カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年12月
ARCHIVE ≫ 2012年12月
      
≪ 前月 |  2012年12月  | 翌月 ≫

何とか1本

2012年12月28日(金)メジロ釣り

仲政丸@和歌山・美浜

ポイント:日ノ岬沖
日出7:03 正中12:01 日没16:59
天候:曇り時々小雨  風向:北・弱い  潮:上り〜下り潮  水温:16.5度  波高:ベタ凪

121228shio.jpg

釣り納めの後に忙しくて釣行記を書く暇がなかったので、後で内容は書き足すことにして、とりあえず年内に書いてしまうことに・・・

予約はまんなかくらいだったようで、釣り座もまんなかくらいだが、この日の潮の流れ方からすると割と良い場所に入れたと思う。少なくとも前半は良い感じの場所だった。

121228turiza.jpg

釣り開始から潮がぶっとびに近くてかなり速く釣りにくい。とは言え、船と完全に平行に真後ろだとどうにもならないが、少しななめにずれて流れてくれているのでまだ何とかなる感じ。

わりと明るくなってきた頃にようやくヒット。

なんとか1本を釣り上げてボウズを逃れることはできた。

その後、もう1本ヒットしたが途中で針はずれ。その後ももう1本ヒットしたがオマツリでバラシ・・・

121228sao.jpg

その後に潮はだんだんゆっくりになってきたが、メジロは近づいてこず、右舷トモの人だけたまに釣れるくらいの感じ。

そして潮が止まってから、1回だけアタリがあったが、すぐはずれた。

その後にまた竿先が急に突っ込むアタリがあったが、上げてみるとハリスが切れていた。

となりの人は同じようなアタリが水面近くであった様子。

どうも大きなヨコワがまわっているようで、左舷ともに入ったOさんがハリス16号でやってみて、2回ヒットさせたが、2回ともすぐにハリスを切られた様子。

船長によると、15キロ級のヨコワらしい。船長なら釣り上げることは可能らしいが、私ら普通の釣り人にはなかなか難しいのかもしれない・・・。

121228hinomisaki.jpg

その後、下りが流れ出して、潮が飛ぶまでやってくれたが、風が完全にやんでいたので、潮が真後ろに向かった流れるパターンに。

この状態になるとかなり厳しい。一番後ろ以外はたぶん釣りにならないし、ヒットしておもオマツリに。

結局11時過ぎまでやってくれたが釣果は伸びずに終了となった。

良い凪ぎだったのだが・・・

凪ぎで潮が早いと、まきエサが細長く一直線上に流れるので、たぶん広範囲に散らばらないので集魚効果もあまり出ないのではないだろうか?

凪の日より荒れた日のほうがよく釣れるようだが、それは海がかきまわされて酸素がどうのこうのという理由かもしれないが、もう一つ、潮と風の向きがずれれば、潮が船に対して平行には流れず、その結果としてみんなのまきエサが広がって流れると言うこともあるのかと思う。

風が少しでもあれば、船に対して潮が斜めに流れるので、トモ以外でも釣りになるし何とかできるが、完全に船と潮が平行になってしまうと難しい。

そうなりやすいのは、凪の日(風の無い日)とあとは潮が早い日であるからして、凪で潮お速い日はかなり難しいのかもしれない。

逆に言うと、風の強い日ならトモに入れなくてもたくさん釣れる可能性が高いので、むしろ荒れた日が狙い目かもしれない。酔わなければの話だが。

いずれにせよ、釣り座は予約順なので、早めに予約してどこが良いか自分で考えてみるのも面白いのかもしれない。

釣りではその日はどの釣り座が良くなりそうか予想するのも楽しみの一つである。

凪で潮の早い日は簡単に予想ができるが、少しでも風がある日はそう単純ではない。

今回私が入った釣り座は真ん中あたりだったが、割と良いほうの釣り座だったが、終盤は船と潮が平行に流れる感じになってしまい、ほぼお手上げだった。

なので、前半にもっと頑張らねばならなかったのだが、バラシたりして伸びずにまだまだ未熟だなあと反省。

最後の釣りが私の実力を反映したものだったのは皮肉な結果だが、ここ何回かのメジロ釣りが好調すぎただけなので、ボウズでなかっただけでも良かった。

(結果)メジロ1本

121228chouka.jpg

ちなみに今回、T13さんに教えて戴いたハイパーレギュレーターと言うのを持って行って使ってみた。

121228hyperregulator.jpg

船の電源に接続して安定して高めの電圧で電動リールに通電できる道具である。

これだとバッテリーにつないだと同じくらいパワーが出ていたが、ただやっぱり途中で一度リールがブラックアウトした。これはやっぱりリールがおかしいとしか思えない。

ウエシマの社長に症状を話したら、たいてい電源が落ちるのはバッテリーのせいらしいが、バッテリーを変えても船の電源にしても、船の電源にハイパーレギュレーターつないでも落ちるのだから、やはりリールがおかしいとしか思えない。

と言うことで、メガツインは年明けに修理に出す予定。

・・・

今年も一年、たまに苦しい釣りもありながらも、ほとんどが良い釣り楽しい釣りでした。

お世話になった船宿の船長(特に仲政丸には今年も一番お世話になり船長には毎度のことながら感謝です)、そしていつもコメント下さる皆様方、おかげさまでこの1年の釣りを楽しむことができました。どうもありがとうございました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

手抜きの代償・・・

商売しているわけでもないので私の仕事の場合、年末だから忙しいと言う事は無いです。

面倒な仕事は先週の金曜日で終わったし、その後始末も昨日で終わりましたので。

でも、先週はちょっと忙しかったので、年賀状をかなり手抜きしてしまい、ちょっと困ったことに。

25日に釣りに行くことにしたので、無理矢理24日に終わらせるために手抜きをしたところ痛い目に・・・

一つは、印刷したものだけ出すのも味気ないと思い、いつも手書きでなにか一言くらい書いているのを、まったく何も無しで印刷したものそのもので出したと言う点。

これは、まあバタバタしていたと言うことで勘弁していただいて(汗)、もう一つは、ついでに転居のお知らせもかねて出したのですが、よくチェックしなかったので、住所が間違っていたと言う点です。

大阪市○○区○丁目○ー○

と言う感じで出してしまったのですが、実際は

大阪市○○区「×××」○丁目○ー○

この「×××」が抜けていたと言う訳であります。まあ、郵便番号はあっているから、これでも届くと思いますが・・・

決して、釣りのことで頭がいっぱいで他に何も考えられなかったためではありません(汗)。

と言いつつ、すでに頭の中は明日の釣り納めのことでいっぱい。

もうボーズでなければ良いので何とか釣れるようにお願いします、釣りの神様。

・・・って、普段は神も仏も信じていないくせにこんな時だけ願い事してもダメだろう(爆)。




さて、固い話と言うか政治の話です。

最近のマスコミ報道を見ていると、どうしてデフレになったのかがよくわかる。
哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

タチウオ開眼!?その2

2012年12月25日(火)大阪湾のテンヤ・タチウオ

釣り船長野・盛和丸@神戸・須磨

天候:はれ  風向:西  潮:中潮  水温:14度  波高:0.5
日出7:04 正中11:59 日没16:55
タチウオテンヤ40号、ワイヤーリーダー30cm
ケミホタル75mmありorなし

潮@神戸〜中潮
20121225shio.jpg

(結果)タチウオ80−95cmを26匹、サゴシ1匹
121225choukacooler.jpg

さて、ひさしぶりに釣りに行ったと思ったら、中2日でまたまた出撃!

