カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ CATEGORY ≫ 自動車日記
CATEGORY ≫ 自動車日記
       次ページ ≫

レヴォーグ燃費その他

新車のレヴォーグ、あまりに燃費が悪すぎて困っています・・・。燃費に期待していたわけではありませんが、いくらなんでもと言う感じです。

ちなみに、レガシィ・ワゴン(2.5リッター自然吸気)の毎月ごとの燃費は以下の通りでした。

180306nenpi.jpg

レガシィのほうは約5年乗り、その間の通算の燃費は約11.2km/Lです。燃費をまったく気にせずアクセル踏みまくりでこれくらいでした。まあ、高速が割と多いと言うのもありますが、カタログ値14.4km/Lなので、カタログ値の78%ですから良いほうでしょう。

ところがレヴォーグ(1.6リッターターボ)はカタログ値では16km/Lなのに、1月と2月の燃費はオドロキの8.9km/Lです。レガシィの時はそこまで悪かったのが1度くらいしかありません。その時はほとんど釣行しない月でしたので、ほぼ下道だけだったと思われますが、今回のレヴォーグは阪神高速なども結構乗っての値なので、衝撃の悪さでした。

どうも上のギアが足りない感じで、高速で100km/hくらいからエンジンの回転数が高くなり(2,000rpmを超える)燃費が悪くなるようです。レガシィの時は120km/hくらいまでは2,000rpm以下ですので、そこらへんの違いが大きいのかなあと思います。なので、レヴォーグは高速を80km/hくらいで走らないとダメなようです。70km/h前後で走るのが一番良さそうです。私の用途にはあっていなかったようでショック!ゆっくり走るかどうするか(涙)。



3月4日(日)高野山へ・・・

YUKAの実家のお墓をなおした後に初のお参りで行きました。

燃費が気になっていたので、麓のコンビニから山頂の駐車場までの燃費を計測し、帰りも同じ区間を計測すると以下の通りでした。

180304kouyasan_nenpi.jpg

上りは8.3km/Lと思ったほど悪くなかったです。下りは21.8km/Lとカタログ値以上ですが、ほとんどアクセル踏まずにエンジンブレーキ多用ですからこんなものでしょう。で、往復の平均は約15km/Lとかなり良い。その他の下道や一車線の自動車専用道路では11〜12km/Lくらいで、スピードを出さなければそう悪くない感じでした・・・

170320kouyasan.jpg

170812_1000kouyasan_haka.jpg

180304kouyasan_horagai.jpg

高野山の山頂にはところどころまだ少し雪が残っていました。

180304kouyasan_yuki.jpg



YUKAの姉上が経営する会社の工場を閉鎖するのでいろいろと大変で、YUKAは大忙しです。そして、会社名義の車も整理することになり、現在4台ある車のうち3台を売ることに・・・

180211_2ton_car.jpg180211_ad.jpg140322crown.jpg

↑この3台を売り、アベンシスはそのまま残して姉上が乗り、売ったお金でYUKA用に新たにコンパクトカーを買うことになったようで、私も一緒に見て歩いています。

と言うことで、私が何台か候補を挙げて車屋に見に行くと言うことをしました。

まずはマツダ・デミオから・・・

180211car_demio.jpg

安全装備もてんこ盛りで予算内でも買えるので良いかと思ったのですが・・・

180211car_shijyou.jpg

運転もしやすく内装も気に入ったようですが、外観が好みでないそうで、あと車名が気に入らないとかと言うことで保留に。

次にこちら・・・

180211_car_pujyot.jpg

こちらは車のデザインが最高に気に入ったそうですが、自動ブレーキ等がほとんどついていないので悩むところ。予算も微妙にオーバーぎみです。

ちなみに私も運転させてもらいましたが、ちょっと荒っぽい感じもしましたが、なかなか良かったです。運転が楽しい感じでした。

と言うことで、どちらも一長一短で決められず。

他にもいろいろ見て回りましたが・・・

180211car_swift.jpg

180211note.jpg

180211xbee.jpg

180211cx32.jpg

と言うことで、最終的にはどうなったか。この中のどれかです。3月に登録、4月上〜中旬に納車だそうです。

自動車日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

レヴォーグ1ヶ月

新車、もうすぐ1ヶ月ですが・・・

180116front.jpg

後から追加したフロントリップスポイラーを装着。角度が違うのでわかりにくいかも?前から見た時の「こぢんまり感」が少しマシになったような気が・・・

180203frontlip.jpg

しかし、後ろから見た感じがやっぱり小さく見えるからと思われるが、この車になってから煽られたり、割り込みさせてもらえなかったりがかなり増えたので残念。

一応、ドライブレコーダー(前後)も付けたので、煽られたら警察に付きだしてやろうと思ってますが、ドラレコ本体がグローブボックスの中に取り付けらてしまったので、イベントボタンが押せないから、外に付け治してもらう予定。

