カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP ≫ CATEGORY ≫ 音楽
CATEGORY ≫ 音楽
       次ページ ≫

国際競争力の滑稽

地上波は見ない運動を1人でやっているが、朝のNHKニュースだけはしょうがなく見ている。

すると、由紀さおりの曲が世界的に大ヒットしているとの内容が紹介された。

事実のようである。

全米No.1由紀さおり

『SUKIYAKI』(坂本九)以来の快挙か――。往年の“ジャパニーズ歌謡曲”が海外のヒットチャートを席巻中だ。

歌手の由紀さおり(63)が米国のジャズ・オーケストラ「ピンク・マルティーニ」とともに、自身の『夜明けのスキャット』を含め、同年に流行した『ブルー・ライト・ヨコハマ』(いしだあゆみ)などをカバーしたアルバム『1969』を世界20か国に配信。すると、瞬く間に米国のiTunesジャズ・チャートで1位を獲得(11月2日付)したのをはじめ、カナダやギリシャなど各国のチャートでも上位にランクイン。発売元のEMI社も驚く大人気だ。



それにしても、滑稽に思うのは、日本で大成功した歌手がアメリカ進出と言うと、決まって英語を勉強して英語で歌ってむこうで売ろうとするパターンが多いが、どれもたいして成功したためしが無いと言うことだろう。良くてもそこそこ。

それが、日本語で歌った歌謡曲がそのまま海外で大ヒットと言うのだから。

よくマスコミに登場する知識人や文化人は、日本の○○の分野はもっと国際競争力をつけなければならないとか言うが、その方法として彼らが言いがちなのは、国際的にすでに通用しているものをマネしろと言うだけである。

歌手で言えば、英語で歌って英語圏で売ろうとするやり方と同じである。しかし、そんなことをしても、二流の英語国民にしかなれないと言うことははっきりしている。

私は70年代の歌謡曲が好きで、iPodに入れていつも車内で聴いているから、結構なことだと思うが、別に海外で評価されなくても、良いものは良い。それくらいに思ったほうが良いのではないか?

話が少々飛ぶが、宇宙戦艦ヤマトの音楽が素晴らしいのは、そのメロディーのすばらしさによる。ブラームスやチャイコフスキーも真っ青である。

そして、そのメロディーは基本的に「歌謡曲」のメロディーである。歌謡曲のメロディーは歌詞が無くてもそれだけで十分に通用するくらい素晴らしい。いや、陳腐な歌詞なら無いほうが良いくらいである。

由紀さおりの歌謡曲が海外で大ヒットと言うことは、それを証明しているのではないかと、個人的にはそう思っている。
音楽 | Comments(0) | Trackbacks(-)

アルプス

昨日の晩、たまたまテレビをつけたら、アルプスの山々が映っていた。日本の山の風景とずいぶん違う。

ちなみに、北海道の山はアルプスに少しだけ似ている。年中てっぺんあたりが冠雪しているからだろう。

110928alpene.jpg
アルプス最高峰のモンブラン

110928pinneshiri.jpg
私の田舎の山、ピンネシリ

バスの車窓からこの山を実ながら3年間高校へ通ったのを思い出す・・・学校へ行くのがあまり好きではなかったので、毎日憂鬱だった。

なので、アルプスの山々を見て、少しだけ郷愁に近い感情がわいた。

アルプス山脈でも、人が住んでいるあたりの標高は、富士山もそう変わらないらしいが、富士山くらいの標高のところに街があって人がすんでいるのだから、それはすごいことだろう。

一度は旅行で行ってみたいと思った。

そもそもヨーロッパへは一度も行ったことが無いので、いつかは行ってみたい。

行ってみたい国としては、イタリア、オーストリア、ドイツ、スコットランドあたりだろうか。そんなに広範囲に旅行するのは難しいだろうし、他にもまわってみたいが・・・

とりあえず、アルプスの山々を眺めるのは無理なので、音楽で代用した。

R.シュトラウス:アルプス交響曲/交響詩「ドンファン」R.シュトラウス:アルプス交響曲/交響詩「ドンファン」
(2001/04/25)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る


メータ&ロスフィルの演奏でこの曲を聴くのは外道と思われるかもしれないが、この頃のロスフィルの異様に明るい管楽器の音色が大好きである(トランペットは軽すぎるが・・・アメリカのオケはC管が多いのでしょうがない)。

も一つおまけに、こいつも聴いてみた。

R.シュトラウス:アルプス交響曲R.シュトラウス:アルプス交響曲
(2011/05/11)
カラヤン(ヘルベルト・フォン)