メジロの快釣につづいてタチウオも好釣と行きたいところ。はじめは23日の予定だったが、さすがにメジロ釣りの後はへろへろなので(釣りそのものより、魚の処理で疲れる)、翌日はやめにして、24日は強風で出船しないとのことで、25日(火)は平日だが何とか都合をつけて釣行することに。そのために24日は出勤して仕事をした。

朝の6時きっかりに須磨海岸のゲート前へ行くと私が最後だった。

お客さん5人と空いている。前回も5人だったが、あの時は船長も竿を出したから6人だったが、今回は船長は竿を出さないので5人。

左舷にお二人さんが入り、右舷に3人でじゃんけん。そう言えば関西の人はじゃんけんのことを「じゃいけん」と言いますね。また関西の人はプラスチックのことを「ぷらッチック」みたいに言うので面白い。

それはさて置き、じゃいけんで2番目だったが、1番の人が前に入ったので私は後ろへ。

121225turiza.jpg

これだけ空いていたら場所はどこでも良いが、この船は胴の空間が狭いので、広々した前か後ろが良いなと思っていた。なので後ろに入れて荷物も広々置けるから良かった。

さて、乗船したらすぐに出船。まだ真っ暗な中を船はひた走る。

30分ほど走り、7時前だったと思うが、わりと明るくなった頃にポイント到着して釣り開始。

波・風が心配だったが、ほとんど風も無くてこの時期にしては絶好の釣り日和。

121225nabi.jpg

水深は60mだったと思うが、わりと上のほうまで誘ってみてとのことで釣り開始。

前回のタチウオ釣りから根本的に釣り方を見直してみて、その成果があらわれたかに見えたので、今回はそれを確かめることを目的とした。

釣り方の見直しのきっかけになったのは、以前に交流のあったある方(○○さん)のブログを拝見してのことだった。

一月ほど前にこの私のブログでまた来て下さるようにメッセージを送ったつもりだったのだが通じていないかもしれずで残念。

それはさて置き、その方はタチウオ釣りが苦手であまり経験も無いとのことだったが、やはり分析力が優れているのでしょう、タチウオ釣りに慣れている私が見落としていることを色々書かれていて参考になった。

まず考え方を改めた点・・・テンヤ釣りなのでひっかけて釣ると言う点。

この点を考え直してみた。

どうしても引っかけることに強く意識が行き過ぎると、とにかく竿先に集中して、ここぞと言う時に思いっきりアワセを入れて、それでかけようとする。

ずっとそのやり方でやってきたが、その釣り方には限界がある。

そうではなくて、こちらがタチウオをテンヤにひっかけるのではなく、タチウオがテンヤに勝手に引っかかるような釣り方をしたほうが良いだろうと言うことです。

で、タチウオが引っかかれば竿先が深く刺さるから、その後で追加でアワセを入れてテンヤの針をタチウオの顔面に貫通させれば良いと言うことかと。

ではどうやったらタチウオがテンヤの針に自ら刺さってくれるか・・・これが問題なのでした。

ずっと昔なら、コツンと来てそのままゆっくり巻き上げていたら、そのうち深く竿が刺さってくれて、それで釣れていたが、最近はなかなかそう行かない。

それはタチウオがスレてきたのではなく、違う釣り方をする人が増えてきたためかと思います。

ちゃんと統計を取ったり確認した訳ではないので断言できませんが、私がタチウオ釣りをまじめた頃には、船にのっている釣り客のほとんどが、電動ゆる巻きスタイルで、前アタリであわせず、そのままゆっくり巻きながら、本アタリがでたらアワせると言う釣り方だったし、そう言う釣り方がスタンダードと釣り雑誌などにも書いてあった。

ところが、最近よく見かけるのが、ジギング風に誘ったり、早巻き&ストップなど、いろいろ誘って釣りしている人です。

以前のY船でそれをやったら怒られました(笑)。当時は、タチウオ釣りはとにかく竿をしゃくらず、本アタリを末か、それで食わない時は一か八か前アタリの「コツ」であわすかでした。

そのどちらもやらずに、なるべくタチウオを食う気にさせてテンヤに自ら引っかかるような釣り方をするのが良いと思い、前回から実戦してみたと言う訳。

正確に言うと、昨シーズンの末頃から徐々に試していて、今シーズンに入ってから本格的にやりはじめた感じ。

前アタリが出たら、とにかく食わせるためにむしろテンヤをがちゃがちゃ動かしてみると言うやり方である。

それによってタチウオをじらしたり、また腹にくいつかせる。

タチウオは、たぶん死んだエサだと先っちょからつつく感じで食べるだろうから、活性が低いとしっぽだけかじられて終わりになってしまう。

そこで、テンヤを動かしてタチウオをじらしたり、エサを生きた魚を思わせることによりタチウオの食い気を出して、しっぽではなく、腹にくいつかせる。

腹にくいついてくれれば、テンヤの形状から勝手にフッキングする率が上がるだろう、と考えた訳です。

動かし方は色々で、逃げ惑うような動き、竿をしゃくってテンヤを上下させる、小刻みに巻き上げるなどなど。

で、前半はこれがことごとくはまり、竿が勝手に突き刺さりまくり。その後に追いアワセでテンヤを貫通させれば良いと言う感じ。

時期的な理由かわからないが、前回よりアタリそのものは少なかったもが、今回も無理矢理アワせて引っかけるのではなく、ことごとく竿先が自然に突き刺さることが多く、朝一からイワシ10匹でタチウオ10本をゲット。

ただ今回は、小型は釣れないものの、前回のような大型も釣れなかった。

そんな感じで、序盤はこの釣り方がことごとく成功して、イワシ20匹くらいで16匹も釣れた。

ただ、途中で中だるみがあり、同じように誘ってもアタリがあまりでなかったり、またアタリがあって誘って食わして、フッキングするがすぐはずれたりと言うことが多くなってきた。

しかし、それに対しても今回は対策を用意(笑)。

今回は包丁研ぎ用のヤスリ?を持参して、テンヤのフックがなまってきたら研ぐことにした。


日本製 ダイヤモンドシャープナー両刃ヤスリ75mm日本製 ダイヤモンドシャープナー両刃ヤスリ75mm
()
ほんまもん

商品詳細を見る


新品のテンヤだと1日持つが、何度も使ったやつだと毎回研がないとすぐに針先がなまるし、釣りしている途中でもなまってくることがある。

ただ、それでも終盤は食いが落ちたのか、アタリそのものが減ってきた。

121225shikake.jpg

朝の内は曇っていて暗かったこともありケミホタルを付けていたが、ここではずしてみた。

アタリが減ってからケミホタルをはずすのがどうなのかとも思ったが、ケミホタルをはずしたほうが、しゃくった時とかの抵抗が少なかったように感じたので、もしかしてテンヤの動きに少しは自然さが出るのではないだろうか?

でも別にすぐアタリは増えなかったが。

この日、朝一は水深60mラインだったが、2流し目以外は水深90−100mラインをずっと流して、アタリは底から30mくらいで多く出て、特に船が流れて駆け上がりに入ってからは、底から15mくらいでアタリが多くでた。

で、9時くらいまでの2時間で15匹釣れたのだが、その後の2時間は伸び悩み、11時で17匹。

121225-1100chouka.jpg

残り2時間弱でどれくらい伸びるだろうか・・・

ここからお昼まではあいかわらず低調で、アタリそのものが少なくなってしまった。

ところが、お隣の方は逆に調子が出てきた様子で、結構アタリを出されている。

見ると誘い方が私と違う。

その方を参考にして、3段シャクリみたいな感じでやると、アタリがでだした。どうも誘いのパターンがその日で変化するようである。引き出し一つ増えた感じ。

ここからまたアタリが出だしたのと、終盤は船長が魚影の固まったポイントを見つけてくれて、そこをしつこく流してくれたおかげもあり(水深90mなのに50−70mに魚影)、、ここで調子良くなり、ただ、やはり結構途中のすっぽ抜けなど多くて序盤ほど打率は良くなかったが、竿後の最後までアタリがあり続けて、一番最後には水深50mでサゴシも釣れたりして、満足しての納竿となった。

しかし、今回もまたドラゴンは釣れず、おまけに今回は良型があまり釣れなかった。メータークラスも釣れなかった。

たぶんサイズは80−90cmばかりで揃ってはいたし、70センチ級とか細いのは釣れなかったのでその点ではまずまずのサイズと言えるが、メーターオーバーが1匹も釣れなかったのは残念。

10匹をYUKAがお世話になっている先生へ送ったが、ドラゴンやメーターオーバーを送れなかったのは申し訳無い。

前回は準ドラゴン級やメーターオーバーがたくさん釣れたので、誘うと大型が釣れないと言うことではないと思うが、しかし今回は前回よりもさらに中層中心の釣りだったので、もしかしてもっと底のほうのタナで粘っていたら大型も釣れたのかもしれない。

