カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年07月
ARCHIVE ≫ 2010年07月
      
≪ 前月 |  2010年07月  | 翌月 ≫

敦賀のマイカ快釣!

敦賀のマイカ快釣!

豊漁丸@敦賀市色浜

天気〜晴れ時々曇り、暑いが風があり少し暑さはまし
日出〜5:01  日没〜19:03
月出〜20:27  正中〜1:50  月没〜7:45

波・風〜波は無しベタ凪、風はややあり、南西の風

アジ釣りオモリ100号、マイカ狙い80号、潮が緩い時は60号

潮@敦賀〜中潮
100729sho.jpg

さて、まだ体調は万全ではなく、たまにひどい咳が出たりするが、まあ釣りに行くくらいの体力は回復したので、先週の金曜に引き続き、今週は木曜に休みを取ってゴリオさんとタコ釣りに行くことにしていた。

ところが、風と波で休船になってしまった。ならばアカイカと思ったが和歌山方面も波が高い予報。対して日本海は比較的ましな予報だったので敦賀の半夜でマイカ釣りとなった。

和歌山の半夜ならば翌日出勤できそうなことは前回わかったので、今回敦賀でどうか試すことができる。

さて、予定が変わったために午前中は自宅にて道具のスタンバイ。タコからイカに変更したのだが、けっこう手間取ってしまった。

ありがたいことにゴリオさんに迎えに来ていただき、往復の運転までしていただいた。港に近付いても熱心に会話してしまったため、うっかり通り過ぎてしまった。もっと先にも何軒か船宿があるのを発見したが・・・

さて、現地に着いたのは3時か4時か忘れたが、小雨の予報だったのが、だんだんと晴れ間も出てきた。

綺麗な虹が。

100726rainbow.jpg

そして出船の時間にはほぼ晴れていた。少し暑い。

船はあいにくの第五豊漁丸(小舟)のほうだったが、釣り座は2番目に選べて、右舷の前2つを取ったところ、1つ空席があって、結局3席を使うことができた。

100729turiza.jpg

前のほうに入れてラッキーと思っていたが、この後予想外のことになるとは・・・

この日はサービスデーか何かでアミエビとオキアミ付で9500円のスペシャルプライスとのこと。スタンプ押印は無かったが。

さて、6時少し前に出船。ゆっくり走って敦賀湾から若狭湾方面へ少しまがったあたり、高速増殖炉もんじゅの見えるあたりでストップ。

100729genpatsu.jpg

パラシュートアンカーを投入となった。

風は少しあるが、海はベタ凪である。湿度を含んではいるが、そこそこ強めに吹いている風が気持ちいい。

さて、釣り開始だが、アジとイカのどっちからするか。魚探には水深20mくらいにイワシらしき反応、そして水深50ー60mくらいに何か少し反応が出ているようである。

聞くところによると、半夜便ならアジもアカイカもどちらもだんだん釣れてくるそうだ。どっちをやれば!?

アジは底(水深80mくらい)で、アカイカは上(30m以上)とのこと。同時には狙えない。

明るいうちはアジ釣りをすることにした。胴付3本針仕掛、一番上にサニーカゴをつけてアミエビを入れようとするが、釣り場に着くまで海水ポンプから水を出してくれなかったので、アミエビが溶けずにカチカチに固まっていて難儀した。

ともかく表面のアミエビをこそげ取り無理矢理カゴに詰め、針にオキアミを付けて仕掛を底まで投入。

ゴリオさんはいきなり40センチ近い良型のアジを釣り上げた。少し遅れて私も30センチ弱のアジをゲット。

しかし、その後はエサを取られるばかり。ゴリオさんはチャリコサイズのチャリコかレンコダイかチダイかどれかわからないがポツポツと釣っている。

アジ釣りをはじめて40分くらいだろうか?さっさとイカ釣りにしようと思っていたので、7時半くらいになって薄暗くなり、船も点灯したので、私はさっさとマイカ狙いにチェンジすることに。

魚探にはイワシらしき反応が水深40mくらいにびっしり出ているらしく、きっとイカもたくさん寄ってくるだろうと船長は言っていた。

暗くなると魚タンには青い場所がなく、すべて真っ赤になるほどのイワシの群だったらしい。

さて、ともかく私は薄暗くなった頃からイカ釣りにチェンジ。

スッテは7本連結したものを用意。豊後スッテをはずして自分で作り直して、一番下のスッテを2号のエギと交換したものを作成。

ハリスの長さは15ー20センチくらいにしてみた。

すぐには釣れなかったが、30mより上のタナを10分くらいして、水深20mくらいで誘いを入れると、グググンと竿先にアタリが。慎重に巻き上げると、胴長が25センチ以上あって丸々としたマイカが釣れた。

和歌山で釣れたのより数段大きかったので思わず笑顔がこぼれる。

その後も水深20〜15mくらいの間でポツポツとアタリがあって、胴長15センチ弱から25センチ以上までと、大中小といろんなサイズが入り交じって釣れてきた。

しかし、徐々に胴糖10センチそこそこの極小サイズも釣れるようになってきた。そんな小さいのを釣り上げた時に、船長に写真を撮らせてと言われたので、イマイチの顔で写っていたという訳である。

私のイケスではなくHPから拝借した写真だが似たようにいろんなサイズが入り乱れていた。和歌山と違って大小いろんなサイズが混じった。

100729ikesu.jpg

前の日はアンカーおろしての釣りで、数は竿頭で30数匹だったが、小型が無くてどれも良型ばかりだったらしい。釣れるサイズは日によって違うようだ。

真っ暗になり、8時半から9時半くらいまでがピークだったろうか。この時間帯は比較的はっきりとアタリが出て、しっかりと乗っていることが多かった。型は中サイズが中心。

その後、徐々に私にはアタリが出なくなってきたが、そんな中でもゴリオさんは快調に釣っている。

100729goriosan.jpg

船長によると、今回のように凪の日は、先調子の竿が良いとのことで、ゴリオさんはちょうど先調子の竿を使われていて、これだと超ゆっくり巻き上げでアタリがでてそのままかけることができるようだ。

一方、私の胴調子の竿だと、置き竿のゆっくり巻き上げしてもアタリが出ないし、乗りもしないようである。船が揺れる時だとそれが誘いになったり、乗せるアクションになったりするのでやわらかい竿のほうが良いらしいが(逆に先調子だとバレが多くなるらしい)・・・

知らなかったのだが、後ろの釣り座の人はずっと2連3連で入れ食いだったらしい。アタリがあってもそのままにして追い食いさせてから釣り上げているそうである。

こちらはとてもそんな乗りではなかったので不思議に思ったが、船長によると、今日は船は後ろに向かって流れているから後ろのほうが良いそうだ。ガビーン。

潮がほとんど流れておらず、パラシュート入れても風の向きのほうに流れているようだ。

おまけにこの船、前のほうが暗い。後ろのほうがライトが多いので明るい。ということで、色々と言い訳をここに書いたという訳である(爆)。

ちなみに今回は投入器を持って行ってちょっと使ってみたが、正直あまり良くなかった。もっと太いパイプで作ったほうが良いのか、スッテを出す時にいちいち口のところにひっかかってスムーズに出なかった。

オモリを放り投げるようにして投入しないとダメなのか、もっと投入器を寝かしておけば良かったのかわからないが、とにかくじゃまくさかったので2回ほど使ってやめた。ツノマットで十分である。

ともかく、ゴリオさんを含めて後ろのほうは釣れているのに、私にはだんだんとアタリが減ってきた。私の場合は置き竿ではダメということがわかったので、ここからしばらく試行錯誤の時間のはじまり。

まずは物量作戦(笑)。潮が緩かったのと、2人で3つの釣り座を使えたので、ゴリオさんと離れて座って、スッテを10本にした。

こんなころもあろうかと、3本のスッテを連結してきた仕掛を取り出して、それまで使っていた7本スッテの下にさらに連結して、これで10本に!

また、10本のうちの3本のスッテはハリスを2センチくらいと短くしてみた。こちらへの乗りが良いようなら、全部短くするつもりであった。

ただ、結果から言うと短いほうが乗らなかった。2センチだと短すぎたのかもしれない。7〜8センチで試してみるんだった。

さて、あとは誘い方をあれこれと試行錯誤してやってみた。

1つは時々ゆーっくり誘い上げたり下げたりするパターン。

もう1つは、超低速で巻き上げつつ、たまに早巻き(シャクリよりは弱め)を入れるパターン。

これだと、ただの超低速巻き上げよりも、どちらもポツポツと乗るようになり、それを拾いながら釣ることができた。

要するに、私の竿では竿先にアタリが出ないけどもイカはスッテを時々触っていると仮定して、たまに空アワセを入れるつもりの動作を混ぜてみたという訳である。

そうすると、ゆっくり誘い上げた時や、少し早巻きした瞬間など、それらのうちの10回に1回くらいはイカが乗るということがわかった。

これでポツポツと追加・・・ただ、小型が多かったが。

100729oreandoika.jpg

夢中で釣りしていて気づいたら夜中の12時を過ぎていた。結局、12時40分くらいまで釣りをさせてもらって、その後後かたづけ。

数えてみるとマイカ46杯。

(結果)マイカ(ケンサキイカ)胴長10〜25センチを46匹、マアジ30センチ1匹

100729chouka.jpg

ゴリオさんはアカイカ47杯にスルメが3杯の合計50杯、前半のペースではぶっちぎりで引き離されるかと思ったが、終盤に少し追い上げることができた。ただ、型は全体にゴリオさんの釣ったもののほうが良かったと思うので、やはりもっと修行しなければならないと思った。

数はまあまあ釣れたが、ヒイカみたいなサイズのが10匹くらいいるので、それがもうちょっとマシな型だったら・・・とか思ってしまうが、まあマイカ(アカイカ)釣りじたいが2回目なのだから、これくらい釣れれば上出来ということにしておこう。

船が逆に流れたのは予想外だったが、それでもこれだけ釣れたのだから、やはり良い日に行けたことは間違いない。やはりゴリオさんには集魚効果があるようである(笑)。


さて、沖上がりが1時前だったので港に着いたのは1時半すぎであった。出発したのが2時頃ということで、帰宅したのは朝の4時半、寝床に着いた頃にはもう明るくなっていた。

で、9時までは寝ようと思ったら私が何時に帰ったかも知らないYUKAには8時に起こされたが、まあ釣れた日はあまり疲れが残らないので、これでも1日なんとか仕事することができた。

ということで、「釣れさえすれば」という条件付だが、敦賀の半夜の翌日も出勤は可能であるという結論に達した(笑)。忙しい時期は無理だが。


ところで、今回も竿のことについては勉強になった。先調子のほうが乗せやすいが、船が揺れたりするとバラしが多くなるらしい。

一方、乗りが良い時は私の竿のように胴調子のほうがバラしも少ないし、少々早巻きでも上げられるからかえって手返しが良い。

しかし、渋くなって、イカがスッテを触る程度になるとアタリすら出なくなることがわかった。

もうちょっと穂先感度が良くて胴にも粘りがある竿があると良いのだが・・・
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