商品詳細を見る


CDの写真は、これまた有名な、アルプスのマッターホルン。高地の牧草地(マッター)の角(ホルン)と言う意味らしい。

何年ぶりに聴いただろうか。昔はこちらのほうが好きだったが、今は上のCDの演奏のほうが好みだと思った。

しかし、ヨーロッパには町並みや自然がとても美しく調和しているところが多い。そういうところだけ映しているだけではなく、美しい風景を守ろうと言う気持ちがとても強いのだろう。

日本では景観と言うものをあまりに軽視しすぎているような気がする。歴史は負けないくらいなるのに、ヨーロッパの人々は歴史とその産物を大切に守っているが、日本人は・・・

昔は産業が自然を破壊し、最近では商業が地域を破壊している。公害は克服されたし、自然を守れと言う人たちの声が大きくなってきたのは確かだが、駅前や地方都市の景観の破壊にはすさまじいものがある。

なのに、美しい景観を取り戻そうとか、歴史的な町並みを守って行こうと言う考え方は、あまり無いように思う。

そんなふうに、身の回りの国土保全に無頓着なくせに、尖閣諸島だけ守れと言ってみても、あまり説得力が無いのはあたりまえなのかもしれない。

まあ、尖閣諸島を守のは政府の仕事なので、なまけずにちゃんと仕事をして下さい。
音楽 | Comments(0) | Trackbacks(-)

タイガーマスク

報道ステーションなどのようにデマをまき散らかす有害番組はなるべく見ないように気をつけているが、たまたまチャンネルをひねるとそこに当たってしまい、しかし、突如として懐かしいアニメソングが流れてきた。タイガーマスクのオープニング曲である。



この曲、昔よくカラオケで歌っていた。

1番の歌詞に「♪ルール無用の悪党に正義のパンチをぶちかませ!」とあり、2番の歌詞には「♪フェアープレーで切り抜けて男の根性見せてやれ!」とあるが、矛盾していないか!?

プロレスでパンチは確か反則だろう。いや5秒以内なら良いのか!?はたまた正義のパンチとは比喩的表現で本当のパンチのことを意味していないのか!?などなど考えながら歌うのが楽しい。

話をタイガーマスクにもどすと、このアニメ、小さい頃に熱心に見ていた記憶がある。しかし、決して楽しい気持ちで見ていた訳ではない。見ていて結構しんどくて悲しい気持ちになることも多かった。

何より、アニメ版の最終回は強烈なインパクトがあって、今でもよく覚えている。

伊達直人役の声をやっていたのが富山敬という有名な声優さんで、ヤマトの古代進他いろんなヒーローの声も多くやっていた素晴らしい人、晩年はちびまるこのじいさんなどもやっていたが、まだまだこれからという年で亡くなってしまった。

先日のキムタク・ヤマトが気に入らなかったのも、どうしても富山敬の名演技とキムタクのぼそぼそしたしゃべり方を比較してしまって、それもマイナス要因だった。キムタクの演技は陳腐な月9ドラマ的であった。

話をまたもどして、タイガーマスクのオープニング曲「行け!タイガーマスク」だが、この曲を歌っているのは、当時の名前で「新田洋」氏、この人は現在では森本英世と改名しているらしいが、何と、一時期は「敏いとうとハッピー&ブルー」のボーカルだったらしい。

なので、タイガーマスクを歌っている人と、「よせばいいのに」を歌っている人が同一人物であるということになる(こちら)。



まあ、そんな話は興味の無い人にはどうでも良いかもしれないが、インターネットのお陰でこういうことがすぐに調べられてわかるようになったのは、いくら保守・反動的な思想を肯定する私でも、素直に感謝するしか無いと思う次第。
音楽 | Comments(0) | Trackbacks(-)

遅ればせながら・・・iPod

迷った末に結局、iPodを購入した。

iPod nano 16GB、第5世代とか。

Apple iPod nano 第5世代 16GB シルバー MC060J/AApple iPod nano 第5世代 16GB シルバー MC060J/A
(2009/09/10)
アップル

商品詳細を見る


第5世代と言うからには1?4までの後なのだろう。当然、最初のが出てからずいぶん時間が経ったのだろうと思われる。しかし、こういうものに手を出すのは、世の中での最後尾につけるくらいの遅さで丁度良いと思っている。

携帯を持つのも遅かったほうである(しかし、職場には未だに携帯を持っていない人が2名ほどいるので、負けた・・・)。

ただ、ETC車載器だけは比較的早い目に取り付けた。やっぱり、他の車より少しでも先に行けるというのはすごい魅力だったので・・・。ところが、ある程度普及した今となっては普通であるが・・・。

