カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年02月
ARCHIVE ≫ 2006年02月
      
≪ 前月 |  2006年02月  | 翌月 ≫

嗚呼、母よ!

私の母が、家の階段から転げ落ちて、アキレス腱が切れたとか。

母が階段から転落するのは二度目だ。以前は打撲で二三日歩けなくなった事があった。

今は入院しているそうだ。一ヶ月は歩けないとか。

数年前から今の家に住んでいるが、ずっと平屋の家にしか住んだことがなかったので、階段そのものに慣れていないのかもしれない。

たしかに急傾斜な階段で、ビフォー・アフターに出てもおかしくないような造りの家なのだが、やっぱり母は、かなりせっかちでそそっかしい性格のため、という事も要因かもしれない。

まあ、命に別状がないということだが、しかしどうも運動不足で太ってきたらしいから、これでさらに太って、また足腰が弱ったりしなければ良いが・・・

驚き・恐怖 | Comments(0) | Trackbacks(-)

雨はあがりました

昨日は、ヨッシーさんの追悼釣り大会に参加された皆様、お疲れさまでした。

大会を実行してくださったsmileさん、近藤水産さん、どうもありがとうございました。

そしてヨッシーさんのご家族の皆様、お気遣いありがとうございました。

皆さんご指摘の通り、ヨッシーさんは、すべてを洗い流してくれ、そしていつかかならずあがる「雨」が好きだとおっしゃっていました。

まさにそんな事を思い出させてくれる、昨日の雨でしたが、もう一つ、あの雨がヨッシーさんの「意志」であったとするならば、これはやはり、皆にこれ以上しめっぽくなって欲しくない、泣いて悲しんでいる顔を見せて欲しくない、そんなヨッシーさんの思いから来た、皆の涙を流し去ってしまうための雨と風だったのではないかと思います。

そして、そのようなヨッシーさんの意志と期待にこたえるためにも、我々はつらいことがあろうとも、精一杯頑張って生きてゆかねばならないのだなあと、そう思いました。

人生には楽しみや喜びが多いにこした事はありませんが、基本的には苦しみと災難の連続だと私は思っています。

そうした境遇を克服するためにも、先輩達の生き様と死に様とを忘れない事が、何より我々の力になるのではないかと思います。

釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

素直が一番

私は、食べ物が美味しかったら「美味しい」とわりあい言うほうだと思うが、そう言うとYUKAは喜んでくれる。

しかし、時々、食べるのに夢中になりすぎて、美味しくても「美味しい」と言い忘れる事がある。

そういう時にYUKAは必ず「美味しい?」と聞いてくる。すると私は思いだしたように「ああ、美味しいよ」と答える。

それでも無邪気に喜ぶ。私が自発的に「美味しい」と言った時と全く同じように喜んでいる。いや、素晴らしいというか、ありがたいというか。

私が一番苦手なタイプは、こちらから美味しいと自発的に言わないとイライラして、あげくの果てに「美味しいの?」と聞いてきて、それにこたえて「美味しいよ」と言っても、それを信じずに、ずっと不愉快さをひきずるタイプの女性である。

いや、そういうタイプの女性にあったことは無いのだが、私がもし人に料理を作ってあげたとしてら、間違いなくそういうタイプになるであろう。

人間、素直が一番だ。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

ダイエット

最近ダイエットしていて、一時よりお腹がちょっとだけへこんだ感じで、ワンサイズ小さいズボンが余裕を持ってはけるくらいにはなったのだが、体重そのものが、あまり減らなくなってきた。

約4キロ減量した時点で止まってしまっている。

筋肉がついたぶん、減らないのかなあ。そう思ってもう少し頑張ることにしよう。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

自分のためで結構

オリンピック選手は「自分のため」で結構。
数日前に逆のような事を書いたが、しかし、彼らはプロではない、すなわちその競技をすることで生計を立てているわけではないのだから。

つまり厳密に言えばアマチュアなわけだから。金をもらっているわけでもないアマチュアに「誰かのため」を強要するのは、それはやっぱり酷かもしれない。

しかし、最近は悪い意味での「プロ」が増えているんじゃないだろうか。引退後の就職先を考えて行動しているとしか思えないような選手とか、選手の技能よりもネームバリューや人気を優先したりとか。一概にそれが悪いとは言えないのかもしれないし、実力に基づいた人気なのかもしれないが・・・。

いや、私はまったくしろうとでわからないが、女子フィギュアでは揃いも揃って大手スポンサーが付いた選手ばかりが代表に選ばれたというのは、これはスポンサーに見る目があったからというだけの話なのか、どうなのか。