大型と小型の釣り分け方はわからない。

たぶん群が違うと思うので、たまたまその日のポイント次第なのではないかと思うが、群からはぐれて単独行動している大型もいるだろうから断言できないが。

と言うことで、おそらく今シーズン最後のタチウオ釣りになると思われるので、まとめとして長々と考察を書いてみたが、前回ほどではないとは言え、たくさん釣れたし、何より、少しだけ上達したかなと思える収穫のある1日だった。

(結果)タチウオ80−95cm(サイズは適当)を26匹、サゴシ1匹

121225chouka.jpg

ただ、前回も今回もお客さんが少なかったので、果たして定員の多い船で満員に近い状況でも同じように釣れるのかどうかは、まだまだわからないので、その点は来シーズンに検証してみたいと思う。

で、これで釣り納めではなく、釣り納めは28日にメジロの予定。凪ぎの予報なので楽しみだ。

しかし、このところのメジロ釣りを見ていると、凪の日は釣果があまり良くないことがあるし、2週間前の同じ潮回りの時にはダメな日だった(しんすけさんやM飛龍さんが行かれたあたり)。

と言うことは・・・ちょっと心配。

ここ2回の釣りはまずまずだったが、今回はカモメに糞をかけられたり(屋根が無いので)、それ以外でもかみつかれたりなどと、このところ災難が続いているので、今年の釣り納めは良い釣りができますように・・・

爆釣まではのぞみませんので、まずまず楽しめる釣りになってくれればと思います。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

久々の釣り

2012年12月22日(土)日ノ岬沖のメジロ釣り

仲政丸@和歌山・美浜

日出7:01 正中11:58 日没16:56
天候:曇り  風向:北西  潮:ゆるい上り  水温:18度  波高:2.0

121222shio.jpg

121222chouka2.jpg

さてさて、ひさしぶりの釣り。本当は8日にも予約していたのだが、荒れそうだったのと体調が悪かったのと両方ありでキャンセルしてしまった。

今回も同じ様な荒れた天候に・・・が、今回は体調が良いので出撃。睡眠も5時間近くとれて万全である。

しかし、道中はかなり激しい雨が降っている。どうなることやらと思ったが、港に着いたらやんでいた。

早めの予約だったのでトモに入れたが、しかし凪の日ならいざ知らず、天気が悪いとなると風と潮の向き次第では最悪の釣り座になってしまう可能性もあるから、荒れた日はどこが良いか行ってみないとわからない。

5時過ぎ、私を含めてお客さん8人を乗せていざ出船。

121222turiza.jpg

ポイント到着してみると風が強く、でも波はそんなに滅茶苦茶高いと言うほどでもないが1.5〜2mくらいはありそう。

何故か日ノ岬の灯台の光が弱々しく、まわりが見えにくく少し酔いそうになる。暗くて海面が見えないと気持ち悪くなる。

灯台の調子が悪いのかと思ったが、夜明けになってからわかったことだが、雨上がりでもやが強くかかっていたようだ。

さて、釣り開始は6時過ぎだったか、覚えていないが、まだ真っ暗なうちからスタート。しばらくはアタリ無し。

潮はほとんど動いていないか、かすかに上り潮と言う感じだろうか。

7時前のまだ暗いうちに隣の船で1本釣れたとのことだが、こちらはしばらく音沙汰無し。

その後少ししてかすかに明るくなってきた時間帯、探検丸を使っている隣のおじさんが「底から5mくらいに反応出はじめたで〜」と言った。なので頑張ると、反対側の人にヒット!

と思ったらこれはマダイだった。50センチ以上ありそうな立派なマダイだった。

そこからすぐに今度は左舷の人にヒット。これはメジロ。

ここからあちこちでヒットの連続。

私にもようやくヒット〜。

メジロの引きはやっぱり楽しい。

しばらくは仕掛を底に落としてエサを出しながら6m上げるとすぐに当たると言う感じ。

朝の時合いに5本ヒットさせたが、針はずれやクッションゴムが切れたりで3本をバラしてしまった。

その後、潮はほぼ止まった感じ。

121222hinomisaki.jpg

波は結構あるが、縦揺れ(舳先からトモへ向かっての揺れ:ピッチング)なのでそれほどでもない。しかし、一番後ろなので結構強く揺れて釣りにくかった。

暗いウチは微妙に船酔いしそうな予感も少しあったのだが、幸いなことに明るくなってからは完全に元気になり、かなり揺れているにもかかわらず、ハリスを結んだりあれこれしても酔わなかった。やはり睡眠と体調が重要なのかもしれない。

その後、潮はほぼ止まった状態で食いは悪くなったので、ハリスを落としてみたが、せっかくヒットしたのに、取り込み時に船の揺れの衝撃が一気にかかったせいか(たぶん)、ハリスが切れてこれまたバラしてしまった。

やはり、揺れが強いので、そのせいで巻きあげでも急に強く引っ張った時に切れてしまう可能性があったので、ハリスはやはり太いのでやることにした。

その後は、ぼつぼつとアタリがあるが、途中でバレたりなどして半分ほどしかタモ入れにたどりつくことはできない・・・

そのうち電動リールも調子が悪くなってきて、また巻き上げようとすると通電しなくなってしまう症状が出た。

巻きあげレバーを倒すだけで画面が真っ白けになる。

が、あちこちいじっていたら、今度は電源は落ちなくなったが、まったく巻きあげしてくれなくなってしまった。

手巻きで2ー3回やったが、オモリ120号では重すぎてしんどいので、予備のタックルへ変更することに。

↓このタックルはリタイヤ。
121222megatwin.jpg

予備に持ってきていたのはフォースマスター1000だが、巻いてあるPEが4号なので、ちょっと心配。さらに、竿が舳60号で、この釣りにはかなりやわらかすぎてやりにくい。

オモリ120号だとそれだけでバット近くまで曲がってしまう。

121222sao.jpg

これで2−3投やってみたが、やわらかすぎてやりにくい。

なので、竿だけはじめ使っていたもの(White Wolf 2200)と交換。名前だけは格好良い?が安物9800円なので、風のある日はガイドにからまってやりにくい。

が、固さはこの釣りに丁度良い、カゴの網目をゆるいのにしなくても、竿をやくった時に思ったようにエサを出すことができる。

しばらくして、久々にヒット〜。

何か竿が変な曲がり方をしていると思ったら、一番手前のガイドにPEラインを通すのを忘れていた。

焦るがどうしようもない。

とりあえず無事にメジロゲット。

あわててPEラインをはずしてガイドを通しなおす。一番手前のガイドを通し忘れたので、すべてはずしてはじめからやり直さねばならなかった(汗)。

後で考えたらこの時が最後のプチ時合いだったようで、もったいない時間のロスだった・・・。

で、次に投入したら潮が動き出していて、今度は私の右後ろに向かって潮が流れて船中でたぶん一番潮上の位置になってしまった。

そこから同じ人に連続ヒット、ずっと入れ食いで釣れている。

私にはアタリも無し。

しょうがないのでハリスを1ヒロ長くしてみたが、それでも何も無し。撒き餌の出し方も私なりに考えたが、引き出しが少ないのか、結果は出ず。

言い訳だが、メジロの活性がいまいちなので、まきエサの群に突っ込んで来ない。

こういう時に上手な人ならどうするのだろう。いつも後からもっとああすれば良かったと思い後悔する。

と言うことで、私の未熟さもあり、最後の1時間ほどは虚しく過ぎてしまった。で、たしか10時半くらいだったと思うが終了。

(結果)メジロ6本

121222chouka1.jpg

身内で分けるのにちょうど良い量だった。

マダイも何枚か上がっていたので私にも釣れないかと期待したが、釣れなかった。

終盤はどうにもならない感じだったが、序盤と中盤にバラシが結構あったのが残念。

あまりばらすと群が散ってしまうので・・・。

タモ入れ時のハリス切れ1回、クッションゴム切れ1回、タモ入れ直前の針はずれ1回、あと巻きあげ途中の針はずれも2-3回くらいあったと思うので、合計6回のバラシと言うことで、打率5割・・・

途中の針はずれやハリス切れはしょうがないとしても、クッションゴムが切れた1匹は本当にもったいない。

しかもこいつはこの日で一番引きが強いやつだっただけになおさら残念。

クッションゴムは何回か使ったら捨てるほうが良いかもしれない。かなり太いめのやつだったのだが・・・

海上釣り堀でもクッションゴムを使っている人がよく切れてバラしていたので、あれはあまり信用できない。太いのでも、何度か使ったら捨てることにしよう。

と言うことで、前半はバラしが多くてやきもき、終盤は一番潮上になり私のウデでは場所のハンデをはねかえすすべなくお手上げだったが、しかし、持ち帰りすぎても困るからバラしも自動リリースと考えれば、メジロの引きはかなり堪能できて、楽しかった。

活性が悪い日だったら、こんなにバラしていたらまったく食わなくなっていたかもしれないので、ラッキーだったと言うべきか、バラさないようにもっと上達しなければと言うべきか。

ともかくひさびさのメジロ釣りは引きも十分に味わえて楽しい1日でした。

年内にタチウオ釣りをあと1回、メジロ釣りももう1回行く予定(笑)。

タチウオ釣り、本当は今日に行くつもりだったが、さすがに体力が・・・

明日は風が強そうなので、やっぱりタチウオはもう無理かな!?