まだ3車線、そして今私は家にいる

先日の釣行記に書き忘れたが、阪和道の海南から有田まではまだ4車線化されていなかった。下りのみ2車線化されただけで、肝心の上りはまだであった。

考えてみればあたりまえで、下りのほうは新しい2車線の道路とトンネルをただつなげるだけだが、上りのほうは、いままで上りと下りで使っていた道路とトンネルを整備してからでないと2車線化できない。

中央にはポールと段差が延々と並んでいるので、これを撤去してから新しいラインを引いて・・・となると、かなり時間がかかるだろう。

どこかに「4車線化した」と書いてしまった気がするので、ここで訂正をば・・・。

まあ、イカ釣りだと帰りは夜中なので上りが1車線でも全然影響は無かったが・・・。



ちなみに、今日は東二見からタコ釣りの予定だったので、昨日は仕事を少し早く上がり、帰りに職場の近所の激安スーパーで鶏皮と手羽先を購入。小アジも探したが売っていなかったので、家に向かう途中にあるスーパー○出にも寄って物色。この店で人間の食料を買うことは無いが、釣りのエサはよく買う。

しかし、こちらも小アジが売っていない。小アジはこのところ不漁なのではないか!?例年だと売っているのに、最近スーパーであまり見かけない。まあたまたまかも知らないが・・・

結局、150円で6匹入ったイワシを1パック購入。

ところが店を出た直後、T丸のばあちゃんから電話が入り「明日は波風が強い予報なので出船できません。ごめんなさい」とのこと。ガビーン。

出船中止である。

手羽先は夕食のおかずになりました。

有給休暇の届けも出してエサも買って準備万端で帰宅する途中に言われても・・・

和歌山の船ならぐらぐら揺れても出船することを考えるとちょっと予想外だったが、まあしょうがないだろう。

と言うわけで今は家にいます(笑)。
哀愁 | Comments(5) | Trackbacks(-)

イカ釣りの良さ

私はルアー釣りはしないと決めているので、イカ釣りをすることは無いと思っていた。

しかし、今年の敦賀でのムギイカにはじまり、先日は印南でのアカイカ釣り、これらはいずれも浮きスッテで釣る釣りである。

サビキもルアーの一種と言えなくもないので、こだわるのはやめようと思ったが、まあ、ルアーロッドでルアーやエギを放る釣りは今後もしない予定。

それはそうと、イカ釣りの良い点がいくつかある。

(1)半夜または夜釣りなのでこの時期は暑くない。
(2)コマセやエサが不要なので臭くならない。
(3)後の処理が魚より格段に楽である。

ということである。特に(1)の半夜釣りというのが体への負担が一番少ない。早朝に起きるわけでもなく、いつもより寝る時間が少し遅くなる程度なので、とても楽である。

(2)の臭さという点で言えばコマセで汚れることは無いが、スミをかけられることはあるので注意が必要である。幸いなことに今の所スミをかけられたことは無いが、海水の顔面シャワーは何度と無くある。

(3)は翌日の疲れが段違いである。釣りの後、可能な限りその日のうちに魚の処理までやっておきたいタチなので、いつもは釣りの後でも2?3時間はキッチンに立ちっぱなしになる。これは疲れる。

ところが、イカの場合は適当に分別してラップして冷蔵港や冷凍庫に入れておしまい、長くても1時間もかからない。

また、食べて美味しいというのも大きい。アカイカ、本当に美味しかった。調べたところによると、アオリイカに次いで旨味成分が多いイカだとか。

刺身はもちろん、バター醤油炒めなど素朴な調理が最高に美味しかった。

100726ikabater.jpg

これ、うますぎる(笑)。ムギイカでも美味しいと思ったが、旨味の強さが全然違う。確かにアオリイカをほうふつとさせるものがあった。

100726sashimi.jpg

写真の彩りのために刺身にキュウリを添えてみたが(大葉が無かったので)、イカの刺身に生のキュウリは全然あわなかった(笑)。
釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

夏の釣り・・・

毎日暑い日が続いている。

昨日は職場でトラブルがありクーラーの効いた室内でも汗だくになった。
洗濯機のホースが抜けて水浸しになった後始末だった。
私がやったわけではないが、知らんぷりもできないので・・・

そんな感じで室内でも暑いところを外に出て釣りなどしたらどうなるだろうか・・・

去年のこの時期はタコ釣りとカツオ釣りと釣り堀という感じであった。今年は!?

今年はタコ釣りに1回は行く予定。中紀のカツオは、まだまわってきていないようなので今の所予定は無し。釣り堀は夏休みに1回行くつもりだったが、暑いのでやっぱりやめることにした。

釣り堀に関しては9月か10月にも1回は行こうと思ったが、9月後半から忙しくなりそうなので、たぶん行けても11月以降になると思う。

釣り堀も行きたいのだが、やっぱり遠いのでしんどいし、準備や後かたづけなどが大変なので翌日は仕事にならない。また、船釣りに慣れてしまうと人で釣り場を囲んでやる釣りというのはどうも・・・。

囲んでやる釣り、前は気にならなかったのだが、競技的な大会に出てからすっかり嫌になってしまった。たった3時間しか釣り時間も無い上に、知らない人と競わされて、自分の好きな釣りもできず、「俺は一体は何しに釣りに来ているのだろう」と、もうこんな釣りは二度としないとあの時に思ったものである。

それは置いて、私は何事も集中してやりたいほうなので、釣りの時間は釣りを、交流の時間は交流をというふうに分かれている釣りが好みである。

だから、2?3人での釣行で、交流は往復の車内での会話でたっぷりやって、釣り時間には釣りに集中・・・そういうのが好みであるが、まあ1人でも楽しめるようになってきたので、1人でも良い。だいたい私は勉強でも仕事でも何でも1人でやることになるのが習性である。

話がそれてきたが、8月ー9月の釣りの予定を考えてみると・・・

まずタコ釣りははずせない。去年はお盆から急に釣れなくなったので(産卵に入った)、8月の第一週までにすませておきたい。たぶん今週に行くだろう。できれば来週にももう一回行きたいが・・・

あとはアカイカ釣りだろうか。この時期やっぱり夜釣りや半夜釣りが良いことを知った。イカ釣りも楽で良い。魚と違ってさばく手間が無いので、釣りの後がものすごく楽である。

なので、半夜のアカイカ釣りにもう一回、可能ならばYUKAと一緒に・・・

ただ、このところYUKAと一緒に釣行すると撃沈してばかりである。釣り堀の頃はよく釣れたのだが、船釣りに一緒に行くと、ここ数年は悲惨な釣果のことが多い(笑)。

しかし、いつまでのそのジンクスにとらわれていても困るので、その呪縛を解くために1回は行くことにしよう。

半夜と言えば湯浅のタチウオも今年は行ってみたい。小型でも数釣りを楽しんでみたい。小型と言っても70センチ指3本くらいはあるだろうと勝手に想像しているのだが・・・。ベルトサイズ(指2本)が数釣れても困るので。

先日の印南での半夜釣りがかなり楽だったので、平日に早退して半夜釣りして翌日の朝は普通に出勤というのも可能だということがわかったので。湯浅なら近いしなおさら可能だろう。

ということで、しばらくはタコ以外は半夜釣りを楽しみたい。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

初乗船で初挑戦!

印南のアカイカ釣り

2010年7月23日(金)せいゆう丸@印南港
潮@田辺〜中潮 
満潮〜3:03、17:25 干潮〜10:18、22:40
日出〜5:03、日没〜19:06

月出〜17:05 正中〜22:03 月没〜翌2:08

浮きシュッテ(笑)2.5〜3号、7本胴付、間隔1.2m
ハリスの長さ15〜25cm(だいたい20cmのが多い)
オモリ80号→60号

天気〜晴れ、暑い、明るい月夜
波・風〜風は少しだけ、波はほとんど無し〜0.5m

100723shio.jpg

ここ数年、新しい釣りはしないでおこうと決めていたが、ムギイカの数釣りをはじめたこともあり、アカイカ釣りもやってみることにした。何より、この暑い時期、太陽のギラついている時間帯の釣りは厳しいものがある。その点だけ取ってみてもアカイカ釣りは良さそうである。

ただ、数釣りマニアの私としては、できれば30匹以上は釣れる釣りがしたい。アカイカでもそれくらいは釣りたいと思ったので、それならば、竿頭で60杯くらい釣れる時でないと厳しいだろうと思っいたら、印南で爆釣の知らせが・・・

色々と迷ったが、船や客が密集せずに釣りができる平日にせっかく出撃できるのだからということで、アカイカ釣りに挑戦してみることにした。

船宿は、数日前に100杯の釣果が出た印南の「せいゆう丸」に決めた。この船のHPでは時々仲政丸の常連さんを見かける。木曜にも別の人だがイカ釣りで50杯釣られていた。電話した時点では少し迷いもあったのだが、船長が出て丁寧に説明してくれて、話た感じも良さそうな感じだったので、思い切って予約を入れた。

当日のお昼は職場で先日までの忙しかった仕事の打ち上げ会。双葉という店のウナギを取ってくれた。2100円もしたとか!?ウナギの下のご飯の下にもう一段ウナギが入っていた。オドロキである。その後ロールケーキも出てきて腹がはちきれそうになった。

職場を午後2時半頃には出ようと思ったが、食い過ぎで午後からの仕事がはかどらず、3時半をすぎてしまった。おまけに湾岸線が渋滞・・・。あわてて下道に降りたらまあまあ空いていて助かった。

そんなこんなで印南ICを出たのが5時をだいぶすぎており(おかげで通勤割引適用で安上がりになった)、港に到着したのが5時20分頃であったが、5時半集合の6時出船だから、まあ丁度良かった。

印南港、はじめて着たが、駐車スペース?が不思議とかなりだだっ広い港である。職業船はあまり無いのか、漁港につきものの、網だとかの漁具は見あたらなかった。


(乗船開始)

荷物を下ろして着替えしていると、すぐに船長もやってきて乗船開始。「今日はよろしくお願いします」と挨拶すると「こちらこそ」と明るい声がかえってきた。

船の作りは、仲政丸とよく似ている。座る場所が無い(私的にはこちらのほうが通路が広くなるので良いと思う)ことと、キャビンが操縦室よりも前側、船の中央のところにある点が同じである。