まあ、私は自分がやったことのあるスポーツ以外は、見ても何も感じないから、そもそも何かこの問題に関して自分が発言する権利があるなんて思ってはいないのだが、ってじゃあ黙ってろって?そりゃ、そうですな。失礼しました。

迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

余韻を大切に

拍手

私がクラッシックのコンサートにあまり行かなくなったのは、観客の質の低さのためだ。拍手のフライング、無意味なブラボヴォーの絶叫など、コンサートの最後をぶちこわしてくれる客。

ところで私は何でも「日本は遅れていて欧米は進んでいる」と思いたがる風潮に強烈に反感を抱いていて、滅多な事ではそうは思わないのだが、しかしこの観客のレベルに関してはやっぱり本場は違うなあと思わされた。

朝比奈隆&大阪フィルのヨーロッパ公演でのリンツ聖フローリアン大聖堂でのライブレコーディングのCDを最近聴いて、つくづくそう思った。
B00005GVA5.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

楽しめましたかな?

最近のオリンピック代表の中には「楽しみたい」なんて事を言う選手が結構多いみたいだが・・・

楽しめましたかな!?

君たちが何より「自分が楽しむため」にやっていると言うなら、こちらとしても応援する筋合いなど無い、という事になる。

それにしても、誰のためにやっているのか?

人間て、「自分のため」になんかそう頑張れるものではないと思う。

自分のためにしかならないのだったら、「もうしんどいし、このへんで良いか」となるのが普通だろう。

そうならずに、どこまでも自分のためにという事に執着できる人というのは、ものすごい自我が強いというか、一歩間違えばただのエゴイストじゃないかと思うが。

嘘でも「応援してくれている皆の期待にこたえたい」くら言えないのか?ああこう言ってくれる選手もいるから、そういう選手には惜しみなく声援を送りたいし、精一杯頑張った結果、メダルが取れなかったとしても、彼らの健闘をたたえようという気にもなる。

ヘラヘラして自分が楽しむためだけにやっているような奴は、誰も見ていないところで一人で勝手に楽しんでいれば良い。人前に出てこないでいただきたい。

怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

30円をほおばる

さっき、職場の売店で、昼飯の弁当を選んでいる時、イチゴが目に入った。

美味しそうだったので、弁当のグレードを激しく低いものにして、イチゴも買うことにした。

一パック390円もした。数えたら13コ入っていた。

「一粒30円かあ」と思いながら食ったが、これって高いのか?

結構甘くて美味しかったので、矢継ぎ早に口に放り込む。次々に口の中に消えて行き、ものの30秒ほどで無くなってしまった。

あー、うまかった。

もちろん砂糖や練乳などかけない。そのままで食うのが私のスタイルだ。それにしても、たとえばミカンがいくら酸っぱかろうが、砂糖や練乳をかけて食う人はいないと思うのだが、何故イチゴだけが・・・。

ああ、昔のめちゃくちゃ酸っぱい夏ミカン(最近見ませんね)には、子供だったので砂糖をかけて食った記憶があるが。

それにしてもイチゴが美味しくなり出したということは、春も近づいてきたということなのかなあ。

イカダの中の春も近づき、来週は大爆釣だと、良いなぁ?。
喜び・楽しみ | Comments(2) | Trackbacks(-)

車をボチボチ

今の車、車検まであと1年ほどあるのだが、今年あたりから買い換えを考え始めている。

しかしどうも、これ!という車がなくて・・・。

ちょっと予算オーバーぎみだが、YUKAが気に入っているということでマークXあたりになるかもしれない。

トヨタというのは、奥田経団連会長がかなり企業イメージをダウンさせているとは思うが、企業そのものは優良だし、あいかわらず日本的経営をちゃんと残していて私は良いと思う。

車も、良いのを作っていると思うし。でも、最近の風潮としてトヨタに限らず私好みの車がどんどん無くなっている。ミニバンとかばっかりになっている。

マークXの新車だと予算オーバーだということで、やっぱりまた中古になるのかなあー。

中古のアルテッツァも検討しているが、YUKAも運転するとか言ってオートマのアルテッツァじゃあなあー。スポーツモードのATで我慢するか。レクサスISなんかどう頑張っても買えないし。トヨタが偉いのは手頃な値段でわりと良い車を提供してきた事だと思うのだが、レクサスに大きくシフトするならベンツみたいでイメージ悪いなあ。

あと、レガシーB4あたりは車の中身は気に入っているが、デザインがイマイチ気に入らないのと、トランクがものすごい狭かったので、やめた。足なんかかなり良いと思ったが。

何の制約もなかったらホンダのS2000なんか運転してみたいなあ。今時の電子制御ばかりの車とは一線を画した、ドライバーを選ぶ車らしいから。ああ私は選ばれないだろうが。