さらに残念なのが燃費の悪さです。別に燃費には期待していないですが、このご時世にまるで10年前の車なみとは、ちょっとひどすぎます。

180206nenpi.jpg

まだ釣りに行ってないので長距離の高速を走ったことは無いですが、阪神高速はよく走ってます。仕事で神戸まで行く時に。なので、下道ばかり走っているわけではないです。

前のレガシィ・ワゴン(2.5Lの自然吸気)の時は同じような区間を何の気も遣わずアクセル踏みまくって適当に走ってもリッターあたり10キロを切ることはほとんど無かったのですが、8キロ台とはあまりに悪すぎてびっくり。

1.6Lのダウンサイジングターボとか言ってましたが、確かにパワーは2.5LのNAと同等でも、燃費がこんなに悪いなら一体何のためのダウンサイジングなのか、完全に意味不明です。

ちなみにカタログ値はレガシィが14.4km/Lで、レヴォーグは16.0km/Lになっているが、たぶんウソでしょう(笑)。

あと残念なのは、カーナビがひどすぎる。パナソニックのカーナビは前回がダメだったのでやめようと思ったが、デザイン的に一番車の内装にマッチするようになっていたから、それを優先で決めたのが失敗。

最悪なのは、カーナビの音声案内が入った時にオーディオのボリュームが勝手に小さくなる点。それを解除できないので使い物にならない。カスタマーセンターに確認しても、そういう仕様と言うことでどうにもならないとか。他社のナビは自分で設定できるみたいなのに。

ナビの音声案内がよく聞こえるための配慮らしいが、お節介にもほどがあるし、「脳科学」に対する完全な無知から来る誤解でそんな余計なことをしているのでしょう。

人間の脳は、必要な情報を選別して脳内で自動的に補正するようにできているので、完全に余計だし、音声案内が聞き取りにくかったらオーディオの音量を下げるか案内の音量を上げれば良いだけの話。

こんな勝手なことをするとかえって不快感が強まるし、何より案内音声が終わってオーディオの音量がもとに戻る時にびっくりするくらい大きな音に聞こえてしまってその不自然さが大変なストレスなのです。

私は音に対して神経質なほうなのでなおさらかと思うが、そもそもナビの音声案内など「内容をはっきり聞く」必要などまったく無く、音声案内が出た時にナビの画面をちらっと見るための音くらいの用途しか無いこともわかっていない。

これは本当に、カーナビを買い換えたくなるレベルの最悪な欠点でどうにも怒りが収まらず。結局音声案内をオフにしてナビを使っているが、これだと不便で案内の機能が十分に引き出せないし、肝心な点を見逃してしまう。

パナソニックのクソナビの独りよがりなお節介設定はどうにも我慢できない。その押しつけがましさにも腹が立ってしょうがないです。

・・・と文句ばかり書きましたが、走りはかなり良いですねー。足は固いので舗装の悪い道をゆっくり走るのには突き上げと言うかゴリゴリ感があって良くないですが、高速道路などある程度以上の速度で走る道はとても良い。カーブなど多い阪神高速を走るのにはちょうど良い感じです。これで燃費さえ前の車並かちょいマシなくらいだったら良かったのですが・・・

ちなみに下取りに出した車が売られているのを発見!

180208legacy.jpg

8万キロ以上で外装が傷だらけの車にこんな高い値段が付くとはびっくり。ずいぶん高く下取りしてもらったので、これは赤字なのではと思ったら、思っていたよりかなり高い値段をつけて売っているので驚きました。ディーラー系の中古車店だから整備がいろいろできるのか、中古車なのに保証付き(2年・走行距離無制限)で売っているみたいですが。
自動車日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

新車が納車

予定外に車を買い換えることになってしまいました。

180114cars.jpg

もうすぐ5年になるレガシィ・ツーリングワゴンがこの3月に車検時期で、これまでに8万キロ走行しましたが、まだまだ軽快に走るし問題も無く乗りやすい走りやすい良い車なので、普通に車検を通すつもりだったのですが、スバルは「車検4ヶ月前診断」と言うのがあり、車検の見積もりを早めにするようで、行ってみたついでに買い換える場合の見積もりもしてもらったところ・・・