ただ、キャビンの中は畳ではなくイスになっているのが違った。荷物も置けそうである。

100723-01syussennmae.jpg

大きさは、仲政丸と一緒か、少しだけ小さいようにも感じたが、はっきりとはわからない、船首側のスペースがちょっと狭いような気がした。気のせいかもわからない。

100723-02sensyu.jpg

船のいたるところ、綺麗に掃除され荷物も整理されていた。今まで乗った船で一番綺麗に掃除されていたのは、玉市丸だが、それと同じくらい綺麗だった。

さて、この日は平日にもかかわらず、金曜の晩だからか、お客さんは私を含めて7名と思ったより多かった。

私以外の6名は2人組+4人組、すべて常連さんのようだった。船長曰く、今日は4番バッターばかり揃ったということで、少々焦る私(笑)。

私以外はみんな常連さんで4番打者の強豪ということで船長と常連さんの会話がはずんでいるが、私にも時々声をかけて下さったりと、気の付く船長さんのようだ。

釣り座は予約順で、まず4人の組が左舷に一列に並び、その後私が右舷の一番前か一番後ろかどちらかと言われたので、一番前に入り、最後の2人組の方は右舷の中央と後ろに入られた。

100723turiza.jpg

さて、竿や道具の準備をはじめるが、夕方なのにかなり暑く、汗がしたたり落ちる。

投入器も持ってきたのだが・・・やはり恥ずかしくて車のトランクから出せなかった(笑)。船にはスッテをひっかける用のマットが置いてあったので、それを借りてやることにした。

結論から言うと、これで十分であった。この日はたいして風もなく、波も少しだけ、せいぜい0.5mほど。これくらいなら7本のスッテでも自己オマツリは一度も無かったし、指に突き刺すことも無かった。

スッテの扱いにようやく慣れてきたのかもしれないが。何でも道具に頼る前になるべく慣れることができるなら慣れたほうが良いのかもしれない。でも、揺れが大きかったり風が強いような時に投入器は便利かもしれないので、そういう時に試してみたい。


(出船)

さて、少し早いが6時前に出船。

100723-03ugen.jpg

ポイントまでは15分とのことだが、まだ早いのでゆっくり25分ほど走って到着。

イカリをおろして「まだ早いししばらく寝てても良いくらいだけど、やる人はやってみて」とのことなので、私も釣り開始。

「オモリは最初80号でやってみて、潮が速ければ100号に、潮が遅かったり浅いタナに浮いてきたら60号くらいに落として良いので各自で判断してやって」との説明があった。

で、やろうと思ったら船長から「アカイカは水中ライトはつけたらいかんよ」とサラリと言われ、大阪湾の某船みたいな頭ごなしな言い方ではなかったので(笑)、気持ち良く信じて素直に従った。

水深は60mちょっと。潮は上り潮がそこそこ流れているので80号で丁度良い感じ。

明るいうちはベタ底でとのことだったので、着底して少しだけ底を切って置き竿にして、時々誘いを入れてみるが、音沙汰無し。

一端上まで上げてスッテをチェックする。問題無し。第二投、投入・・・10mくらいから落ちて行かなくなった。これはもしかして・・・

あわてて巻き上げると、予想通りゴマサバであった。3連でついていたが、2匹ははずれ、1匹はスッテを飲み込んでいた。

ここで、良師さんに言われていて用意していた調理ばさみ(キッチンばさみ)が大活躍。

飲み込んだスッテを取り出すのに、サバの口をちょきちょきと切ってやると簡単に取り出せた。

ただ、そうやったサバをリリースするのも罪悪感を感じるので、それをやったサバは持ち帰ることにした。しかし、超スレンダーなゴマサバであった・・・。

気を取り直して再度投入。中層にサバがいるようなので、仕掛を上げ下げせずに底のほうに入れっぱなしにしておくことにした。

(釣れはじめ)

開始から30分ほどして一端船のエンジンを切った途端にアタリがあり、今度は先ほどのゴマサバのアタリとは明らかに違う控えめなアタリであった。たぶんアカイカだろう。

アカイカは足切れが多いとのことだから、ゆっくり巻き上げ。船中で最初のアタリだったので注目の的である。

それほど強い引きではなかったが、上げてみると、まず1杯、次のスッテにも1杯、その次にも・・・という感じでゾロゾロついている(笑)。

結局いきなり5連で、最後、一番下のエギについているやつだけ引き上げる時に船縁に触手がへばりついてバレてしまった。

しかし、いきなり4杯も釣れたのでテンションは最高潮に達した!

とりあえず釣れたアカイカは海水を入れたバケツの中に入れておき、いきなり時合い到来ということで、急いで第二投!

今度は水深50mほどで仕掛が落ちて行かなくなった。

ゆっくり巻き上げると、下のスッテ2つにダブルで付いていた。

第3投。60mまでおろしてゆっくり誘い上げると、すぐにゴンゴンとアタリ。これまたゆっくり巻き上げると、こんどは1杯だけだが、ゲット。

型はどれも胴長が15〜17センチほどでそんなに小さいという感じでもなかった。

さて、入れてすぐアタリが出るが、4投目くらいにいきなり軽くなった。不思議に思ってあげてみると、仕掛が途中で切れて下のスッテ2つとオモリが無くなっていた。

となりのおじさんは、仕掛すべてを持って行かれたそうだ。何か大きな魚がいるようである。

でも、アタリ無しでいきなり軽くなったのでスッテに食いついたのではなさそう。

暗くなってからエイが浮いてきて1匹ずっと船の下をぐるぐる回っていたので、こいつだろうか?

前日は5mくらいの浅いタナでよく釣れたそうだが、この日は後半になって巨大なエイが船の周りをぐるぐる回っていたので、そこまでアカイカが浮いてくることは無かった。

さて、仕掛を切られてから少し調子が悪くなったが、だんだんと暗くなってきてタナも浮いてきた。

船長から「8時過ぎたら30m以上でやって」との指示があったのでその通りにやってみる。潮が少し早めに流れていたが、30m以上落とさなければオモリ60号にしても大丈夫であったので、オモリは60号にした。

25ー30mくらいのタナでアカイカがぽつりぽつりと釣れ、そして時々サバに邪魔されるという感じでしばらく釣れた。

その後、25mより下では釣れなくなったので、25〜10mまでのタナを少しずつ探ると10mくらいでアタリが出るが、アカイカにしては強すぎるかなと思い、サバと決めつけて超早巻きで振り払っていた。こうするとすぐにはずれる。

ところが、その後、サバと思ったら何とアカイカであることが判明。偶然、バレずに釣り上がってはじめて気づいた。他の2つのスッテにはちぎれた足が残されていた・・・

もしかして、サバと思って引きちぎっていたのはアカイカだったのかも!?

最初に深いところで釣れたのはそんなに引かなかったので強いアタリはみんなサバと決めつけていたが、浅いところでかかったアカイカはゴンゴンと竿を叩くように引くようである。

サバは食い上げのように竿先が上がるアタリになるようで、その後はようやく区別できるようになったが、気づくまでに少なくとも4〜5匹のアカイカの足をひきちぎってバラしていたと思うと、少々ショックであった。

気を取り直して、ここからは水深10〜15mくらいでアタリが頻発。たまにダブルで釣れることもある。

面白いことに1つのスッテに2杯のイカがくっついて上がってくるダブルが2回あった。いずれもこのスッテだった。

100723ukisuttedouble.jpg

さて、こんな調子で8時半の時点で何と22杯も釣れた。ということは12時までやれば50杯は行くかな!?などと皮算用していたのだが・・・

しばらくするとアタリが遠のき、さっぱり釣れなくなった。9時から10時までの1時間は、何とスルメイカ1杯しか釣れなかった。

その間に、右舷は全然釣れていなかったが、左舷のほうはポツポツ釣れていたようで、私から見える左舷一番前の方がポツリポツリと釣っておられた。

10時頃船長がやってきて「もう40くらい行った?」と言われたのだが「いいえ、22杯で止まりました。1時間ほど釣れてません」と言うと「えー、失速したなー。左舷のほうはぽつぽつとずっと釣れているよ」とのこと。

そうかー、イカはいるわけである。釣り方の問題のようだ。

ということで、よく釣っている人を観察と思ったが、右舷の人は釣れていない。左舷の人は、一番前の人だけ私から見えるが、確かにこの方もポツポツと釣っておられる。観察(盗み見)タイムのはじまり〜。

まず、この方は、豊後スッテ7本セットのを使われていた。

釣り方は、水深15mくらい落として基本的に置き竿。置き竿のまま、たまにゆっくり誘い上げる。それだけのようである。

ということで、私も真似してみることに、あまりがちゃがちゃ動かさず、巻き上げもせずに置き竿で・・・

すると、アタリが出るようになり、ポツポツとかかるようになった。

この釣り方でたまーに追加。しかし、待ちの釣りで、じれったいので、やっぱり誘いを頻繁に入れて、何とか掛ける釣りを・・・と思い少し試してみることに。

ゆっくり上げて、ゆっくり下げて、という誘いをするとアタリは結構出る。ところが、ガツンと当たって終わったり、巻き上げても乗っていなかったりすぐはずれたり・・・

サバがつついているだけなのかもしれないが、とにかく、掛ける釣り方はできなかった。

竿が悪いのか、枝の長さとかを変えたほうが良いのか、結局何もつかめないまま、また置き竿釣法にもどすことに・・・

置き竿でも時々アタリが出るが、乗らないことが多い。竿が固くてはじかれるのか、ハリスの長さの問題なのか、サバがつついているのか、こちらもわからず。

それで置き竿にしてよそ見しているとゴンゴンとアタリが出て、上げてみるとダブルで付いていたりということもあったりして、ポツポツとは釣れだした。

しかし、その後またアタリが止まってしまい、やけくそで底まで落としたらスルメイカが1杯が釣れた。

ならスルメイカ狙いと思ったがその後は太いゴマサバ1匹(この日唯一まともな太さのゴマサバ)釣れただけで、追加はならず。

10時半頃にプチ時合いがあり、連続して3〜4匹追加したが、その後またアタリが止まってしまい11時になったところで船長のアナウンスがあり「アタリ止まってきたので11時半で上がろう」ということになった。

しかし、あいかわらずアタリは出ることは出るがさっぱり乗らないアタリばかり。11時25分になり、仕掛を上げようとしたらアタリがあって、ダブルで釣れたので、欲張ってもう1投やってみたが、みなさん仕掛を片づけていたので、私もあきらめて納竿。

(結果)アカイカ37杯、スルメイカ2杯、ゴマサバ細いの4匹、太いの1匹、他リリース。

100723-04ikachouka.jpg

100723-05gomasaba.jpg

今回、さっぱり釣れない時間が1時間半ほどあったが、その間もサバの内蔵を取り出したりイカを10杯ずつ袋に入れたりなど、結構することがあり、退屈な時間がまったくない、あっという間の釣行だった。

船長も、しっかりしていて人当たりもよいので、誰にすすめても間違い無さそうな船だと思った。

例年、この時期はスルメイカ釣りに出ていて、今年も何度か行ったがイマイチだったところに、この時期このあたりにしては珍しくアカイカがよく釣れてくれて良かったと言っていた。

例年だとアカイカの大型がお盆明けくらいにもう少し深いあたりで釣れるそうだ。

印南だと椿よりもずいぶん近いし、帰宅が1時半、寝たのが2時半、おまけに夜の釣りなので寝不足も無く日焼けもなし、釣りの後の疲れが桁違いに少なかった。凪で揺れなかったこともあるだろうが、ともかく楽しくそして体への負担も少ない良い釣りができた。