今年は結構何度もメジロ釣りに行ったのでちょっと食べ飽きたかと思いきや、かなり脂がのっておりものすごく美味しかった。やはりメジロは美味しいです。

121222sanmai.jpg

腹の部分が真っ白です。
釣り | Comments(10) | Trackbacks(-)

大荒れ!?

土曜日はひさびさの釣りなのだが・・・

またしても予報は大荒れ。南風なのでかなり厳しそうだ。

121222yohou.jpg

日ノ岬は潮流が早いので、凪の予報でも実際に行ってみると風向きによっては波が高いことがある。潮と風が逆になると波が高くなるので。

だから、行ってみないと波はわからない。

とは言え、南西の風の場合だと、陸に向かって風が吹くわけで、この場合に予報より波が低くなることはまずあり得ない。

陸に向かって風が吹く場合は、たいてい波が高くなる。

私の場合、体調をととのえて睡眠を十分に取ることができれば、酔い止めさえ忘れなければ2mくらいまでの波なら酔わないことがわかっているが・・・

でも、波が3mとかまでなると、怖くて逆に酔わないかもと少し期待が(笑)。

恐怖と言うのは交感神経を興奮させる。

人の自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれだいたい逆の働きをしている。

交感神経は昼間に優位になり、闘争・闘争反応と言うか、昼間に活発に活動するために働く。

逆に、副交感神経は夜に優位になり、消化・急速反応をつかさどっている。

船酔いは明らかに副交感神経系が優位になったせいで起こる現象だろう。

副交感神経が優位になると、消化管の動きが活発になるし、線分泌も強まる。その結果として下痢とゲロが出ると言う訳である。

地下鉄サリン事件で有名になった毒ガスのサリンを吸うと、あれも副交感神経を異常に興奮させるので、船酔いと似た症状になる。サリンや一部の農薬などにも副交感神経を異様に興奮させる毒物がある。

話がそれた。

副交感神経が優位になると酔うのなら、逆に、交感神経を優位にすれば酔いにくいと言うことになる。これは、先日に掲示板のほうに唐辛子の話をしんすけさんが書いて下さって話題になった通りである。

交感神経を優位にするため、私の場合には唐辛子をかじったり股間に水をぶっかけるのは無理なので、ぜいぜい上着を脱いで冷たい風にあたるか、または、あえてライフジャケットなど着用せずに恐怖を感じるようにするか・・・などなど、新しい船酔い対策を考えてみよう(笑)。

と言うことで、怖いほどに船が揺れたら酔わないかもしれないと期待しつつも、その状況で果たして釣りになるのだろうかと言う不安もある(笑)。

あまり心配したり不安に思うと眠れなくなってしまうので、まああまり深く考えずに釣行することにしよう。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

お札が紙切れになるとか言う人

先日、あるおじいさんとこんな会話をした。

爺 「安倍さんだいじょうぶかね〜、赤字国債は輪転機をまわしてお札を印刷してやればいいみたいなこと言っているが」

私「え?それのどこが問題ですか?むしろ、今それをやらないからデフレがひどいんですけど」

爺 「そんなことしたら、お札が紙切れになってしまうだろう」

私 「それはもちろん、どこまでも際限なくやり続ければいずれはそうなるかもしれませんが、インフレ率が高くなってきたらやめたら良いだけの話じゃないですか?」

爺 「国の借金の量がとにかく膨大なんだから、それを返すために刷ったらひどいことになるよ」

私 「いやいや、無理矢理全額を返す必用など無いでしょう。償還さえできれば良いんだから。むしろ、無理矢理返されたほうが困るでしょう。運用先が無いんだから。」

爺 「いや、そのうち国債が暴落してお金が紙くずになるよ。金利も高騰して日本経済は滅茶苦茶になる」

私 「・・・」

・・・どうも、借金はすべて耳をそろえて返さねばならないと思い込んでいるようなので、これ以上話しても無駄と思い、話題を変えた。

経済と言うのは難しい。常識で考えると間違えることが多いからだろう。私も2−3年前までは完全に間違えていた。

そもそも、マスコミが良く言う「国の借金がもうすぐ1000兆円」とか言う言い方。ここに多くのウソが含まれている。

読書・勉強 | Comments(0) | Trackbacks(-)

外食と買い物

日曜日、釣りに行こうと思えば行けたが、年明けの引っ越しの準備などもあり出撃はやめた。

で、夕方に投票をすませ(結局投票には行った)、その後、電車で天王寺まで出て食事と買い物。

最近は電車での移動が増えた。電車通勤にしたので電車移動のほうが交通費が安くすむ。

食事は洋食屋さんで。

121216maruyoshi1.jpg

121215maruyoshi2.jpg

それほど脂っこくも無くて味はまあまあ良かったが、座席が狭い。

カウンターにYUKAと二人並んで座ったのだが、両サイドが狭いので肩をすぼめて座らねばならなかった。

いくら味が良くても居心地が悪い店はいやである。

最初など、4人がけのテーブルに知らない二人組と向かい合って座るように指示された。最近はこういう店が多くて困る。

知らない人と面と向かわされることのストレスと言ったら・・・

そういう無神経な店は、少々味が良くても私はもう行かない。

しかし、味は良かったので洋食好きで座席のことは気にならない方にはおすすめです。

と言う感じで、最近は芸能人がブログでステマ(ステルスマーケティング)をやっていることが話題になっているが、あまりべた褒めばかりする有名人ブロガーが多いので、以前からあやしいと思っていた。

ステマとは、要は、普通に利用して気に入っているふりをして、実は金もらって宣伝していることである。

ブログで書かれると口コミであるかのように錯覚することを利用しているのだろう。

が、私の思っていた通りのことが暴かれて、私の見る目もそう間違っていなかったなと自信を持った次第。タレントの言うことなんぞ信用できないのは政治家以上である。

その後は、炊飯ジャーを購入。「おどりだき」だそうです。


Panasonic 可変圧力IHジャー炊飯器 おどり炊き 5.5合 ホワイト SR-PX102-W SR-PX102-WPanasonic 可変圧力IHジャー炊飯器 おどり炊き 5.5合 ホワイト SR-PX102-W SR-PX102-W
(2012/09/01)
パナソニック

商品詳細を見る


味も大事だが、私の場合、何事もスピードを重視している。YUKAは、もう一つ別のメーカー(東芝?)と迷っていたようなので、私に決めてくれと。

で、こちらのほうが火力が強くスピードが速いと言うことで、これに決定。

そして次の買い物。3年ぶりに靴を買った。軽いのでおどろき。4900円なり。デフレに感謝(爆)。

121215shoes.jpg

ちなみに私の足のサイズは27.5cmです。昔はあまりサイズが無くて困ったが、最近は増えてきた?あっさりあったので良かった。

さらにさらに、先日に引き続き、またまた安い服の店で安い服を購入。

先日に服を買ったのが2年ぶりくらいで、ちょっと足りなかったので、下着などを追加。

121216yasuifuku.jpg

それにしても、私が買う服と言ったらこういう地味な色合いのものばかりである。

黄色とか赤とか買ってもどうせ着ないから、まあこれで良いのだが、さすがにちょっと地味すぎるかな。

でも服装で目立つものは好みではない。

ただでさえ、考え方などで人と違って浮いているのだから、見た目くらいは地味にして目立たないようにしておきたい(爆)。

でも安くて品物は良いです。

デフレの恩恵をうけまくりだが、ものが安く買えることの結果として、みんなの給料が安くなって、結局みんな安いものしか買えないどろぬまにはまっている訳です。

デフレとは物価が継続的に下がる現象ですが、給料はもっと下がるし職が無くなるから、若者ほど大変なのです。

なのに、「デフレはモノが安く買えるから若者にチャンス」とか言っていた人間が副党首の政党が政権にいたわけなので、経済が良くなるはずがない。
おでかけ | Comments(6) | Trackbacks(-)