まず、タイヤの交換時期だったので(よく8万キロも持ったものです)、普通に車検を通すだけでもそれなりの出費があり、まあしょうがないかなと思っていたのですが・・・

買い換える場合の見積もりを見たところ、レガシィ・ワゴンの下取りに思ったよりも高額の査定が。普通、ディーラーで下取りに出すよりも、買い取り店で売ったほうが良いらしいですが、後で調べた買い取り店の相場よりもかなり良いものでした。

今回、タイヤ交換の出費をして2年後に買い換えることを考えた場合、値引きによっては今回に買い換えるほうが良いかも!?

と言うことで、急遽買い換えが浮上して、マツダのアテンザ・ワゴン(ディーゼル)も見に行ったところ、こちらは値引きも渋く、レガシィの下取りに至ってはスバルよりも30万円以上も低い値段でびっくり。

171112atenza1.jpg

アテンザ・ワゴンのほうがデザインは好みですし、ディーゼル車はかなりトルクがある上にずいぶんと燃費が良いらしいので、燃費の悪いスバル車に乗り続ける場合と比べると、年間のガソリン代が5万円以上は違ってくると思うのですが、そこまで考えて7年乗るとして同等くらいでしたので、アテンザは無理と言うことに。しかも4WDじゃなくFFのモデルでの価格で考えた場合なので。

でも、レヴォーグ(1.6 sti sport)にしてもまだ予算オーバーの額だったので、1.6 sti sportではなく、1.6GT-Sとかにすれば予算内ですが、そこまでして買いたいとも思わないですし、sti sportでは無理そうな金額を希望してみて、それでオッケーなら買う、無理ならやめると営業マンに言ったら、まさかのオッケーが出てしまい、買うことになってしまいました。

スバルは昨年末に検査の不正があって、売り上げが急に落ち込んだのでそのおかげかも!?トータルな支払金額はこちらが言った値段になりましたが、下取り査定のほうをアップしてあったので、正確な値引き額はわかりませんが、実質的には60万円ほどの値引きのように思います。普通は頑張っても30〜40万くらいらしいですが。

レガシィにあと2年乗って2年後にはおそらくフルモデルチェンジしているレヴォーグやアテンザを考えても良いかと思いましたが、モデルチェンジ直後の車は避けたい(完成度や値引きの少なさ等)と言うのもあるので、買い換えは少し早いしかなり贅沢かとは思いましたが、買い換えることにしました。

ちなみに、レヴォーグの外観は、昭和の香りがプンプンして気に入っている部分もあるのですが(ボンネットの穴、直線が多いデザイン、内装も昭和な雰囲気)・・・

内装の質感は十分良いので気に入っていますが、基本的な配置やデザインなどは昭和の車のものの延長上だと思います。私はむしろそのほうが使いやすいです。

180118naisou.jpg

色は今回はひさびさに黒にしました。黒は夏にはかなり暑いしターボ車なので余計に暑いでしょうから、本当は白にしたかったのですが、白にするとまるでガンダムのようだったので・・・。

180116side.jpg

ただ、正面や後ろ姿を遠くから見ると実際のサイズよりもさらに小さく見えてしまうのが残念です・・・。走っている他のレヴォーグの後ろ姿を遠くから見るとインプレッサくらいに見えます。実際には、レガシィより小さくなっていることは確かですが、デザイン的に余計にそう見るのでしょう。

レガシィ・ワゴン : 全長4790mm×全福1780mm×全高1535mm
レヴォーグ   :  全長4690mm×全福1780mm×全高1490mm

全長は100mm、全高は45mmとかなり小さくなってはいるが、全幅はレガシィと同じなので、それほど違わない?

