カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ CATEGORY ≫ 怒り
CATEGORY ≫ 怒り
       次ページ ≫

謝罪の理由がおかしくないか

最近、世界中を敵に回すような発言をしております。たいして読んでる人がいないから助かってますが・・・。

イライラした時はどうするか!?音楽を聴く?本を読む?暴れる?

まあ、さっさと帰宅するのが一番ですな、私の場合は。

さて、今日もまた気むずかしいことを言わせていただきます。

最近あった話ではなく、前からなんとなく思っていたことですが、芸能人や文化人などが失言などで謝罪する時に、「傷つける発言をしてすみません」、とか、「不快な気持ちにさせてしまって申し訳ありません」、みたいな言い方がありますが、私はあれが納得行きません。

と言うのも、テレビなんかを見ていると、コメンテーターなどの発言を聞いていて、私が傷ついたり不快に思ったりなどと言うのは日常茶飯事です。特に、池上彰の発言など(笑)。なにを知ったふりしとんねん、このオッサン!

でも、当然謝罪などしてもらったことがありませんし、彼らが私を不快にさせたり傷つけていることなど、わからないでしょう。

日常でもそうです。不愉快な言動をして私を傷つけたり不快にさせたりする人が少なからずいますが、誰も私に謝罪してくれません。

人間が生きて行く上で、他人とかかわれば、お互いに傷つけたり不快にさせたりと言うことが一切ないなどと言うのは不可能でしょうし、それをすべて謝罪するのもおかしいと思います。

もちろん、傷つけたり不快にさせたりの程度や種類によっては本当にダメな場合はあると思います。

ですから、謝罪するときにはそんな大ざっぱな表現ではなく、もっと具体的に謝罪すべきだと思うわけです。

人は何らかの価値観について言及するとき、どうしても違う価値観の人を不快にさせたり傷つけたりしてしまいます。

政治の判断も価値観と関係しています。お互いの価値観を尊重しあいましょう・・・では話になりません。

どの価値観がすぐれているのか劣っているのか、主張して議論しなければ政治的な決断などできないですし、バラバラの価値観をそれぞれ勝手に主張し尊重と言いながらかかわりあわないようにしているだけでは社会がバラバラになってしまいます。

こういう場合はむしろ誰かを傷つけたり不快にさせたりと言うのはしょうがないと腹をくくる必用があると思います。

ただし、傷つけたり不快にさせたりと言うのでも、たとえば、わざわざ言わなくても良いようなこと、相手の容姿が悪いとか知能が低いとかその他の差別的な発言など、そういう発言をしてしまったら、それは当然謝罪しなければならないと思います。

それは、傷つけたとか不快な気持ちにさせただけではなく、わざわざ言う必用のないこと、相手を傷つける以外に何の意味ももたらさない発言だからです。そういう発言はマナー違反、もしくは行き過ぎれば名誉毀損と言うこともあります。そこを謝罪すべきだと思うわけです。

人と人がかかわりあえば、お互いに傷つけたり不快な気持ちにさせたりするのはある程度しょうがないことです。それがある一定の限度を越えたり、マナーやルールを破った場合には謝罪すれば良いだけだと思います。

そして、限度を超えたこと、マナーやルール違反であったことを謝罪すべきです。

「不快にさせてごめんなさい」と言う謝罪を聞くたびに、

「お前は誰かに不快な思いをさせるたびに、すべてもれなく謝罪しているのか!?」

と言いたくなり、そういう謝罪の仕方が、また私を不快にさせてくれるわけです。当然、不快にされた私にその人から謝罪の言葉はありません。

不快にさせただけでなく、どう不快にさせたか、なぜその場合の「不快にさせ方」がダメなのか、それがわかるようにちゃんと謝罪しろと言う話です。

だいたい、人の気持ちなどというのは、よくわからないものです。私がどれだけ不快に思ってそれを我慢して生きているかなど、まあわからんでしょうね。

だから不快な気持ちになったら、さっさと家に帰ることにしていますし、家で不快な気持ちになったらチャンネルを変えることにしています(家で不快になるのは、だいたいテレビを見ている時なので)。

怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

ワイドショーがバカを増やす

それにしても、ほとんど無名の芸能人のだれそれが不倫しただの、そんなことどうでもよいと思うのですが、電波の無駄使いではないでしょうか。

マスゾエ問題が騒がれて、甘利さんはラッキーでしたね。扱いがすごい小さいです。個人的にはどちらもあまり関心ないですが。基本的に選挙で選ばれた人は、その人がダメだった時には選挙で選んだ人(有権者)がやめさせるべきだと思いますが、都知事はリコールがあっても、国会議員はありませんので難しいですね。