印南沖でしばらく釣れ続くようなら、もう1回行ってみたい。
しかし、竿を何とかしないといけない気がする。今回使ったのは、アルファタックルのホワイトスピーダーという竿の80号長さ2.7m、胴調子で全体に柔らかいが、もうちょっと穂先の感度と全体のやわらかさが欲しい・・・

オモリ60号くらいでやれるなら、タチウオ用の竿を流用できそうな気もするが、どんな竿が良いかは悩みそうである。

この日の晩は月がものすごい明るく、後半の渋りはそれと関係あるのかどうか・・・。少なくとも月があまりに明るすぎたので、美しい満天の星空を眺めることはできなかった(どっちみち帰りの船の上でも片づけが忙しくて見る暇が無かったが・・・)。
釣り | Comments(12) | Trackbacks(-)

ジンクス

あまりジンクスとか信じていないと言いつつ、結構気にしてしまったりすることがある。ジンクスが当たるとかはまったく信じてはいないというか、理屈では完全否定できる、人間の認識の間違いの問題とわかってはいるものの、実際には気にはなってしまう。

そんなジンクスの一つに、「事前に大々的に釣行をHPで公開してしまうとあまり釣れない」というものがある。

今回も、ここで告知してしまったので、このジンクスが当たるならば釣れないということになる。

また、逆のジンクスとして、事前に『たぶん今回は釣れないだろう』と言う、もしくは読んでいる人たちを混乱させるようなことを書く(シャミセン)と良く釣れるというのもある。

ということは、ジンクス同士が打ち消しあって、どうなるか楽しみである。

今晩お世話になる予定の中紀のS丸、マダイ釣りではN丸常連のKさんの写真が掲載されているのをよく見る船である。前から気になっていた。

昨夜の竿頭も、N丸常連のFさんであった。N丸と合う人はこの船とも合うということでもあるのなら、良さそうかなと思っている。

S丸に電話してみたところ、最初は愛想のないおばちゃんが出たが、色々質問したところ、すぐに船長に電話をかわって、船長は親切に説明してくれた。電話の応対を奥さんに任せっきりのところもあるみたいだが、船長が出てくれるほうがありがたい。

N丸にはじめて電話して色々質問した時も、奥さんが出てわからないようだったが「船長は夕方4時頃になったら帰ってるからその時にまた電話頂けたら」ということで船長に色々と聞くことができた。

S丸も、釣り座は予約順に決定で、乗船は船長が来てからで(こういう船では先に乗っていると怒られるので気をつけましょう)、システムは同じようである。

ということで、今晩は期待しているが、20日が100杯、21日が70杯、昨夜が50杯と、日に日に減っている。このペースで減ると、今晩は30杯!?

私の釣果は竿頭の半分くらいと見積もると15杯となってかなり寂しげだが、見る限りだとアカイカデビュー戦はそれくらいのことが多いみたいなので、何とか15杯を目標に頑張ろう。数が少ないと良型が混じってくれれば良いが・・・。

船長によると、小型が多いのでスッテは2.5号くらいが良いとのことだったが、昨夜は良型も釣れていたようなので、大きめのスッテも少し混ぜて良型ゲットを期待しよう。

が、まあはじめてなので、船の雰囲気が良ければそれで満足することにしよう(!?)。ダメなら帰りの星空を眺めてそれで満足することにしよう(!?)。

一応、スッテ7つ、うち5つが布巻きスッテ各種、1つオッパイスッテ、1つはエギタイプにしてみた。オモリは80号とのことだが、潮やタナを見て落とせるように60号と70号も入れておいた。

流し釣りかアンカー入れるかは聞き損なってしまった。

S丸の釣果写真を見ると、皆さんアカイカを沖漬けにされているようで、もったいない気がするが・・・まあ100杯とか釣れたら沖漬けも良いかもしれないが、20?30杯ではもったいないので、今回は沖漬けのタレは作らなかった。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

10本か8本か、はたまた0本か

昨日はまだ体調が悪かったが、今朝はまずまず、少し咳はでるが、声もほぼ戻ったし、割と元気である。

週末には出撃できるかな!?

さて、仮にできたとして、何にするかが問題である。

やっぱり8本か!?今のうちに行っておきたいが、土日だと満員だろうし、こちらは、できれば平日が良い。
しかし来週の平日になると潮がちょっと・・・

でも旬蛸さんが行かれるならご指導いただけるかも!?
というか、釣り方がずいぶん違うようなので、どういうものか見てみたい気がする。

当初考えていたのは、○○の一つ覚えで、敦賀のムギイカである。このところムギイカで出船はしていないが、金曜の晩の便ではまたムギイカで出るようだ。これに行こうと思っていた。

しかし、直近の情報が無いのが少し怖い。

あの辺の船では甚五郎丸という船で7月19日(月)にスルメイカ15??25?57?217ハイというのがあるだけ、まだ釣れているがマイカ狙いのお客さんのほうが多いらしく、どこの船もマイカ狙いで出船している。

ならマイカ狙いにすれば!?しかし竿頭30?40杯なので、だいたいその半分くらい釣れたとして、15?20匹・・・数釣り大好き人間の私からすると、ちょっともの足らない。近場なら良いけれども。

近場ということなら、中紀のほうがまだ近く、印南あたりでアカイカが爆釣した。一時のものなのか見極める必要がありそうだが、こちらも少し考えてみようか!?

しかし、はじめての船にいきなり行くのもちょっと厳しいものがある。

ということで、じゃあ確実に数が釣りたければやっぱりイサギ?大型は出ないが数はそこそこ出るようになってきたようだし。

ただ、こちらは昼間の釣りになってしまうので、暑そうである。屋根も無いし体力が持つかどうか。まあ釣り時間も昼前までだし、大丈夫気もするのだが・・・

という感じで選択肢が5つほどあり困っているが、結局どれもやめになったりして(笑)。




来週の平日は潮が大きいからダメと思っていたが、潮見表を見ると、午前中はかえって来週のほうが動きが少なくて良さそうな気が・・・

100718-31shio.jpg

悩みは尽きないのである。

やはり日中の釣りはしんどそうだから、はじめてになるが印南の船に挑戦してみようかな。和歌山方面は波も無さそうだし、半夜なら体の負担も一番少ないだろうから。

問題は、明日は早退できるかどうかということになるが・・・何時集合か知らないが、遅くとも3時くらい、できれば2時すぎには出た方が良さそうな気がする。高速が2車線になったからもっと遅くても大丈夫かな?
釣り | Comments(18) | Trackbacks(-)

歌えない・・・

喉の痛みも無くなり、なんとか声は出るようになったが、まだ変な声だし、時々咳き込むこともある。

短い会話ならできるが長時間話し続けるのは無理である。そういう仕事の無い時期で良かった。というか、終わったばかりでなったのだが。

しかし困ったことに、歌が歌えない。

私は気分転換にいつも歌を歌っている。特に、車を運転している時とか、あとは家にいるときもたいてい何かを歌っている。

最近は昔のアニメソング、特撮ヒーローものの歌とかをよく歌っている。ささきいさお、水木一郎である。あまり特撮ものやヒーローものにははまらなかったが、これらの歌はなかなか景気が良くて今聞くと元気が出る。

そんな感じで日々の気分転換をしていたのが、それもできずに困っている。

ニコニコ動画にアップロードされている以下のもの(動画は無く音声のみ)を聞きながら仕事をしている(すべて違法だが・・・)。
まるごと「ささきいさお」(82曲)
まるごと「水木一郎」(127曲)
まるごと「子門真人」(62曲)
まるほと「堀江美都子」(100曲)

特に気に入っているのが・・・たくさんあってきりがないが、今一番頭にこびりついているのは、さっき聞いたジャッカー電撃隊の歌である。昔、弟が好きで見ていた記憶がある。

いきなり妙ちくりんな車のホイルスピンではじまるオープニングも傑作である。



マイナー調の曲だが、不思議に聞くとなんだか元気が出てくる気がする。特に「つっこめつっこめつっこめつっこめ・・・」のくだりが(笑)。これは、敵につっこむのと、トランプ(ギャンブル)でつっこむのとをかけているのだろうか!?

しかし、何でトランプやねん、と思わず関西弁でつっこみたくなる、今にして思えば・・・

エンディングの曲がまた良い、「いつかは花もさくだろう」だって(笑)。渋すぎるタイトル。



でも核に電気に重力、磁力だって(笑)。
哀愁 | Comments(2) | Trackbacks(-)

サクランボ

昨夜、妹からサクランボが届いた。

100721sakuranbo.jpg

まだ本人にお礼も言っていないのに先にここに書くのもどうかとは思うが、とにかくありがたいことである。

100721sakuranbo2.jpg

懐かしい味がした。ごちそうさまです。

真っ赤でないこの感じが良いのである。この色でもかなり甘いし、甘さだけでなく酸味もあるのが良いところ。甘いだけの果物は気の抜けた炭酸飲料のようなものである。

それはともかく、辞書でサクランボを引いてみると、少なくとも広辞苑には「さくらんぼう・桜ん坊」というふうに載っていた。「さくらんぼ」とも言うとも書いてあったので、サクランボでも正しいようである。

逆にネットで検索すると「さくらんぼ」のほうがたくさんヒットするし、「サクランボでは?」とおせっかいな注が出てくるほど。

wilipediaにもサクランボで出ている。こちらには「桜ん坊」とは書いていない。

別名が、「桜桃」であることは辞書にもwikipediaにも両方載っている。

さすがに錯乱坊(チェリー)は辞書に載っていなかった。あたりまえか!