動力性能は同等とのことで、レヴォーグの1.6リッターターボは最高出力170馬力(4800~5600回転)、最大トルク25.5kg-m(1800~4800回転)。レガシィツーリングワゴンの2.5リッターは173馬力(5600回転)/24kg-m(4100回転)。

しかし、中身は安全装備などてんこ盛りなので、これでのんびり走りたいと思います。釣りの帰りの阪和道は前車に同じ速度で追従してレーンキープアシスト(ハンドルが勝手に動いて車線をキープ)もあるからかなり楽かなと。

で、11月中旬に契約して、12月末か1月頭に納車とのことで待っていたら、年末に飛び石でフロントが・・・

171223tobiishi2.jpg

このままだと下取りが2万円ダウン、リペアしたら1万5千円くらいとのことで、リペアすることに・・・。余計な出費でした。

あと、12月の頭頃に納車時期がわかり、12月末の登録で1月8日に納車とのことでしたが、12月はまったく乗れないのに自動車税1ヶ月ぶん余計にかかる上に、年式が1年古くなってしまうので、少し納車が遅くなっても良いから1月の登録にしてくれませんかと言うだけ言ってみたら(クレーマー!?)、これがラッキーにもオッケーで、1月11日に登録で1月14日に納車となりました。

結局、レガシィ・ワゴンの走行距離はほぼ8万2千キロでした。

180114soukoukyori.jpg

新しい車の納車時の走行距離は3キロでしたが、少し走ってから撮ったので8キロほどになっています。

180114meter.jpg

その後、遅くなった初詣と一緒に、車のお祓いと言うのをやってもらいました。そう言えばはじめて買った車でもお祓いしてもらった記憶が・・・。当時は京都に住んでいたので、狸谷山不動尊でした。その後はお祓いなどせずだったので、車のお祓いは約25年ぶり!

180114kuruma_oharai.jpg

180114hatumoude.jpg

一応、喪中だったので元旦に初詣には来なかったのですが・・・。

帰宅後、レガシイからはずしたレーダー探知機を取り付け。ディーラーに言ったらやってくれなかったので、自分でやりました。

180115redertanchiki.jpg

新しいのを買おうかとも思いましたが、動かないやつもあるみたいなので、とりあえず古いのをそのまま移したところ、ちゃんと作動したので一安心。

またしばらく走ったらレポートを書く予定です。
自動車日記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

最近のできごと

今月に入ってから色々とバタバタしています・・・来年は私もYUKAも環境が激変しそうです。私は、年明け早々に職場の移動(部署の異動ではなく建物建て替えたので引っ越し)、そして家の引っ越しが決定(たぶんゴールデンウィーク頃?)、あと、もしかして車の買い換え(値引き交渉の結果次第)などなどです・・・

そのため、この前の週末はそれらの段取りや交渉その他で釣行できず、外食も多めだった・・・

4日 スバルで車検4ヶ月前診断とか言うのをするとかで行くことに。車検は3月末ですが、スバルはその見積もりを今頃にやるらしい。ついでに、万が一買い換えた場合の見積もりと、候補車の試乗をさせていただく。

171104subaru_test.jpg

車検の見積もりは、タイヤ4本が交換時期なのと(すでに雨の日はちょっと怖い)、保障延長パック、メンテパックなどを入れて28万円とのこと。タイヤ交換(11万)は必要とは思うが、他はどうしよう!?と言う感じ。

あと、買い換える気はさらさら無いのですが、スバル車で買い換えるなら、「レガシィ・アウトバック」か「レヴォーグ1.6STIスポーツ」のどちらかと言うことで、両方とも試乗させてもらいました。

外観はアウトバックのほうが気に入っているが(レヴォーグは近くで見ると格好良いが、遠目で見ると大きさの割りに小さく見える)、レヴォーグのほうが中身は良さそう(アウトバックなら今乗っているレガシィ・ワゴンと基本性能があまり違わない感じ?オフロードも走るなら良いのでしょうが・・・)。

あと、レヴォーグはSTIとは言っても、従来のハードにチューニングされた本格的なやつではなく、なんちゃってSTIみたいな感じなので、逆に買いやすい。エンジンパワー等はSTIじゃない普通モデルと同じで、違いはバンパー形状の他、足回りと内装がちょっとグレードアップされている程度です。

まあ、車はかなり良さそうでも今の車はまだまだ元気なので買いかえる気はさらさら無かったのが、下取り査定と見積もりを見てびっくり!もうすぐ8万キロの車にかなりの高額査定が・・・。これなら、値引きを頑張ってもらえれば買っても良さそうな感じですが・・・

7日の晩 散歩で見かけた3匹の猫。

171107sanponeko.jpg

9日 どらやきヌーボー
171109dorayakinubo.jpg

弟が送ってきてくれました。北海道の「もりもと」と言うお菓子メーカーで「あんこ」の作成をやっているらしい。今年にとれたあずきで作ったどらやきらしく、あんこが最高に美味しかった。