正しい経済政策を期待

どこの政党にも追い風は吹かず、民主党への逆風が吹いただけの選挙の結果は、予想外の自民党圧勝だった。

衆議院で自公あわせて320(3分の2以上)を超えたから、参議院で過半数に達していないことから来る不安定さはずいぶんマシになるかもしれないが、しかし、いくつか心配もある。

まず、安部氏は朝日新聞から目の敵にされているので、失策が無くてもあらさがしみたいなことを徹底的にされて、支持率をだんだん下げて行くだろうと予想される。

デフレ期にはまともな経済政策である積極財政をやろうとすれば、財務省に洗脳されたマスコミが、また例の「国の借金」と言う間違いだらけの言い方で財政危機を煽るだろう。

原発の再稼働をすすめるにあたって、これもまたマスコミや世論の批判にさらされるだろう。

それから、1票の格差と言う実際には意味の無いものの話で違憲状態のまま行われた選挙なので、これからことあるごとに「違憲状態」と言うことがしつこく言われるだろう。

「違憲内閣」などと連日報道されて、とにかくつぶしにかかるのではないかと思う。

私は別に自民党支持ではないが、東北大震災の時のマスコミの報道ぶりを見てあきれて以来、自民党がちょっと気の毒と思っている。

あの時にマスコミは、民主も自民も協力しろとか大連立しろなどと言っていた。

たしかにそれは正論かもしれない。日本の非常事態なのだから、与党も野党も無いだろう。

しかし、ならば、ちょっとさかのぼって、リーマンショックの後はどうだったのか?

リーマンショックも世界的な規模での経済における大震災のようなものである。経済が崩壊すれば、大量の失業者が出る結果として、大量の自殺者が出る。

多くの人命が失われると言う点でも、自然災害と経済危機と言うのは共通点があるのである。

リーマンショックは、たぶん歴史の教科書にのるレベルの経済的な出来事であるし、日本もそのショックに見舞われた。

あの時だって、与党も野党もなく協力すべきだったのに、マスコミは連日「解散して国民の信を問え」とひたすらやっていた。

あれだけの経済的危機において、のんびり解散して選挙などやっている場合ではなく、与野党が協力して経済の崩壊を立て直さなければならない状態だったのに、当時の民主党は政府の批判ばかりで協力しようと言う姿勢は乏しかったが、マスコミはそれを批判しなかった。いや、むしろ一緒になって揚げ足取りばかりしていた。

あの時に、麻生氏のようにマクロ経済をちゃんと理解している数少ない政治家が首相でなければ、日本はもっとボロボロになっていただろう。

なのに、カップラーメンの値段を知らないとか、夕食を高級バーで食べているとかほとんど無意味な批判ばかりしてネガティブキャンペーンばかりやっていた。経済危機の時に、そんなこと意味あるか?

政治家はカップラーメンの値段よりマクロ経済を知っておかねばならない。麻生氏はマクロ経済のことはよくわかっている数少ない政治家である。自民党には5人くらいしかいない(他の政党はほぼゼロ)。

リーマンショックのようなバブル崩壊後に政府が何もしなければ、デフレになって経済が崩壊する。

あの時に、金融緩和と財政出動と言うあたりまえの政策をやったから、まだ持ちこたえることができたし、アメリカではオバマがまだそれの続きをやっている。そして、まだ完全ではないもの、アメリカ経済はふたたび成長をはじめている。

なのに日本では政権交代などして無駄な3年3ヶ月をすごして、やるべき事と真逆の消費税増税をしたり緊縮財政をしたり、金融緩和もちびちびしかやらないなど。おかげでまだデフレのどん底にいるまま。

よく日本経済が崩壊しなかったと思うが、もう限界である。

ここからは正しい経済政策をやらなければ本当に潰れてしまう。

「消費税を上げない(少なくともデフレから完全に脱却するまでは)」
「インフレ目標を設定し、目標達成まで日銀に『無制限』の金融緩和を実行させる」
「建設国債を発行し、公共投資で国土強靭化やインフレのメンテナンスを実施する」

くりかえし言うが、国債を発行しても、日銀がそれを買えば「国の借金」は増えない。日銀は政府の子会社なので、連結決算で借金はゼロである。

デフレの間はお札をばんばん刷っても悪性のインフレにはならない。インフレ率があがってきたら引き締めれば良いだけの話だ。だから、一石二鳥、一石三鳥なのだ。

以上のようなまともなデフレ対策をやることで3−4年後には日本経済はふたたび経済成長をはじめると思われるが、そうなったらはじめて消費税増税を考えれば良い。

ただ、これ以上新自由主義的な政策をかかげる政党が力を増したり財務省が悪さしたりするとだめになるだろう。

麻生氏あたりが財務大臣になれば、たぶん財務省に洗脳されることは無いから期待できると思われるが、財務省は自分たちの言うことを聞かない政治家を陥れるので(例:酔っ払い会見した中川昭一氏など。あの会見でとなりにいたのは財務官僚)、それが心配だが。

経済を理解していない人間が財務大臣になると、ことごとく洗脳されている(菅、野田、安住、谷垣など)。

自民党でも経済をわかっている議員は5人くらいしかいない。そのうちの一人が首相になったのは、日本経済にとって喜ばしいことだが、世間的にあまり人気が無いのと、一部のマスコミを敵に回していることで、今後どうなるか不安材料もある。

選挙の争点で国民が一番期待していたのは、景気対策なのだから、それを第一に頑張って欲しい。

安部氏もやりたいことはいろいろあるだろうが、余計なことはあまりせずに、波風たてずにとにかく経済を再生することに全力であたってほしい。

やるべきことをれば、「国の財政」も「インフラの老朽化」も「若者の雇用」も「少子化問題」も「格差の問題」もすべてが改善に向かう。

この15年間のデフレの間、財政出動を強力にやった政権(小渕、麻生)、金融緩和を強力にやった政権(小泉、安倍)と言うのはあるが、財政出動と金融緩和の両方をきっちりやった政権は一つも無い。

麻生政権がかろうじて両方やったくらいだが、短命で終わってしまった。

だからデフレから脱却できないのだ。

正しいデフレ脱却法である、財政出動と金融緩和の両方をやること。

頑張ってやりぬいて欲しい。

そして結果を出して、インチキ経済学者や売国エコノミストどもをぶちのめして欲しいものだ。
読書・勉強 | Comments(0) | Trackbacks(-)

電車の不思議

最近は電車での移動が増えてきた。関西にはそれなりに在住しているが、まだまだ知らないことだらけだと気づいた。

不思議な電車が結構ある。

「普通・高速神戸」とか言うのもはじめは理解できなかった。

121215kousokukoube.jpg

高速神戸と言うのだから、高速で神戸まで行くのだろうと思うのだが、なのに「普通」とはどういうことか!?

と不思議に思っていたら、「高速神戸」と言う名前の駅があるとのこと。

考えてみれば、「神戸」と言う駅名は無いのだから、高速で神戸へ行くと言う意味ではないのは明らかである。

もう一つ不思議なのが、「直通特急・姫路」行きと言うもの。

121215sanyouhimeji.jpg

直通の特急と言うからには、途中の駅には一切停まらずに山陽姫路まで行くとばかり思っていて、乗らないようにしていたのだが、何と驚いたことに、ものすごいたくさんの駅に停まる。

各鉄道会社が特急とか準急とか快速とか勝手な基準で名付けるからわかりにくいですな。

でもこんなもの、慣れと言うか、一度聞いてしまえばすぐわかることで何の問題無いのだが。

慣れと言えば、こんなニュースを見た。

「三宮駅」は神戸なの? 阪急、駅名変更を検討

 神戸市の中心部にある阪急三宮駅。その名前を変更する検討を、阪急電鉄が始めた。観光客ら関西圏外から来る人に、神戸の玄関口と分かりにくいのではという理由。「神戸」を駅名に付け加えることを考えており、早ければ来秋にも変更する。


神戸の中心地は三宮と言う場所なんだよと説明すれば良いだけの話じゃないのか?