ちなみにwikipediaによると、英語のcherryは、植物のサクランボのこと。また、サクラの木そのものも指す。

俗語では処女または肛門性交経験のない同性愛者の意味。英語では男女の区別はないが、日本では「チェリーボーイ」で童貞の意味に使われることが多い。

・・・だそうな。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

長時間睡眠

この連休は、ひたすら眠り続けた。

連休前には咳がひどくて、特に夜になって横になるとひどくなって眠れなかった。

どうやら、横になると鼻水がノドのほうに流れて、それが刺激になって咳が出るようだった。

咳でしんどいのもあるが、毎晩ろくに眠れないのは地獄である。声もでなくなってきたので病院へ行ったらどっさり薬をくれた。

その日の晩から、薬が効いて夜にもほとんど咳は出なくなり、よく眠れるようになった。

でも、また、時々咳き込むことがまだあり、ノドの違和感もなくならず、声もおかしいままである。声がなおってもらわないと、これが一番困る・・・。

それはともかく、薬のお陰でやたらと眠たくなる。たぶん炎症を抑える薬が眠くさせている正体だとは思うが、昨日も昼寝を4時間くらいしたのに夜も普通に8時間以上も眠った。そして今日も昼から夕方までぐっすり昼寝した。

子供の頃は1日最低10時間は寝ないとダメだった。8時間だと足りないくらい。

それが、30代になって、ようやく人並みに8時間眠れば何とか1日持つようになった。最近では6?7時間でも大丈夫ようになった。

休みの日もずっと寝ていたいのに、どんなに頑張っても8時とかに目覚めてしい、釣りの翌日でも10時間以上眠り続けるということは不可能になっていた。

そういう睡眠パターンに慣れていたこの頃だったので、一晩普通に寝た後に昼寝もたっぷりできるくらい眠れるというのはオドロキであると同時に、懐かしい感じがした。

それより、早く声がもとにもどらないものか・・・。まだ咳は時々はげしく出るし、鼻水とタンが結構出る。体のだるさはずいぶんマシにはなったが。
哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

声が出ない恐怖(笑)

この前の火曜日あたりからノドに激痛が走り、ノド風邪をひいてしまった。土曜日には釣りの予定だったので、この時には、こんな風邪はすぐ治るだろうから、木曜あたりにも休みを取ってタコ釣りにでも行こうか・・・などと考える余裕もあったのだが・・・

とにかく治らない・・・

昨日の釣りにしても、前夜までは「今晩ぐっすり眠れば治るだろう」と考えていたので、行く気満々、投入器を使ってみたいなあ、などと色々想像をふくらませていたのだが、

とにかく、一晩ぐっすり眠れればすぐ治るはず・・・そう思っていたノド風邪だが、夜になると咳がひどくて眠れない。そのせいか、徐々に悪化していった。

結果、当日の朝になってドタキャンという一番やってはいけないことをやってしまった・・・。

自分が幹事をやっていた頃、私は気が小さい性格なので、いつもちゃんと出来るかどうかビクビクしていた。募集しても人は揃うかどうか、当日、全員ちゃんと揃うか、魚はちゃんと釣れてくれるか、事故や熱中症など無く無事にできるかどうかなど・・・

もちろん、キャンセルだって、特に直前のドタキャンほど、どうにもならない理由でしかありえないので、本当にしょうがないことなのである。ドタキャンがあってもその人が悪いわけではない、しょうがないのだが、やっぱり気が小さい私はビクビクしてしまうし、その他もろもろを考えると、責任の重さでパンクしてしまい、もう幹事はやらないことにした。

やはり幹事をするのは、気持ちの大きい人、少々のことには動じない人が良いだろう。私はその反対である。だから幹事はもうしない。

と同時に、幹事を経験して、幹事がどれだけ大変かもよくわかったので、自分もなるべく幹事をしてくれる方には迷惑をかけたくないと思うようになった。今年は特に、急に仕事が入る可能性もあるので、ドタキャンもあり得る状況が多い。

その結果、いろいろ考えた末に、余程余裕がある状況にならない限り幹事はしないし、また、幹事さんがいるような釣り会にはなるべく参加しないと決めていたのである。

声かけていただく方には申し訳ないし、とうぶん孤独な釣りが続くだろうとは思ったが、迷惑をかけるよりは良いだろうと思ってのことだったのだが・・・

人にはいろんな考え方がある。迷惑をかけたりかけられたりはお互い様と思える人はそうすれば良いし、そういうのは苦手な私みたいな者は孤独に生きれば良い。幸い、孤独を辛いと思ったことはあまりない。人それぞれである。

これだけ気を遣っていろいろ考えても、かえって誤解されたり敬遠されることもあるし、逆に、面倒なことは何もしないで何も考えていない人のほうが人気者になったりするが、それもしょうがない。

今回は釣り大会とかではないけれども、やっぱりドタキャンはご一緒して下さる方にも店にも迷惑をかけるので、今後はもっと「直前の決定」を徹底しようと思う。

早くとも3日前までしか釣行は決めない。満員ならあきらめる。



さて、そのことは良いのだが、風邪がなおらない。夜の咳がひどく、隣で眠っているYUKAの安眠も妨害してしまい迷惑をかけてしまう。

とは言え、彼女は私と逆で、一瞬で眠りにつくし、まわりが少々うるさくても爆睡できるという特技があるほどなので、普通よりはマシかもしれないが、でも私が起きあがって咳き込んだりしていると心配して目を醒ましてしまうようなので、寝不足にしてしまったことだろう。

昨日の午後になって午前中の仕事の疲れもあったのか、急に症状が悪くなってき。声がほとんど出なくなってしまったし、咳もひどい。

もし、このまま声が潰れたら・・・仕事ができなくなる。そう考えると急に恐ろしくなってきた(笑)ので、あわてて近所の病院へ行ってきた。土曜の午後にあいているところが少なかったが、耳鼻咽喉科ならあいていたのでそこに世話になってきた。

頭部のレントゲン撮影装置などもあり、そのデータを当然ながらデジタルでパソコンに取り込み(昔はレントゲンフィルムを現像していたのに・・・)、パソコンをモニターにつないで患者に示しながら説明してくれた。

副鼻腔炎になっていないかどうかを確認したそうである。慢性の副鼻腔炎は蓄膿症と言うが、YUKAがよくなるのでこの病院に世話になっている。

私は、右下の副鼻腔に炎症が少しあり、なりかけのようであった。また、ノドは全体に真っ赤に炎症を起こしているとのことだった。

薬を7種類も出してもらって帰ってきた。

100718drugs.jpg

朝食後に飲むもの、毎食後に飲むもの、朝夕食後に飲むもの、寝る前に飲むものなどあり、とてもややこしい。

今朝の朝食後に飲む薬は6種類。これだけでお腹一杯になりそうである(笑)。

100718asanomukusuri.jpg

午後からは38℃ほどの熱がでてきて、昨夜は苦しかったが、薬が効いてきたのか、たぶん夜中の12時をすぎたくらいに咳はおさまって、朝の8時まで熟睡。数日ぶりに熟睡することができた。

眠れるって素晴らしいなと思った(笑)。今朝には熱もさがっており、体もずいぶん楽になってきた。

朝には旬蛸さんからメールを頂き、昨日の状況はとても悪かったので、来なくて良かったとのお気遣いお言葉まで・・・ありがとうございます。

私としては、ダメだったと聞くと自分だけ逃げたような後ろめたさが少し沸いたが(笑)、メールに書かれているように、自分が誘った釣りで釣れないと、なんとなく誘った相手に悪い気がするというのもよくわかるので、そのお言葉を聞いて、ホント少し救われたような気がしました。ありがとうございます。
哀愁 | Comments(2) | Trackbacks(-)

風邪ひきました・・・

昨日の仕事の途中からノドがおかしくなって、昨夜から激痛、ノドの違和感であまり眠れなかった。

今日はまだ後かたづけがあるのだが・・・

大きな声でしゃべりすぎたことと、汚いもの(ネズミ)を扱って空気の悪いところに長時間いたせいと、両方のせいだろう。

茶色・緑色のタンが出ているので、緑膿菌か何か知らないがやっかいである。

本当なら明日にでも休んでタコ釣りに行こうと思っていたが、とてもそんな元気は無い。土曜日までおとなしくしていたほうが良さそうである。

嗚呼、体がだるいぞよ!ノドが痛いぞよ!
哀愁 | Comments(12) | Trackbacks(-)

ピークは過ぎた・・・

先週の金曜日あたりが仕事のピークだったろうか?
体重が2キロほど減ったが、たった2%ちょっとなので、まあ誤差範囲である。

去年あたりからこの時期(5月ー7月中旬)には、三種類の仕事が重なるようになり、そのうちの一つは土曜日の午前中で終わった。あとは9月以降である。

もう一つの体力を使うドロドロになる仕事は今日で終わる。この仕事が一番しんどい。カエル相手より騒がしい人間を多数相手にすることが疲れる。やはり私は人に酔うたちである。大人数が集まる場は疲れる。釣りもご一緒させてもらうのは2?3人くらいまでが良い。

それはともかく、さらにもう一つの仕事があるが、これも明日で区切りがつく。

ということで、15日からはようやくデスクワーク中心の、体力を消耗せずにすむ仕事に戻れるという訳であるし、平日に休みが取れないこともない感じである。

この間の釣りはどうするか。和歌山のアカイカ釣りが土曜日に決まっている。他は未定であるが、敦賀でもマイカが三桁を超える爆釣になっている。アジも釣れるらしい。こちらも気になる。

その他タコも釣りに行きたい。気になっている船で出撃するか、明石の船なら平日に出撃するか・・・である。

メバルも好調になってきたようだが、湯浅のタチウオもようやく釣れだしたようである。

この他、みふじ丸なんかでは今年はずいぶん遅れてようやく良型のイサギが釣れだしたようなので、これもまあ気になるし、他に初島のマルアジも前から気になっている。

ということで、アカイカ、マイカ、マダコ、メバル、太刀魚、イサギ、マルアジと候補が7つもあるが、今月は頑張っても3回しか無理なので、どうしようか!?その時、直前の状況を見ての出撃がやはり良かろう。急な仕事も入る可能性があるので・・・。ということで、予定は決めずにおくことにしよう。

今月中に平日休んでの釣行を1回は考えているが、予定が早くて2日前にしか決まらないし、とりあえずは明石のタコにしようかと思っているが、状況によっては敦賀のマイカも!?

まあ、船釣りの予定はあまり早めに決めてしまわないほうが良いので直前に・・・

聞くところによると、この土曜日から和歌山方面の高速(有田と海南の間)が4車線化されるとか。すでに下りは2車線になっていてかなり快適になったという話を聞く。

上りも2車線になれば、帰りの渋滞に悩まされずにすむことだろう。有田と海南の間は下道を通るとものすごい遠回りになるので、有田ICから高速に乗ってくる車がとても多く、そのせいで土日の午後はいつも渋滞していたが、この区間が2車線になれば、渋滞はかなり緩和されることが期待できると思う。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

アカイカ釣りに向けて・・・

今週末に迫ったアカイカ釣り・・・

土曜は午前中に仕事なので準備するとしたらこの週末しか無いと思い、昨日はほとんどそのことで費やした。

まず、仕掛の作成から。

枝の間隔と長さと本数をどうするか、悩んだ末の結論は、間隔は120センチ、本数は7本、ハリスの長さはスッテの種類によって2cm、10cm、20cm、30cmとバラバラにしてみた。

おっぱいスッテとかは長めに、普通の浮きスッテは短めにしてみたが、果たしてどうなることやら・・・

100712ukisutte-all.jpg

とりあえず最初は↓このセットでやってみる予定。

100712ukisutte01.jpg


ちなみに、先日、フッシング倶楽部という番組で、最近ではすっかり見かけなくなったお笑いのヒロシが関東のほうでマルイカ釣りをやっていた。「オッ○イでいっぱい!? 