不倫芸能人でも不祥事政治家でも、騒動になったときに、どれだけマスコミが騒いだかによって辞めるかどうかにつながるのはおかしいと思います。べつに彼らを擁護しているわけではなく、あくまで一般論としてですが。

不倫などそもそも個人的なことなのに、一体誰に謝っているのか、世間に謝罪する必用などなく、不倫で被害を受けた人にだけ謝罪すれば十分な話です。むしろマスコミのやっていることがプライバシーの侵害、人権侵害でしょう。

それなのに、誰それはすぐに間違いを認めて謝罪したとか記者会見したから偉いとか、別の誰それは逃げてごまかしたからけしからんとか、朝のワイドショーで芸能記者ごとき人間のクズが言ってましたが、マスコミ対応が良かったかどうかで叩かれ具合が違ってくるなど、お前らマスコミは一体何様のつもりなのか、視聴者はそんなマスコミの姿勢に何も感じないほど鈍感な人間の集まりなのか!?と、朝からイライラが絶頂です。

まあ、芸能人などプライベートも切り売りしていればプライバシーも何もないのはしょうがないのかもしれないし、芸能ニュースはどうでも良いですが、政治家の不祥事については、あくまで選んだ有権者が判断すべきだと思うので(有権者の代表ですから)、政治家をやめさせるリコール的な制度をもっと作ったら良いのではないでしょうか?

選挙をしたりすると金がかかるとかすぐ言いますが、国民の権利の行使に金がかかるとして、どれがどうしたと言う話でしょう。まあ、実際は選挙なんて自分が行っても行かなくても結果はかわりませんから、誰も信じていないのかもしれませんが。

でも、政治家のスキャンダルは国民の娯楽と化していますから、むしろみなさんマスゾエに感謝すべきなのではないでしょうか。

自分はこんなに真面目に頑張っているのに政治家がろくでもないからこの国はまずい方向に向かっていると、そう思うと幸せとまでは行かないまでも、自分が少し救われたような気がするのではいでしょうか!?

実際は政治家がどうだろうが世の中どうだろうが、今の自分がダメなのは100%自分のせいなのですが、政治家がろくでもない、そのろくでもな政治家よりは自分のほうがはるかにマシであると思えれば、ずいぶん救われると無意識に感じている人も多いのでは!?

だからマスゾエその他のスキャンダル政治家たちに感謝してはどうでしょう。テレビのワイドショーなんか見ていると、そんな皮肉も言いたくなりますね。ワイドショーで政治問題を取り上げるのはやめたほうが良いと思います。バカを増やすだけです。

Mr. Children 終末のコンフィデンスソング

街中にゴシップがばらまかれてる
面白がって誰もがそれに火をつける
自分より劣ってる マヌケをあぶりだし
ホッと胸撫で下ろしてる


劣等なものを叩いたり見下してみたところで、自分が上等になれるわけではないが、相対的に上等になった気がして救われるのかもしれない。

そういう人間を相手に商売しているのがワイドショーやら週刊誌なのだろう。上等な人間ばかりになると真っ先に潰れる産業であることは間違い無いが、まだまだ当分は大繁盛でしょう。

下衆が下衆を嗤うのがこの世の中。

国語辞典より

げ‐す【下種・下衆・下司】
[名・形動] 心根の卑しいこと。下劣なこと。また、そのような さまやその人。「―な根性は持つな」


怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

ドイツが悪い

先日、池上彰が司会の番組でドイツを紹介する番組をやってましたので、見ました。私には池上彰の説明がさっぱりわからないので(あれのどこがわかりやすいの?)、彼が司会の番組は滅多に見ないのですが、今のドイツには興味ありますから我慢してみました(笑)。


池上彰2Hスペシャル!"知られざる注目国"第一弾 「ヨーロッパの"主役"ドイツ...vs日本」


例によって私の個人的見解ですので、興味ある方だけ以下をどうぞ。
怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

お疲れさま

この前の日曜日に大阪都構想の選挙がありましたねー。私は大阪市民ですので投票に行ってきました。

政治には関心はあるものの、投票に行くことにはあまり執着は無いのですが(結果には何の影響も無いので)、しかし今回はさすがに行きましたねー。賛否が拮抗する時ほど1票の価値は高くなりますから。

いろんな考え方の人がいるので結果の良し悪しについて言及するのはやめておきますが、診断を間違えれば治療方法も間違えるのは政治も同じ、とだけは言っておきたいですね。まずは正確な現状分析が先で、そこを間違えると正しい答えは出ませんので。

みながなんとなくイメージしていることって、よく調べて見ると結構間違いであることが多いです。今はネットに公式の資料などいくらでもありますから、調べようと思えばできるのですが、そういう発想が無いとせっかく情報があっても無意味です。