神戸の中心地も神戸と言う同じ地名であるほうがかえってややこしいだろう。

それに、福岡だって中心部の駅は博多だろう。大阪だって、JRは大阪駅だが、阪急や阪神や地下鉄は梅田なのだから、それで良いじゃないか。キタやミナミと言う呼び方もあるし。

観光客だって神戸に来る時はガイドブックか路線図くらい見るだろうし、一度聞けば理解できるだろう。

だから、阪急「三宮駅」をわざわざ「神戸三宮」とか変える必用など無いと思うが。

今の世の中、後先考えずに「変える変える」とか言いたがる奴が多くて困る。変えて良くなる保証など何も無いのに、むしろ悪くなったり混乱するほうが多いだろう。

どっちみち世の中は放っておいても勝手に変わって行く。変わってしまうことで失われるものについては誰も何も思わないのだろうか!?

そろそろ、変えないとか守るとか言う人たちがもっと出てきて欲しい。それが「変わる」と言うことです。

変えたがりの支配する日本社会の風潮こそ、本当に変えて欲しい。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

年末セールス

景気が悪いので年末商戦はたぶんあまり盛り上がらないだろう。

私も今年は年明けに引っ越しがあるので、この時期の釣り道具の買い物はやめておこうと思う。

この時期はバイト代も入るので、最低何か一つは価格が高めの釣り道具を買ったりするのだが・・・

今回は容量の大きい電動リールのバッテリー(リチウム電池)を買おうかと思っていたが、やめた。

他に欲しいものは無い。いまのところ。

それより釣りに行きたい。凪の日に。

今日などは天気も良さそうで、午前中だけ休もうと思えば休めたものを、どうしてこういう日にタチウオの潮ではないのか。

実はメジロのほうが釣りたいが、和歌山までだと午前中だけ休みと言う作戦が使えないので。

いつも行っている散髪屋に「メジロたくさん釣れたら持って行きます」などと言ってしまったのだが、言うだけ番長で終わりませんように・・・

年内は何としてもあと1回はタチウオ釣りに行きたいし、あと2回メジロ釣りに行きたい。あわよくば3回行きたいが・・・一時ほどは釣れなくなったみたいで、ちょっと不安。来週に予約しているのだが、それまでに次の大きな群が来てくれたら良いが。

と、釣り道具は買わずに年内釣行4回のほうにお金を使いたいと思っているが、でも凪とはかぎらないだろうから、天気のこともあるので、どうなることやら・・・

それ以外は節約しよう。iPad miniも買うのをやめた。

来年の春には車を買い換えなければならない可能性が高いし(もうすぐ15万キロ)。

しかし、アテンザはクリーンディーゼルやらその他も装備満載で、一番上のグレードは私が買った頃よりも70万円くらい高くなってしまい、最低グレードでもオプションと諸費用込みで300万円以下で買うことが難しくなってしまった。

せっかくだから、クリーンディーゼルにしたいが、ちょっとパワーがありすぎて、そこまでいらないのだが・・・。

V8ガソリンエンジン4L並のトルクとかそこまでいらないし、トルクは3割減くらいで良いので、そのぶん燃費を今の20km/Lから25km/Lくらいに上げたやつを出してくれたら良いのに・・・

あと、上級グレードにはレーダークルーズがついているが、そんなものまったく必用無い。

前の車に自動で追尾してくれるシステムらしいが、追尾可能な速度が100キロまでなので、実用的ではない。
釣り | Comments(3) | Trackbacks(-)

アップはやめて・・・

この時期、見たくない顔のドアップがテレビ画面に登場する。

ネットを見ていても、見たくないおばさんの顔の広告が出たりする。あの手の顔のおばさんは苦手だ。

そのたびにうんざりしているが、とどめを刺したのが角田被告のドアップ。あの顔を何度もドアップで写す必用は無いだろう。勘弁して欲しい。

ただでさえ、選挙がらみで見たくない顔を見せられているのだから。

ウソつきはテレビに出すな!

それから、マスコミは、もう消費税増税が再来年から決定したかのように報道しているが、そういうウソを垂れ流すのもやめてほしい。

消費税増税法案には付帯条項と言うのがあり、本当に増税して大丈夫かどうかを半年前にその時の内閣が最終判断することになっている。

その時に景気が悪ければ増税は延期になるのだ。

当たり前の話だが、景気が悪いのに無理矢理消費税を増税すれば、企業の倒産や失業者の増大により法人税と所得税の税収が減ってしまうし、将来の税収の芽をつぶしてしまうことになる。

その結果、消費税を増税したのに税収はかえって減ると言う事態にもなりうる(ちなみに増税しなくても歳出削減をやっても増税したのとほぼ同じ効果で景気は悪化する)。

景気が回復して実体経済が体力を回復してから増税すれば、そんなことは無く、増税の効果が出て税収も増える。

だから、消費税増税法案には景気条項と言うのがついている。

以下は私が読んでいるメルマガよりの引用。

12月9日の地上波の討論会において、野田首相は「景気が悪くても増税から逃げない」などと述べて珍妙な三党合意の解釈を披露しました。

自民党安倍総裁が「景気が好転しない限り消費税増税はやめるべきだ。」とたしなめても、「三党合意から逃げている!」などと感情的に反論し、全く議論がかみ合っていませんでした。

消費税増税法案の景気条項についてもう一度確認しておきましょう。

(消費税増税法案の景気条項)
消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前二項の措置を踏まえつつ、経済況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ず等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる

さて、野田氏と安倍氏、どちらがこの文章を曲解しているでしょうか?

最後の「停止を含め所要の措置を講ずる」が「景気が悪くても増税強行します」という文章に読めてしまう人は、眼科の診察を受けるか、今からでも遅くないので義務教育からやり直した方がいいでしょう。



間違ったことでも、堂々とした態度で言えば国民をだませるとでも思っているのか(最近はこういうタイプの政治家が増えている)、それとも本当に馬鹿なのか・・・

この国は本当に狂っているとしか思えない。首相は滅茶苦茶なことを言い放題、マスコミはまともな報道をしない。これでは政治が良くなるはずがない。

私のまわりには中小企業の経営者がいるが、今の経済状況で消費税増税がどれだけひどい影響を与えるか、とても困っている。

それでも、その結果として国家財政が健全化するならまだしも、経済を破壊して法人税や所得税の税収を減らしてかえって財政悪化させるような滅茶苦茶なことをしようとしているのだから、救いが無い。

まるで戦前の大恐慌の時と同じことをしようとしている。

人間は進歩などしておらず、歴史は繰り返すと言うことでしょう。

現代の日本人は戦前の日本人を馬鹿に出来ません。
怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

買い物へ

もうずいぶん長いこと釣りに行っていない・・・

調べてみたら11月22日以来である。

11月22日〜25日の間は4連休だったので、この間に2回釣行してやろうと思っていたのだが、それもできず、22日のタチウオ以来釣行していない。

そのせいで、ブログにつまらないことばかり書いている。

そろそろ釣行しなければ・・・

さて、この土曜日はさすがに一日のんびりしていた。

本当はメジロ釣りの予定で、早くから予約していたのにキャンセルしてしまい残念だったが、ゆっくり休んだおかげで鼻風邪(鼻炎?)はかなり良くなった。

まだ耳が少しおかしいが、それでも一時よりはずいぶん回復。大声出してもらわなくても聞こえるようになった(笑)。

日曜日は天王寺のキューズモールとか言うところへ買い物へ・・・

朝の早めに行こうと思っていたが、寝坊してしまい昼前に到着。わりと混んでいた。

冬物の安い服を買いに・・・

安い服の店の経営者、すごい有能みたいにしてマスコミに持ち上げられているが、そうではないと思う。デフレだから安いものしか売れない、それでああいう商売しか成り立たなくなっている、だから売れているだけの話だろう。あんな人が立派とは思えない。

しかし、従業員のレベルは高い。おそらく給料もそんなにもらっていないと思うが・・・。デフレ下では優秀な人材を安い賃金でこき使うことができる。今の若者は本当に気の毒と思うが、どうして暴動を起こさないのだろうか?