参考になるかと思って見てみたが、まずあちらは昼間の釣りだったし、あとハリスは直ブラとか言ってかなり短いものを使用していた。スッテはカラフルなおっぱいスッテ各種を使用していた。

釣り方も違っていた。誘いをかけて、小アタリを捉えて素早くしっかりアワセるというか、かける釣り方で、和歌山方面とは違うような気がしたがどうだろうか。

それから、見たところほとんどの人たちが投入機(投入器?)を使用していたが、関西では、というか、和歌山のアカイカ釣りの写真を見ると投入器など使っている人を見たことが無い。

一応、昨日試行錯誤して(工作が苦手なので)半日を費やして、使えない材料まで買いつつコーナンと我が家を2往復して(アホ)ようやく完成品ができたのでここに・・・

100712tounyuuki01.jpg

総工費、5.500円(うち使えなかった無駄な材料費ぶん約1,500円)、作成時間4時間半。

総重量が何と5kg(かなり重たい)、高さ1m、幅40cmとかなり邪魔である。

100712tounyuuki02.jpg

100712tounyuuki03.jpg

これを持って行くのは大荷物という気がする・・・。

当日は、座布団くらいの大きなスポンジを持って行って船縁にかけてそこにひっかけてやるほうがやりやすい気がしているので、もしかして、そうするかもしれない。
釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

試作&試食

今日の昼までに締め切りの仕事(このせいで釣り会に参加できなかった)を午前中で何とか終わらせ、その後、午後は時間が空いたので、佐野漁港に行ってみることにした。

その前に、フィッシングマックス泉大津店に寄ってスッテなどを見たが品揃えはイマイチ。2.5号の浮きスッテをいくつか購入。

その後、その近くのコーナンPROへ寄り、塩ビのパイプ2mを5本買った。パイプをカットするハサミみたいな道具を借りて半分に切って1mのを10本にした。

どうするのか!?

こうするのである。

100710tounyuuki1.jpg

100710tounyuuki2.jpg

まだテープで仮止めしているだけで、明日には板で挟んで固定する予定である。しかし、2mのを5本で2,000円近くしたから投入機を買ったほうが安いかと思って調べてみたが、買うと1万円以上もするらしいので、これで良かった。

ただ、太さが直径3cm強なのだが、ちょっと細いか!?直径5cmのものが多いようだが・・・。細いほうがかさばらなくて良いが、ツノを入れにくいかな!?それから、10本もいらないだろうか!?

高さ1m、横幅はパイプ10本で40cm弱だが、これでも案外重たくてかさばる・・・

コーナンの後、佐野漁港に向かったが、マックス二色浜店にも寄ってみた。店内はエサのニオイが充満していて、息をするのが大変だった(笑)。品揃えはさらにイマイチ。ここではエサを買うのが良さそう。帰りに上島には寄らなかった。セールの案内ハガキ(500円の商品券付き)を家に忘れたためである。近いからいつでも行けるし。

その後、佐野漁港へ・・・




今週は釣りに行けないので何か魚でも買おうかなーと思い、佐野漁港の市場をふらついてみた。

そこでふと目にとまったのがアカイカ。ケンイカと言って売っていたがケンサキイカである。

小ー中サイズが4杯で1,300?1,500円くらいで売っていた。中サイズ3杯で値札が1,300円のを1,000円にしてもらって購入。

あと、まるまると太ったゴマサバも買うことにした。鮮度の違いなのか取れた場所の違いなのか確信は無いが、店によっては1匹が500円とか1,000円くらいで売っていたが、私は1匹100円で売っていたのを買うことにした。

かなり太っていたし、少なくとも見た目は鮮度が良さそうだった。

100710sabatoakaika.jpg

帰ってさばいてみると、さすがに死後硬直は完全に解けていて、刺身で食べるのは無理だったが、脂はかなりのっていた。

腹の中にはカタクチイワシがぱんぱんに詰まっていて、たらふくエサを食ってかなり肥えているようである。

去年のこの時期には和歌山でゴマサバをたくさん釣ったが、そんなに脂は乗っていなかった。大阪湾のほうがエサが豊富でゴマサバも太っているのかもしれない。

ちなみに、先日、日本海のイカ釣りの時に釣れたゴマサバもすごい脂だった。今日買った3匹のうち、2匹はそれに匹敵するほどの脂の乗り。身が真っ白で脂でべっとりしていた。

もう1匹はそこまでではない、まずますというくらい。これを塩焼きで食べた。十分美味しかった。魚の味を判定するのに塩焼きはわかりやすいと思う。脂がまったく乗っていない魚を塩焼きにすると、ちょっとパサついていて美味しくないが、そういうことは全然なかった。

それから、驚いたのがアカイカ(ケンサキイカ)である。スーパーで小さいのが1杯600円で売っていてとても買う気がしなかったが、今日はまあまあのサイズが3杯で1,000円で買えたので買ってみたわけだが・・・

やはりスルメイカとは全然違う。アオリイカをはじめて食べた時にうけた衝撃に近いものがあった。甘みはアオリイカに匹敵する!?おまけにアオリイカ(大きさにもよるが)よりも柔らかいのではないだろうか?

写真を撮り忘れたが、刺身の甘さ・おいしさにおどろいた。

さらに、ゲソとエンペラはバター醤油焼きにしてもらったが、これまた美味いこと美味いこと!

100710gesobater.jpg

YUKAも感激していた。来週末には当初の目標である30杯も釣れたら大満足だが、このところの釣果を見るとたぶん難しいだろう。15杯くらい釣れたら良しとしなければならない感じだろうか・・・

それはともかく、ムギイカ釣りもそうだったが、夜釣りはありがたい。

この時期、昼間は暑いし、日焼けする。釣りは体力を消耗するが、日焼けするとさらに消耗する。日本海のイカ釣りが案外快適だったのは日焼けを気にしなくて良い(集魚灯でも若干日焼けするらしいが)ことだろう。

夏は夜釣りが良いかなー。夜釣りと言えば湯浅のタチウオがあり、今年はチャレンジしてみたいと思っているが、まだ調子が上がらないみたい・・・。今年もタチウオはイマイチなのだろうか!?一昨年が良すぎたのかな?

まあ、まだまだこれから、だと良いが。



先日、ゆうパックで送って腐っていたイカ・・・の件で今日、郵便局からおじさんがやってきた。

相場を調べたところ、沖漬け1杯500円、生のスルメイカ1杯100円とわかったと言っていたが、私が言ったことそのままだったので、ホンマに調べたんかいな!?という気もしたが、その相場で弁償してくれることになった。

なので、合計7,000円也。ただ、送料は返してくれなかった。ダメにした中身の料金だけとのこと。10日から2週間後に振り込みでとのことだった。ずいぶん時間がかかるものだ。

それにしても、煮えて腐ったイカが戻ってきた時は、イカが煮えくりかえる、いや、はらわたが煮えくりかえるほど腹が立ったが、しかし結局はムギイカ30杯が7,000円、いや、送料を引くと約6,000円になったわけで、何とも不思議な、損したような得したような不思議で微妙な気分である。

それから、宅配業でのクール便とかあまり信用できない気がしてきたので、今後は、特に夏は魚など送るのはやめることにしよう。

それか、どうしても送るなら、発泡スチロールに氷どっさり入れて送るようにしなければ・・・
釣り道具 | Comments(4) | Trackbacks(-)

驚異の燃費!

先日、敦賀までの高速道路での往復のほとんどを、いつもでは考えられないほどのゆっくり運転というか、一定速度運転で行ってきた。

オートクルーズ機能というのがついているので、これで、エンジンの回転数が2000回転少々くらいになる速度を維持しながら運転した。

すると、おそるべき燃費の数値が出た。

日頃から燃費の良い車に乗っている人から見たら、「なんじゃ、その程度か」というくらいかもしれないが、私にはオドロキである。

昨日給油して、通勤で走ったぶんも入っているので、あくまで推定ではあるが

トリップメーターが625km、給油量がジャスト50Lであった。

このうち、敦賀までの往復が400kmなので、通勤の走行が225kmである。

通勤の走行での燃費はいつも通りならリッターあたり9kmであるから、225kmを通勤で走るのに消費したガソリンはちょうど25Lということになる。

ということは、往復400kmの敦賀釣行での消費ガソリンも、50?25=25ということで、これまた25L。

400kmを25Lで走ったわけだから、この区間の燃費は何とリッターあたり16kmということになる。

市街地走行ではヘタしたらリッターあたり8キロ程度のこともあるので、高速のゆっくり一定走行をこころがけると、それが倍ほどにもなるとはおどろきである。

いつもの運転だと高速でもリッターあたり12kmがせいぜいである。その場合だとガソリンは33L消費しただろう。

ということは、8Lものガソリンが節約できた。これは通勤二日分の消費燃料に近い。二日ぶんの給油をせずにすんだことになる。

このオートクルーズ機能を使った省燃費運転、クセになりそうだが、猛烈に眠くなるのが難点である・・・
自動車日記 | Comments(15) | Trackbacks(-)

くたくた・・・X3

世間にはものすごく忙しくしている人がたくさんいるだろうと思うので、今の自分くらいのことで忙しいとかあまり言いたくないが、自分のキャパの限界に近いのは確かである。

いや、忙しいというより、体力が必要な仕事であると言ったほうが良いか。それなりに暇な時間もあるし(今日の午前中とか)。しかし、準備などありデスクワークも少なく、やはり体力がいる。

それで、少々くたくたになって帰宅する日が多いので、タイトルを「くたくた」としたが、もうひとつ「くたくた」のものがあった。



イカである・・・

頂き物のお礼にと、釣ったイカおよび沖漬けを送らせていただいたのだが、送ってから確認したところ、長期不在にするため、郵便局に連絡してこちらに送り返してもらう「取り戻し請求」というのをした。

その時点でゆうパックに遅配が出ていることなど知らされていなかったので、もどってきたのは1日遅れて昨夜だった。

1日遅れたくらいはしょうがない。鮮度も悪くなっているだろうが、熱をかけて調理するか、もっとくたびれているようなら釣り堀のエサくらいには使えるだろうから、まあしょうがない、くらいに思っていた。

ところが、届いたのを開けてみると、完全に煮えて赤くなっていて、しかも腐って異臭を放っていた。

100707ikakutakuta.jpg

チルドで3日間置いただけでこうなるだろうか?同じ日に釣ってきたイカの一部がまだ冷蔵庫に残っていて、多少くたびれた感はあるものの、当然悪臭など無いし、内蔵はともかく身のほうは綺麗で、昨晩チャンポンに入れて食べた。

配達が遅れたことはしょうがないが、腐っていたということは、温度管理がデタラメ、たぶん炎天下に放置したとしか思えない。

逆に、もし取り戻し請求をせず、送り先にこの状態で送り届けられていたらと思うと恐ろしいことである。こちらの信用まるつぶれである。

さっそく郵便局に電話して文句を言ったところ、係の者が家までやってきて確認しに来た。

一応、賠償してくれるということらしいが、値段を証明できるものがあるかと聞かれたので、「自分で釣ったものだから、そんなのあるはずない」と答えた。

一応、相場としては、沖漬けは買うと1匹500円くらいすること、スルメイカの生は、小さめのがスーパーでは100円前後ということを参考までに知らせておいた。

ということで、その価格で計算するならば、沖漬け10杯で5,000円、生のイカ30杯で3,000円、送料が1,000円で合計9,000円ということだが、「持ち帰って複数の人間で判定して査定してからまた連絡します」と言って、腐ったイカを持って帰ってくれた。

さて、どうなることやら、楽しみ(?)である。



それから、もうひとつ腹が立っていることがある。相撲界における野球賭博問題についてである。

もちろん私のことなので、力士が野球賭博をしようがヤクザとつきあおうが知ったことではないし、法を犯したなら法の制裁を受けるが良いとしか思っていない。

腹が立つのはマスコミである。

マスコミは恐ろしいことをしている。マスコミと世論による「私刑(リンチ)」が行われていることに、皆は恐怖を感じないのだろうか?