車に関しては実用のみでは選べないが、完全に趣味でばかりも選べない。難しいところだ。

まあ、ゆっくり考えよう。
自動車日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

ちょっと早い

ちょっと暖かくなるのが早いよなー。

来週の後半くらいに暖かくなるんならちょうど良かったのに。

まあ、在庫はタップリ貯まっていることだし、焦ることもないか。
釣り | Comments(0) | Trackbacks(-)

ダイエット

私も、遅ればせながら、ダイエットをはじめた。実は年明けからはじめていた。で、ほぼ1ヶ月でようやく3キロほどの減量に成功した。

まだまだだが・・・。

喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

映画「亡国のイージス」

先日の日曜日、「亡国のイージス」をレンタルしてきて見た。これは、なかなか面白かった。小説を読んでいないと話がわかりにくいと聞いていたが、まあたしかに細かいところまではわならなかったが、大筋は良かった。

ただ、やや演出過剰と、後半がかなり話を詰め込みすぎて展開がいそがしすぎるという事があったり、最後、ぎりぎりのタイミングでちょっとうまく行き過ぎじゃないのか、とかもちょっと思ったが、そういう事を差し引いても、結構良かったと思う。
B000BQVDHC.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

映画・TV | Comments(2) | Trackbacks(-)

映画「ヒトラー ~最後の12日間~」

ヒトラー ~最期の12日間~』をレンタルしてきた見た。正直あまり面白くはなかった。
B000AC2V5K.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

第二次大戦でドイツ敗北までの、まさにタイトル通りヒトラー最後の12日間を描いた話。「戦後最大のタブーを破った」とか「ヒトラーの人間的な側面に光をあてた」とかいろいろと騒がれていたから一体どれほどヒトラーを美化するとんでもない問題作なのかと思って見たら・・・
映画・TV | Comments(0) | Trackbacks(-)

スポーツ

最近、やけにウインタースポーツのニュースをやっていると思ったら、あれはオリンピックだったのか!

いやー、知らなかった。

盛り上がっているのか?
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

自分のこと

自分の事っていうのは、案外自分ではわからないもんじゃなかろうか。

自分の過去を振り返ってみて、本当の自分はこうだ!俺はこういう人間なんだ!と思いこみすぎたために自縄自縛となって苦しみの連続だったような気がする。

自分を過信しすぎて失敗・・・これはまだ良いほうだが、それより大変なのは、自分をダメな奴だと思ってしまう事ではないかと思う。

ひたすら泥沼にはまり込んでしまうし、まわりにも伝染する。

一つの失敗ですべてにおいてダメだと思ってしまうのは待ったほうがよい。

個々の事象から一般論を導き出す事を帰納法と言うが、帰納法により正解にたどりつくためには、一つの事象からでは不十分であり、数多くの事象を積み重ねる必要がある。

と、軽くギャグを入れつつ・・・

いや、ホントに、そんな悪い事ありませんて。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

呼吸器系が

YUKAは呼吸器系が弱いようだ。小児喘息だったようだし。
口呼吸する癖があって、それがなおさら良くないようだ。

先週から風邪をひいていて、ようやく回復してきたが、でも毎年冬になると1回はかならず風邪を引いて寝込む。というか、ちょっと長引くことが多い。

私の場合は、一気にバタっと倒れて2?3日で急激に回復するというパターンが多い。

で、呼吸器系に関しては、私も咽なんか弱いほうだが、鼻呼吸なのでまだマシみたいだ。

あと、YUKAと私の一番の大きな違いは鼻毛の量だろう。彼女は鼻毛が一本も生えていないと言って良い。

一方の私の鼻の穴の中は、ものすごい量の鼻毛で覆い尽くされている。

油断すると鼻の穴から飛び出しているので、暇なときには、勢いよく抜いている。涙が出るが。

余裕のある時はハサミで手入れしている。

鼻毛というのは、鼻の穴から飛び出しているとみっともないが、手入れをしてやれば、立派な感染防御機構の一種である。たぶん。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

一日早いがこの話題

バレンタインデーという風習はちょっとどうかと思うが、べつにやりたい人は勝手にやればいいのであって、それに文句まで言う気はないが。

しかし、あれはもともと女性から男性に告白がなかなかしずらいから、そのきっかけとして告白のためにチョコレートを贈るということだったと思うのだが。

最近では、とにかく女がやたらめったら男にチョコレートを配ってまわる日になってしまった。

義理チョコなんてのはもっての他だし、本来すでにつきあっている相手や結婚相手などにはあらためて「告白」などする必要などないのだから、パートナーに贈るチョコも義理チョコの一種であると私は思っている。