12日(日) 柿の収穫
171112kaki.jpg

YUKAの実家の庭の富有柿がたくさん出来たので、一部を収穫。渋柿のほうは先月末に収穫済みでしたが、あちらは20個もならなかったのに、こちらはたくさん成っている。ただ、小ぶりだが。あと甘さもひかえめ。傷だらけのが多い。

171112kakis.jpg

この倍ほど獲れたが、まだ木全体になっていたぶんの半分弱しか収穫できていない。あとは来週末にでも収穫予定。

その日の午後にマツダのディーラーに寄って「アテンザ・ワゴン」も試乗させてもらう。

171112atenza1.jpg

かなり良い車になっていて、2.2Lディーゼル・ターボは音も静かでトルクがすごいが燃費もものすごい良いらしい。ここの店長、この車で串本まで釣りに行くらしいが、リッター20キロちかくも出るとか。街乗りでも12キロとか。それはすごい。軽油だし、燃料代はレヴォーグの半分くらいですみそう・・・

しかし、下取り査定がかなり厳しい上に、根引きもしぶめ。マツダは値引きで売るのをやめたと言うのは本当のようです。この額では購入は無理なのでアテンザ・ワゴンはあきらめることに。

13日 カレイの干物

171113kareihimono.jpg

ハマチのお返しに頂きました。魚を渡して魚をゲット。かなり美味しいカレイの干物でした。


買った本・・・



あと、買ってはいないが、私は書店をぶらつくのが帰宅前の日課になってますが、そこで見かけてびっくりした本!



これは、なんと、こちらをマンガ化したものらしい。



↑中学の時に行っていた個人経営の塾の先生にすすめられて読んだ本です。ちなみにこの先生、大学時代に学生運動やりすぎて逮捕歴があるか何かで教員になれなかった青年(笑)ですが、授業やめてギター弾きながらフォークソング歌ったりする面白い人でした。

そんな変な先生が塾の生徒の中でなぜか私だけにすすめてくれた本でしたが、私にとっては本を読んで「感銘を受けた」とはじめて感じたのがこの本でした。たぶん中2か中3の頃。

たしか冒頭部分でコペルニクス的転回(天動説から地動説)の話がでてきて引き込まれます。わりと恵まれた環境で育つ活動的な少年「コペル君」が主人公で、人生や社会についていろいろ考えると言う内容です。

wikipedeiaより引用

旧制中学二年(15歳)の主人公である本田潤一ことコペル君は、学業優秀でスポーツも卒なくこなし、いたずらが過ぎるために級長にこそなれないが人望はないではない。父親は(亡くなるまで)銀行の重役で、家には女中が1人いる。同級生には実業家や大学教授、医者の息子が多く、クラスの話題はスキー場や映画館、銀座や避暑地にも及ぶ。

コペル君は友人たちと学校生活を送るなかで、さまざまな出来事を経験し、観察する。各章のあとに続いて、その日の話を聞いた叔父さんがコペル君に書いたノートという体裁で、「ものの見方」や社会の「構造」、「関係性」といったテーマが語られる、という構成になっている。

コペルニクスのように、自分たちの地球が広い宇宙の中の天体の一つとして、その中を動いていると考えるか、それとも、自分たちの地球が宇宙の中心にどっかりと坐りこんでいると考えるか、この二つの考え方というものは、実は、天文学ばかりの事ではない。世の中とか、人生とかを考えるときにも、やっぱり、ついてまわることになるのだ。

— ものの見方について(おじさんのノート)



うーむ、懐かしいなあ・・・

また読む気はしないが。ちなみに、当時はコペルニクス的転回にいたく感銘を受けて、そう考えるよう何事も心がけてきたが、最近の私は一周回って「天動説」に回帰すべきなんじゃないかと感じることが多いです(笑)。

自動車日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

レヴォーグ1.6 STI sport 試乗と今週末の釣行!?

9月3日(土)、車の六ヶ月点検(無料)の予約を入れていたので午後からディーラーへ。

160903tenken.jpg

点検とオイル交換で1時間くらいかかると言うことで、その間に先日新しく出たレヴォーグのSTIバージョンに試乗させてもらうことに。

右下が以前に試乗させてもらったほうの普通のレヴォーグで、他の3つが今回試乗したモデル。

160905levorg_front2.jpg

専用グリルはそれほど違っておらず、あいかわらずイマイチかな!?バンパーの形状はだいぶん違っており、STIのほうが良いですね。まあ好みの問題かな!?

