーにしますと言った。

一応「各方面に相談してみますので。木曜まで待って下さい」と言うことになり、現在待機中・・・

さて、どうなることでしょうか。

と言うか、いつのまにか「今のアテンザの車検を通す」と言う案が消えてしまい買い換えることになってしまったが、本当にそれで良いのだろうか!?

まあ、自分では決められないところだったので、あとは運を天にまかせることにしました。

たぶん明日の晩には決まることでしょう。
自動車日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

イサギ美味し

前回と前々回に釣ったイサギ、ものすごい美味しかった。

釣ったその日の刺身。

130309isagisashimi.jpg

白いほうは1匹だけ釣れたカワハギ。これもまたうまかったが、キモは小さかった。

あまりに美味しかったので、翌日もまた刺身。そして、なめろう(薄味)。

130309isagi-sashimi-namerou.jpg

なめろうは調味料を少なめにして作ってもらった。そうしないとご飯がいくらあっても足りない感じになるので。これまたうまい。

さて、お次は久々の登場、「煮付け」です。最近、何故だか昔よりも煮付けが大好きになってきた。

130309isagi-nitsuke.jpg

ちなみに、何故こんなにアップなのかと言うと、鍋から取り出す時に皮がめくれたり身がボロボロになってしまったから・・・。

ちなみに、お次も見た目的には大失敗の「塩焼き」だが、味は絶品。

130309isagi-shioyaki.jpg

いや〜、見た目は本当にひどいが、こういう時があったりするのもリアルな家庭の食卓の姿であります。え、ここまでボロボロにはならないって!?

見た目はともかく、塩焼きは美味しすぎで2回も食べた。やはり魚の美味しさがいちばんわかりやすいような気がすると言うか、塩焼きで美味い魚は大好きな魚であります。

そして、最後は今回のメインと言うか、新たなる発見!?

しんすけさんに「イサギのしゃぶしゃぶ」を教えて戴き、またゴリオさんはイサギで鍋をしたりするとのことだったので、欲張って両方を同時にやってみました〜

130309isagi-nabe-syabu.jpg

イサギのシャブちり。

しゃぶしゃぶは、イサギの身の甘みと言うか旨みが良くわかり、思わずうなってしまうほど。

鍋もこれまたイサギのふんわりした身の質感がよくわかり、味にはコクがあり、最高に美味しかった。

寒い時期にはやはり鍋系の食べ方が美味しい。

さすがに梅雨の時期だと蒸し暑いので、鍋はあまりしないと言うか、まだ寒いこの時期のほうが鍋はあったまるし、美味しいですな。
料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

またまたイサギ大漁!

2013年3月 7日(木)イサギ釣り@仲政丸

天候:晴れ 風向:南 潮:上り潮 水温:18度
波高:ベタ凪 ポイント:楠井沖
日出6:20 正中12:10 日没18:00

潮@田辺〜若潮
130307shio.jpg

(結果)イサギ68匹、カワハギ1匹

130307chouka2.jpg

さて、3月に入って例年よりも忙しいが何とか平日に休みを取って釣行できる感じにはなってきたので。それならばと木曜日にしてゴリオさんとご一緒させていただいた。

やはり家が近くなっており、道を間違えても5分ほどで到着した。

日の出が早くなってきているので、前回よりはちょっと早くて5時過ぎに集合とのことで、ちょうど5時過ぎくらいに港に到着。

後ろのほうに入ることができて、ゴリオさんにはイケスの使えるトモを譲って戴き、恐縮です。

平日でもお客さんが結構乗っており、たしか8人だったかな?はっきり覚えていないが、私らの入った右舷には4人のお客さんが。

130307turiza.jpg

今回は暖かくなるとの予報だったので、春先の格好をしてきたが、朝は予想していたよりも寒くて、ちょっとやばいかなと思った。後で調べたら、朝は6℃しかなかったようで、これでも暖かいほうだが、ちょっとなめていた。