だいたい、男はチョコレートなんか好きではないのに、なんでそんなものを贈るのか。

と文句を言いつつ、義理チョコをもらえばぜんぶ律儀に食べるし、おかえしもするというこの私は、偉いなあ。

・・・何が?
怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

得!得!Day@辨屋

2006年2月8日(水)午前7時ー午後2時

辨屋(三重県礫浦の釣り堀) 4番筏北西

天気:曇り時々晴れ   風:朝のうち弱い、昼前頃から強風

気温:やや寒い   水温:表面はかなり冷たい 

港:五ヶ所
潮:若潮
満潮:3:03 12:20   干潮:7:04 20:26
日出:6:45   日入:17:29
060208shio.jpg

釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

釣行記

水曜日の辨屋での釣行記ですが、今日中には何とかアップする予定です。

あ、別にどうでも良かったですか。そうですか。
釣り | Comments(11) | Trackbacks(-)

どう見てもウソ泣きでしょ

東横イン・・・東急インと勘違いしていた。

そういえば昔、東京か横浜の東横インに泊まったことがあったような気がする。

それにしてもあの社長、どうみてもウソ泣きにしか見えなかったけど・・・

ああやって世間をさわがす会社ってのは、だいたいが安い賃金で社員をこき使っているところばっかりだな。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

混合診療を認めれば国民皆保険制度は崩壊する

どうも医療制度改悪は老人を悪者にしてやる方針に決まったようだ。

それはそうと、混合診療を認めることによって、患者に自由な選択をあたえてより良い医療を提供できるというのは大ウソである。「混合診療を認めないのは時代遅れだ」などと言って混合診療を解禁しようとする政治家は無知であるかアメリカの手先であるかのどちらかだと断言して間違いない。

以下、私が別のところで書いた文章を転載するので読んでいただきたい。
怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

太巻きのおもいで

昨日は実に美味い太巻きを食った。魚市という寿司割烹料理店の太巻きだったらしいが(買った店とは別だがこちら参照)、なんと、ご飯がまわりに少しだけで、あとは具ばかりというすごい贅沢な一品。しかも、具も鰻やら海老・蟹やら伊達巻きやら・・・。これが一本990円(税込み)だそうな。
哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

宝くじは

下のコメント欄でのレスが長くなってしまったので、宝くじに関することだけ、こちらに・・・。

たしかに、あらゆる買い物には投資という側面がつきまとうものだと思いますので、宝くじもそう捉えるのももっともかと思います。

でも私は、宝くじは投資というより、やっぱり単なる消費・・・というか買い物だと思っています。「夢を買う」というやつですね。釣り堀に払う金とちょっと似ている思っています。確率的に考えれば、金を払った時点でそれが返ってこないのは明らかです。しかし、もしかして・・・という夢は確実に手に入ります。釣り堀も1万円ぶんの魚が釣れるとは限りませんし、魚を獲るためなら市場に行ったほうが良いでしょう。

迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

知らないうちに投資させられている

株はやらなくても、ほとんどの国民が預金し、なにかしら保険に加入している。こうして預けられた金の少なからぬ部分が、株式市場等で運用されているわけで、実は国民はみな間接的投資者なのだから、リスクマネーの行き先に無関心、無知であってはならない。

我々の知らないうちに、日本の市場はアメリカ型の、それこそ「ほとんど無制限に自由」なシステムに変わりつつある。
迷い・不可解 | Comments(4) | Trackbacks(-)

疲れた・・・

今日から土曜まで、いや、へたしたら日曜まで、監禁生活。

朝から夜8時すぎまで部屋に閉じこめられて仕事をさせられる。

ずっと座りっぱなしである。赤ペンで。

激務だ。肩がほとんどこったことがない私だが、さすがにこれは肩こりというものを体験できる貴重な機会だ。

いや、別に体験したくないが。
哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

自戒

「負けず嫌い」というのはかならずしも悪いことではなく、ライバルに負けたくないと思う気持ちはモチベーションを高めるためにも重要だと思う。

しかし、自分を振り返ってみると、私のようなあらゆる面で未熟な人間が、「負けたくない」という気持ちばかり突出して強いと、危険である。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

迷惑書き込み

最近、釣り堀屋の掲示板とか釣り堀関係の個人のHPに、やたらとたくさんのURLを列挙しただけの迷惑書き込みが多いが、あれは一体何だろうか?アダルトサイトの書き込みも多かったが。

あそこまでやると、宣伝というより、あきらかにいやがらせの域に達している。

ちなみに私のところには来ないが、まあ寂れているからやる意味が無いと思われているのだろうか。

それともキーワードによる書き込み規制(管理者が指定した特定の用語を含むコメントは投稿できない)をかけているのが効いているのか・・・
怒り | Comments(2) | Trackbacks(-)