賭博というのは違法行為で、違法行為は行政が取り締まり、司法によって罰が与えられることになっている。それには一定の基準がもうけられている。

罪の重さに応じて罰が決められている。

ところが今マスコミで行われているのは、そうした法による制裁とは違って、マスコミによる公開処刑、おおっぴらのリンチである。

これが恐ろしいのは、確かな基準など無いことである。

その証拠に、他に何かもっと「美味しい」ニュースが出てきたら、野球賭博の問題などまったく報道されなくなるだろう。

このように、その時たまたまマスコミが暇だからか何か知らないが、気の向くままに世論を煽り立て、いきりたった民衆がNHKに相撲中継を放送中止しろという声を上げて、NHKはマッチポンプ的にそれに従って放送を中止するという、おそろしい現象がまきおこっている。

違法は法によって裁かれる。法律で裁く以前に世論の制裁を受けていれば、法の世界とて「社会的制裁をすでに受けている」として減刑されるほどである。

マスコミがどれだけ騒いだか、ということは客観的な基準ではなく、相対的なものである。他にたいしたニュースが無いときは商売のためにどうでも良いことで大騒ぎするのがマスコミである。

これまでの政治を見れば明らかで、自民党時代、安倍首相や麻生首相はほとんど揚げ足取りとしか思えないようなどうでも良いことで大騒ぎされてそのことで潰れた。

一方、鳩山首相の時は他に色々なニュースがあって(草薙騒動とか)そのおかしさがなかなか報道されず、かなり延命した。

政治一つとってもマスコミのでたらめさによって世の中がぐちゃぐちゃにかきまわされている。

世論を含めたマスコミによる相撲界への制裁は、何度も言うが、リンチ以外の何物でもない。リンチとは法によらない私的制裁のことである。

相撲界の腐敗に「怒って」NHKに電話しているような者、および法を超えて勝手に制裁を加えようとするNHKのいずれも、罪に対する罰は法によってなされるという近代国家の常識を大きく逸脱しているという点で、(相撲界と同じく)封建的で古くさい体質の人間たちなのであり、彼らがそのことに気づいていないところが滑稽である。

マスコミと世論こそ今の日本における最高の権力である。権力は暴走する。世論は暴走に肩入れするばかりで、だれもマスコミを止められないのが恐ろしいところである。
哀愁 | Comments(2) | Trackbacks(-)

雨・風・波も何のその(笑)

敦賀のムギイカ爆釣!

2010年7月3〜4日(小潮)ムギイカ釣り@豊漁丸(敦賀)

月齢〜20.7  月輝面〜64.2%
月出〜22:48 正中〜4:32 月没〜10:48

場所〜敦賀沖水深250mライン  水温〜24.8℃ 重り〜前半100号、後半80号
天候 雨一時強く、後に小雨、最後は曇り
波高〜1.5m
潮流0.5n 180°〜 西風5m
棚5〜50m、前半は40m弱、後半は30m強くらいでよく釣れた。

1007034shio.jpg

このところ敦賀のムギイカがまたまた好調になってきている。大阪湾の波止でも今年は結構釣れているようだが、そうなると週末の混雑がひどいし海水も綺麗とは言えない。

やはり自然と日本海に足が向いてしまった。

土曜日の午前中は仕事だったので、そのまま敦賀へ・・・かなりゆっくり走っても早く着きすぎて、車の中で仮眠しようと思ったが、シートが窮屈で(運転するには良いが)、また雨が激しく音がうるさい(屋根がぺらぺらでトタン屋根みたいな雨音がする)ため眠れず。

まあ、うとうとはできたが・・・。

到着が早かったので、今回は事前座席指定の人たちがいても前のほうが空いていた。

1番と2番は空席(使用せず)で3番が空いていて、4〜5は埋まっている。今回は前のほうに入りたかったので、一瞬3番にしようかとも思ったが、一番前はやめて6番にした。

1007034turiza.jpg

結果、それが正解で、3番はいつも使わないところ?一段高くなっていて釣りがしにくそうであった。何よりこの日は結構揺れたので、大変だったと思う。

今回は船酔い多発で、左舷の一番前に入った人は、最初から最後まで船酔いで仕掛を一度も投入できずにボウズだった。お気の毒である。

結局、右舷の一番前、3番は空きのままで、お陰で私は前から3番目に入ることができた。

さて、今回は10時前には半夜便がもどってきて、10時ちょうどくらいの出船となった。かなり沖、水深250mラインまで行くので1時間以上かかるとのことであった。

前のほうに座ると、前の男子トイレの横に探検丸のモニターがついていて、走りながらでも水深が表示されている。なかなか100m以上深くならないが、150mくらいからだんだんと深くなってきたあたりから、かなりの波で船がジャンプしはじめた。

1時間20分ほども走ってようやくポイントに到着。結構な揺れで風もある。上で書いたように、左舷の一番前の方はすでにダウンされていた。

とは言え、海面を見ると波はせいぜい1mくらい?おまけに船もまあまあの大型である。たいしたこと無いはずなのだが、パラシュートで流しはじめると、残念なことに、波が船の真横から来る横揺れパターンであった。

やはり波が船の真横から来るとかなり揺れてしまう。ずっと立ちっぱなしで釣りしていたが、かなり足腰が鍛えられた(笑)。

さて、流し初めると船長から釣り開始の指示。水深は250mだが上と下で潮の流れが違うので60m以上は落とさないように、たぶん50mまでくらいで釣れるはずということと、オモリは最初は100号使用で、後半タナが浅くなってきたら軽くして良いとのこと。

さて、釣り開始だが、今回はいくつか変えてみた。まず、すべて浮きスッテにして、スッテ2号を4つとと2.5号を3つつけた。

ハリスの長さはバラバラに、最長15センチ、最短のは1センチくらいにした。

あと、タナを広めにするため、枝の間隔を1.2mにした。今までは80センチくらいでやっていたので、ずいぶん間隔が広くなった。

しかし、結論から言うとスルメイカの場合は船縁でバレることもほとんど無いので間隔は短いほうが扱いやすいと思った。

その証拠に、釣り開始しようと思ったら、いきなり仕掛がオマツリしていた(爆)。

4番と5番に入られた2人組のおじさんたちは快調に釣り上げている。焦る私(笑)。

船が揺れて風もあるので、もつれをほどくのが大変である。5分ほどでなんとかほどいて釣り開始。

いままでフォール中でばかり釣れていたので、今日は特にフォール中でもっと釣ることを考えた。たぶん私の竿だと上にしゃくってもあまり動かないのかもしれない。一応しゃくりあげでも釣れるようにもやってみたが・・・

まず、第一投。普通に落としていったら45mで落下が止まった。さっそく巻き上げるとしっかり乗っているようで、快調に1匹目が釣れた。

ここからフォールさせては止め、フォールさせては止めのパターンで快調に乗ってきた。タナは35〜45mの間くらいが一番多かった。

乗らなくなると、落とすパターンを変えてみる。短い周期で落とし・止め・落とし・止めにしたり、ダーっと落として急に止めて少し待つようにしたり、止めの動作で完全に止めないで減速程度にしてみたりなど。

パターンを変えたことが良いからなのか、釣り座が前のほうだからなのかわからないが、今回はずっと快調に釣れつづいた。

いままでは、10匹くらい釣れた頃から急に釣れなくなっていたが、今回はそれが無かった。

ただ、1匹ずつつしか釣れない。

一番前に入った方が隣の方に「連で乗せる方法」をレクチャーしていたので、盗み聞きしたが、よく聞こえなかった(笑)。

たぶん、一つは、フォールで乗ってきたら、そのまま無視して少し落としてやる。そうすると上のスッテにも乗る可能性があるということ。

イカがスルメサイズだと1匹乗ると完全に落下が止まってしまうが、ムギイカなら減速するだけでまだフォールさせることはできる。

今までは穂先に微妙な変化が出ただけですぐに巻き上げていた。これだと下のほうのスッテに1匹だけしかついていない。

1匹ムギイカが乗ったと思われても、仕掛をもうすこし落下させてみることにした。

すると、ダブルで乗ることがたまに出てきた。

また、巻き上げ途中で連で乗せる技もレクチャーされていた。1匹かかって巻き上げる時、電動リールの中速で巻き上げ、そのまま時々竿をシャクリながら巻き上げると、さらにイカが乗ってくることがあるそうな。ただ、当然のことながらバラしのリスクも出ると言っていた。

私の竿では、そもそも中速でしゃくりながら巻き上げてもイカが乗ることは無かったのでこれはやらなかったが・・・

あと、巻き上げで乗せる方法・・・竿がやわらかいので少々しゃくってもスッテが踊らない?のかと思い、竿先を垂直に下げてその状態で電動リール最大で巻き上げて止める直前に竿を煽る、という調子でやってみた。これでたまに乗ることがあったが、やはりフォールで乗るよりはずっと少なかった。

と、アタリが多いので、あれこれ試しながら釣りすることができて、船の揺れも気にならずに調子よくポツポツ釣れているが、7番、8番に入られたお隣さんがずーっと0杯であった。タナとかお教えしたのだが、仕掛を入れっぱなし放心状態というか、どうやら船酔いで動きが取れない状態のようであった。

ともかく今回は快調に釣れ続き、何しても釣れないという時間帯がほとんど無かったので、食事をする暇もなく、ずっと立ちっぱなしで竿を持ちっぱなしだったのでヘトヘトになってきた。

風があるせいか枝の間隔を長くしたせいか、今まで無かった自己オマツリが今回は何度かあったし、指にスッテの針を刺しまくりで大変だった。

100704yubi.jpg

ひたすら竿を握り続け、ヘトヘトになってきて、そろそろ休憩しようかと思った頃、2時半すぎだったか?照明がダウン!