戦後にデフレなんかやってるのは日本だけ(それも15年以上も!)なので、日本の経済政策にかわる人々(マスコミ・知識人・政治家・官僚)の政策担当能力は、世界最低レベルで戦前並だと言うだけの話で、特に財務省の均衡財政主義が一番悪いと思うが、「収入の範囲で支出を考える」とか「倹約は美徳」みたいな家庭の主婦感覚で国家経済を考えるからおかしくなるのだろう。

ここで、ロシアの文豪の言葉を引用しておく。

金は糞尿と同じだ。
溜めれば溜めるほど悪臭を放ち,
ばら撒けばばら撒くほど土を肥やし,新たな芽を生む。

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(1828-1910)


いや、まったくその通り。

ちなみに私にはまくほどの糞尿(金)がそもそも無い!これをまず何とかして欲しいものだ(爆)。

それより、このトルストイの言葉にはマクロ経済に関する深い洞察が含まれている。

ミクロ(個人)のレベルで正しいことも、マクロ(国全体)のレベルでは間違いになる。

個人にとっては倹約は美徳でも、みんながそれをやると国全体は貧しくなる。これを「合成の誤謬」と言う。

個人の感覚で国家財政を考えてはいけないと言うことだ。お金を使う人がいるから、所得を得られる人がいる。みんなして金を使うのをやめれば、みんなの所得が無くなるだけの話で何も良いことなど無い。

所得が減れば当然、所得税も法人税も減るから財政も悪化する。財政が悪化すると余計に節約したくなるから歳出削減の結果、国民の所得が減り税収も減り・・・となって、本当に今の日本はドツボにはまっているとしか言いようが無い。

・・・と、また話が変な方向へ走ってしまった。

安い服の店はあまり好きでは無いが(正確には社長が大嫌い)、衣服に金をかけないことをモットーとしているのでしょうがない。

店員さんの質は高いし品物も価格を考えればよくできているので。

その後は昼飯。

餃子が食べたかったので「アベノ珉珉」へ。

121209minmin.png

以前の店舗はキューズモールを作るにあたって取り壊しになったので、キューズモール内に移転した新店舗に移ったよう。

移転してからははじめて。

ずいぶん広く、そしてかなり綺麗になっていた。

餃子はあっさりして美味しかった。

2週間ほど前にO将で餃子を食ったのだが・・・味はあちらのほうが美味しいかと思ったが、食った後に気分が悪くなった。脂がきつすぎるのと、あとニンニクも入れすぎ。

121209ousyou.jpg

もうO将の餃子は食えない体になったようです(笑)。

と言うか、一人前なら大丈夫だったのだが、二人前も食ったのがいけなかったのかな!?
おでかけ | Comments(2) | Trackbacks(-)

波が・・・

今度の土曜日に釣りの予定でずいぶん前に予約を入れたが、やはり心配していた波が高そうな予報になっている(それでも今日よりはましか)。

こうなると、目標は何匹釣るとかではなく、とにかく船酔いせずボウズにならないこと、に変わってしまう(笑)。

ぐらぐら揺れてもぜんぜん酔いもしないような人になりたいものだ。




電車に乗っていて、寒くなると急に鼻をぐしゅぐしゅやっている人や、咳をゲホゲホしている人が増えてきた。

うつされたと言うわけではないのかもしれないが、私も右の鼻がずっとつまっていて、右の耳まで聞こえにくくなってきた。

私は耳管の機能が悪いらしく、耳がつまったようになるのは以前から時々あったのだが、最近はならなかったので、ちょっとひさびさ。

耳が遠いおじいさんみたいになっているから、私に話しかける人は大声でお願いします(笑)。

と言うことで、今日は耳鼻科へ行く予定。

釣り | Comments(13) | Trackbacks(-)

不思議現象

街角で見かけた不思議なもの・・・

さて、スーパーで見た不思議なもの。

タチウオ売ってるな〜と思って見ると、「チリ産」の文字が目に入り・・・

121206chili2.jpg

よく見ると、「サーモントラウト」と表示されていた。

121206chili.jpg

鮮魚コーナーのおばちゃんに聞いてみたところ、「あ、間違えてるね〜」とのこと、そりゃそうだ。

この前の日曜日に、ちょっと用時(観光ではない)があって京都へ行った時、エレベーターの前で待っていると、モニターが・・・

121206eleveter.jpg

エレベーターの中がまるみえ、監視カメラの映像がリアルタイムで映し出されていた。みんなで監視して防犯と言うことだろうか。

さて、お次は電車での話。

以下は駅のホームによくあるやつだが。

121206hakusen.jpg

何が不思議と言って、これが不思議なのではなく、駅のアナウンスが不思議なのである。

「まもなく電車が到着します。白線の内側でお待ち下さい」

と言っている。

白線てどれだろうか?白い線は点線しか無いが、この点線のことだろうか?

確かに点線も線の一種だろうが・・・

ちなみに、他の鉄道会社では、「黄色い線の内側でお待ち下さい」と言っている。これもよくわからない。

足下にあるのは上の写真と似たり寄ったりなのだが、黄色い部分が多すぎて、どれが黄色い線なのかわからない。

一番手前にある黄色い部分のことだろうか・・・

電車通勤、長年やっている人からすればどうと言うことは無いだろうが、私は電車に乗ること自体が珍しいと言うか、苦手なので、何とか面白いこと無いかと探しているが、あまり無いので、やっぱり車内では本を読んでまわりからの情報をシャットアウトすることにしている。

電車内で本を読むことの欠点は、自分が降りる駅に着いても気づかずに乗り過ごしてしまうことである。もう3回くらいやってしまった。

このようにして、本に集中すれば目から入ってくる不快な情報をシャットアウトできるが、しかし、ニオイだけはどうにもならない。

朝はまだましなのだが、帰りがひどい。

まあ、自分も臭いかもしれないので、お互い様と言われれば反論できないが・・・。しかし、あのおっさん独特の整髪料みたいなニオイだけは勘弁して欲しい。

しょうがないのでマスクをしているが、これをすると暑い(笑)。上着を抜いているのに汗をかく。

立っていると確実に汗をかくし、座っても足下から熱風?熱気が上がってきて暑くて汗をかく。止めて欲しい。

隣に大柄のオッサンが座ってくると狭くて暑苦しくて参る。まあ、相手も同じことを思っているかもしれないが(爆)。

それより驚いたのは、電車内で携帯をいじっている人の多さ。スマートフォンの画面を指でシャーっとやる動作が未だに受け入れられない。あんなことはしたくないので、スマートフォンには抵抗している。

でもiPad mini は買おうかなと思っているが(汗)。こちらは仕事でも使えるかなと思ってのことだが、しかし、私も勘違いしていて、てっきりパソコンと同じようにOfficeが使えるものと思ったら、使えないとのこと。

何かのアプリを入れたら表示はできるが、iPad用のOfficeって存在しないらしい。オドロキです。じゃあ何のために使うのか?

ネットやメールしたり、最近で言えば電子書籍を読んだりとかだろうか?

私は、仕事先に持って行って、パワーポイントを表示させてプレゼンするのに使いたいのだが、そのためには、アプリをダウンロードしたりとかしないといけないのか?

思っていたよりややこしそうであるから、萎えてきた。それなら今まで通りノートパソコンで十分だ。

話を戻して、電車内で携帯(含スマートフォン)をいじくっているのは、まだしょうがないとしても、駅のホームを歩きながらいじくって、画面まで注視しているのは許せない。

そいつが前を向かずに歩いていて、どうして私のほうがよけて道をあけねばならんのか!

まあ、わざとぶつかる勇気まではないので我慢しているが、機嫌が悪いと爆発しそうで自分が怖い(笑)。

電車内で本を読む人間はいても、歩きながら本を読んでいる人間は見たことが無い。でも、ケータイのたぐいは歩きながらでもやっている奴も多い。

どちらも同じような作業(文字や画像を見る行為)のはずだが、どうしてこうも違うのだろうか。

もっと驚いたのが、電車内で化粧している女!

本当にいるとはオドロキである。

確かに朝は忙しくて時間が無いのだろう。私も今度から朝の作業で一番時間がかかる「ひげそり」を電車内でしてやろうか?

いやいや、恥ずかしくてできない。

電車内での化粧は何が悪いと言われるかもしれないが、人前でうんこやおしっこなどしてはいけないのと同じである。

人前でうんこやおしっこするのは、うんこやおしっこが汚いからだけではない。他人がうんこおしっこしている姿を見せられて、良い気持の人間などいないからである。

電車の化粧は、汚物を出さない点ではうんこおしっこよりはマシだとは言え、人に見せるべきでないプライベートな作業を公共の面前でやることに問題があると言う点で、共通している。

ただちにやめてもらいたい!