さて、今回は疲れていて寝不足だったのに、布団に入ったら体が痒くなってあまり眠れずだったので、寝不足だったのでキャビンで寝っ転がっていると、あっという間に到着。

最近は、老化現象だろうとは思うが、風呂に入ると体がかゆくなったり、布団に入るとかゆくなったりする。もともと皮膚があまり丈夫でないためだろう。

釣りの後も顔が赤くなる。困ったものです。

それはともかく、わりとすぐに到着して6時前に釣り開始だったと思う。

前日から水温が結構上がっているようで、今回もまあまあ期待できそうな感じ。朝一は市販の4本針仕掛け、先がから針のやつのハリス4号を使用。

確か記憶では最初から入れ食いで、ダブルありと絶好調。活性が良いようで、ハリス4号でも入れ食いで釣れる。

石鯛が釣れやすいように先のカラバリにはオキアミを毎回つけて投入するが、差しエサ無しでサビキでもサンバソウが釣れたりするらしいので、何ともわかりません。

130307sao.jpg

ともかく、イサギの活性は良く、着実に魚が増えて行く。

しかし、不思議と前半はゴリオさんはぽつぽつだったようで、私のようにダブルなどは無かったご様子で、この時期のイサギはピンポイントでしか釣れないのだろうか!?

でも船も左右に動いたりしているから、隣の釣り座でそう違うとも思えないが、後半は逆転して今度は私はぽつぽつしか釣れないのに、ゴリオさんは入れ食いになっていた。

たぶん仕掛けの加減なのか何の加減かわからないが、面白いなと思った。

130307ikesu9ji.jpg

さて、9時の時点でもうイケスはこんな感じでみやげは十分になってきたので、ここからは仕掛けを変えて石鯛狙いでやってみることにした。

全長2ヒロ3本針の自作仕掛け、先の針だけ空針で、あとの2本はスキンサビキにした。3本の針にエサを刺すのは面倒だし、手返しが悪くなるので

で石鯛狙いメインにしたと言っても、実際にしたのは、この仕掛けに変えただけで釣り方は同じにしていたのだが、そのためか同じようにイサギがぽつぽつ釣れるだけだった。引き出しが無いので(汗)。

この日は不思議と同じ方にばかりサンバソウやイシガキが釣れていたが、私にはそれらしいアタリはなかった。

水温のためか、イサギがよく引いたので、一瞬期待するのだが、上がってくるのは中型のイサギで、たまに良型も混じった。

これはこれでうれしいし、この時期には本当に貴重である。

去年などは10匹も釣れないことがあったくらいなので。

今年は前回に引き続いてまたまた良い日に当たって本当にラッキーである。

おまけに天気も良くて、後半ちょっと風が出てきたが、南風だったので寒くも無く波も無かったので絶好の釣り日和。

130307kusuioki.jpg

だんだん暖かくなってきて、正直言って今度は暑くなったので、10時くらいからはシャツ1枚になって釣りしていた(釣果写真と同じ格好)。よく釣れて忙しかったこともあるかと思うが(どちらかと言うと暑がりだし)。

さて、気持としてはイサギよりサンバソウを狙っているつもりだが、イサギがぽつりぽつり来る程度。この時、ゴリオさんはイサギを入れ食いにしてバンバン釣りまくっている。

ここはイサギ狙いにメインにもどそうかと思い、朝に使っていた市販の4本針仕掛けハリス4号にしたら、自作仕掛けよりはこちらのほうがまだイサギのアタリは多かったが、ゴリオさんほど入れ食いにはならなかった。不思議です。ハリスを落としたら良かったのかな!?