レヴォーグには排気量が1.6Lか2L(いずれも直噴ターボ)の違いで、1.6と2.0の二種類のモデルがあり、今年の4月にその両方にSTI sportが追加されたと言うことで、試乗させてもらいました。今回試乗したのは1.6のほう。

1.6と2.0とを見た目で区別するのは不可能なところが面白いですね。普通は何かしら差別化があり、外観の一部やエンブレムなどが違ったりするものですが。

内装はボルドー色を使った皮シートになってます。思ったより落ち着いた感じで良かったです。

160903levorg_naisou2.jpg

160903levorg_side.jpg

160903levorg_rear.jpg

ちなみに、STIなのにマニュアル車はありません。すべてオートマです。

あとはSTIバージョンじゃないのと中身ではどこが違うのか!?運転した感じはあまりわからず(乗り比べたわけでもないし)。足回りが今のレガシィより少し固いかなと言うくらい。1.6も2.0もどちらもビルシュタイン製のサスペンジョン(ショックアブソーバー)だそうです。

今回試乗したのは1.6Lのほうでしたが、これはちょっとイマイチな部分が・・・

発進加速のごく最初の出足がひどくにぶく、一呼吸遅れてグワっと出る感じなのでアクセルの調節が難しい感じが。慣れれば行けるかもしれないが、あまり良い感じではない。

いちおう性能的には最高出力170ps、最大トルク25.5kgmとのことで、まあ必用十分くらいはあるはずで、数字的には今私が乗っているレガシィとほとんど同等だが(車重もほぼ同じ)、運転した感じはずいぶん違う。やはり小排気量のターボと言うのは、大きめ排気量NAより走り出しの部分の感じは良くない。

2.0のモデルのほうが人気らしいが、そこらへんは排気量の大きいほうがマシなのだろうか。でもさすがに2.0はカタログを見る限りだと、オーバースペック(和製英語)つまり過剰性能なのではないかと言う感じが。馬力とトルクがそれぞれ300psと40.8kgmだそうだから、これは危ない。

ディーラーマンによると、STI sportとは言っても特に1.6のほうはそんなにスポーティでもないそうで乗り心地重視だそうです。試乗した感じは確かにそうでした。足は固めでしっかりしているが、乗り心地はまずまず良い。今のレガシィもそうですが、スバルはそのへん上手ですな。2.0のほうはどうかわかりませんが。

いずれにせよ、価格がかなり高いので(1.6のほうで消費税込み約350万円)次の車検(1年半後)でこの車への買い換えは難しそうです。




と言うことで、土曜は仕事と車の点検で釣行できず、日曜も迷ってやめたからこの前の週末は釣行できず、カツオ釣りでのバラシ多発のリベンジをしておきたいと思ったものの、釣行できずではリベンジも何もありませんな。

しかし、釣果を見てみると、私が釣行した時とはかなり状況が変わっていることが各方面の釣果やブログなどを拝見するとわかります。

まずヒットの数が半減している。そして小型やヒラソウダが増えている(半々くらい?)。水温も少し下がっている。・・・と言うことで、これなら余程変な釣り方でもしない限りは、あまりバラシも出ない状況のような気がするので、バラさず釣るリベンジにはうってつけだったのでは!?まあ状況が違うからリベンジにはならんかな!?

そう考えると、私が釣行した2回とも、すごい日にあたったと思います。来るのは大型ばかりで、小型はまれでしたし、釣れるカツオもでかくても太いし、暴れ方がハンパではない。黒潮の分岐流が波浪ブイのあたりまで流れ込んでおり水温が30℃近くあったのもカツオの活性を上げたのではないかと思います。

160907kuroshio2.jpg

それが、台風のあとはかきまわされて少し水温も下がったし、状況が変わっているのは間違いなさそうです。それも、あまり良いほうには変わっていない。

アタリの数もずいぶん減っているようだし船による釣果にもバラつきがあるから、今はカツオの群もずいぶん小さくなってきているでしょうね。新しい群が来ているのでなければ、釣れたら釣れたぶんだけ減って行くでしょうし・・・

と言うことで、次の週末までには釣れなくなっているのではないかとネガティブに予想してますが、どうかな!?なので、釣行をどうしようか悩むところです。

ぼちぼち週末の予約を入れたいのですが、チョクリもよさげになってきている感じみたいなので、どっちにしようか、どっちになるのか!?気持ちは半々なので、運を天にまかせて決めようか・・・
自動車日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)