直接面と向かって文句を言えないからここで書いている。直接言って、痴漢えん罪をかぶせられて陥れられても困るので。

かようにして、電車通勤とはストレスとの戦いである。都会の電車は混みすぎだ。

もうちょっと地方に分散して住めるように世の中を変えてくれる政党があったら、投票してやっても良いが、都会が勝ち続けて地方が疲弊するような政策のほうが一部で人気が高いようで、何とも不思議である。

あ、都会のほうが人口が多いから、都会に有利な政策が人気でも何も不思議は無いか・・・

また政治の話をしてしまった。




「振り返れば奴がいる」の録画しておいたやつを昨夜も1話みた。

やはり織田裕二が良い。織田裕二と言うか、司馬と言う医者役だが、この司馬が良い。

121206odayuji.jpg

昨日は、ちょうど、ライバルである石川先生(石黒賢)がスキルス胃がんであることが判明する回であった。

高校時代か大学生になったからかは忘れたが、私はこのドラマを見てスキルスと言う胃がんが、かなり治りにくい厳しいものであることを知った。

なので、数年前に釣りの先輩がこのガンにかかったことを知った時に、何とも絶望的な気持になったのを思い出す。

今回改めてこの番組を見て、内容はほとんど忘れているなあと思った。

で、あらためて見て、やはり司馬が良い。彼の強さがうらやましい。

彼は、他人に自分を理解してもらおうと言う努力を一切放棄している。

これは強い。

彼の考え方は、当時では独特だったろう。

すぐ金を要求するところは説明不可能だが、医療に関しての彼の考え方、無駄な延命治療への批判や、ガン患者への告知などには、おそらくそれなりのものがあると思う。

番組放送当時は今と違い、惰性的な延命治療が良しとされていた時代だし、ガン患者への告知も今のようにする時代でもなかった。

そういう時代にあって、地道にその問題点を指摘して「改革」して行くと言うのが普通のやりかただろうが、あまりに時間がかかりすぎるし、現場でそんなことはしていられない。

だからそれを、ちゃんと説明しない。それどころか平気でウソまでつく。

良いことではないが、ここまで割り切れるのは、うらやましい。

私も、「どうせ自分の考えなど誰からも理解されない」といつも思っている。

これって、かなりの絶望感である。

自分が正しいと思うことが人から理解されない、共感されないと言うのがどれだけ辛いことか。

人は誰でも、自分と言う存在を他人から理解して欲しい、自分の行動を他人から理解して欲しいと思うものである。

私などはやはり弱い人間なので、人から理解して欲しいと思うために、自分の行動を説明したり、言い訳?したりしてしまう。

ただ、司馬のように、どうせ理解されないからと言って偽悪的になることもあるので、何とも共感できると言うわけである。

私のような変人は、人から理解されよう共感を得ようなどという甘いことは考えずに、司馬のように生きられたら良いのかもしれないが・・・まあ無理だろう。


迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

最近見ているテレビ

地上波は、報道番組を含めてほとんど見ないが、かわりにケーブルテレビのCSで放送している番組を録画しておいて、それを見ることが多い。

最近まで見ていたのが、「ベルサイユのばら」である(笑)。

昔はこんなもの、少女マンガと馬鹿にして絶対に見なかったが、見ているとなかなか面白かった。

歴史的な背景が正確に描かれているとも思えないが、参考くらいにはなるだろう。

フランス革命と言うのも、皮肉なもので、革命をおこした人たちも、それまでの政治の批判はできたが、自分たちに政治を運営する能力は無く、結局はおかしな世の中になって混乱がずっと続いた。

そう、人のやったことの批判をするのは簡単なことで、私でもできる。

では、その、批判が上手な人がかわりに政治をやれば良くなるかと言うと・・・むしろかえって悪くなることのほうが多いと言うのが歴史の教訓だろうと思う。

と、そんな話はやめにして、ベルばらを見ていて笑ったシーン。

何と、デスラー総統(らしき人物)が登場(笑)。

121205berubara.jpg

顔が青い地球人などいないから、デスラーでなくてもガミラス人だろう。

スタッフのお遊びだと思うが、なかなか面白かった。

でも、このシーンはかなり切羽詰まった緊迫感あるところだったので、むしろ雰囲気をぶちこわしているが。

で、ベルばらはすべて見終わったので、次に見ているのは、これも古いドラマだが「振り返れば奴がいる」である。

いちおう医者のドラマであるが、なかなか面白い。

最近では医療と関連したドラマが多いみたいだが、正直言って見る気がしない。どうも「今の時代」が私にはあわないようだ。

「振り返れば奴がいる」の織田裕二、なかなか良い。






映画・TV | Comments(0) | Trackbacks(-)

常識の勘違い

日頃自分たちが信じている常識が間違っていると言うのも面白い。常識で考えると逆に間違えてしまうことがある。

特に、国家レベルの規模での経済現象を考える時に、常識的な発想や道徳観念を持ち込むと、かえっておかしなことになる場合がある。もちろん、正しい場合もあるが。

その一つが、「競争」と言うやつだろう。

一時、小学校の先生らが、児童たちをひたすら平等に扱うことばかりに熱心で、運動会の徒競走などみんな並んで同時にゴールさせる、順位をつけない、などと言う話を聞いたことがある。

そんなむちゃくちゃな!と言うのがおおかたの常識だろう。

その常識は私は正しいと思う。

競争に勝ち抜く、また少々のことで負けたからと言っていちいち傷つかずに他の何か得意なことで挽回する、などの強い心を育てるのも教育だろう。

だから、教育の過程において、「競争」と言うことが重要なのはその通りである。

では、何事も競争で良くなるだろうか?

たとえば、国の経済について。

昔から、日本は悪平等の社会で、みんなすぐ談合するし、官が規制ばかりして民間の競争を邪魔している・・・みたいに言う人がいるが。

規制緩和して新規参入をうながし、競争をすすめることで経済を効率化させると言っている人もいる。

これって、正しいか?

正しい場合もあれば、正しくない場合もある。

それぞれの分野や、その時々の経済状況によりけりである。

たとえば、どういう場合に「競争」が正しい処方箋になり得るか。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

今日から12月

今日から12月。

・・・早いものだ。

それにしても今年は大変な1年だった。加齢現象が急速にあらわれて、一気に老化を自覚した一年だった。頭髪の老化、脱毛の増加、目の老化、内臓の老化など。

症状の割にはたいしたことなかったが、いちおう病気?もして長期間の投薬治療も受けたが、結局は治らなかったと言うか、うやむやで訳わからん状態に・・・気にしなければどうと言うことはないのかもしれない。

あと、自動車通勤から電車通勤へ変わった。これは、まだ一ヶ月しか経っていないが、これも大変だ。毎日汗だくになっている。

コート着たまま電車に乗って汗かかない人ばかりなので不思議だ。私はコートだけでなくセーターも脱がないと汗をかいてしまう。

また、電車通勤は結構歩くので、たぶん痩せるだろうと思っていたたが、逆に運動になるから腹が減って・・・病気で減退していた食欲が、通勤の運動のせいで回復してしまって(笑)また少し太った。

また、来年早々には引っ越さねばならなくなった。また借家だが。

今住んでいるマンションは分譲賃貸と言う形式なのだが、オーナーが売りたいからと言うことで、私らも買うことを考えたが、ちょっと狭いので一生住む訳でもないし、買うとしたらいずれ売ることになるので投資と言うことになり、デフレのこのご時世、数年後に消費増税による大恐慌でもやってきたら(選挙の結果次第だろうが)、資産暴落するから今は高い買い物などすべきでなく、ひたすら金を貯めておくべきと思われるし(なら釣りなんか行くなと言う話も・・・笑)。

と言うことで、1月の中旬以降には引っ越しすることにほぼきまったので、1月は釣りには行けない(たぶん)。2月も行けないかも。

正月休み中に行けるかどうかがギリギリの線だろうか。

と言いながら、結局はいつものごとく無理して行くのだろうか!?

来年も波乱の予感・・・・(笑)。
哀愁 | Comments(4) | Trackbacks(-)