また、朝一は針がかりが良かったが、後半はアタリがあってすぐにあわせてやらないと針がかりしなかったし、途中ではずれることも多かった。潮がゆるかったせいかもしれない。

と言うことで、終盤はゴリオさんの猛烈な追い上げで抜かされてしまったが、十分以上の釣果だったので、とても楽しかった。

(結果)イサギ68匹(小型は数匹リリース)、カワハギ手のひら大1匹

130307chouka.jpg

割と型の良いのも混じり楽しめた。イサギも元気でよく引いたし。

イサギもものすごい美味しくて大好評なので、2週間後にもう一回行きたいなと思っている。

ゴリオさん、往復の運転ありがとうございました。また、あちこち寄り道させてすみませんでした。おかげで助かりました。

次回も都合ついたら、またご一緒よろしくお願いします。
釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

ワイヤレス

最近は(昔から?)便利なもので、無線でインターネットができるから、家中がケーブルだらけみたいにならずに済む。

YUKAのWindows PCも、私のiPadも家では無線でやれるのが良い。プロバイダーから借りているルーターそのものが無線対応になっていて、すぐにWiFiで接続できる。

しかし、私の古いmacのほうが問題で、こいつはそのままでは無線でできない。

130303pc.jpg

なので、従来通りルーターにケーブルをつながねばならない。

2階のリビングでするならばケーブルをつないでできるが、3階にある私の部屋でやる場合には、階段を通して上の階までケーブルを引っ張るのはちょっと困る。

と言うことで、このmacでも無線でできるように、仕事帰りに日本橋の Sofmap mac 館に寄ってパーツを購入してきた。電車だと寄り道しやすい。こういう時は都会の生活も便利だなと思う。

130303airbase.jpg

もう中古品しか売っていないが、おかげで安く買えた。

こいつをコンセントに直接差し込み、ルーターとケーブルで接続すればオッケー。

130303setuzoku1.jpg

下からのぞくと不細工だが・・・

130303setzoku.jpg

まあ、これで古いPCでも快適にワイヤレスでインターネットができるようになりました。やれやれ。

さて、関係無いが、フキノトウをいただいたので天ぷらにしてもらった。

130303fukinotou.jpg

私の田舎では春先になるとそこらじゅうにフキノトウが出ていたが、食べたことは無かった。

こっちのフキとは種類が違うのかな?

美味しいと言うのとは違う系統の味だが、何とも言えない風味があり、少量を食べるなら良いものですなあ。そんな感じだった。

さて、明日くらいから急激に暖かくなるようだ。

釣りの時の服装はどうしようか。

真冬の格好は必用無いだろうが、春先の服装で大丈夫かな!?

仕掛けも作成しておかねば。

前回はイサギがたくさん釣れたので、今回は数よりも型狙いでやってみようかと思うが、今の時期は必ずしもピラミッド型になっていないらしいので、無理かもしれない。

まあ、暖かい日にのんびり釣りができればと思う。
喜び・楽しみ | Comments(2) | Trackbacks(-)

最近の写真

今週は忙しくてブログの更新もままならず・・・

とりあえずこの一週間に撮った写真をアップ。文章はまた後日にでも書くか書かないかです。

ずわいがに

130225kani0.jpg

生きてました。木津市場で買ったらしい(私らがでない)。

130225kani1.jpg

かなり美味しかったが、夢中でもくもくと食べたために写真は撮れず。

さて、イサギの塩焼き。

130225shioyaki.jpg

脂がのっており、最高にうまかった。

130226sashimi.jpg

石鯛は、アラをみそ汁にしたら最高にうまかった。キモ入り。

130227arajiru.jpg

石鯛の皮。ブヨブヨして珍味。

130227kawa.jpg

イサギのムニエル、シンプルな味付け。

130228munieru.jpg

イサギは他にもいくつか料理してもらったが、写真は撮り忘れ。

さて、今日で仕事が一段落ついたので、来週は平日釣行ができたら良いな〜。天気はどうだろうか!?

その前に明日はディーラーへ行って、もう一度車検を通すか新車を購入するか、両方を見積もりしてもらって考える予定。

今度はアテンザ・ワゴンにする予定だから、対抗馬としてレガシィ・ツーリングワゴンも見てこようかな。
料理 | Comments(5) | Trackbacks(-)