あとは、例によって結果の分析に関するマスコミ報道にはケチをつけたいと思います。私はマスコミが嫌いですので(笑)。

どこの新聞やニュースでもやっていましたが、こんな分析がありました。

都構想賛否 地域差くっきり
都構想「否決」 地域差くっきり 大阪湾岸・南部で反対多数、市中心部では賛成が上回る
150519nanboku.jpg

大阪市の南北の地域差が結果に反映されていると言う分析です。これって安直な解釈だなと思います。マスコミは所詮このレベルです。

実際にはどこの区でも賛否は拮抗しており、一番差が大きいところでも10%以下の差しかありませんし、ほとんどが僅差です。中には22票差と言う区もありました。

そういうことを無視して、50%以上か50%以下かで2つにわけてしまうからこうなってしまうのです。

以下の分析を見るとよくわかるでしょう。

150519kikkou2.jpg

この図の右側のグラデーションが事実です。この図を作成した研究者は以下のように言ってます。

どちらが多数かで塗るとあたかも大阪市が南北に分断されたかのような印象を受けますが、実際はどの区でもほぼ半々に割れています。仮に大阪市民の間にこの問題を巡って分断があったとしても南北にではありません。


まったくその通りだと思います。

それと同じ理屈で、世代による差も誇張されています。70歳以上で反対した人が多かったのはその通りのようですが、それにしても6割程度です。4割は賛成でしたから、まあほぼ半々でしょう。

150519sedaibetu.jpg

なお、このグラフはあくまで出口調査をもとにしたものであって、これが正しいと言う保証はどこにもありませんし、数パーセントの誤差があります。実際、新聞各社やテレビ局によって値が違っています。なので、このグラフはそれらの中の一例にすぎません。

このグラフを見て色んなことを言う人がいますが、びっくりしたのは、辛○治郎氏の意見で、以下のようなものです。彼はテレビでだいたい以下のようなことを言っていました。

せっかく現役世代が変革を望んでも、現状に甘んじている高齢者の数の壁は越えられないとか、老人のエゴが「改革」を妨げた、などと完全に悪者扱いです。

しかし、実際には70歳以上で賛否が4:6ですし、60代では賛成のほうが多いので、高齢者を60歳以上と考えれば実際には半々で拮抗している訳ですから、あたかも高齢世代まるごとが反対したかのように言う人と言うのはやっぱり脳みそが不足しているとしか思えません。

そもそも、世代別の投票率などわかりませんので、この世代別の賛否の調査(出口調査によるもの)そのものが間違っていると言う指摘もあります(こちら)。(どのような投票率を設定しても、この世代別の賛否だと、反対派が勝つはずがないそうですので、出口調査が間違っている可能性が高いそうです。)

実際には他の世代でももっと反対が多くないと、どのような世代別の投票率を想定してもつじつまがあわないそうです。いずれにせよ、出口調査は正確な調査ではありませんから、それをもとにして何か言おうとすべきではありません。

そもそも、反対した理由だって、自分たちのことしか考えていないからとは限らないでしょう。若い世代や大阪のためにならないと判断して反対した人だっていたかもしれません。

要するに、自分の思い描いたストーリーに現実をむりやりあてはめて解釈しているだけです。

彼は、反対するやつはみんな既得権や利権がらみだなどとも言ってましたが、これも同じで、都構想推進の主張に十分な説得力があったのかどうかなどと謙虚な発想はまったくないようで、すべての人間は自分の損得でしか考えられないと思うのは、自分がそういう人間だからです。

自分と考え方の違う人間にレッテルを貼り、悪者にして叩いて自分を正当化して支持を集めようとする、それを、ある種の権力者でもあるマスコミ関係者がやるわけですから、本当に恐ろしいことです。

また、彼のような新自由主義者は税金を(多く)払っている者は偉くて、税金から給料をもらったり、税金で保護されている人達は悪者と思っているようです。

新自由主義者の中には、高齢者のことを、税金を払わずに年金で生活している者として、タックスイーター(税金を食べる人)などと言い放つ者までいます。

しかし、これは完全に間違いです。高齢者だって所得があれば所得税や住民税を払ってますし、消費をすれば消費税を払っています。そもそも、年金は過去数十年も年金保険料を払ってきたその対価としてもらっているもので、当然の権利です。

さらにいえば、70代以降の方々は、これまで半世紀以上もの期間ずっと税金を払い続け、大阪や国に貢献してきた方々です。彼らの納税のおかげでこれまでの大阪や日本の繁栄があるわけです。