そんな話はどうでも良く、届いて箱から出してみると、実物は、思っていたよりもずいぶん小さかった。

101012ipod-ookisa.jpg

これくらい小さいと持ち歩いても邪魔にならないだろう。ポケットがふくらみすぎないようなものでないと持ち歩けない。

音量を大きくできない点や、表示される文字をもっと小さくできない点などが不満である。使い勝手は悪くない、カーナビのHDに音楽ファイルを入れて聞くのよりは遙かに使いやすい。

もともとmacユーザーなのでパソコンの中にはiTunesが入っていて、CDを焼いたりするのに使っていたので、すぐにすんなり行った。とりあえずパソコン内にある音楽ファイルをすべてコピーしたら8GBほどで半分以上も消耗してしまった・・・16GBのほうにしておいて良かった。

FMトランスミッターも一緒に届いたので、さっそく車に取り付けてみた。

101012ipod.jpg

とりあえずつないで試したところなので、線がぐちゃぐちゃ。この後もう少しマシに整理したが・・・

トランスミッターは使用する周波数を3つまで登録できるようになっている。昨日はちょうど神戸まで行く仕事だったので、家から神戸までの間で混線の少なそうな周波数を3つほど登録した。空いていて使えそうなのが案外少ないのでびっくりしたが・・・

何故かETCゲートをくぐるときに雑音が入るが、それ以外はノイズは無くまあまあ聴ける。しかし、音質はやはりCDに焼くのより少し悪い気がする。

音楽の種類によっては気にならないが、クラッシック曲の静かな部分などはちょっと厳しい。が、車内でクラッシックはあまり聴かないし、もともとカーオーディオの音質そのものがイマイチな車なので、これで十分と言えば十分。

もう車内で聴く用にいちいちCDを焼く手間が必要が無くなるだろう。それだけでも良かった。
音楽 | Comments(0) | Trackbacks(-)

五木ひろし・・・

このところ、「五木ひろし」にはまっている。

五木ひろし全曲集 スーパーヒットコレクション五木ひろし全曲集 スーパーヒットコレクション
(1996/10/21)
五木ひろし木の実ナナ

商品詳細を見る


ひろしは良い。

子供の頃には何とも思わなかった、むしろ毛嫌いしていた演歌だが、最近は一番落ち着く音楽である。

まあ、私はもともとクラッシックが好きだったのだが、古典?要するに、一時の流行で消えてしまうような音楽ではなく、長い期間残るようなもののほうが価値あると思っている。まあ、演歌がどこまで残るかわからないし、そのうち消えてしまうのかもしれないが・・・

ともかく、演歌は良い。理解するには年をとらないとだめなのだろうか?私の場合、年を取って、とにかく流行のもの、マスコミをにぎわしているものが大嫌いになってしまったこととも関係しているのかもしれない。

そうなると、過去にさかのぼるしか無い訳だから。

ひろしのナンバーで(笑)特に気に入っているのはこれ。

「倖せさがして」


五木ひろし、顔をよく見ると、ウド鈴木に似ている。

この曲の冒頭、「あたなのために生まれてきた」あたりは、ちょっとウザすぎる感じがする(笑)が、全体にはやはり、いまどきの男女共同参画な人々からは思いっきり反感を買いそうな内容が(100%共感するわけではないものの)素晴らしく良いのだと敢えて言っておこう。

特に、2番の歌詞が良いなと思った。

からだのために?悪いと叱って?

お前はタバコを笑ってとりあげる?


私はやっぱりこういう女性が素晴らしいと思う。自分と一緒になってタバコをスパスパ吸うのではなく、タバコをやめさせようとする、それもガンガン口うるさく母親みたいに言うのではなく、やんわり女性らしく振る舞いつつ指摘するいじらしい女性である。妹よ、見ているかな(爆)。

まあ、タバコは一例にすぎない。男のやる事と言うのは何事も暴走しやすい側面があるので、それに一緒に乗っかるのではなく、やめてくれと言う女性、それも頭ごなしにではなく、彼女のためにやめなければ、と思わせるように言ってくれる女性が最高である。そういう女性が男に生き甲斐とやる気を与えてくれるのである。

ちなみに、今、世の中で禁煙の大合唱がわき上がっているが、逆に私はタバコを吸おうかと思っている。というのは冗談だが(呼吸器系が弱いので吸えない)、やめろとマスコミが言うなら、逆に吸うべきなんじゃないかと思う。

タバコが体に悪いのははじめからわかりきっていた事なのだから、それでも好きで吸っていたと言うからには、簡単にやめずに吸い続けて、意地を見せて欲しい(笑)。というのは冗談である。

音楽 | Comments(0) | Trackbacks(-)