そう、減光作戦である。浅めのタナで入れ食いタイムの到来である。休んでいる場合ではない。

ここまでは水深が38m前後のことが多かったが、ここからは30mくらいで釣れることが多くなった。

たまに海面直下とか、5mや10mくらいで乗ることもあったが、だいたい25〜30mくらいで乗ることが多い。

ここでも、アタリがあってもさらにフォールさせる作戦でやってみたところ、ダブルが頻繁にあり、またトリプルもあり、4連も3〜4回くらいあったと思うし、何より5連が1回あった。

1時間ほど快調に釣れ続け、イケスがみるみる埋まってきたので沖漬けをまた30匹作成。

1007034ikesu.jpg

またこの頃にはサバもまわってきて、スッテを飲み込んで隣とオマツリして大変だった。

ゴマサバとマサバを1匹ずつゲット。

その後も快調にイカは釣れ続けたが、船酔いして呆然と座っていたお隣産とオマツリ。どうやら置き竿にサバがかかって、私のしかけと反対側の隣の方と3人ぶんの糸をぐちゃぐちゃに巻き込んで悲惨なことになってしまっていた。

当事者の方は船酔いでもうろうとしていたので、とりあえず私が自分の仕掛を真ん中から半分に切って離脱。

あとのお二人の仕掛はサバが2匹とムギイカが1匹ついていて、それらがPEラインと複雑にからまって悲惨だったし、たぶん切らないとダメな状態だったので、そのまままるごとお渡しした。

頑張って仕掛を切っておられたが、これがトドメになったようで、海面に撒き餌をされてその後はキャビンの中へと消えて行かれた。お気の毒です。

と、私は真ん中アタリで半分に切った仕掛を無理矢理つないで、スッテは2本なくなっていたので5本スッテ仕掛になってしまったが、新しい仕掛は無かったのでそのまま使用。

こういうこともあるので、仕掛は2組くらい用意しておいたほうが良いかもしれない。

時間は4時前くらいで、残り時間は30分ほどだったが、まだしばらく快調に釣れ続いて、ダブルやトリプルもたまに混じりつつ、薄明るくなるまでムギイカ釣りを堪能した。

4時30分頃になり終了、帰港までにも1時間以上走った。

(結果)ムギイカ146杯、マサバ1匹、ゴマサバ1匹

1007034chouka.jpg

1007034saba.jpg

今回はほとんどがムギイカサイズ、25センチ前後のスルメイカサイズは5杯くらいで、あとは15〜20センチサイズがほとんどだった。

なので、大きめのサイズがまあまあ混じった前回と比べて数は倍近く釣れたが、体積としては少し多いくらいの量だった。

それでも釣り開始から終了まで休むことなく入れ食いを堪能。乗りが渋くなるといろんなパターンを試してみて、そのお陰で釣れたかどうかは微妙だが(笑)、ともかくあれこれと楽しむことができた。

減光してからの1時間半はひたすらマシーンのように無心で釣り続けるという私の大好きな(人によっては逆に退屈な)時間であった。

これで今年のムギイカはもう満足、思い残すことは無い。

ちなみに、今回ハリスの長さを色々変えてみたが、よくわからなかった。だいたい、フォールで乗ってくる時は下のほうのスッテに、しゃくり上げで乗ってくる時は上のほうのスッテに付いていることが多かった。

要するにイカのいるタナに最初に入ったスッテに抱きついてきたというだけの話で、まあそれだけ活性が高かったのかもしれない。活性の低めの時にまた試してみることにしよう。

ということで、ハリスの長さについての結論は先送り・・・

あと一つ気になったのだが、浮きスッテというのは本来は浮力でゆらゆらさせてイカを抱かせる仕掛らしいので、ハリスは長めにするほうがその利点を活かせそうである。本来なら・・・

対して、プラヅノののほうが、はげしくしゃくったり動かして乗せるもののようで、一般にスルメイカはプラヅノで釣るみたいな話を聞いた。

今回も、浮きスッテをただゆったり漂わすよりは、フォールさせたり激しくしゃくったりして乗ることが多かったので、やはり動かしたほうが釣れるのかな?と思った。

ということは、浮きスッテよりもプラヅノのほうが良いような気がするが、たぶんムギイカには市販の11センチのプラヅノでは長すぎるので、小さい浮きスッテしか釣れないのかもしれない。

7〜8センチくらいの短いプラヅノがもしあるなら、来年はそれを試してみたいと思った。2号の浮きスッテよりも、短いプラヅノのほうが爆釣できるのではないだろうか!?



往復とも単独釣行だったので、今回も省燃費ドライブをこころがけ、オートクルーズ機能を使ってずっと一定速度でゆっくり走行(走行車線で流れているくらいのスピード)。これで走ると何と燃費がリッターあたり15キロ近く行くことがわかった。

ところが難点が一つあり、猛烈に眠くなるのである。

帰り道、京滋バイパスのほうへ入ってしまい、その頃から睡魔が・・・

おまけにこちらはサービスエリアが全くない。

しょうがないので、お急ぎモードの運転に切り替えたら覚醒して無事に帰宅できたが、宇治あたりからの燃費はリッターあたり10キロ程度に落ち込んだに違いない。
釣り | Comments(12) | Trackbacks(-)

ゴマサバがトロ!

今回のムギイカも美味しく頂いたが、意外だったのはゴマサバである。ものすごい脂が乗っていてびっくり!

対してマサバのほうは身も赤く、脂のアの字も見あたらずであった。やはり夏はゴマサバのようである。ちなみにどちらのサバも抱卵していたが・・・

最初は両方とも立田揚げにしようかと思って3枚におろしたが、ゴマサバの脂がものすごいことになっていたので、急遽、お造りと塩焼きで食べることにした。

お造り、トロであった。塩鯖も脂がしたたって最高に美味かった。こんなことならもっと釣ってくるんだった。

100704sabasashimi.jpg

100704yakisaba.jpg

サバらしいアタリがあると(イカとは明らかに違う)、オマツリを避けるため、電動リール最高速で巻き上げ、さらに竿をしゃくるとスッテからサバが抜ける。このやり方で何回かサバを回避してしまった(笑)。もったいないことをした。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

イカがゴミに・・・!?

先日たくさん釣れたムギイカ・・・

沖漬けも含めてすべての半分ほどを2カ所に「ゆうパック」で送った。

というのも、遠くへ送るものは宅急便より「ゆうパック」のほうが良いからである。宅急便だとどんなに頑張っても北海道まで二日かかるが、ゆうパックだと大阪市内←→札幌市内ならば1日で届く。少なくとも午前中に出せば翌日の夕方には到着する。

という訳で日曜日の午前中に出したのだが、その時にペリカン便との合併で混乱しているから荷物が遅れていると公表してくれていたら・・・

まあ、今日中に届いてくれたら宅急便と同じなので文句は無いが、郵便局で聞いたところによると、3?4日遅れているそうな。

ということは、今日から3日後に届くとしたら・・・さすがに悪くなっているんじゃないか!?

こんなことなら冷凍で送れば良かったとかも思ったが、イカの大きな塊が冷凍で届いても、もらったほうも困るだろうし、かと言って数が多いものを2?3匹ずつラップして送るのも面倒である。

何とか今日中に届いて欲しいものだ・・・

イカの沖漬け、買うと1匹500円はするだろう。生のムギイカは小さくても新鮮だから1匹100円として計算すると、合計で1万円は超える金額になるだろう。あまりに遅くなったら損害を賠償してもらおう。

だいたい、何でペリカン便なんかと合併したのか!?昔アマゾンで買ったものはペリカン便で届けられていたが、まあひどい運送会社だった。だから潰れた!?のかもしれないが。佐川急便あたりが合併して鍛え直してやれば良かったのに。
哀愁 | Comments(6) | Trackbacks(-)

カエル入荷

昨日、トノサマガエルが入荷した・・・

100702tonosama.jpg

だいたいこの時期になるといつも書いているからか、私は年中カエルと遊んでいるかのように思われてしまうかもしれないが、7月上旬の2週間だけの話である。

昨日入荷して、今日の仕事の準備をしたが、かなりくたくたになった。今日はもっと体力を使う。

敦賀のムギイカ好調なので頑張って今日の晩に仕事が終わってからともと思ったが、昨日であんなに疲れて夕方にはぐったりなっていたのだから、今日の晩など絶対不可能であることを知った。

この時期、と言っても二週間だけの話だが、やはり週末に釣りというのは厳しい。来週は他の仕事も重なっており、さらに厳しいだろう。土曜の夜とかなら今週も来週も何とかなりはするのだが、土日の昼間の釣行はほとんど不可能に近いように思う。

今週末はイサギ釣りも考えたが、シーズン終盤になってもマルソウダがあいかわらず沸いているみたいで邪魔されて釣りにならないことも多いみたいなので、やめることにした。今年はイサギの当たり年だったようだが、同時にマルソウダもアタリになってしまったようで残念。

ヒラソウダが入れ食いになることは無いのだろうか・・・
哀愁 | Comments(8) | Trackbacks(-)

怒りんぐ・・・ではなく、イカリング

怒りんぐ・・・と言えば私の場合テレビです。新聞もそうですが、こっちは読まないので。

テレビをつけていると、アホなキャスターやらコメンテーターが好き勝手でたらめ放題言いたい放題、政治家も自分が昔に言ったことを忘れてその場しのぎの適当なことをやり放題、または世の中に媚びる発言ばかり。

報道番組ではどうでもよいことばかり延々と放送して偏った印象を世の中に植え付けている。ワイドショーなど言うまでも無し。テレビがどれだけ世の中を混乱させ滅茶苦茶にしているかと考えると、頭が痛くなります。

なので、最近はテレビなどほとんど見ませんが・・・

昔の親は偉かった。私なんか、テレビを見過ぎるとバカになると言われて育ちましたが、最近はそんなこと誰も言わなくなったのでしょう。

それはともかく、怒ったところで無駄なので、そういう時はイカってみましょう。

ということで、先日釣ったムギイカでイカリングを作ってもらいました。

正直、究極のイカリングと言って良い!?

100630ikaring.jpg

下味は軽く塩でつけただけ、揚げたてはそのままでも美味しいです。醤油をぽたりとたらしてなお良し。

ゲソは唐揚げに。こちらはイカリングよりさらに大変で、油が跳ねまくりで大変でした。怖くて早く上げすぎてちょっと失敗ぎみ!?

ゲソはともかく、イカリングのほうは今まで食った中でも最高にうまかったのは間違いないです。

何が良いか!?やっぱりムギイカサイズで作ったのが成功のポイントだったかと・・・

普通のイカで作るとどうしても固いというか、口の中でイカと衣が分離してしまいますが、このイカリングは常に一体化してサクサク食べられました。軽めに揚げたこともあるかもしれませんが。

やはりイカリングは柔らかい小さいイカ、ムギイカで作るのが最高!と思いましたが、まあイカリングを食ったのは久しぶりで、たまにはこういうのも良いなと思った次第。

うちでは揚げ物は危険なのであまりしないですが、昨夜はYUKAと一緒にやりました。

イカフライは他の揚げ物よりもさらに危険、油がものすごい跳ねやすいので注意が必要です。

皮をはいでよく水分を拭き取ってからフライにしますが、それでも跳ねます、

段ボールを盾にしてやりましたが、この通り・・・

100630danball.jpg

それでも腕やメガネに飛び跳ねてヒヤリとしたのは言うまでもないことで、作る際には要注意です。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)