なので、税金を払ってきた年数や額のことを言うのなら高齢者の勝ちです。まだ税金払いだして数年の若い世代が、まだたいして税金も納めていないのに偉そうに言うな・・・ということになってしまいます。

だいたい、納税額など人によって違います。高齢者でも高額納税者はいますし、現役世代でも生活保護を受けている人もいます。

いずれにせよ、税金どうこう言うのはおかしいのです。

と言うか、辛○氏はおそらく、自分はたくさん税金を払ってきたから偉いと思っているのかもしれません。

彼は以前から自己責任論を主張してきたくせに、自分がおこした海の遭難事故で救助されて、一説によると4000万円もの税金を使わせて救助されたようですが、おそらく自分は高額納税者なのでそれくらいしてもらっても当然の権利、何なら過去にもっとたくさん税金払ってるぜ、くらいに思っているのか知りませんが、彼の言うことは間違いだらけです。

納税は確かに国民の三大義務の1つですが、しかしそもそも、税金を払っているかどうかと選挙権とは関係ありません。

選挙権は成人した国民に与えられる権利で、納税の義務を果たす能力がなくても権利は与えられるものですし、逆に、納税していたとしても、一定の年齢に達していない国民には与えられませんし、たくさん納税しても外国人には与えられません。また、企業は法人税をたくさんおさめても当然選挙権などあありません。

市民・国民であることを忘れ、納税者かどうかなどと言うのはおかしな発想なのです。

ものごと、もうちょっと色んな角度から考えてみたらどうでしょうかね?吉本芸人並のことしか言えないのならキャスターはやめて欲しいものです。

誰かを悪者にして叩いて人気取りするような政治はもうごめんです。これ以上大阪を分裂させるようなことはやめて欲しいですね。

叩くなら愚かなマスコミ関係者、テレビに出てきて適当なことを言っている奴らを叩きましょう。彼らこそ、市民どうしの対立を煽り、不毛な議論と混乱をもたらした張本人たちです。
怒り | Comments(4) | Trackbacks(-)

積み重ね

小さいことの積み重ねも時には大切でしょう。コツコツと1匹1匹を積み重ねれば、爆釣です。

私はそういう釣りが結構好きです。

逆に、小さなストレスが積み重なることにも弱いです。

1つ1つの小さいことをなかなか忘れられず、どんどん蓄積して行くのだと思います。

だから、コツコツ積み重ねる釣りが好きであり、また逆に、小さいストレスが繰り返されて臨海を越すと、そこで怒りが爆発するのかもしれません。

小銭の貯金も積み重ねれば結構な財産になりますし、小さい借金でもひたすら繰り返せばいずれ破産します。

小さいストレスは、それ自体たいしたことありませんが、積み重なると私の場合はだめです。

たとえば、自分の靴が玄関の一番隅っこのところ、壁際にびったり寄せて置かれていることがあったとします。

そんなところに靴を置かれると、一旦かがんで少し中央に寄せて履かなければなりませんので、ちょっとしたストレスです。端に置いていなければ、そのままスリッパを履くようにしてスムーズに履けるのですから。

私は靴を履く時にはいちいちかがんでひもをむすんだり、靴べらを使ったりのように手間のかかる履き方はしませんし、そういう靴ははきません。靴に足をつっこんで、少し前後左右にねじこめば履けるような靴しか履かないのです。そうできないと不快だからです。

なのに、靴を玄関の一番端に追いやられていると、スムーズに靴がはけず不快・・・小さいことですがストレスです。

ただ、もちろん、それが1回くらいあったからと言って、どうってことありません。

ところが、二回目、三回目と続くと、ちょっと腹立たしくなります。

四回目、五回目になるとさすがに文句を言います。やめてくれと。

そこで、はいはいと言ってくれたので、もうならないかと思ったら、また六回目、七回目と続きます。

で、8回目くらいでたまりかねて、今度は少し怒った調子で文句を言うと、

「そんなことで怒ったらいかん」

とか言われます。

そこで怒りは爆発です。

いやいやいや、もはや、靴が端に寄せられていることだけで怒っているのではない。さんざん何度も繰り返しているから、やめてくれと言ってもまだ何度も繰り返される、そのことにも怒っているのだと。

1回や2回ならそんな小さいことで怒るわけがない。何度も何度も、そして、やめてくれとお願いしてもさっぱりやめてくれない、やめないことの正当な理由も考えられない、そこへ持ってきて、そんなことで怒るなとか、「そんなこと違い」のことを言われる、何もわかっていない、だから怒るわけです。

小さなストレスは、時間が経てば忘れますが、忘れる前に何度も積み重なると、大きなストレスになります。

小さいストレスの積み重ねを軽視しないようにしたいものです。


怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)